無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

5.7. ナンダ学徒の問い 1087

【経典文】
" Ye kecime samaṇabrāhmaṇāse, (nandāti bhagavā)
 Diṭṭhassutenāpi vadanti suddhiṃ;
 Sīlabbatenāpi vadanti suddhiṃ;
 Anekarūpena vadanti suddhiṃ;
 Kiñcāpi te tattha yatā caranti,
 Nātariṃsu jātijaranti brūmi ". (4)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ナンダさん、これらの沙門や婆羅門たちは、彼らが誰であれ、見られたものや聞かれたものによってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。戒や掟によってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。〔その他〕無数なる形態によって、清浄〔の境地〕を説きます。たとえ、何であれ、彼らは、そこにおいて、〔自己を〕制し、行じおこなうも、『生と老を超えてはいない』と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「彼らが」
  kecime=keとciとimeの連声
   ke(ka:pron.m.pl.nom.)「誰」
   ci(ci:indecl.)「であれ」
   ime(imaṁ:pron.m.pl.nom.)「これらの」
  samaṇabrāhmaṇāse=samaṇaとbrāhmaṇāseのコンパウンド(相違釈)
   samaṇa(samaṇa:m.)「沙門や」
   brāhmaṇāse(brāhmaṇa:m.pl.nom.)「婆羅門たちは」
  nandāti=nandaとitiの連声
   nanda(nanda:m.sg.voc.)「ナンダさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagava(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕。」

(b)
  diṭṭhasutenāpi=diṭṭhaとsutenaのコンパウンド(相違釈)とapiの連声
   diṭṭha(diṭṭha:a.m.)「見られたものや」
   sutena(suta:a.n.sg.instr.)「聞かれたものによっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(c)
  sīlabbatenāpi=sīlaとbatenaのコンパウンド(相違釈)・連声とapiの連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   batena(bata:m/n.sg.instr.)「掟によっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(d)
  anekarūpena=anekaとrūpenaのコンパウンド(持業釈)
   aneka(aneka:a.)「〔その他〕無数なる」
   rūpena(rūpa:n.sg.instr.)「形態によって」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(e)
  kiñcāpi=kiñciとapiの連声
   kiñci(kiñci:pron.)「何(でも)」
   api(api:indecl.)「たとえ~であれ」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  yatā(yata < pp. of yamati:a.m.pl.nom.)「〔自己を〕制し」
  caranti(carati:v.3.pl.pres.)「行じおこなうも」

(f)
  nātariṃsu=naとatariṃsuの連声
   na(na:adv.)「いない」
   atariṃsu(tarati:v.3.pl.aor.)「超えて」
  jātijaranti=jātiとjaraṁのコンパウンド(相違釈)とtiの連声
   jāti(jāti:f.)「生」
   jaraṁ(jarā:f.sg.acc.)「老を」
   ti(ti = iti:indecl.)「と」
  brūmi(brūti:v.1.sg.pres.)「〔わたしは〕説きます」〔と〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1086

【経典文】
1274
" Ye kecime samaṇabrāhmaṇāse, (iccāyasmā nando)
 Diṭṭhassutenāpi vadanti suddhiṃ;
 Sīlabbatenāpi vadanti suddhiṃ,
 Anekarūpena vadanti suddhiṃ.
1275
 Kaccissu te bhagavā tattha yatā carantā,
 Atāru jātiñca jarañca mārisa;
 Pucchāmi taṃ bhagavā brūhi me taṃ ". (3)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ナンダが〔尋ねた〕「これらの沙門や婆羅門たちは、彼らが誰であれ、見られたものや聞かれたものによってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。戒や掟によってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。〔その他〕無数なる形態によって、清浄〔の境地〕を説きます。
 世尊よ、はたして、いったい、彼らは、そこにおいて、〔自己を〕制し、行じおこないながら、敬愛なる方よ、生と老とを超えたのですか。世尊よ、〔わたしは〕あなたに尋ねます。それを、わたしに説いてください」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
1274
(a)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「彼らが」
  kecime=keとciとimeの連声
   ke(ka:pron.m.pl.nom.)「誰」
   ci(ci:indecl.)「であれ」
   ime(imaṁ:pron.m.pl.nom.)「これらの」
  samaṇabrāhmaṇāse=samaṇaとbrāhmaṇāseのコンパウンド(相違釈)
   samaṇa(samaṇa:m.)「沙門や」
   brāhmaṇāse(brāhmaṇa:m.pl.nom.)「婆羅門たちは」
  iccāyamā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  nando(nanda:m.sg.nom.)「ナンダが〔尋ねた〕。」

(b)
  diṭṭhasutenāpi=diṭṭhaとsutenaのコンパウンド(相違釈)とapiの連声
   diṭṭha(diṭṭha:a.m.)「見られたものや」
   sutena(suta:a.n.sg.instr.)「聞かれたものによっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(c)
  sīlabbatenāpi=sīlaとbatenaのコンパウンド(相違釈)・連声とapiの連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   batena(bata:m/n.sg.instr.)「掟によっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(d)
  anekarūpena=anekaとrūpenaのコンパウンド(持業釈)
   aneka(aneka:a.)「〔その他〕無数なる」
   rūpena(rūpa:n.sg.instr.)「形態によって」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

1275
(a)
  kaccissu=kacciとsuの連声
   kacci(kacci:indecl.)「いったい~ですか。」
   su(su:adv.)「はたして」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.voc.)「世尊よ」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  yatā(yata < pp. of yamati :a.m.pl.nom.)「自制し」
  carantā(carant < ppr. of carati :a.m.pl.nom.)「行じおこないながら」

