無料ブログはココログ

« アジタ学徒の問い その4 | トップページ | ティッサ・メッテイヤの問い 感想 »

ティッサ・メッテイヤ学徒の問い

1047 “kodha santusito loke, (iccāyasmā tissametteyyo)

[誰が~ですか?+ここに(連声)][満足する,喜ぶ][この世において](かくのごとく尊者 ティッサ・メッテイヤ)
kassa no santi iñjit
ā;
[誰に~ですか?][否定][存在する][動揺(の思い),複数形]

ko ubhantamabhiññāya,
[誰が~ですか?][両方+終極+証知する コンパウンド:合成語]

majjhe mantā na lippati;
[中間において][明慧によって][否定,ないのですか?][汚される]

ka brūsi mahāpurisoti,
[誰を~ですか?][説く][大なる,偉大な+,,丈夫,人間]

ko idha sibbinimaccagā. (1)

[誰が~ですか?][ここにおいて][貪愛を+超え行った]

 

1048 “kāmesu brahmacariyavā, (metteyyāti bhagavā)

[諸々の欲において(処格)][+行ある(主格)](メッテイヤさん、世尊は)
v
ītataho sadā sato;
[離れた,ない+渇愛(主格)][常に][気づきがある(主格)]

sakhāya nibbuto bhikkhu,
[法を究めて][寂滅した,涅槃に到達した(主格)][比丘(主格)]

tassa no santi iñjitā. (2)

[彼に][ない,否定][存する,ある][動揺することから]

 

1049 so ubhantamabhiññāya,
[彼が(主格)][両方+終極+証知する]

majjhe mantā na lippati;
[中間において][明慧によって][否定,ない][汚されている]

ta brūmi mahāpurisoti,
[それが][説きます][大なる,偉大な+,,丈夫,人間]

so idha sibbinimaccagāti. (3)

[彼が][ここにおいて][貪愛を+超え行った+かく~と]

 

正田氏訳

1047.1040) かくのごとく、尊者ティッサ・メッテイヤが〔尋ねた〕「誰が、ここに、〔この〕世において、〔常に〕満ち足りているのですか。誰に、諸々の動揺〔の思い〕が存在しないのですか。誰が、両極を〔あるがままに〕証知して、〔その〕中間において、明慧によって、〔何ものにも〕汚されないのですか。誰を、『偉大なる人士である』と、〔あなたは〕説くのですか。誰が、この〔世において〕、貪愛〔の思い〕を超え行ったのですか」〔と〕。(1

 

1048.1041) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッテイヤさん、諸々の欲望〔の対象〕について、梵行ある者(禁欲清浄行の実践者)――渇愛を離れた、常に気づきある者――〔法を〕究めて、涅槃に到達した比丘――彼に、諸々の動揺〔の思い〕は存在しません。(2

 

1049.1042) 彼は、両極を〔あるがままに〕証知して、〔その〕中間において、明慧によって、〔何ものにも〕汚されません。彼を、『偉大なる人士である』と、〔わたしは〕説きます。彼は、この〔世において〕、貪愛〔の思い〕を超え行ったのです」〔と〕。ということで――(3

« アジタ学徒の問い その4 | トップページ | ティッサ・メッテイヤの問い 感想 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/65082638

この記事へのトラックバック一覧です: ティッサ・メッテイヤ学徒の問い:

« アジタ学徒の問い その4 | トップページ | ティッサ・メッテイヤの問い 感想 »