無料ブログはココログ

« 5.8. ヘーマカ学徒の問い 1093 | トップページ | 5.9. トーデイヤ学徒の問い 1095 »

5.8. ヘーマカ学徒の問い 1094

【経典文】
etadaññāya ye satā,diṭṭhadhammābhinibbutā;
upasantā ca te sadā,tiṇṇā loke visattikan”ti. (4)
hemakamāṇavapucchā aṭṭhamā.

【正田氏訳】
1094.(1087)このことを了知して、彼らは、気づきある者たちとなり、〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)において涅槃に到達した者たちとなります。しかして、彼らは、常に寂静なる者たちであり、世における執着を超えた者たちです」〔と〕。ということで――(4)

 ヘーマカ学徒の問いが、第八となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
etadaññāya = etad + aññāya 連声
  etad (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
  aññāya (ājānāti:v.ger.) 「了知して」
ye(ya:pron.m.pl.nom.) 「彼らは」 関係代名詞
satā (sata:m.pl.nom.) 「気づきある者たち」
diṭṭhadhammābhinibbutā = diṭṭhadhamma + abhinibbutā 連声
  diṭṭhadhamma (diṭṭhadhamma:m.sg.loc) 「〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)において」
  abhinibbutā (abhinibbuta:a.m.pl.nom.) 「涅槃に到達した者たち」
    abhi- (prep.)対して, 向って, 勝れて, 過ぎて.
    nibbuta (a.m.pl.nom.) 寂滅せる, 涅槃に達せる.
(b)
upasantā (upasamati:pp.a.m.pl.nom.) 「寂静なる者たち」
ca (ca:conj.) 「しかして」 ~と、そして、また 英:and,but,even
te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼らは」
sadā (sadā:adv.) 「常に」
tiṇṇā (tarati:pp.a.m.pl.nom.) 「超えた者たち」
loke (loka:m.sg.loc.)  「世における」
visattikan”ti = visattikaṃ + ti 連声
  visattikaṁ (visattikā:a.f.sg.acc.)  「執着を」執着,愛着,縛着 英:attachment; craving
  ti(ti=iti:indecl.)「と」 かく, …と, とて.

hemakamāṇavapucchā=hemaka + māṇava + pucchā コンパウンド
  hemaka(hemaka:m.)「ヘーマカ」
  māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
  pucchā(pucchā:f.pl.nom.)「問いが」
attamā(aṭṭhama:num.a.f.pl.nom.)「第八となる。」
メモ:aṭṭhama=aṭṭha + ma 7以上の序数はすべての基数の語基に-maを付す。辞P.391参照。
  maというのは”第”と意味する。
  英語で言えば、5,6,7をfifth,sixth,seventhのように”th"を付加することに該当する。

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.8. ヘーマカ学徒の問い 1093 | トップページ | 5.9. トーデイヤ学徒の問い 1095 »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/70228126

この記事へのトラックバック一覧です: 5.8. ヘーマカ学徒の問い 1094:

« 5.8. ヘーマカ学徒の問い 1093 | トップページ | 5.9. トーデイヤ学徒の問い 1095 »