無料ブログはココログ

« メッタグー学徒の問い 勉強会感想 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1063 »

5.4. メッタグー学徒の問い 1062

1062 “yaṁ kiñci sampajānāsi, (mettagūti bhagavā)
uddhaṁ adho tiriyañcāpi majjhe;
etesu nandiñca nivesanañca,
panujja viññāṇaṁ bhave na tiṭṭhe. (7)

正田氏訳
1062.(1055) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッタグーさん、それが何であれ、〔あなたが〕正しく知るなら、上に、下に、さらには、また、横に、〔その〕中間において、これらのもの(認識の対象)にたいする、愉悦〔の思い〕と、固着〔の思い〕と、識知〔作用〕を除き去って、〔迷いの〕生存のうちに止住しないように。(7)

文法解析、意味
1行目
“yaṁ ( ya [pron.n.sg.acc] <関係代名詞> それを )
kiñci ( ka-ci [pron.n.sg.acc] <疑問代名詞> 何か )
sampajānāsi (sampajānāti [v.2.sg.pres] 知る、正知 )
2行目
uddhaṁ (uddhaṁ [indecl] 上に )
adho (adho [adv] 下に )
tiriyañcāpi (tiriyaṁ + ca + api
    tiriyaṁ [adv] 横に
    ca [indecl] ~と、そして、また、and
    api [indecl] また、もまた )
majjhe; (majjha [a.m.sg.loc] 中間 )

3行目
etesu ( etad [m,n.pl.loc] これ )
nandiñca (nandī + ca
    nandī [f.sg.acc] 歓喜
    ca [indecl] ~と、そして、また、and )
nivesanañca, (nivesanā + ca
    nivesanā [f.sg.acc] 住著、執着
    ca [indecl] ~と、そして、また、and )
4行目
panujja (panudati [ger] 排除して )
viññāṇaṁ (viññāṇa [n.sg.acc] 識、分かち知ること )
bhave (bhava [m.sg.loc] 有、生存 )
na (na [adv] なし )
tiṭṭhe (tiṭṭhati [v.2.sg.opt] 立つ、止まる、存続する )

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
indecl. (不変詞、indeclinable)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

« メッタグー学徒の問い 勉強会感想 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1063 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/67498175

この記事へのトラックバック一覧です: 5.4. メッタグー学徒の問い 1062:

« メッタグー学徒の問い 勉強会感想 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1063 »