(b)
  atāru(tarati:v.3.pl.aor.)「超えた」
  jātiñca=jātiṁとcaの連声
   jātiṁ(jāti:f.sg.acc.)「生」
   ca(ca:conj.)「と」
  jarañca=jaraṁとcaの連声
   jaraṁ(jarā:f.sg.acc.)「老を」
   ca(ca:conj.)「と」
  mārisa(mārisa:a.m.sg.voc.)「敬愛なる方よ」

(c)
  pucchāmi(pucchati:v.1.sg.pres.)「〔わたしは〕尋ねます。」
  taṃ(tvaṃ:pron.2.sg.acc.)「あなたに」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.voc.)「世尊よ」
  brūhi(brūti:v.2.sg.imper.)「説いてください」〔と〕。」
  me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.)「わたしに」
  taṃ(taṃ:pron.3.m/n.sg.acc.)「それを」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1085

【経典文】
"Na diṭṭhiyā na sutiyā na ñāṇena,
 Munīdha nanda kusalā vadanti;
 Visenikatvā anīghā nirāsā,
 Caranti ye te munayoti brūmi ". (2)

【正田氏訳】
 〔世尊は答えた〕「見解によって〔説か〕ず、伝承によって〔説か〕ず、知恵によって〔説か〕ず――ナンダさん、智者たちは、ここに(今この場において)、牟尼たちを説きます。煩悶なく願望なく、〔一切にたいし〕敵対を為さずして行じおこなうなら、すなわち、彼らを、『牟尼たちである』と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  na(na:adv.)「〔説か〕ず/なく」
  diṭṭhiyā(diṭṭhi:f.sg.instr.)「見解によって/見解を〔具有した者では〕」
  na(na:adv.)「〔説か〕ず/なく」
  sutiyā(suti:f.sg.instr.)「伝承によって/伝承を〔具有した者では〕」
  na(na:adv.)「〔説か〕ない。/ない。」
  ñāṇena(ñāṇa:n.sg.instr.)「知恵によって/知恵を〔具有した者では〕」

(b)
  munīda=munīとidhaの連声
   munī(muni:m.pl.acc.)「牟尼たちを」
   idha(idha:adv.)「ここにおいて」
  nanda(nanda:m.sg.voc.)「ナンダさん」
  kusalā(kusala:a.m.pl.nom.)「智者たちは」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」

(c)
  visenikatvā(visenikaroti:v.ger.)「煩悩の魔軍から離れて/〔一切に対し〕敵対を為さずして」
  anīghā(anīgha:a.m.pl.nom.)「煩悶なく/煩悶のない者として」
  nirāsā(nirāsa:a.m.pl.nom.)「願望なく/願望のない者として」

(d)
  caranti(carati:v.3.pl.pres.)「行じおこなうなら」
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「それらは〔すなわち〕」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  munayoti=munayoとti
   munayo(muni:m.pl.nom.)「牟尼たちである」
   ti(ti:indecl.)「と」
  brūmi(brūti:v.1.sg.pres.)「〔わたしは〕説きます。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1084

【経典文】
" Santi loke munayo, (iccāyasmā nando)
 Janā vadanti tayidaṃ kathaṃsu;
 Ñāṇūpapannaṃ no muniṃ vadanti,
 Udāhu ve jīvitenūpapannaṃ".(1)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ナンダが〔尋ねた〕「『世において、諸々の牟尼が存在する』〔と〕、〔世の〕人たちは説きます。いったい、彼らは、このことを、どのように〔説くのですか〕。さてまた、知恵を具有した者を、牟尼と説くのですか。それとも、まさに、〔何らかの〕生き方を具有した者を、〔牟尼と説くのですか〕」〔と〕。(1)。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  santi    (atthi:v.3.pl.pres.)「存在する」
  loke    (loka:m.sg.loc.)「世において」
  munayo,    (muni:m.pl.nom.)「諸々の牟尼が」
  iccāyamā=itiとāyasmāの連声
   iti    (iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā    (āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  nando    (nanda:m.sg.nom.「ナンダが〔尋ねた〕」

(b)
  janā    (jana:m.pl.nom.)「〔世の〕人々は」
  vadanti    (vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  tayidaṃ=teとidaṃの連声
   te    (so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
   idaṃ    (idaṃ:pron.n.sg.acc.)「これを」
  kathaṃsu=kathaṃとsu
   kathaṃ    (kathaṃ:adv.)「どのように〔説くのですか〕。」
   su    (su:adv.)「いったい」

(c)
  ñāṇūpapannaṃ =ñāṇaとupapannaṃのコンパウンド(依主釈instr.)・連声
   ñāṇa    (ñāṇa:n.)「知恵を」
   upapannaṃ    (upapanna < pp. of upapajjati :a.m.sg.acc.)「具有した者を」
  no    (no:adv.)「それなら」
  muniṃ    (muni:m.sg.acc.)「牟尼と」
  vadanti    (vadati:v.3.pl.pres.)「説く〔のですか〕。」

(d)
  udāhu    (udāhu:indecl.)「それとも」
  ve    (ve:adv.)「まさに」
  jīvitenūpapannaṃ=jīvitenaとupapannaṃの連声
   jīvitena    (jīvita:n.sg.instr.)「〔何らかの〕生き方を」
   upapannaṃ    (upapanna < pp. of upapajjati :a.m.sg.acc.)「具有した者を〔牟尼と説くのですか〕〔と〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »