無料ブログはココログ

« 2016年8月7日 - 2016年8月13日 | トップページ | 2016年10月9日 - 2016年10月15日 »

2016年9月11日 - 2016年9月17日

5.4. メッタグー学徒の問い 1065

1065 te cāpi nūnappajaheyyu dukkhaṁ,
ye tvaṁ muni aṭṭhitaṁ ovadeyya;
taṁ taṁ namassāmi samecca nāga,
appeva maṁ bhagavā aṭṭhitaṁ ovadeyya”. (10)

正田氏訳
1065.(1058) 牟尼よ、あなたが、彼らを、停滞なく教え諭すなら、しかして、また、彼らは、まちがいなく、苦しみを捨棄するでありましょう。龍たる方よ、〔まさに〕その、あなたを、〔わたしも〕共に赴いて、礼拝します。世尊よ、まさしく、また、わたしも、停滞なく教え諭してください」〔と〕。(10)

文法解析、意味
1行目
te (so [pron.3.m.pl.nom] 彼らは )
cāpi (ca + api
    ca [conj] そして、and
    api [indecl] また、単に )
nūnappajaheyyu (nūna + ppajaheyyu
    nūna [adv] 確かに
    pajahati [v.3.pl.opt] 捨てるでしょう、遮断するでしょう )
dukkhaṁ (dukkha [a.n.sg.acc] 苦を )
2行目
ye (ya [pron.m.pl.acc] 彼らに )
tvaṁ (tvaṁ [pron.2.sg.nom] あなたが )
muni (muni [m.sg.voc] 牟尼よ )
aṭṭhitaṁ (a [pref] 否定の接頭辞 + ṭṭhitaṁ
    ṭṭhitaṁ (ṭhita [m.sg.acc] tiṭṭhatiのpp. 立つ、住立する、止まる、存続する )
ovadeyya; (ovadati [v.2.sg.opt] 教えを授けて下さるように 英語:gives advice )
3行目
taṁ (taṁ [pron.3.m.sg.acc] その )
taṁ (tvaṁ [pron.2.sg.acc] あなたに )
    ※メモ so(3人称) + ahaṁ(1人称) ⇒その私は
namassāmi (namassati [v.1.sg.press] (私は)礼拝します )
samecca (sameti [ger] 会って、集合して )
nāga (nāga [m.sg.voc] 竜、象のような方よ )
4行目
appeva (api + eva
    api [indecl] また (app=api)
    eva [adv] まさしく、~こそ、~のみ、だけ )
maṁ (ahaṁ [pron.1.sg.acc] 私に )
bhagavā (bhagavant [m.sg.voc] 世尊よ )
aṭṭhitaṁ (a [pref] 否定の接頭辞 + ṭṭhitaṁ
    ṭṭhitaṁ (ṭhita [m.sg.acc] tiṭṭhatiのpp. 立つ、住立する、止まる、存続する )
ovadeyya; (ovadati [v.2.sg.opt] 教えを授けて下さるように 英語:gives advice )

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
indecl. (不変詞、indeclinable)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1064

1064 “etābhinandāmi vaco mahesino,
sukittitaṁ gotamanūpadhīkaṁ;
addhā hi bhagavā pahāsi dukkhaṁ,
tathā hi te vidito esa dhammo. (9)

正田氏訳
1064.(1057) 〔尊者メッタグーが言った〕「偉大なる聖賢の、この言葉を、〔わたしは〕喜びます。ゴータマ〔姓〕の方よ、依り所なき〔境地〕が、見事に述べ伝えられました。世尊よ、まさに、たしかに、〔あなたは〕苦しみを捨棄しました。まさに、この法(事象)は、あなたによって、そのとおり〔あるがままに〕知られたのです。(9)

文法解析、意味
1行目
etābhinandāmi (etaṁ + abhinandāmi 抑制音ṁの連声
    etaṁ [pron.n.pl.acc] この(言葉を) ⇒ vacoと性数格を一致
    abhinandāmi [v.1.sg.pres] 大いに喜ぶ )
vaco (vaco [n.sg.acc] 語、言 )
mahesino (mahe + isi コンパウンド
    mahe 偉大な
    isi [m.sg.gen] 聖者、仙人)
2行目
sukittitaṁ (su + kittitaṁ
    su [pref] 善く <接頭辞>
    kittitaṁ [n.sg.nom] kittetiのpp. 発表する )
gotamanūpadhīkaṁ (gotama + anūpadhī
    gotama [m.sg.voc] ゴータマ姓の方よ
    anūpadhī [m.sg.acc] 依存なき
    ※否定の接頭語aを付け、nが挿入されanūpadhīとして理解 )
3行目
addhā (addhā [adv] 確かに )
hi (hi [adv] 実に )
bhagavā (bhagavant [m.sg.nom] 世尊が
pahāsi (pajahāti [v.2.sg.aor] pajahātiのaor. 捨てた 尊称の意味で3人称でも可 )
dukkhaṁ (dukkha [m.sg.acc] 苦を )
4行目
tathā (tathā [adv] かく、その如くに )
hi (hi [adv] 実に )
te (tvaṁ [pron.sg.instr] あなたによって <2人称代名詞> )
vidito (vindati [m.sg.nom] vindatiのpp. 知る、見出す )
esa (esa [pron.sg.nom] esa=etad これが <指示代名詞> )
dhammo (dhamma [m.sg.nom] 法 )

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
indecl. (不変詞、indeclinable)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1063

1063 evaṁvihārī sato appamatto,
bhikkhu caraṁ hitvā mamāyitāni;
jātiṁ jaraṁ sokapariddavañca,
idheva vidvā pajaheyya dukkhaṁ”. (8)

正田氏訳
1063.(1056) このように〔世に〕住む者は、怠りなく〔常に〕気づきある比丘は、諸々のわがものと〔錯視〕されたもの(執着の対象)を捨棄して、〔あるがままに〕行じおこなう者です。知ある者は、まさしく、この〔世において〕、苦しみを捨棄するように。生を、老を、さらには、憂いと嘆きを〔超え行くように〕」〔と〕。(8)

文法解析、意味
1行目
evaṁvihārī (evaṁ + vihārī
evaṁ [adv] かくの如く
vihārin [m.sg.nom] 住ある )
sato (sata [m.sg.nom] 気づき )
appamatto (appamatta [m.sg.nom] 不放逸の )
2行目
bhikkhu (bhikkhu [m.sg.nom] 比丘 )
caraṁ ([m.sg..nom] caratiのppr. 行く、行ず、歩く )
hitvā ([ger] jahātiのger. 捨てて、遮断して )
mamāyitāni; (mamāyita [n.pl.acc] mamāyatiのpp. 我所執せる )
※    mamaはahaṁ、1人称代名詞のdat.、gen.に当たる。
3行目
jātiṁ (jāti [f.sg.acc] 生まれ、誕生)
jaraṁ (jarā [f.sg.acc] 老いる)
sokapariddavañca; (soka +コンパウンド pariddavaṁ + ca
    soka 憂い / pariddava=pariddeva [m.sg.acc] 悲 / ca [conj.] さらに、~
    と、and )
4行目
idheva (idha + eva
    idha [adv] ここに
    eva [adv] こそ、のみ ※直前の言葉を強調する意味がある
vidvā (vidvant [m.sg.nom] 智者、知者
pajaheyya (pajahati [v.3.sg.opt] 捨てる )
dukkhaṁ (dukkha [a.m.sg.acc] 苦 )

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
indecl. (不変詞、indeclinable)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

5.4. メッタグー学徒の問い 1062

1062 “yaṁ kiñci sampajānāsi, (mettagūti bhagavā)
uddhaṁ adho tiriyañcāpi majjhe;
etesu nandiñca nivesanañca,
panujja viññāṇaṁ bhave na tiṭṭhe. (7)

正田氏訳
1062.(1055) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッタグーさん、それが何であれ、〔あなたが〕正しく知るなら、上に、下に、さらには、また、横に、〔その〕中間において、これらのもの(認識の対象)にたいする、愉悦〔の思い〕と、固着〔の思い〕と、識知〔作用〕を除き去って、〔迷いの〕生存のうちに止住しないように。(7)

文法解析、意味
1行目
“yaṁ ( ya [pron.n.sg.acc] <関係代名詞> それを )
kiñci ( ka-ci [pron.n.sg.acc] <疑問代名詞> 何か )
sampajānāsi (sampajānāti [v.2.sg.pres] 知る、正知 )
2行目
uddhaṁ (uddhaṁ [indecl] 上に )
adho (adho [adv] 下に )
tiriyañcāpi (tiriyaṁ + ca + api
    tiriyaṁ [adv] 横に
    ca [indecl] ~と、そして、また、and
    api [indecl] また、もまた )
majjhe; (majjha [a.m.sg.loc] 中間 )

3行目
etesu ( etad [m,n.pl.loc] これ )
nandiñca (nandī + ca
    nandī [f.sg.acc] 歓喜
    ca [indecl] ~と、そして、また、and )
nivesanañca, (nivesanā + ca
    nivesanā [f.sg.acc] 住著、執着
    ca [indecl] ~と、そして、また、and )
4行目
panujja (panudati [ger] 排除して )
viññāṇaṁ (viññāṇa [n.sg.acc] 識、分かち知ること )
bhave (bhava [m.sg.loc] 有、生存 )
na (na [adv] なし )
tiṭṭhe (tiṭṭhati [v.2.sg.opt] 立つ、止まる、存続する )

略号
pron. (代名詞、pronoun)
conj. (接続詞、conjunction)
adv. (副詞、adverb)
interj. (間投詞、interjection)
indecl. (不変詞、indeclinable)
ger. (連続体、gerund)
pres. (現在形、present)
fut. (未来形、future)
imper.(命令法、imperative)
opt.(願望法、optative)
ppr. (現在分詞、present participle)
pp. (過去分詞、past participle)
caus.(使役動詞、causative)

« 2016年8月7日 - 2016年8月13日 | トップページ | 2016年10月9日 - 2016年10月15日 »