無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

5.13. ウダヤ学徒の問い 1115.

5.13. ウダヤ学徒の問い 1115. (1108) 1313
【経典文】
" Kiṁsu saṁyojano loko, kiṁsu tassa vicāraṇaṁ;
 Kissassa vippahānena, nibbānaṁ iti vuccati ". (4)

【正田氏訳】
 〔尊者ウダヤが尋ねた〕「いったい、何が、束縛するものとして、世〔の人々〕にあるのですか。いったい、何が、それ(世の人々)にとって、彷徨となるのですか。何を捨棄することで、それにとって、『涅槃』と呼ばれるのですか」〔と〕。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  kiṁsu=kiṁとsuの連声
   kiṁ(kiṁ:pron.n.sg.nom.)「何が~(の)ですか」
   su(su:adv.)「いったい」
  saṁyojano(saṁyojana:n>m.sg.nom.)「束縛するものとしてある」
  loko(loka:m.sg.nom.)「世〔の人々〕にとって」

(b)
  kiṁsu=kiṁとsuの連声
   kiṁ(kiṁ:pron.n.sg.nom.)「何が~(の)ですか」
   su(su:adv.)「いったい」
  tassa(taṃ:pron.3.m.sg.dat/gen.)「それ(世〔の人々〕)にとって」
  vicāraṇaṁ(vicāraṇa:n.sg.nom.)「彷徨となる」

(c)
  kissassa=kissaとassaの連声
   kissa(kiṃ:pron.n.sg.gen.)「何を~(の)ですか〔と〕。」
   assa(taṃ:pron.3.m.sg.dat/gen.)「それにとって」
  vippahānena(vippahāna:n.sg.instr.)「捨棄することで」

(d)
  nibbānaṁ(nibbānaṁ:n.sg.nom.)「『涅槃』」
  iti(iti:indecl.)「と」
  vuccati(vuccati:v.pres.3.sg.)「呼ばれる」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言=refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.13. ウダヤ学徒の問い 1114.

5.13. ウダヤ学徒の問い 1114. (1107) 1312
【経典文】
 Upekkhāsatisaṁsuddhaṁ, dhammatakkapurejavaṁ;
 Aññāvimokkhaṁ pabrūmi, avijjāya pabhedanaṁ " . (3)

【正田氏訳】
 放捨(捨)と気づき(念)という清浄なる〔境地〕、〔あるがままの〕法(真理)という〔正しい〕考え方を先導とする〔解脱の境地〕――〔これらを〕了知による解脱と、無明の破壊と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  upekkhāsatisaṁsuddhaṁ=upekkhāとsatiとsaṁsuddhaṁの合成語
   upekkhā(upekkhā:f.)「放捨(捨)と」
   sati(sati:f.)「気づき(念)という」
   saṁsuddhaṁ(saṁsuddhaṁ:a.n.sg.acc.)「清浄なる〔境地〕を」

(b)
  dhammatakkapurejavaṁ=dhammaとtakkaとpurejavaṁの合成語
   dhamma(dhamma:m.)「〔あるがままの〕法(真理)という」
   takka(takka:m.)「〔正しい〕考え方を」
   purejavaṁ(pure-java:m.sg.acc.)「先導とする〔解脱の境地〕を」

(c)
  aññāvimokkhaṁ=aññāとvimokkhaṁの合成語
   aññā(aññā:f.)「了知による」
   vimokkhaṁ(vimokkhaṁ:m.sg.acc.)「解脱と」
  pabrūmi(pabrūmi:v.pres.1.sg.)「〔私は〕説きます。〔と〕」

(d)
  avijjāya(avijjāya:f.sg.gen.)「無明の」
  pabhedanaṁ(pabhedanaṁ:n.ag.acc.)「破壊と」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言=refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.13. ウダヤ学徒の問い 1113.

5.13. ウダヤ学徒の問い 1113. (1106) 1311
【経典文】
" Pahānaṁ kāmacchandānaṁ, (udayāti bhagavā) Domanassāna cūbhayaṁ;
 Thinassa ca panūdanaṁ, Kukkuccānaṁ nivāraṇaṁ. (2)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウダヤさん、諸々の欲望〔の対象〕にたいする欲〔の思い〕を捨棄し、しかして、諸々の失意〔の思い〕を〔捨棄し〕、両者ともに〔捨棄すること〕、さらには、〔心の〕沈滞を除き去ること、諸々の悔い〔の思い〕を防ぎ護ること――(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  pahānaṁ(pahāna:n.sg.acc.)「捨断を〔説きます〕」
  kāmacchandānaṁ=kāmaとchandānaṁの合成語・連声
   kāma(kāma:m.)「諸々の欲望〔の対象〕に対する」
   chandānaṁ(chanda:m.pl.dat/gen.)「欲〔の思い〕の」
  udayāti=udayaとitiの連声
   udaya(udaya:m.sg.voc.)「ウダヤさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  domanassāna(domanassa:n.pl.dat/gen.)「諸々の失意〔の思い〕の〔捨断〕」
  cūbhayaṁ=caとubhayaṁの連声
   ca(ca:conj.)「そして」
   ubhayaṁ(ubhaya:a.n.sg.acc.)「両方を〔説きます〕」

(c)
  thinassa(thina:n.sg.dat/gen.)「〔心の〕沈滞の」
  ca(ca:conj.)「さらには」
  panūdanaṁ(panūdana:n.sg.acc.)「除去を〔説きます〕」

(d)
  kukkuccānaṁ(kukkucca:n.pl.dat/gen.)「諸々の悔い〔の思い〕の」
  nivāraṇaṁ(nivāraṇa:n.sg.acc.)「防止を〔説きます〕」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言=refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.13. ウダヤ学徒の問い 1112.

5.13. ウダヤ学徒の問い 1112. (1105) 1310
【経典文】
" Jhāyiṁ virajamāsīnaṁ, (iccāyasmā udayo) Katakiccaṁ anāsavaṁ;
 Pāraguṁ sabbadhammānaṁ, Atthi pañhena āgamaṁ;
 Aññāvimokkhaṁ pabrūhi, Avijjāya pabhedanaṁ ". (1)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ウダヤが〔言った〕「〔世俗の〕塵を離れ〔独り〕端座する〔真の〕瞑想者たる方に、為すべきことを為した煩悩なき方に、一切諸法(現象世界)の彼岸に至る方に、問い尋ねることを義(目的)として、〔わたしは〕やってまいりました。了知による解脱を、無明の破壊を、〔わたしに〕説いてください」〔と〕。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  jhāyiṁ(jhāyin:a.m.sg.acc.)「〔真の〕瞑想者たる方に」
  virajamāsīnaṁ=virajaṁとāsīnaṁの連声
   virajaṁ(viraja:a.m.sg.acc.)「〔世俗の〕塵を離れ」
   āsīnaṁ(āsīna < pp.of āsati:a.m.sg.acc.)「〔独り〕端座する」
  iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  udayo(udaya:m.sg.nom.)「ウダヤが〔言った〕」

(b)
  katakiccaṁ=kataとkiccaṁの合成語
   kata(kata < pp.of karoti:a.)「為し終えた方に」
   kiccaṁ(kicca < grd. of karoti:a.m.sg.acc.)「為すべきことを」
  anāsavaṁ(anāsava:a.m.sg.acc.)「煩悩なき方に」

(c)
  pāraguṁ(pāra-gū:a.m.sg.acc.)「彼岸に到れる方に」
  sabbadhammānaṁ=sabbaとdhammānaṁの合成語
   sabba(sabba:a.)「一切」
   dhammānaṁ(dhamma:m.pl.dat/gen.)「諸法の」

(d)
  atthi(atthin:a.m.sg.nom.)「義(目的)として」
  pañhena(pañha:m.sg.instr.)「問い尋ねることを」
  āgamaṁ(āgacchati:v.1.sg.aor.)「〔私は〕やって参りました。」

(e)
  aññāvimokkhaṁ=aññāとvimokkhaṁの合成語
   aññā(aññā:f.)「了知による」
   vimokkhaṁ(vimokkha:m.sg.acc.)「解脱を」
  pabrūhi(pabrūti:v.imper.2.sg.)「〔私に〕説いてください。」

(f)
  avijjāya(avijjā:f.sg.gen.)「無明の」
  pabhedanaṁ(pabhedana:n.sg.acc.)「破壊を」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言=refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.12. バドラーヴダ学徒の問い 1111.

5.12. バドラーヴダ学徒の問い 1111. (1104) 1308,1309
【経典文】
 Tasmā pajānaṁ na upādiyetha, Bhikkhu sato kiñcanaṁ sabbaloke;
 Ādānasatte iti pekkhamāno, Pajaṁ imaṁ maccudheyye visattan”ti. (4)
 Bhadrāvudhamāṇavapucchā dvādasamā.

【正田氏訳】
 それゆえに、〔このことを〕覚知している、気づきある比丘は、一切の世において、何ものも執取しないように――死魔の領域において執着するこの人々を、『執取〔の対象〕に執着する者たちである』と〔あるがままに〕見ながら」〔と〕。ということで――(4)
 バドラーヴダ学徒の問いが、第十二となる。

【文法的分解と単語訳】
1308
(a)
  tasmā(ta:pron.m.sg.abl.)「それゆえに」
  pajānaṁ(pajānant < ppr.of pajānāti:a.m.sg.nom.)「覚知している」
  na(na:adv.)「ない」
  upādiyetha(upādiyati:v.opt.3.sg.med.)「執取し…ように」

