無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1078

【経典文】
  “sabbesu kāmesu yo vītarāgo, (iccāyasmā upasīvo)
ākiñcaññaṁ nissito hitvā maññaṁ;
saññāvimokkhe parame vimutto,
tiṭṭhe nu so tattha anānuyāyī”. (3)

【正田氏訳】
1078.(1071) かくのごとく、尊者ウパシーヴァが〔尋ねた〕「〔まさに〕その、一切の欲望〔の対象〕にたいする貪り〔の思い〕を離れた者、他のもの(他者・他物)を捨棄して無所有〔の境地〕に依存した者、表象ある解脱(有想解脱)における最高のもの(無所有の境地)において解脱した者――いったい、彼は、〔何ものも〕追い求めることなく、そこにおいて、安立するのでしょうか」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
sabbesu(sabba:a.n.pl.loc.「一切の :代名詞的形容詞」)
kāmesu(kāma:m.pl.loc.「欲望において」)
yo(ya:pron.m.sg.nom.「その」)
vītarāgo=vītaとrāgoのコンパウンド(持業釈、有財釈)
    vīta(vita < pp. of veti:「離れた」)
      veti:去る、消失す  英 to go away, disappear
    rāgo(rāga:m.sg.nom.「貪り、貪欲」)

(2行目)
ākiñcaññaṁ(ākiñcañña:n.sg.acc.「無所有を」)
nissito(nissita < pp. of nissayati :a.m.sg.nom.「依存した者として」)
hitvā(jahāti:v.ger.「捨てて」)
maññaṁ=mとaññaṁに分解
    m(hitvāとaññaṁという語句をつなげる連声で挿入された子音)
    aññaṁ(añña:a.m/n.sg.acc.「他のものを、辞書:他の、異なる」)

(3行目)
saññāvimokkhe=saññāとvimokkheの連声、コンパウンド
    saññā(saññā:f. 「想念、概念、表象」)
    vimokkhe(vimokkha:m.sg.loc.「解脱」)
parame(parama:a.m.sg.loc.「最高のものにおいて、辞:最高的、最上、最勝」)
vimutto(vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.nom.「解脱した者として」)

(4行目)
tiṭṭhe(tiṭṭhati:v.3.sg.opt.「安立するでしょう」)
nu(nu:adv.「いったい~か、~かどうか」)
so(so:pron.m.sg.nom.「彼は」)
tattha(tattha:adv.「そこに、そこで、そのとき」)
anānuyāyī=anとanuyāyīの連声 n+a⇒ā
    an(an=a:pref.「否定を表す接頭辞。母音の前なのでanになる。」)
    anuyāyī(anuyāyin:a.m.sg.nom.「追い求めている、辞:随行せる、従事せる、
      英:going after, following, subject to」)
      anu-(接頭辞:随いて、次に、順じて、従って)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞

    / 他にも可能な解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1077

【経典文】
“ākiñcaññaṁ pekkhamāno satimā, (upasīvāti bhagavā)
natthīti nissāya tarassu oghaṁ;
kāme pahāya virato kathāhi,
taṇhakkhayaṁ nattamahābhipassa”. (2)

【正田氏訳】
1077.(1070) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、無所有〔の境地〕を〔常に〕見ている、気づきの者となり、『〔何ものも〕存在しない』という〔思い、すなわち、無所有の境地に〕依存して、激流を超えなさい。諸々の欲望〔の対象〕を捨棄して、諸々の言説(議論)から離れた者となり、渇愛の滅尽を昼夜に証見しなさい」〔と〕。(2)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
ākiñcaññaṁ(ākiñcañña:n.sg.acc.「無所有を」)
pekkhamāno(pekkhamāna:m.sg.nom.「見る、観察する者」)
    メモ:pekkhamāno=pekkha(語基)+ māno(現在分詞)
satimā(satimant:m.sg.nom.「気づきある者」)
upasīvāti=upasīvaとtiの連声(a→ā)
    upasīva(upasīva:m.sg.voc.「ウパシーヴァさん」)
    ti(ti:indecl.「かくのごとく、itiの略」)
bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.「世尊は〔答えた〕」)

(2行目)
natthīti=naとatthiとitiの連声
    na(na:adv.「否定、なし」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「存在している」)
    iti(iti:indecl.「かくのごとく、~と」)
nissāya(nissāyati:ger.「依りて」)
tarassu(tarati:v.2.sg.imper.「越えなさい」)
    メモ:tarassu=tara(語基)+ssu(命令形、反照態)
oghaṁ(ogha:m.sg.acc.「暴流、激流を」)

(3行目)
kāme(kāma:m.pl.acc.「諸々の欲望を」)
pahāya(pajahāti:ger.「捨てて」)
virato(virata:m.sg.nom.「viramatiのpp. <viramati 離れる、止める、慎む」)
kathāhi(kathā:f.pl.abl.「種々の言説から(議論)、辞書:説、話、論」)

(4行目)
taṇhakkhayaṁ=taṇhāとkhayaṁの連声、コンパウンド(依主釈)
    taṇhā(taṇhā:「渇愛」)
    khayaṁ(khaya:m.sg.acc.「滅尽を」)
nattamahābhipassa=nattaṁとahaṁとabhipassaの連声
    nattaṁ(natta:n.sg.acc.「夜に」)
    ahaṁ(aha:n.sg.acc.「昼に」)
    abhipassa(abhipassati:v.2.sg.imper.「証見しなさい」)
      abhi(接頭辞:対して、向かって、優れて、過ぎて)+ passati(見る、見出す、知る)
      訳例:昼夜に(渇愛の滅尽に)対して見なさい。

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞

    / 他にも可能な解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1076

upasīvamāṇavapucchā

【経典文】
“eko ahaṁ sakka mahantamoghaṁ, (iccāyasmā upasīvo)
anissito no visahāmi tārituṁ;
ārammaṇaṁ brūhi samantacakkhu,
yaṁ nissito oghamimaṁ tareyyaṁ”. (1)

【正田氏訳】
1076.(1069) かくのごとく、尊者ウパシーヴァが〔尋ねた〕「釈迦〔族〕の方よ、わたしは、大いなる激流を、独りで、〔何ものにも〕依存せず、超えることが耐えられません。一切に眼ある方よ、〔依存の〕対象(所縁)を説いてください。それに依存し、この激流を超えるのです」〔と〕。(1)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
eko(eka:m.sg.nom.「1、1人では」)
ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.「私は」)
sakka(sakka:m.sg.voc.「釈迦族の方よ」)
mahantamoghaṁ=mahantaṁとoghaṁの連声
    mahantaṁ(mahanta:m.sg.acc.「大いなる、大いに」)
    oghaṁ(ogha:m.sg.acc.「暴流、激流を」)
iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
    iti(iti:indecl.「かくのごとく」)
    āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.「尊者が」
upasīvo(upasīva: m.sg.nom.「ウパシーヴァが」)

(2行目)
anissito(anissita:m.sg.nom.「依存なし、無依的」)
no(no:adv.「no=na これにあらず」)
visahāmi(visahati:v.1.sg.pres「出来る、be able to」)
tārituṁ(tarati:inf.「越えるべく」)
    メモ:tāreti(使役動詞)の不定体(inf.)< tarati 渡る、超える

(3行目)
ārammaṇaṁ(ārammaṇa:n.sg.acc.「所縁、縁境、対象」)
brūhi(brūti:v.2sg.imper.「説いて下さい」)
samantacakkhu=samantaとcakkhuの連声、コンパウンド
    samanta(「一切の、一切に」)
    cakkhu(cakkhu:m.sg.voc.「眼ある方よ」)

(4行目)
yaṁ(ya:pron.n.sg.acc.「それを」)
nissito(nissita:n.sg.nom.「依存して」)
oghamimaṁ=oghaṁとimaṁの連声
    oghaṁ(ogha:n.sg.acc.「暴流、激流を」)
    imaṁ(imaṁ:n.sg.acc.「この」)
tareyyaṁ(tarati:v.1.sg.opt.「越えるのです」)
    メモ:tara(語基)+eyyaṁ(願望法活用語尾)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞

    / 他にも可能な解釈
    < 単語の成り立ち

5.5. ドータカ学徒の問い 1075

1075.(1068)

【経典文】
“yaṁ kiñci sampajānāsi, (dhotakāti bhagavā)
uddhaṁ adho tiriyañcāpi majjhe;
etaṁ viditvā saṅgoti loke,
bhavābhavāya mākāsi taṇhan”ti. (8)
dhotakamāṇavapucchā pañcamī.

【正田氏訳】
1075.(1068) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ドータカさん、それが何であれ、〔あなたが〕正しく知るなら、上に、下に、さらには、また、横に、〔その〕中間において、これを、『世における執着〔の対象〕である』と知って、種々なる生存のために、渇愛〔の思い〕を為してはなりません」〔と〕。ということで――(8)

 ドータカ学徒の問いが、第五となる。

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
yaṃ(ya:pron.n.sg.acc.「それを」)
kiñci(ka-ci:pron.n.sg.acc.「何であれ、whatever」)
sampajānāsi(sampajānāti:v.2.sg.pres.「知る、正知する」)
dhotakāti=dhotakaとitiの連声
    dhotaka(dhotaka:m.sg.voc.「ドータカさん」)
    iti(iti:indecl.「~と、かくのごとく」)
bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.「世尊は〔答えた〕」)

(2行目)
uddhaṁ(uddhaṁ:indecl.「上に、上方に」)
adho(adho:adv.「下に、下方に」)
tiriyañcāpi=tiriyaṁとcaとpiの連声
    tiriyaṁ(tiriyaṁ:adv.「横に、四方に」)
    ca(ca:conj.「~と」)
    pi(pi:adv./conj.「~も、また」)
majjhe(majjhe:m.sg.loc.「中間の、現在の」)

(3行目)
etaṁ(etad:pron.n.sg.acc.「これを」)
viditvā(vindati:v.sg.ger.「知って」)
saṅgoti=saṅgoとtiの連声
    saṅgo(saṅga:m.sg.nom.「着、染着、執着」)
    ti(iti:indecl.「~と、かくのごとく、itiの略」)
loke(loka:m.sg.loc.「世における」)

(4行目)
bhavābhavāya(bhavābhava:m.sg.dat.「種々なる生存のために」)
mākāsi=māとakāsiの連声
    mā(mā:adv.「なかれ、禁止、否定的願望」)
    akāsi(karoti:v.2.sg.aor.「なす、行う、作る」)
taṇhan”ti=taṇhaṁとitiの連声
    taṇhaṁ(taṇhā:f.sg.acc.「渇愛を」)
    iti(iti:indecl.「~と、かくのごとく」)

(締めくくりの行)
dhotakamāṇavapucchā=dhotakaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
    dhotaka(dhotaka:m.「ドータカ、人名」)
    māṇava(māṇava:m.「学徒の」)
    pucchā(pucchā:f.pl.nom.「問いが」)
pañcamī(pañcamī:f.pl.nom.「第五となる。」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.5. ドータカ学徒の問い 1074

【経典文】
“tañcāhaṁ abhinandāmi,
mahesi santimuttamaṁ;
yaṁ viditvā sato caraṁ,
tare loke visattikaṁ”. (7)

【正田氏訳】
1074.(1067) 〔尊者ドータカが言った〕「偉大なる聖賢よ、しかして、その最上の寂静を、わたしは喜びます。それを知って、〔あるがままに〕行じおこなう、気づきある者は、世における執着を超えるのです」〔と〕。(7)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
tañcāhaṁ=taṃとcaとahaṁの連声
    taṃ(taṃ:pron.3.n.sg.acc.「それを」)
    ca(ca:adv.「~と、そして、また」)
    ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.「私は」)
abhinandāmi(abhinandati:v.1.sg.pres.「大いに喜びます」)
(2行目)
mahesi=maheとisiの連声、コンパウンド
    mahe(「偉大なる」)
    isi(isi:m.sg.voc.「聖者よ」)
santimuttamaṁ=santiṁとuttamaṁの連声
    santiṁ(santi:f.sg.acc.「寂静を」)
    uttamaṁ(uttama:a.f.sg.acc.「最上の」)
(3行目)
yaṃ(ya:pron.m.sg.acc.「〔それ〕を」)
viditvā(vindati:v.sg.ger.「知って」)
sato(sata:a.m.sg.nom.「気づきある者は」)
caraṃ(carant:a.m.sg.nom.「歩んでいく者は」< ppr. of carati)
(4行目)
tare(tarati:v.3.sg.opt.「超え渡るのです」)
loke(loka:m.sg.loc.「世における」)
visattikaṃ(visattikā:f.sg.acc.「執着を」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

新刊出版のお知らせ 12/8~

新刊出版のお知らせ

当勉強会のパーリ語を担当されております
正田大観さんがブッダのこころ (上)(下)
Evolving出版にて2016/12/8~で新刊発行予定。

・関連翻訳書籍紹介

小部経典翻訳紹介ページ

http://khuddakanikaya.evolving.asia/

===================
正田大観著作集 ブッダのまなざしシリーズ【番外編】!

ブッダのこころ (上)
頓悟のおしえ──まなざしの彼方へ──

(まえがき より)
ブッダの教えの核心が悟りの境地であり、それが、言葉だけのものではなく、現に体験してのものであるなら、教えを実践する仏教者は、時代と場所に関係なく、その境地を体現できるはず。その生き証人として禅の実践者たちを想定し、彼らのテキストを参究することで、その是非を明らかにする。その参究は、ブッダの説く悟りのあり方に別の面から照明を当て、より一層の理解をもたらし、私たちが仏道を実践するうえでの資助となるはず。以上が、本稿の方法論であり、その狙いとなる。

目次
まえがき
テキスト
序章 ゴータマ・ブッダ
 如実知見(スッタニパータ第四章を中心に)
 涅槃寂静(スッタニパータ第五章を中心に)
第一章 達摩
 二入四行論
第二章 慧能
 六祖壇経
第三章 僧璨
 信心銘
第四章 永嘉
 証道歌
第五章 慧海
 頓悟要門
  頓悟入道要門論巻上
  諸方門人参問語録巻下
===================
ブッダのこころ (下)
──第二部 不生のおしえ 正田大観著作集 ブッダのまなざし

目次
第六章 黄檗
 伝心法要
 宛陵録
第七章 抜隊
 塩山仮名法語
第八章 盤珪
 盤珪仏智弘済禅師御示聞書
 仏智弘済禅師法語
終章 ジッドゥ・クリシュナムルティ
 問題の所在
 クリシュナムルティ
あとがき
===================
Amazon
ブッダのこころ (上)

・参考
京都の勉強会案内のページ
「みんなの仏教教室」
http://minnnanobukkyou.jimdo.com/

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »