無料ブログはココログ

« 2016年6月12日 - 2016年6月18日 | トップページ | 2016年8月7日 - 2016年8月13日 »

2016年7月10日 - 2016年7月16日

5.4. メッタグー学徒の問い 1058

1058 yo ve avidvā upadhiṁ karoti,
punappunaṁ dukkhamupeti mando;
tasmā pajānaṁ upadhiṁ na kayirā,
dukkhassa jātippabhavānupassī”. (3)

正田氏訳
1058.(1051) 彼が、まさに、〔あるがままに〕知ることなく、〔心の〕依り所を作るなら、〔彼は〕愚か者であり、繰り返し、苦しみへと近づき行きます。それゆえに、〔心の〕依り所を作らないように――〔あるがままに〕覚知している者となり、苦しみの出生の起源を随観する者となり」〔と〕。(3)

文法解析、意味
1行目
yo (ya [pron.m.sg.nom] 関係代名詞)
ve ( [adv.] 実に)
avidvā (avidvant [m.sg.nom] 無智の、無知の)
upadhiṁ (upadhi [m.sg.acc] 依、依著、所依)
karoti, (karoti [v.3.sg.pres] なす、行う、作る)
2行目
punappunaṁ ( [indecl] again and again、repeatedly、再三再四、繰り返して)
dukkhamupeti (dukkhaṁ + upeti 連声
dukkha [m.sg.scc] 苦しみへと upeti [v.3.sg.pres] 近づく、至る)
mando; (manda [m.sg.nom] 愚鈍の、愚か)
3行目
tasmā (taṁ [pron.3.n.sg.abl] それゆえに)
pajānaṁ; (pajānant [m.sg.acc] pajānāti知る、了知する のppr.)
upadhiṁ (upadhi [m.sg.acc] 依、依著、所依)
na ( [adv.] なし)
kayirā, (karoti [v.3.sg.opt] 作らないように)
4行目
dukkhassa (dukkhassa [m.sg.dat/gen] 苦しみの)
jātippabhavānupassī”. (3)
(A. jāti + pabhava + anupassī ⇒ pabhavaをコンパウンドとして理解
B. jāti + pabhavaṁ + anupassī ⇒ pabhavaṁをpabhavaの [m.sg.acc]として連声のみの理解 ※A.とB.の2通りの解析が考えられる。
jāti [f] 生まれ / pabhava [m] 発生、起、根源 / anupassī [m.sg.nom] 隋観する、観察する 意味は正田氏訳からすると、「出生の起源を随観する者」となっています。)

略号
pron. (代名詞、pronoun)
adv. (副詞、adverb)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1057

1057 “dukkhassa ve maṅ pabhavaṁ apucchasi, (mettagūti bhagavā)
taṁ te pavakkhāmi yathā pajānaṁ;
upadhinidānā pabhavanti dukkhā,
ye keci lokasmimanekarūpā. (2)

正田氏訳
1057.(1050) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッタグーさん、まさに、苦しみの起源を、〔あなたは〕わたしに尋ねました。それを、あなたに言示しましょう――〔わたしが〕覚知している、そのとおりに。それらが何であれ、世における、無数なる形態あるものとしての、諸々の苦しみは、〔心の〕依り所(依存の対象)という因縁から発生します。(2)

文法解析、意味
1行目
dukkhassa (dukkha [n.sg.gen] 苦しみの)
ve ( [adv.] 実に)
maṅ (ahaṁ [pron.1.sg.acc] 私に)
pabhavaṁ (pabhava [m.sg.acc] 発生、起、起源)
apucchasi, (pucchati [v.aor.2.sg] 問いました、尋ねました)
2行目
taṁ (taṁ [pron.3.sg.acc] それを)
te (tvaṁ [pron.2.sg.dat] あなたのために)
pavakkhāmi (pavakkhāti [v.1.sg.fut] 説きましょう)
yathā ( [adv.] ~の如く)
pajānaṁ; (pajānant [m.sg.acc] pajānāti知る、了知する のppr.)
3行目
upadhinidānā (upadhi + nidānā コンパウンド
upadhi 依、所依 nidāna [n.sg.abl] 因、因縁)
pabhavanti (pabhavanti [v.3.pl.pres] 発生する)
dukkhā (dukkha [a.m.pl.nom] 諸々の苦しみが)
4行目
ye (ya [m.pl.nom] それらのものが)
keci(ka-ci [m.pl.nom] 何か whatever)
lokasmimanekarūpā”. (1) (lokasmiṁ +① aneka +② rūpā ①は連声、②はコンパウンド⇒    loka [m.sg.loc] 世における
aneka 一つではない、多くの
rūpa [m.pl.nom] 色、物質、形、相)
・学習メモ 分詞の形になっているものは曲用します。
略号
pron. (代名詞、pronoun)
adv. (副詞、adverb)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
ppr. (現在分詞、present participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1056

5.4. mettagūmāṇavapucchā
1056. “pucchāmi taṁ bhagavā brūhi me taṁ, (iccāyasmā mettagū)
maññāmi taṁ vedaguṁ bhāvitattaṁ;
kuto nu dukkhā samudāgatā ime,
ye keci lokasmimanekarūpā”. (1)

正田氏訳
1056.(1049) かくのごとく、尊者メッタグーが〔尋ねた〕「世尊よ、〔わたしは〕あなたに尋ねます。それを、わたしに説いてください。〔わたしは〕思います――あなたのことを、〔真の〕知に至る方と、自己を修めた方と。それらが何であれ、世における、無数なる形態あるものとしての、これらの苦しみは、いったい、どこから、生まれ来たのですか」〔と〕。(1)

文法解析、意味
1行目
pucchāmi (pucchāti [v.1.sg.pres] 問います、尋ねます)
taṁ (tvaṁ [pron.2.sg.acc] あなたに)
bhagavā (bhagavant [m.sg.voc] 世尊よ)
brūhi (brūti [v.2.sg.imper] 説いて下さい、言って下さい)
me (ahaṁ [pron.1.sg.dat] 私に)
taṁ (tvaṁ [pron.3.n.sg.acc] それを)
2行目
maññāmi (maññāti [v.pr.1.sg] 思います、考えます)
taṁ (tvaṁ [pron.2.sg.acc] あなたを)
vedaguṁ (vedagū [m.sg.acc] 明智者、極智者)
bhāvitattaṁ; (bhāvitatta [m.sg.acc] 自ら修習した
⇒分解 bhāvita + attaṁ のコンパウンド、連声(aの脱落)
bhāvita (bhāvetiのpp.) 修せられた ⇒bhāveti (bhavatiのcaus.) あらしめる、修する(be動詞の使役形) attaṁ (attan [m.sg.acc] 自己を)
3行目
kuto (kuto [adv.] どこから~ですか)
nu (nu [adv.] ~かどうか、ではないか、そうだろう)
dukkhā (dukkha [m.pl.nom] 諸々の苦しみ)
samudāgatā (samudāgata (samudāgacchatiのpp.) [m.pl.nom] 生じた、来た)
ime, (imaṁ [pron.m.pl.nom] これらは)
4行目
ye (ya [m.pl.nom] それらのものが)
keci(ka-ci [m.pl.nom] 何か whatever)
lokasmimanekarūpā”. (1) (lokasmiṁ +① aneka +② rūpā ①は連声、②はコンパウンド⇒    loka [m.sg.loc] 世における
aneka 一つではない、多くの
rūpa [m.pl.nom] 色、物質、形、相
略号
pron. (代名詞、pronoun)
adv. (副詞、adverb)
pres. (現在形、present)
imper.(命令法、imperative)
caus.(使役動詞、causative)

« 2016年6月12日 - 2016年6月18日 | トップページ | 2016年8月7日 - 2016年8月13日 »