無料ブログはココログ

« 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1104. (1097) 1300 | トップページ | 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1106. »

5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1105.

【経典文】
1105 “kāmesu vinaya gedhaṁ, (jatukaṇṇīti bhagavā)nekkhammaṁ daṭṭhu khemato;
uggahītaṁ nirattaṁ vā,mā te vijjittha kiñcanaṁ. (3)

【正田氏訳】
1105.(1098) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ジャトゥカンニさん、諸々の欲望〔の対象〕にたいする貪求〔の思い〕を取り除きなさい。離欲〔の境地〕を『平安である』と見て、〔執着の対象として〕執持されたものが、あるいは、〔排除の対象として〕放棄されたものが、あなたには、何ものも見い出されてはなりません。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
kāmesu(kāma:m.pl.loc.)「諸々の欲望〔の対象〕にたいする」
vinaya(vineti = vinayati:v.2.sg.imper.)「取り除きなさい」
  調伏す; 教導す, 訓練指導す.  英:leads; trains; instructs; removes.  メモ:e=aya
gedhaṁ(gedha:m.sg.acc.)「貪求〔の思い〕を」
(b)
nekkhammaṁ(nekkhamma:n.sg.acc.)「離欲〔の境地〕を」
daṭṭhu(dassati:ger.)「見て」
khemato(khema:a.n.sg.abl.)「平安であると」安穏なる, 平安の;安穏 =涅槃
  メモ:abl. 奪格の用法 文P.176下部,P.177上部を参照
(c)
uggahītaṁ(uggahīta < pp. of uggaṇhāti:n.sg.nom.)「執持されたものが」取り上げられたる, 把持されたる, 得られたる
nirattaṁ(niratta:a.n.sg.nom.)「放棄されたものが」捨てられた, 排除された.
vā(vā:conj.)「あるいは」
(d)
mā(mā:adv.)「なりません」なかれ
  [禁止, 強い決意, 否定的願望, 未来への危惧, 疑問, 否定等を示す. 動詞は aor., imper., opt. をとり, 時に pres. をとることもある]
te(tvaṁ:pron.2.sg.gen.)「あなたには」
vijjittha(vijjati:v.3.sg.aor.反照態)「見出されてはならない」見出される, 知られる, 存在す.
  メモ:辞P.399にaor.語尾変化に-itthaがあるので反照態と解釈した。
kiñcanaṁ(kiñcana:n.sg.nom.)「何ものも」何か, 何ものか

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1104. (1097) 1300 | トップページ | 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1106. »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1566194/70775948

この記事へのトラックバック一覧です: 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1105.:

« 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1104. (1097) 1300 | トップページ | 5.11. ジャトゥカンニ学徒の問い 1106. »