無料ブログはココログ

« 5.7. ナンダ学徒の問い 1090 | トップページ

5.8. ヘーマカ学徒の問い 1091

【経典文】
 " Ye me pubbe viyākaṃsu, (iccāyasmā hemako) Huraṃ gotamasāsanā;
   Iccāsi iti bhavissati, Sabbaṃ taṃ itihītihaṃ;
   Sabbaṃ taṃ takkavaḍḍhanaṃ, Nāhaṃ tattha abhiramiṃ.(1)

【正田氏訳】
  かくのごとく、尊者ヘーマカが〔言った〕「ゴータマ〔覚者〕の教えより以前に、『かくのごとく存していた』『かくのごとく成るであろう』〔と〕、過去において、それらの者たちが、わたしに説き示したのですが、その一切が、〔単なる〕伝え聞きであり、その一切が、〔誤った〕考え(邪説)を増大させるものです。そこにおいて、わたしは、〔いささかも〕喜びませんでした。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ye(ya:pron.m.pl.nom.)「それらの者たちが」
  me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.)「私に」
  pubbe(pubba:a.n/m.sg.loc.)「以前に」
  viyākaṃsu(viyākaroti=vyākaroti:v.aor.3.pl.)「説き示した〔のですが〕」
  iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  hemako(hemaka:m.sg.nom.)「ヘーマカが〔言った〕」

(b)
  Huraṃ(huraṃ:adv.(「他世に」を意訳して→))「以前に」
  gotamasāsanā=gotamaとsāsanāのコンパウンド(依主釈:属格)
   gotama(gotama:m.)「ゴータマ〔覚者〕の」
   sāsanā(sāsana:n.sg.abl.)「教えより」

(c)
  Iccāsi=itiとāsiの連声
   iti(iti:indecl.)「『かくのごとく」
   āsi(atthi:v.aor.3.sg.)「 存していた』」
  iti(iti:indecl.)「『かくのごとく」
  bhavissati(bhavati:v.fut.3.sg.)「 成るであろう』」

(d)
  Sabbaṃ(sabba:a.n.sg.nom.)「一切が」
  taṃ(taṃ:pron.n.sg.nom.)「その」
  itihītihaṃ(itihītiha:n.sg.nom.)「伝聞であり」

(e)
  Sabbaṃ(sabba:a.n.sg.nom.)「一切が」
  taṃ(taṃ:pron.n.sg.nom.)「その」
  takkavaḍḍhanaṃ=takkaとvaḍḍhanaṃのコンパウンド(依主釈:対格)
   takka(takka:n.)「思索/推論を」
   vaḍḍhanaṃ(vaḍḍhana < pp. of vaḍḍheti(増大させる) < caus. of vaḍḍhati(増大する):a.n.sg.nom.)「増大させるものです。」

(f)
  Nāhaṃ=naとahaṃの連声
   na(na:adv.(否定の意味))「せん」
   ahaṃ(ahaṃ:pron.1.sg.nom.)「私は」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  abhiramiṃ(abhiramati:v.aor.1.sg.)「喜びま…でした。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.7. ナンダ学徒の問い 1090 | トップページ

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/69963344

この記事へのトラックバック一覧です: 5.8. ヘーマカ学徒の問い 1091:

« 5.7. ナンダ学徒の問い 1090 | トップページ