無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

5.9. トーデイヤ学徒の問い 1098

【経典文】
“nirāsaso so na ca āsasāno,paññāṇavā so na ca paññakappī;
evampi todeyya muniṁ vijāna,akiñcanaṁ kāmabhave asattan”ti. (4)

todeyyamāṇavapucchā navamā.

【正田氏訳】
1098.(1091) 〔世尊は答えた〕「彼は、依存なき者です。しかしながら、願い求める者ではありません。彼は、智慧ある者です。しかしながら、智慧によって想い描く者ではありません。トーデイヤさん、また、このように、牟尼を識知しなさい――無一物で、欲望〔の対象〕と〔迷いの〕生存にたいする執着なき者と」〔と〕。ということで――(4)

 トーデイヤ学徒の問いが、第九となる。

(a)
nirāsaso (nirāsasa:a.m.sg.nom.) 「依存なき者」
so (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼は」
na (na:adv.) 「ありません」 否定
ca (ca:conj.) 「しかしながら」 英:And; but; even
āsasāno (āsaṁsati:ppr.a.m.sg.nom.) 「願い求める者」期待, 希望, 欲求
(b)
paññāṇavā (paññāṇavant:a.m.sg.nom.) 「智慧ある者」
  メモ:-antは所有の接尾辞
so (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼は」
na (na:adv.) 「ありません」 否定
ca (ca:conj.) 「しかしながら」 英:And; but; even
paññakappī = pañña + kappī 連声、コンパウンド(依主釈.具格、有財釈)
  pañña (pañña:f.) 「智慧によって」
  kappī (kappin:a.m.pl.nom.) 「想い描く者(思量し分別する者)」 計度する(推し量る、思いめぐらす)
    参考:kappa 得る, 到達する, 劫ある, ー劫時の. // kappeti なす, 営む, 整える, 準備する
(c)
evampi = evaṁ + api 連声
  evaṁ (evaṁ:adv.) 「このように」
  api (api:adv./conj.) 「また」 英:Also, even, though, merely
todeyya (todeyya:m.sg.voc.) 「トーデイヤさん」
muniṁ (muni:m.sg.acc.) 「牟尼を」
vijāna (vijānāti:v.2.sg.imper.) 「識知しなさい」
(d)
akiñcanaṁ (akiñcana:a.m.sg.acc.) 「無一物で」 無所有の, 何物もなき
kāmabhave = kāma + bhave コンパウンド(相違釈)
  kāma (kāma:m.) 「欲と」
  bhave (bhava:m.sg.loc.) 「生存に対する」
asattan”ti = asattaṃ + ti
  asatta (asatta:a.m.sg.acc.) 「執着なき者と」
  ti(ti=iti:indecl.)「ということで」 かく, …と, とて.

todeyyamāṇavapucchā=todeyya + māṇava + pucchā コンパウンド
  todeyya(todeyya:m.)「トーデイヤ」
  māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
  pucchā(pucchā:f.pl.nom.)「問いが」
navamā(navama:num.a.f.pl.nom.)「第九となる。」

5.9. トーデイヤ学徒の問い 1097

【経典文】
“nirāsaso so uda āsasāno,paññāṇavā so uda paññakappī;
muniṁ ahaṁ sakka yathā vijaññaṁ,taṁ me viyācikkha samantacakkhu”. (3)

【正田氏訳】
1097.(1090) 〔尊者トーデイヤが尋ねた〕「彼は、依存なき者ですか。それとも、願い求める者ですか。彼は、智慧ある者ですか。それとも、智慧によって想い描く者(思量し分別する者)ですか。釈迦〔族〕の方よ、わたしが、牟尼を識知できるように、一切に眼ある方よ、それを、わたしに説明してください」〔と〕。(3)

(a)
nirāsaso (nirāsasa:a.m.sg.nom.) 「依存なき者」
so (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼は」
uda (uda:indecl.) 「それとも」
āsasāno (āsaṁsati:ppr.a.m.sg.nom.) 「願い求める者」期待, 希望, 欲求
(b)
paññāṇavā (paññāṇavant:a.m.sg.nom.) 「智慧ある者」
  メモ:-antは所有の接尾辞
so (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼は」
uda (uda:indecl.) 「それとも」
paññakappī = pañña + kappī 連声、コンパウンド(依主釈.具格、有財釈)
  pañña (pañña:f.) 「智慧によって」
  kappī (kappin:a.m.pl.nom.) 「想い描く者(思量し分別する者)」 計度する(推し量る、思いめぐらす)
    参考:kappa 得る, 到達する, 劫ある, ー劫時の. // kappeti なす, 営む, 整える, 準備する
(c)
muniṁ (muni:m.sg.acc.) 「牟尼を」
ahaṁ (ahaṁ:pron.1sg.nom.) 「私が」
sakka (sakka:m.sg.voc.) 「釈迦〔族〕の方よ」
yathā (yathā:adv.) 「~ように」
vijaññaṁ (vijānāti:v.1.sg.opt) 「識知できる」
(d)
taṁ (taṁ:pron.3.n.sg.acc.) 「それを」
me (ahaṁ:pron.1.sg.dat.) 「私に」
viyācikkha (viyācikkhati:v.2.sg.imper.) 「説明してください」
samantacakkhu=samanta + cakkhu コンパウンド(持業釈.有財釈)
  samanta(「一切に」)
  cakkhu(cakkhu:m.sg.voc.「眼ある方よ」)

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition 前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.9. トーデイヤ学徒の問い 1096

【経典文】
“yasmiṁ kāmā na vasanti, (todeyyāti bhagavā) taṇhā yassa na vijjati;
kathaṁkathā ca yo tiṇṇo, vimokkho tassa nāparo”. (2)

【正田氏訳】
かくのごとく、世尊は〔答えた〕「トーデイヤさん、彼のうちに、諸々の欲望が住みつくことなく、彼に、渇愛が見い出されることなく、かつまた、彼が、諸々の懐疑を超えた者であるなら、彼には、他の解脱は〔存在し〕ません」〔と〕。(2)

1096.(1089)
(a)
yasmiṁ (ya:pron.m.sg.loc.) 「彼のうちに」
kāmā (kāma:m.pl.nom.) 「諸々の欲が」
na (na:adv.) 「なく」
vasanti (vasati:v.3.pl.pres.) 「住みつく」
taṇhā (taṇhā:f.sg.nom.) 「渇愛が」
yassa (ya:pron.m.sg.gen.) 「彼のうちに」
na (na:adv.) 「なく」
vijjati(< pass. of vindati:v.3.sg.pres.)「見出される」
(b)
kathaṁkathā (kathaṁkathā:f.pl.acc.) 「諸々の懐疑を」
ca (ca:conj.) 「かつまた」 ~と、そして、また 英:and,but,even
yo (ya:pron.m.sg.nom.) 「彼が」
tiṇṇo (tiṇṇa < pp. of tarati:a.m.sg.nom.) 「超えた者」
vimokkho (vimokkha:m.sg.nom.) 「解脱」
tassa (so:pron.m.sg.dat./gen.) 「彼には」
nāparo = na + aparo 連声
  na (na:adv.) 「〔存在し〕ません」 なし、否定
  aparo (apara:a.m.sg.nom.) 「他の」 後の, 次の, 他の

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition 前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.9. トーデイヤ学徒の問い 1095

【経典文】
“yasmiṁ kāmā na vasanti, (iccāyasmā todeyyo) taṇhā yassa na vijjati;
kathaṁkathā ca yo tiṇṇo,vimokkho tassa kīdiso”. (1)

【正田氏訳】
かくのごとく、尊者トーデイヤが〔尋ねた〕「彼のうちに、諸々の欲望が住みつくことなく、彼に、渇愛が見い出されることなく、かつまた、彼が、諸々の懐疑を超えた者であるなら、彼には、どのような解脱が〔存在するのですか〕」〔と〕。(1)

1095.(1088)
(a)
yasmiṁ (ya:pron.m.sg.loc.) 「彼のうちに」
kāmā (kāma:m.pl.nom.) 「諸々の欲が」
na (na:adv.) 「なく」
vasanti (vasati:v.3.pl.pres.) 「住みつく」
taṇhā (taṇhā:f.sg.nom.) 「渇愛が」
yassa (ya:pron.m.sg.gen.) 「彼のうちに」
na (na:adv.) 「なく」
vijjati(< pass. of vindati:v.3.sg.pres.)「見出される」
(b)
kathaṁkathā (kathaṁkathā:f.pl.acc.) 「諸々の懐疑を」
ca (ca:conj.) 「かつまた」 ~と、そして、また 英:and,but,even
yo (ya:pron.m.sg.nom.) 「彼が」
tiṇṇo (tiṇṇa < pp. of tarati:a.m.sg.nom.) 「超えた者」
vimokkho (vimokkha:m.sg.nom.) 「解脱」
tassa (so:pron.m.sg.dat./gen.) 「彼には」
kīdiso (kīdisa:a.m.sg.nom.) 「どのような」 いかようの

 

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.8. ヘーマカ学徒の問い 1094

【経典文】
etadaññāya ye satā,diṭṭhadhammābhinibbutā;
upasantā ca te sadā,tiṇṇā loke visattikan”ti. (4)
hemakamāṇavapucchā aṭṭhamā.

【正田氏訳】
1094.(1087)このことを了知して、彼らは、気づきある者たちとなり、〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)において涅槃に到達した者たちとなります。しかして、彼らは、常に寂静なる者たちであり、世における執着を超えた者たちです」〔と〕。ということで――(4)

 ヘーマカ学徒の問いが、第八となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
etadaññāya = etad + aññāya 連声
  etad (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
  aññāya (ājānāti:v.ger.) 「了知して」
ye(ya:pron.m.pl.nom.) 「彼らは」 関係代名詞
satā (sata:m.pl.nom.) 「気づきある者たち」
diṭṭhadhammābhinibbutā = diṭṭhadhamme + abhinibbutā 連声
  diṭṭhadhamme (diṭṭhadhamma:m.sg.loc) 「〔現に見られる〕所見の法(現法:現世)において」
  abhinibbutā (abhinibbuta:a.m.pl.nom.) 「涅槃に到達した者たち」
    abhi- (prep.)対して, 向って, 勝れて, 過ぎて.
    nibbuta (a.m.pl.nom.) 寂滅せる, 涅槃に達せる.
(b)
upasantā (upasamati:pp.a.m.pl.nom.) 「寂静なる者たち」
ca (ca:conj.) 「しかして」 ~と、そして、また 英:and,but,even
te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼らは」
sadā (sadā:adv.) 「常に」
tiṇṇā (tarati:pp.a.m.pl.nom.) 「超えた者たち」
loke (loka:m.sg.loc.)  「世における」
visattikan”ti = visattikaṃ + ti 連声
  visattikaṁ (visattikā:a.f.sg.acc.)  「執着を」執着,愛着,縛着 英:attachment; craving
  ti(ti=iti:indecl.)「と」 かく, …と, とて.

hemakamāṇavapucchā=hemaka + māṇava + pucchā コンパウンド
  hemaka(hemaka:m.)「ヘーマカ」
  māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
  pucchā(pucchā:f.pl.nom.)「問いが」
attamā(aṭṭhama:num.a.f.pl.nom.)「第八となる。」
メモ:aṭṭhama=aṭṭha + ma 7以上の序数はすべての基数の語基に-maを付す。辞P.391参照。
  maというのは”第”と意味する。
  英語で言えば、5,6,7をfifth,sixth,seventhのように”th"を付加することに該当する。

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.8. ヘーマカ学徒の問い 1093

【経典文】
“idha diṭṭhasutamutaviññātesu,piyarūpesu hemaka;
chandarāgavinodanaṁ,nibbānapadamaccutaṁ. (3)

【正田氏訳】
1093.(1086) 〔世尊は答えた〕「ヘーマカさん、この〔世において〕、見られ聞かれ思われ識られた諸々の愛しい形態にたいする、欲〔の思い〕と貪り〔の思い〕を取り除くことが、死滅なき涅槃の境処です。(3) 

【文法的分解と単語訳】
(a)
idha (idha:adv.) 「この〔世において〕」ここに、ここ
diṭṭhasutamutaviññātesu = diṭṭha + suta + muta + viññātesu 連声、コンパウンド(相違釈)
  diṭṭha (dassati:pp.a.) 「見られ」
  suta (suṇāti:pp.a.) 「聞かれ」
  muta (maññati:pp.a.) 「思われ」
viññātesu (vijānāti:pp.a.n.pl.loc.) 「識られた」※性数格一致(rūpesu)でn.とした。
piyarūpesu = piya + rūpesu 連声、コンパウンド
  piya (piya:a.) 「諸々の愛しい」 愛、可愛の
  rūpesu (rūpa:n.pl.loc.) 「形態にたいする」 形態、色
hemaka (hemaka:m.sg.voc.)  「ヘーマカさん」
(b)
chandarāgavinodanaṁ = chanda + rāga + muta + vinodanaṁ 連声、コンパウンド
  chanda (chanda:m.) 「欲〔の思い〕」
  rāga (rāga:m.) 「貪り〔の思い〕」
  vinodanaṁ (vinodana:n.sg.nom.) 「取り除くことが」
メモ:名詞語基を作る接尾辞 -anaを取るもの 「~すること」という意味
文法書P.149を参照
nibbānapadamaccutaṁ = nibbāna + padaṁ + accutaṁ 連声、コンパウンド
  nibbāna (nibbāna:n.) 「涅槃」
  padaṁ (pada:n.) 「境処」
  accutaṁ (accuta:a.n.sg.nom.) 「死滅なき」
  メモ:a (否定) + cuta(死没せる, 没せる, 死せる)から成り立っている。
        cuta < pp. of cavati(死す、死没す)

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.8. ヘーマカ学徒の問い 1092

【経典文】
tvañca me dhammamakkhāhi,taṇhānigghātanaṁ muni;
yaṁ viditvā sato caraṁ,tare loke visattikaṁ”. (2)

【正田氏訳】
1092.(1085) しかして、あなたは、わたしに、法(教え)を告げ知らせてください。牟尼よ、渇愛の絶滅〔という法〕を。それを知って、〔あるがままに〕行じおこなう、気づきある者は、世における執着を超えるのです」〔と〕。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
tvañca = tvaṁ + ca 連声
  tvaṁ (tvaṁ:pron.2.sg.nom.) 「あなたは」
  ca (ca:conj.) 「しかして」 ~と、そして、また 英:and,but,even
me (ahaṁ:pron.1.sg.dat.) 「わたしに」
dhammamakkhāhi = dhammaṁ + akkhāhi 連声
  dhammaṁ (dhamma:n.sg.acc.) 「法(教え)を」
  akkhāhi (akkhāti:v.2.sg.imper.) 「告げ知らせてください」
taṇhānigghātanaṁ = taṇhā + nigghātanaṁ 連声、コンパウンド
  taṇhā (f.) 「渇愛の」
  nigghātanaṁ (nigghātana:n.sg.acc.)  「絶滅〔という法〕を」破壊、根絶すること
  メモ:名詞語基を作る接尾辞 -anaを取るもの 「~すること」という意味
文法書P.149を参照
muni (muni:m.sg.nom./voc.) 「牟尼よ」
  メモ:命令形のとき、voc.とnom.のどちらにも解釈する場合がある。
(b)
yaṁ (ya:pron.n.sg.acc.) 「それを」
viditvā ( vindati:v.ger.) 「知って」vindati:知る、見出す
sato (sata:a.m.sg.nom.) 「気づきある者は」
caraṁ (carati:ppr.a.m.sg.nom.) 「行じおこなう」carati:行く、行ず、歩く
tare (tarati:v.3.sg.opt.)  「超えるのです」
loke (loka:m.sg.loc.)  「世における」
visattikaṁ (visattikā:a.f.sg.acc.)  「執着を」執着,愛着,縛着 英:attachment; craving

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »