無料ブログはココログ

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1066 | トップページ | 5.5. ドータカ学徒の問い 1068 »

5.4. メッタグー学徒の問い 1067

5.4. メッタグー学徒の問い 1067.(1060)

【経典文】
 Vidvā ca yo vedagū naro idha,
 Bhavābhave saṅgamimaṃ visajja;
 So vītataṇho anīgho nirāso,
 Atāri so jātijaranti brūmī " ti.(12)
 Mettagūmāṇavapucchā catutthī.

【正田氏訳】
 しかして、彼は、知ある者であり、〔真の〕知に至る者であり――人として、この〔世において〕、種々なる生存にたいする、この執着を捨てて――彼は、渇愛を離れた者であり、煩悶なく願望なき者であり、『彼は、生と老を超えた』と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。ということで――(12)
 メッタグー学徒の問いが、第四となる。

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
  Vidvā(vidvant:a.m.sg.nom.「智者であり」)
  ca(ca:conj.「そして」)
  yo(ya:pron.m.sg.nom.「(所のもの=彼)は」)
  vedagū(vedagū:a.m.sg.nom.「明智者であり」)
  naro(nara:m.sg.nom.「人であり」)
  idha(idha:adv.「ここに(この世において)」)

(2行目)
  Bhavābhave=Bhavaとabhaveのコンパウンドかつ連声
   Bhava(bhava:m.「生存と」)
   abhave(abhave:m.sg.loc. / m.pl.acc.「非生存に対する」)
  saṅgamimaṃ=saṅgaṁとimaṃの連声
   saṅgaṁ(saṅga:m.sg.acc.「執着を」〈備考〉sajjati(執着する)から作られた名詞)
   imaṃ(imaṃ:pron.m.sg.acc.「この」)
  visajja(visajjati:v.ger.「捨てて」〈備考〉「離、別」などの意味の接頭辞vi+sajjati(執着する))

(3行目)
  So(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
  vītataṇho=vītaとtaṇhoのコンパウンド(「離愛の者であり」)
   vīta(vīta:a.「離れた」〈備考〉< veti(消失する)のpp)
   taṇho(taṇha:m.sg.nom.「渇愛」〈備考〉< taṇhā(f.))
  anīgho(anīgha:a.m.sg.nom.「煩悶なき者であり」〈備考〉否定の接頭辞a+nīgha(「煩悶」))
  nirāso(nirāsa:a.m.sg.nom.「願望なき者であり」〈備考〉否定の接頭辞nir[niの変化]+āsā(f. 「願望」))

(4行目)
  Atāri(tarati:v.3.sg.aor.「超え渡った」)
  so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
  jātijaranti=jātiとjaraṁのコンパウンドとtiの連声
   jāti(jāti:f.「生と」)
   jaraṁ(jarā:f.sg.acc.「老とを」)
   ti(ti:indecl.「と」〈備考〉itiの略)
  brūmī(brūti:v.1.sg.pres.「〔私は〕説きます。」)
  ti(ti:indecl.「ということで」〈備考〉itiの略)

(締めくくりの行)
  Mettagūmāṇavapucchā=Mettagūとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
   Mettagū(mettagū:m.「メッタグー」)
   māṇava(māṇava:m.「学徒の」)
   pucchā(pucchā:f.pl.nom.「問いが」)
  catutthī(catutthī:f.pl.nom.「第四となる。」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
   
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
   
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
   
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
   
    / 他にも可能な解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1066 | トップページ | 5.5. ドータカ学徒の問い 1068 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/67963578

この記事へのトラックバック一覧です: 5.4. メッタグー学徒の問い 1067:

« 5.4. メッタグー学徒の問い 1066 | トップページ | 5.5. ドータカ学徒の問い 1068 »