無料ブログはココログ

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1080 | トップページ | 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082 »

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1081

【経典文】
“accī yathā vātavegena khittā, (upasīvāti bhagavā)
atthaṁ paleti na upeti saṅkhaṁ;
evaṁ munī nāmakāyā vimutto,
atthaṁ paleti na upeti saṅkhaṁ”. (6)

【正田氏訳】
1081.(1074) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、たとえば、風の勢いで飛び散った炎が、滅却し去り行くと、〔もはや〕名称に近づかない(名づけようがない)ように、このように、名前の身体(名身)から解脱した牟尼(沈黙の聖者)は、滅却し去り行き、〔虚構の〕名称に近づくことがないのです(名づけを離れた存在となる)」〔と〕。(6)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
accī(accī:f.pl.nom「炎が」)
yathā(yathā:adv.「~の如くに」)
vātavegena=vātaとvegenaの連声、コンパウンド
    vāta(vāta:m.「風の」)
    vegena(vāta:m.sg.inst.「勢いで 辞:急動、速力 英:force,speed」)
khittā(khittā:a.f.pl.nom.「飛び散った 辞:khipatiのpp. 投げられたる、捨てられたる
    有財釈 accīを修飾する形容詞的用法として理解、性数格の一致」)
(2行目)
atthaṁ(attha:m.sg.acc.「滅却し 辞:没する、滅する」)
paleti(palāyati:v.3.sg.pres.「去り行く 辞:逃げる 英:to run away」)
na(na:adv.「なし、否定」)
upeti(upeti:v.3.sg.pres.「辞:近づく、至る、到達」)
saṅkhaṁ(saṅkhā:m.sg.acc.「辞:目算、算数、名称、数える、名付ける 英:number」)
(3行目)
evaṁ(evaṁ:adv.「かく、かくの如く」)
munī(muni:m.sg.nom.「牟尼(沈黙の聖者)は 辞:寂黙、黙者、賢人
    ※韻律の関係で単数形と解釈、単数形だとmuniになるため。」)
nāmakāyā=nāmaとkāyāの連声、コンパウンド(依主釈 名詞形+名詞形)
    nāma(nāma:m.「名前の」)
    kāyā(kāyā:m.sg.abl.「辞:身、身体、集まり」)
vimutto(vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.nom.「解脱した」)
(4行目)
atthaṁ(attha:m.sg.acc.「滅却し 辞:没する、滅する」)
paleti(palāyati:v.3.sg.pres.「去り行く 辞:逃げる 英:to run away」)
na(na:adv.「なし、否定」)
upeti(upeti:v.3.sg.pres.「辞:近づく、至る、到達」)
saṅkhaṁ(saṅkhā:m.sg.acc.「辞:目算、算数、名称、数える、名付ける 英:number」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1080 | トップページ | 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/69199500

この記事へのトラックバック一覧です: 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1081:

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1080 | トップページ | 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082 »