無料ブログはココログ

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082 | トップページ | 5.7. ナンダ学徒の問い 1084 »

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1083

【経典文】
“atthaṅgatassa na pamāṇamatthi, (upasīvāti bhagavā)
yena naṁ vajjuṁ taṁ tassa natthi;
sabbesu dhammesu samohatesu,
samūhatā vādapathāpi sabbe”ti. (8)

upasīvamāṇavapucchā chaṭṭhī.

【正田氏訳】
1083.(1076) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、滅却に至った者には、量るもの(認識根拠)が存在しないのです。それによって、彼のことを〔あなたに〕説こうとしても、彼には、その〔量るもの〕が存在しないのです。一切の諸法(事象)が完破されたとき、一切の論の道もまた、完破されたのです」〔と〕。ということで――(8) 
 ウパシーヴァ学徒の問いが、第六となる。

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
atthaṅgatassa=atthaṅとgatassaの連声(五群の子音の前のṁはその群の鼻音に変る)
    atthaṁ(attha:n.sg.acc.「滅却に 辞:没する、滅する」)
    gatassa(gata < pp. of gacchati:a.n.sg.gen.「至った者には 辞:行く」)
na(na:adv.「ないのです、否定」)
pamāṇamatthi=pamāṇaṁとatthiの連声(母音の前のṁは時にd又はmとなる)
    pamāṇaṁ(pamāṇa:n.sg.nom.「量るものが」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「ある、存在する」)

upasīvāti=upasīvāとtiの連声(a⇒ā)
    upasīvā(upasīva:m.sg.voc.「ウパシーヴァさん」)
    ti(ti:indecl.「かくのごとく」)
bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.「世尊は〔答えた〕」)

(2行目)
yena(ya:pron.n.sg.inst.「それによって」)
naṁ(so:pron.3.m.sg.acc「彼のことを」)
vajjuṁ(vadati:v.3.pl.opt.「説こうとしても」)
  ※パーリ仏教辞典―仏のことば註‐パラマッタ・ジョーティカー‐付篇、
      パーリ聖典スッタ・ニパータ註、索引・辞典 村上 真完/及川 真介【著】
      を参照すると、複数形と記述
taṁ(taṁ:pron.3.n.sg.nom「それが」)
tassa(so:pron.3.m.sg.gen.「彼には」)
natthi=naとatthiの連声(a+a⇒a)
    na(na:adv.「否定、なし」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「存在している」)
  ※学習メモ A (gen.) B(nom.)という形⇒AにはBがと訳す。
  ここの場合、「彼にはそれが」となる。

(3行目)
sabbesu(sabba:a.m.pl.loc.「一切の」)
dhammesu(dhamma:m.pl.loc.「諸法(事象)において」)
samohatesu=sam/saṁとhatesuの連声(ṁ⇒m、oの挿入)
    sam/saṁ(sam/saṁ:pref.「共に、正しく、同じ」)
    hatesu(hata < pp. of hanti (=hanati):a.m.pl.loc「破壊されたとき」)

(4行目)
samūhatā(samūhata < pp. of samūhanti (=samūhanati):a.m.pl.nom.「完破されたのです」)
vādapathāpi=vādaとpathāのコンパウンド(依主釈)、かつapiとの連声(ā+a⇒ā)
    vāda(vāda:m.「論の」)
    pathā(patha:m.pl.nom.「道」)
    api(api:adv.「また、~もまた」)
sabbe”(sabba:a.m.pl.nom.「一切が 代名詞的形容詞」)
ti(ti:indecl.「~ということで、~と、かく」)

(締めくくりの行)
upasīvamāṇavapucchā=upasīvaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド(依主釈)
    upasīva(upasīva:m.「ウパシーヴァ」)
    māṇava(māṇava:m.「学徒の」)
    pucchā(pucchā:f.pl.nom.「問いが」)
chaṭṭhī(chaṭṭha:a.f.pl.nom.「第六となる。」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082 | トップページ | 5.7. ナンダ学徒の問い 1084 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/69224566

この記事へのトラックバック一覧です: 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1083:

« 5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082 | トップページ | 5.7. ナンダ学徒の問い 1084 »