無料ブログはココログ

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年9月11日 - 2016年9月17日 »

2016年8月7日 - 2016年8月13日

メッタグー学徒の問い 勉強会感想

2016.8.7(日) パーリ語勉強会感想
メッタグー学徒の問いでは、“愉悦と固着と識知を除き去って”という所があるが、我々は普段はそれとは真逆のことをしている。目に光のエネルギーが触れ、それを認識した瞬間、心地の良いものであるという対象に飛びつき、その時に起こった感情を繰り返し妄想し、記憶として固定化して、それを追いかけるような生き方をしている。
先入観、こうであって欲しいという思い,イメージ、自分自身のエゴの弱み、そういったエネルギーが原因となり、恐ろしい程の速度、ナノ秒のレベルで対象に飛びついちゃっているのが我々のしていることであると思います。(ナノ秒は10億分の1)
肉体に執着のある我々の弱みをついて、その弱みのある人達のメディアなどが、様々な化粧品、ダイエット食品等々を宣伝し反応して商売が成り立っているのが現代の世界であり、こういったblog等もそういった宣伝の道具になっているのが現実でしょう。
参照脳という言葉を以前の勉強会で聞いたことがあります。今現在起こっている出来事に対して取り組むとき、感覚器官に入ったデータからこのデータに適応したパターンを参照する機能なんだと思います。その衝動的な反応は過去を追いかけている行為であり、怠けであり、その働きに使われているのが我々なんだと思います。このプロセスをありのままに気づき、理解することが大事なことであり、その学び、実践が瞑想と僕は理解しています。
そういった愚かな行為を愚かとして観察することになると思います。
この経典では、”〔あるがままに〕行じおこなう、気づきある者は、世における執着を超えるのです”というフレーズが所々、繰り返し語られているようです。明らかに重要なところやと思いました。
文法の所を参照すると”超えるのです”というのはtareという所で反照態として見ると、自己完結する、自然にという意味であるという解説がありました。
気づきの実践によって、何者かになる、何かしらのイメージを追いかける、到達する、時間をかけて達成するという性質ではなく、自ずと、自己完結的、自然に、向こうから答えが出てくる、発見するという性質であると思います。
そういう訳で、別の切り口に立ち、その言い方を説法なり、よく聞く言葉で言うと、”智慧が現れる”という表現になっているのでしょう。

メッタグー学徒の問いの一部
1060.(1053) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッタグーさん、あなたに、法(真理)を述べ伝えましょう。〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)における、伝え聞きではない〔あるがままの法〕を。それを知って、〔あるがままに〕行じおこなう、気づきある者は、世における執着を超えるのです」〔と〕。(5)

1062.(1055) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッタグーさん、それが何であれ、〔あなたが〕正しく知るなら、上に、下に、さらには、また、横に、〔その〕中間において、これらのもの(認識の対象)にたいする、愉悦〔の思い〕と、固着〔の思い〕と、識知〔作用〕を除き去って、〔迷いの〕生存のうちに止住しないように。(7)

生きとし生けるものが幸せでありますように。
 

5.4. メッタグー学徒の問い 1061

1061 “tañcāhaṁ abhinandāmi,
mahesi dhammamuttamaṁ;
yaṁ viditvā sato caraṁ,
tare loke visattikaṁ”. (6)

正田氏訳
1061.(1054) 〔尊者メッタグーが言った〕「偉大なる聖賢よ、しかして、その最上の法(真理)を、わたしは喜びます。それを知って、〔あるがままに〕行じおこなう、気づきある者は、世における執着を超えるのです」〔と〕。(6)

文法解析、意味
1行目
“tañcāhaṁ ( tan + ca + ahaṁ
taṁ [pron.n.sg.acc] その / ca [conj] ~と、そして、また / ahaṁ [pron.1.sg.nom] 私)
abhinandāmi, (abhinandati [v.1.sg.pres] 大いに喜ぶ )
2行目
mahesi (mahe(=mahā) + isi
mahe 大いなる、偉大なる / isi [m.sg.voc] 聖者、仏、仙人)
dhammamuttamaṁ; (dhammaṁ + uttama
dhamma [n.sg.acc] 法、教法、真理 / uttama [a n.sg.acc] 最上の)
3行目
yaṁ (ya [pron.m.sg.acc] それを、関係代名詞)
viditvā (vindatiのger. 知って)
※連続体ger.は副詞adv.のような不定詞的な性格
sato (sata [m.sg.nom] 気づき)
caraṁ, (carati のppr. 行く、行ず [m.sg.nom] )
4行目
tare (tarati ①[v.1.sg.反照態] ②[v.3.sg.opt] 渡る、度脱する、超える)
※反照態は自動詞、他動詞の中間的性格。自己完結する、自然に、というニュアンス
・自動詞:目的語を必要としない動詞
・他動詞:目的語を必要とする動詞
①と②はどちらも文法的に解釈できる。
loke (loka [m.sg.loc] 世において)
visattikaṁ (visattikā [f.sg.acc] 執着、愛着)

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1060

1060 “kittayissāmi te dhammaṁ, (mettagūti bhagavā)
diṭṭhe dhamme anītihaṁ;
yaṁ viditvā sato caraṁ,
tare loke visattikaṁ”. (5)

