無料ブログはココログ

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1079 | トップページ | 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1081 »

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1080

【経典文】
“tiṭṭhe ce so tattha anānuyāyī,
pūgampi vassānaṁ samantacakkhu;
tattheva so sītisiyā vimutto,
cavetha viññāṇaṁ tathāvidhassa”. (5)

【正田氏訳】
1080.(1073) 〔尊者ウパシーヴァが尋ねた〕「もし、彼が、〔何ものも〕追い求めることなく、そこにおいて、安立するであろうなら――一切に眼ある方よ、多年のあいだでさえも〔安立するであろうなら〕――まさしく、そこにおいて、彼は、解脱者として、〔欲の炎なく〕清涼に存するのでしょうか。そのような種類の者の識知〔作用〕は、死滅するのでしょうか」〔と〕。(5)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
tiṭṭhe(tiṭṭhati:v.3.sg.opt.「安立するでしょう」)
ce(ce:conj.「もし、たとえ~でも」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
tattha(tattha:adv.「そこに、そこで、そのとき」)
anānuyāyī=anとanuyāyīの連声 n+a⇒ā
    an(an=a:pref.「否定を表す接頭辞。母音の前なのでanになる。」)
    anuyāyī(anuyāyin:a.m.sg.nom.「追い求めている、辞:随行せる、従事せる、
      英:going after, following, subject to」)
      anu-(接頭辞:随いて、次に、順じて、従って)
(2行目)
pūgampi=pūgaṁとpiの連声
    pūgaṁ(pūga:a.n.sg.acc.「多くの」)
    pi(pi:adv./conj.「~も、~もまた」)
vassānaṁ(vassāna:a.n.sg.acc「雨期、雨期安居、安居、年」)
samantacakkhu=samantaとcakkhuの連声、コンパウンド
    samanta(「一切の、一切に」)
    cakkhu(cakkhu:m.sg.voc.「眼ある方よ」)
(3行目)
tattheva=tatthaとevaの連声(二母音が合して後の音になる)
    tattha(tattha:adv.「そこに、そこで、そのとき」)
    eva(eva:adv.「ただ、直前の言葉を強調」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
sītisiyā(sītibhavati:v.3.sg.opt.「清涼に存する、辞:寒冷となる、冷静となる」)
vimutto(vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.nom.「解脱した者として」)
(4行目)
cavetha(cavati:v.3.sg.opt.反照態「死滅するでしょう、辞:死没する、死する」)
viññāṇaṁ(viññāṇa:a.n.sg.nom.「識知〔作用〕は、辞:識、分かち知ること」)
tathāvidhassa=tathāとvidhassaの連声
    tathā(tathā:adv.「かく、その如くに」)
    vidhassa(vidha:a.n.sg.gen「種類の」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1079 | トップページ | 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1081 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/69184150

この記事へのトラックバック一覧です: 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1080:

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1079 | トップページ | 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1081 »