無料ブログはココログ

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1062 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1064 »

5.4. メッタグー学徒の問い 1063

1063 evaṁvihārī sato appamatto,
bhikkhu caraṁ hitvā mamāyitāni;
jātiṁ jaraṁ sokapariddavañca,
idheva vidvā pajaheyya dukkhaṁ”. (8)

正田氏訳
1063.(1056) このように〔世に〕住む者は、怠りなく〔常に〕気づきある比丘は、諸々のわがものと〔錯視〕されたもの(執着の対象)を捨棄して、〔あるがままに〕行じおこなう者です。知ある者は、まさしく、この〔世において〕、苦しみを捨棄するように。生を、老を、さらには、憂いと嘆きを〔超え行くように〕」〔と〕。(8)

文法解析、意味
1行目
evaṁvihārī (evaṁ + vihārī
evaṁ [adv] かくの如く
vihārin [m.sg.nom] 住ある )
sato (sata [m.sg.nom] 気づき )
appamatto (appamatta [m.sg.nom] 不放逸の )
2行目
bhikkhu (bhikkhu [m.sg.nom] 比丘 )
caraṁ ([m.sg..nom] caratiのppr. 行く、行ず、歩く )
hitvā ([ger] jahātiのger. 捨てて、遮断して )
mamāyitāni; (mamāyita [n.pl.acc] mamāyatiのpp. 我所執せる )
※    mamaはahaṁ、1人称代名詞のdat.、gen.に当たる。
3行目
jātiṁ (jāti [f.sg.acc] 生まれ、誕生)
jaraṁ (jarā [f.sg.acc] 老いる)
sokapariddavañca; (soka +コンパウンド pariddavaṁ + ca
    soka 憂い / pariddava=pariddeva [m.sg.acc] 悲 / ca [conj.] さらに、~
    と、and )
4行目
idheva (idha + eva
    idha [adv] ここに
    eva [adv] こそ、のみ ※直前の言葉を強調する意味がある
vidvā (vidvant [m.sg.nom] 智者、知者
pajaheyya (pajahati [v.3.sg.opt] 捨てる )
dukkhaṁ (dukkha [a.m.sg.acc] 苦 )

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
indecl. (不変詞、indeclinable)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1062 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1064 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/67498292

この記事へのトラックバック一覧です: 5.4. メッタグー学徒の問い 1063:

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1062 | トップページ | 5.4. メッタグー学徒の問い 1064 »