無料ブログはココログ

トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

ティッサ・メッテイヤの問い 感想

感想

2016.4.17() 15:0017:00 アラナ精舎にて

ティッサ・メッテイヤの問い パーリ語経典勉強会

超意訳の試みをすると、

---

以下のようにティッサ・メッテイヤ学徒は世尊に問いました。

「誰が、この世間で、今ここにおいて満ち足りているのですか?

どんな人にありとあらゆる動揺が存在しないと説かれるのですか?

誰が両極端であることを知り尽くし、中間において、智慧によって、

心が汚されないと言うのですか?

どんな人が偉大なる人であると言えるのでしょうか?

誰が今ここで、貪り求めることを超越したのですか?」

 

世尊は、

「諸々の欲の所縁から手放す清らかで崇高な行いをして、

渇愛を離れ、常に気づきがある者として、

一切の現象を知り尽くし、涅槃に到達した比丘として、

その彼には、ありとあらゆる動揺が存在しません。」

 

「彼は両極端であることを知り尽くし、

中間において、智慧によって、

心が汚されることはありません。

その彼を偉大なる人と呼ばれます。

今ここで、貪り求めることから超越したのです。」

とお答えになりました。

---

Idhaを辞書では「ここに」という訳があり、気づきの実践をしている観点、私の理解の点からすると、「今ここ」としました。

勉強会では両極端であることが話題に上がりました。

我々は幸福を目指してはいる。あの人、幸せそうに見える。

だったら素直にその人の幸福を喜べば良いと思いますが、今ここに満ち足りていない状態が、幸福である、不幸であるという両極端の対象を取る、イメージをする。

私達はそのような反応しか知らないということをありのままに観察すること、自覚する実践が、中間において、智慧によってという意味だと思いました。

中間というのはその両極端の対象を取らない道のことであると私は理解しています。

言い換えると、両極端をありのまま観察し、知り尽くすことであると思います。

政治家の偉い人の発言、権威付けられた人の言葉、テレビ、新聞、最近では有名なブロガーの言葉、そういうことに対して私たちは選り好みします。

有名になるのは、欲を刺激するようなこと、炎上するような怒りの対象を取る、両極端な反応が注目を浴びるのでしょう。

それらを作り出すのは心の働きであり、世尊はその働きを知り尽くした上で私達修行する学徒のような(この学徒は優秀なのかもしれませんが)人に法を説いたのだと思います。

 

sati、気づきは漢字一文字で「念」と訳されています。

念というのは今と心とのコンパウンドで作られた、シンプルに考えられた漢字なんじゃないかなと個人的には思っております。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

ティッサ・メッテイヤ学徒の問い

1047 “kodha santusito loke, (iccāyasmā tissametteyyo)

[誰が~ですか?+ここに(連声)][満足する,喜ぶ][この世において](かくのごとく尊者 ティッサ・メッテイヤ)
kassa no santi iñjit
ā;
[誰に~ですか?][否定][存在する][動揺(の思い),複数形]

ko ubhantamabhiññāya,
[誰が~ですか?][両方+終極+証知する コンパウンド:合成語]

majjhe mantā na lippati;
[中間において][明慧によって][否定,ないのですか?][汚される]

ka brūsi mahāpurisoti,
[誰を~ですか?][説く][大なる,偉大な+,,丈夫,人間]

ko idha sibbinimaccagā. (1)

[誰が~ですか?][ここにおいて][貪愛を+超え行った]

 

1048 “kāmesu brahmacariyavā, (metteyyāti bhagavā)

[諸々の欲において(処格)][+行ある(主格)](メッテイヤさん、世尊は)
v
ītataho sadā sato;
[離れた,ない+渇愛(主格)][常に][気づきがある(主格)]

sakhāya nibbuto bhikkhu,
[法を究めて][寂滅した,涅槃に到達した(主格)][比丘(主格)]

tassa no santi iñjitā. (2)

[彼に][ない,否定][存する,ある][動揺することから]

 

