無料ブログはココログ

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1057 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1059 »

5.4. メッタグー学徒の問い 1058

1058 yo ve avidvā upadhiṁ karoti,
punappunaṁ dukkhamupeti mando;
tasmā pajānaṁ upadhiṁ na kayirā,
dukkhassa jātippabhavānupassī”. (3)

正田氏訳
1058.(1051) 彼が、まさに、〔あるがままに〕知ることなく、〔心の〕依り所を作るなら、〔彼は〕愚か者であり、繰り返し、苦しみへと近づき行きます。それゆえに、〔心の〕依り所を作らないように――〔あるがままに〕覚知している者となり、苦しみの出生の起源を随観する者となり」〔と〕。(3)

文法解析、意味
1行目
yo (ya [pron.m.sg.nom] 関係代名詞)
ve ( [adv.] 実に)
avidvā (avidvant [m.sg.nom] 無智の、無知の)
upadhiṁ (upadhi [m.sg.acc] 依、依著、所依)
karoti, (karoti [v.3.sg.pres] なす、行う、作る)
2行目
punappunaṁ ( [indecl] again and again、repeatedly、再三再四、繰り返して)
dukkhamupeti (dukkhaṁ + upeti 連声
dukkha [m.sg.scc] 苦しみへと upeti [v.3.sg.pres] 近づく、至る)
mando; (manda [m.sg.nom] 愚鈍の、愚か)
3行目
tasmā (taṁ [pron.3.n.sg.abl] それゆえに)
pajānaṁ; (pajānant [m.sg.acc] pajānāti知る、了知する のppr.)
upadhiṁ (upadhi [m.sg.acc] 依、依著、所依)
na ( [adv.] なし)
kayirā, (karoti [v.3.sg.opt] 作らないように)
4行目
dukkhassa (dukkhassa [m.sg.dat/gen] 苦しみの)
jātippabhavānupassī”. (3)
(A. jāti + pabhava + anupassī ⇒ pabhavaをコンパウンドとして理解
B. jāti + pabhavaṁ + anupassī ⇒ pabhavaṁをpabhavaの [m.sg.acc]として連声のみの理解 ※A.とB.の2通りの解析が考えられる。
jāti [f] 生まれ / pabhava [m] 発生、起、根源 / anupassī [m.sg.nom] 隋観する、観察する 意味は正田氏訳からすると、「出生の起源を随観する者」となっています。)

略号
pron. (代名詞、pronoun)
adv. (副詞、adverb)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
caus.(使役動詞、causative)

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1057 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1059 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/66496701

この記事へのトラックバック一覧です: 5.4. メッタグー学徒の問い 1058:

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1057 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1059 »