正田氏訳
1060.(1053) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッタグーさん、あなたに、法(真理)を述べ伝えましょう。〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)における、伝え聞きではない〔あるがままの法〕を。それを知って、〔あるがままに〕行じおこなう、気づきある者は、世における執着を超えるのです」〔と〕。(5)

文法解析、意味
1行目
kittayissāmi ( kitteti [v.1.sg.fut] 述べ伝えましょう、説明しましょう)
※調べるとき、動詞に関して e=aya と変換して検討⇒ kittayati / 他の例 neti ⇒ nayati 導く、指導する
te (tvaṁ [pron.2.sg.dat] あなたのために)
dhammaṁ, (dhamma [m.sg.nom] 法、教法、真理)
2行目
diṭṭhe (diṭṭha [m.sg.loc] 見られたる、dassatiのpp.)
dhamme (dhamma [m.sg.loc] 法、教法、真理)
※diṭṭhadhamma 現法、現世
anītihaṁ; (anītiha [m.sg.acc] 伝え聞きではない)
3行目
yaṁ (ya [pron.m.sg.acc] これを、関係代名詞)
viditvā (vindatiのger. 知って)
※連続体ger.は副詞adv.のような不定詞的な性格
sato (sata [m.sg.nom] 気づき)
caraṁ, (carati のppr. 行く、行ず [m.sg.nom] )
4行目
tare (tarati ①[v.1.sg.反照態] ②[v.3.sg.opt] 渡る、度脱する、超える)
※反照態は自動詞、他動詞の中間的性格。自己完結する、自然に、というニュアンス
・自動詞:目的語を必要としない動詞
・他動詞:目的語を必要とする動詞
と②はどちらも文法的に解釈できる。
loke (loka [m.sg.loc] 世において)
visattikaṁ (visattikā [f.sg.acc] 執着、愛着)

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1059

1059 “yaṁ taṁ apucchimha akittayī no,
aññaṁ taṁ pucchāma tadiṅgha brūhi;
kathaṁ nu dhīrā vitaranti oghaṁ,
jātiṁ jaraṁ sokapariddavañca;
taṁ me muni sādhu viyākarohi,
tathā hi te vidito esa dhammo”. (4)

正田氏訳
1059.(1052) 〔尊者メッタグーが尋ねた〕「〔まさに〕その、〔わたしたちが〕あなたに尋ねたことですが、〔あなたは〕わたしたちに述べ伝えてくれました。〔今度は、それとは〕他のものを、あなたに尋ねます。どうか、それを説いてください。慧者たちは、いったい、どのようにして、激流を超え渡るのですか。生を、老を、さらには、憂いと嘆きを〔超え行くのですか〕。牟尼よ、どうぞ、わたしに、それを説き示してください。まさに、この法(事象)は、あなたによって、そのとおり〔あるがままに〕知られたのです」〔と〕。(4)

文法解析、意味
1行目
yaṁ (ya [pron.m.sg.acc] 関係代名詞)
taṁ (tvaṁ [pron.2.sg.acc] あなたに)
apucchimha (pucchati [v.1.pl.aor] 〔私たちが〕が尋ねた)
※この複数形は尊敬・謙譲の意味もある
akittayī (kitteti [v.2.sg.aor] 説明していただきました)
no, (ahaṁ [pron.1.pl.dat] 私たちのために)
2行目
aññaṁ (añña [n.sg.acc] 他の)
taṁ (tvaṁ [pron.2.sg.acc] あなたに)
pucchāma (pucchati [v.1.pl.pres] 〔私たちが〕が尋ねます)
tadiṅgha (tad [n.sg.acc] それを +連声 iṅgha [interj.] いざ)
brūhi (brūti [v.2.sg.imper] 説いて下さい、言って下さい)
3行目
kathaṁ ( [adv.] どのように、いかに、何故に)
nu ( [adv.] ~かどうか、~ではないか、そうだろう)
dhīrā (dhīra [m.pl.nom] 賢者、慧者)
vitaranti (vitarati [v.3.pl.pres] 越え渡る、超度す、度脱す)
oghaṁ, (ogha [m.sg.acc] 暴流、流、洪水、激流)
4行目
jātiṁ (jāti [f.sg.acc] 生まれ、誕生)
jaraṁ (jarā [f.sg.acc] 老いる)
sokapariddavañca; (soka +コンパウンド pariddavaṁ + ca
soka 憂い / pariddava=pariddeva [m.sg.acc] 悲 / ca [conj.] さらに、~と ※コンパウンドは相違釈として理解)
5行目
taṁ (taṁ [pron.3.n.sg.acc] それを)
me (ahaṁ [pron.1.sg.dat] 私のために)
muni (muni [m.sg.voc] 牟尼よ)
sādhu ( [interj.] 何卒、どうぞ、善きかな)
viyākarohi, (viyākaroti (=vyākaroti ) [v.2.sg.imper] 解説して下さい)
6行目
tathā (tathā [adv.] かくの如くに、かく、その如くに)
hi ([adv.] 実に)
muni (muni [m.sg.voc] 牟尼よ)
te ( tvaṁ [pron.2.sg.instr] あなたによって)
vidito (vidita [m.sg.nom] 知られたる)
esa (etad [pron.m.sg.nom] この)
dhammo (dhamma [m.sg.nom] 法、教法、真理)

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
caus.(使役動詞、causative)

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年9月11日 - 2016年9月17日 »