1049 so ubhantamabhiññāya,
[彼が(主格)][両方+終極+証知する]

majjhe mantā na lippati;
[中間において][明慧によって][否定,ない][汚されている]

ta brūmi mahāpurisoti,
[それが][説きます][大なる,偉大な+,,丈夫,人間]

so idha sibbinimaccagāti. (3)

[彼が][ここにおいて][貪愛を+超え行った+かく~と]

 

正田氏訳

1047.1040) かくのごとく、尊者ティッサ・メッテイヤが〔尋ねた〕「誰が、ここに、〔この〕世において、〔常に〕満ち足りているのですか。誰に、諸々の動揺〔の思い〕が存在しないのですか。誰が、両極を〔あるがままに〕証知して、〔その〕中間において、明慧によって、〔何ものにも〕汚されないのですか。誰を、『偉大なる人士である』と、〔あなたは〕説くのですか。誰が、この〔世において〕、貪愛〔の思い〕を超え行ったのですか」〔と〕。(1

 

1048.1041) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッテイヤさん、諸々の欲望〔の対象〕について、梵行ある者(禁欲清浄行の実践者)――渇愛を離れた、常に気づきある者――〔法を〕究めて、涅槃に到達した比丘――彼に、諸々の動揺〔の思い〕は存在しません。(2

 

1049.1042) 彼は、両極を〔あるがままに〕証知して、〔その〕中間において、明慧によって、〔何ものにも〕汚されません。彼を、『偉大なる人士である』と、〔わたしは〕説きます。彼は、この〔世において〕、貪愛〔の思い〕を超え行ったのです」〔と〕。ということで――(3

アジタ学徒の問い その4

1045 “ye ca sakhātadhammāse,

[所のもの][~と, 英訳and][究めた+法を(複数形)]
ye ca sekhā puthū idha;

[所のもの][~と, 英訳and][学人,有学()][個々の,多数の,凡夫()][ここに,この世界に]
tesa me nipako iriya,

[彼の,彼にとって()][私に][賢明,慎重な,智者(主格)][動く,行為,威儀(立ちふるまい)]
puṭṭho pabrūhi mārisa
. (7)

[問われた(主格)][説いて下さい][敬愛なる師よ(親愛,尊敬の呼びかけ)]

 

1046 kāmesu nābhigijjheyya,

[(複数形)(処格)][否定+~に対して,向かって+貪求する(願望法)]

処格:~において,~で,~に対し,~について

manasānāvilo siyā;

[心によって,とともに+濁りのない,清い(主格)][ある,存する(願望法)]
kusalo sabbadhammāna,

[善き,巧みな(主格)][一切の+現象に対し(複数形)]

sato bhikkhu paribbaje”ti. (8)

[気づきある(主格)][比丘(主格)][遍歴,遊行する(願望法)+かく,~と]

 

正田氏訳

1045.1038) 〔尊者アジタが尋ねた〕「しかして、彼ら、法(真理)を究めた者(阿羅漢)たちが、さらには、彼ら、〔いまだ〕学びある者(有学)たちが、多くの者たちが、ここにいるのですが、敬愛なる方よ、〔問いを〕尋ねられた賢明なる者として、彼らの振る舞い(正しい行為のあり方)を、わたしに説いてください」〔と〕。(7

 

1046.1039) 〔世尊は答えた〕「諸々の欲望〔の対象〕について貪り求めないように。意に濁りなき者として存するように。一切諸法(現象世界)に智ある者として、〔常に〕気づきある比丘として、遍歴遊行するように」〔と〕。ということで――(8

 

アジタ学徒の問い その3

1043 “paññā ceva sati yañca, (iccāyasmā ajito)

[智慧が][~と, 英訳and][気づきが][所のもの(関係代名詞)+~と](かくのごとく尊者 アジタ)

nāmarūpañca mārisa;

[名前と形態は][敬愛なる師よ,導師よ]

eta me puṭṭho pabrūhi,

[これに][私に,][問われたとして(主格)][説いてください]

kattheta uparujjhati”. (5)

[どこに Where + これが(連声)][滅する]

 

1044 “yameta pañha apucchi,

[所のもの+これにとって][質問に][問われたものとして(義務分詞,アオリスト)]

ajita ta vadāmi te;

[アジタ尊者よ][それを(3人称代名詞)][あなたに(2人称代名詞)]

yattha nāmañca rūpañca,

[どこに][名前+  and (主格)][形態+ (主格)]

asesa uparujjhati;

[否定+残り][滅する]

viññāṇassa nirodhena,

[,分かち知る+願望法変化][滅尽によって (具格) with]

ettheta uparujjhati”. (6)

[ここに+これが(主格)][滅する]

 

正田氏訳

1043.1036) かくのごとく、尊者アジタが〔尋ねた〕「まさしく、しかして、智慧が〔諸々の欲望の流れの統御となり〕、さらには、すなわち、気づきが〔諸々の欲望の流れの防護となるなら〕、敬愛なる方よ、では、名前と形態(名色:現象世界)を、これを、〔問いを〕尋ねられた者として、わたしに説いてください。どこにおいて、この〔名前と形態〕は止滅するのですか」〔と〕。(5

 

1044.1037) 〔世尊は答えた〕「アジタさん、〔まさに〕その、〔あなたが〕尋ねた、この問いですが、それを、あなたに説きましょう。すなわち、名前(名:精神的事象)と、形態(色:物質的形態)とが、残りなく止滅するところとは――識知〔作用〕(識:認識作用一般・自己と他者を識別する働き)の止滅によって、ここにおいて、この〔名前と形態〕は止滅します」〔と〕。(6

アジタ学徒の問い その2

1041 “savanti sabbadhi sotā, (iccāyasmā ajito)
[流れている][一切所,一切処に][流れ,](かくのごとく尊者 アジタ)

sotāna ki nivāraa;

[流れにとって,よって][何が][防護に]
sotāna savara brūhi,

[流れにとって,よって][防護,制御,律義に][説いてください]
kena sotā pidhiyyare”. (3)

[何によって] [流れが(複数形)] [塞がれる,閉じられる(反照法)]

 

1042 “yāni sotāni lokasmi, (ajitāti bhagavā)

[所のものが(関係代名詞)] [流れが(複数形)] [世間において,対して] (アジタさん、世尊が)
sati tesa nivāraa;

[気づきが] [それらにとって,それらの] [防護に]
sotāna savara brūmi,

[流れにとって,よって][防護,制御,律義に][説きます]
paññāyete pidhiyyare”. (4)

[明確に了知する,智慧によって] [塞がれる,閉じられる(反照法)]

 

pajānatiの過去分詞がpaññāyati

paññāyati知られる,認められる

pa[接頭辞,強意を表す] + jānati [知る]

 

正田氏訳

1041.1034) かくのごとく、尊者アジタが〔尋ねた〕「諸々の〔欲望の〕流れは、一切所に流れ行きます。何が、諸々の〔欲望の〕流れの防護となるのですか。諸々の〔欲望の〕流れの統御となるものを説いてください。何によって、諸々の〔欲望の〕流れは塞がれるのですか」〔と〕。(3) 

1042.1035) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「アジタさん、世において、それらの〔欲望の〕流れがあるとして、気づき(念)が、それら〔の流れ〕の防護となります。諸々の〔欲望の〕流れの統御となるものを説きましょう。智慧(般若・慧)によって、これら〔の流れ〕は塞がれます」〔と〕。(4

アジタ学徒の問い その1 感想

感想

この文章を読むと、バラモン、修行者の中での講義、集会のようなものがあり、お釈迦様が講師、先生として出迎えられ、その中の代表者としてアジタ尊者が出て来られ質問された場面が想定できます。

 

無明という言葉が出てきて、次に物惜しみ、怠りという言葉出てきます。

初めに無明によって覆われています、と言ってそれってどういうことなのか?と読むと、物惜しみ、怠りが光輝かないことなので、その否定形、物惜しみがない、怠らないという行為が光り輝く行為となります。

Jappāという言葉の英訳はdesire, lust, greed, attachment, hunger

となっており、和訳は欲求、欲望、貪欲、付着、飢え、という意味です。

(このことを見ても、完全な翻訳は成り立たない話だなと思います。)

 

Jappāを釈尊は汚れだとしている。

どんな生命も苦しみを避けたい、大いなる恐怖を感じたくはない。

物惜しみの性格の人は恐怖を避けるために物惜しみをする。

それをさせるのはJappāという行為であり、このパーリ語の記述には命令はなく、学ぶ私としてはそういった生命の法則の仕様を説かれたところであると思います。物惜しみをしている暗い性格の人に与えなさい、と言われると、そういう性格の方は与えることが恐怖になっていて、反発することは考えられます。

そういうパターン、習性に気づかずにいること、怠ることが光輝かないことであると思います。

 

この自縄自縛のシステムだからこそ、その縄を解く力がどんな人にもあり、宗教、宗派、組織、関係なく、どんな人にもオープンチャレンジで開かれた教えであるということでしょう。

他人や神様かなんかに縛られているわけではなく、自分を不幸にしたのは他人のせい、外部に原因を求めるシステムが光輝かないということだと思います。

 

我々は傷ついたり、悩んだりする。

それをするためには、「自分」「私」という受け皿が必要であり、仮に「自分」「私」というものがないとしてシミュレーション、イメージしてみたらどうなりますか?(AがあるときAがある、AがないときAがない。)

物惜しみって、成り立つものなのでしょうか?

ここに書いてある文章は、スマナサーラ長老の法話、各種勉強会や、仕事、学業経験、様々な学んだことから、レンタルして一時的に成り立っているものであって、レンタル理論の切り口で検証すると、どこにも「私」のものなんていうものは存在すらしていません。

そういう見方が仏教的な見方になるのではないでしょうか?

以上

アジタ学徒の問い その1

1039 “kenassu nivuto loko, (iccāyasmā ajito)

[何に~ですか?+まさに][覆われている][世間が](かくのごとく尊者 アジタ)

kenassu nappakāsati;

[何に~ですか?+まさに][否定 + 輝く、知られる、明らかとなる]

kissābhilepana brūsi,

[何にとっての~ですか?+汚れ,染着を,] [説く,言う]

kisu tassa mahabbhaya”. (1)

[何が~ですか?+まさに] [それのとっての] [大いなる恐れ,恐怖に]

 

1040 “avijjāya nivuto loko, (ajitāti bhagavā)

[無明によって][覆われている][世間が](アジタさん、世尊が)

vevicchā pamādā nappakāsati;

[物惜しみ(ケチ)ゆえに][怠り(怠け)ゆえに][否定 + 輝く、知られる、明らかとなる]

jappābhilepana brūmi,

[熱望,貪求する+汚れ,染着を,] [説きます]

dukkhamassa mahabbhaya”. (2)

[苦しみが+彼らにとっての] [大いなる恐れ,恐怖に]

 [ ]は語句に対し、11対応としています。お釈迦様の教えに親しもう、実践しようという意図のblogなので文法の中身は省略します。

正田氏訳

1039.1032) かくのごとく、尊者アジタが〔尋ねた〕「世〔の人々〕は、まさに、何によって覆われているのですか。まさに、何によって光り輝かないのですか。〔あなたは〕何を、それ(世の人々)にとっての汚れと説くのですか。いったい、何を、それにとっての大いなる恐怖と〔説くのですか〕」〔と〕。(1

 

1040.1033) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「アジタさん、世〔の人々〕は、無明によって覆われています。物欲〔の思い〕(物惜しみの心)あるがゆえに、怠り〔の思い〕(放逸の心)あるがゆえに、光り輝かないのです。〔わたしは〕渇望〔の思い〕を、〔世の人々にとっての〕汚れと説きます。苦しみを、それにとっての大いなる恐怖と〔説きます〕」〔と〕。(2

トップページ | 2016年5月 »