(b)
  bhikkhu(bhikkhu:m.sg.nom.)「比丘は」
  sato(sata < pp.of sarati:a.m.sg.nom.)「気づきある」
  kiñcanaṁ(kiñcana:a.n.sg.acc.)「何ものも」
  sabbaloke=sabbaとlokeの合成語
   sabba(sabba:a.)「一切の」
   loke(loka:m.sg.loc.)「世において」

(c)
  ādānasatte=ādānaとsatteの合成語
   ādāna(ādāna:n.)「『執取〔の対象〕に」
   satte(satta:a.m.pl.acc.)「執着する者たちである』」
  iti(iti:indecl.)「と」
  pekkhamāno(pekkhamāna < ppr.of pekkhati:ppr.m.sg.nom.)「〔あるがままに〕見ながら」

(d)
  pajaṁ(pajā:f.sg.acc.)「人々を」
  imaṁ(ayaṁ:pron.f.sg.acc.)「この」
  maccudheyye=maccuとdheyyeの合成語
   maccu(maccu:m.)「死魔の」
   dheyye(dheyya:a.m.sg.loc.)「領域において」
  visattan(←visattaṁ(次にtがあるため連声で語尾のṁがnになったと考えられる))
   (visattā < pp.of visajjati:a.f.sg.acc.)「執着する」
  ti(ti:indecl.)「ということで」

1309
  bhadrāvudhamāṇavapucchā=bhadrāvudhaとmāṇavaとpucchāの合成語
   bhadrāvudha(bhadrāvudha:m.)「バドラーヴダ」
   māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
   pucchā(pucchā:f.sg.nom.)「問いが」
  dvādasamā(dvādasama:a.f.sg.nom.)「第十二となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言=refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.12. バドラーヴダ学徒の問い 1110.

5.12. バドラーヴダ学徒の問い 1110. (1103) 1307

【経典文】
" Ādānataṇhaṁ vinayetha sabbaṁ, (bhadrāvudhāti bhagavā) Uddhaṁ adho tiriyañcāpi majjhe;
 Yaṁ yañhi lokasmimupādiyanti, Teneva māro anveti jantuṁ. (3)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「バドラーヴダさん、執取〔の対象〕への渇愛を、〔その〕一切を、取り除くように。上に、下に、さらには、また、横に、〔その〕中間において、まさに、〔一切の〕世において、そのもの、そのものに、〔彼らが〕執取するなら、まさしく、その〔一つ一つ〕によって、人に、悪魔が従い行くのです。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  ādānataṇhaṁ=ādānaとtaṇhaṁの合成語
   ādāna(ādāna:n.)「執取〔の対象〕への」
   taṇhaṁ(taṇhā:f.sg.acc.)「渇愛を」
  vinayetha(vinayati:v.opt.2.sg.)「取り除くように。」
  sabbaṁ(sabba:a.n.sg.acc.)「〔その〕一切を」
  bhadrāvudhāti=bhadrāvudhaとitiの連声
   bhadrāvudha(bhadrāvudha:m.sg.voc.)「バドラーヴダさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  uddhaṁ(uddhaṁ:indecl.)「上に」
  adho(adho:adv.)「下に」
  tiriyañcāpi=tiriyaṁとcaとapiの連声
   tiriyaṁ(tiriyaṁ:adv.)「横に」
   ca(ca:conj.)「さらには」
   api(api:indecl.adv.)「また」
  majjhe(majjha:a.m.sg.loc.)「〔その〕中間において」

(c)
  yaṁ(yaṁ:pron.n.sg.acc.)「そのものに」
  yañhi=yaṁとhiの連声
   yaṁ(yaṁ:pron.n.sg.acc.)「そのものに」
   hi(hi:adv.conj.)「まさに」
  lokasmimupādiyanti=lokasmiṁとupādiyantiの連声
   lokasmiṁ(loka:m.sg.loc.)「〔一切の〕世において」
   upādiyanti(upādiyati:v.pres.3.pl.)「〔彼らが〕執取するなら」

(d)
  teneva=tenaとevaの連声
   tena(taṁ:pron.n.sg.instr.)「その〔ひとつひとつ〕によって」
   eva(eva:adv.)「まさしく」
  māro(māra:m.sg.nom.)「悪魔が」
  anveti(anveti:v.pres.3.sg.)「従い行くのです。」
  jantuṁ(jantu:m.sg.acc.)「人に」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    ref.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

関西ダンマサークル in 三ノ宮 開催のお知らせ

関西ダンマサークル in 三ノ宮 開催のお知らせ
7月22日(土)
場所:神戸いきいき勤労会館 303号室
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/index.html

スケジュール
10:00~12:00
パーリ語学習
語学で、辞書、文法書などが必要になり、難しいこともあるかと思います。
興味なり関心が出てきてから、初心者の講習なりを受けてみても良いかと存じます。
見学して頂いてOKです。正田大観さんに講師をして頂いております。
ここでの内容を午後の部で学ぶ予定です。

13:00~17:00
誰でも参加できる勉強会です。
こちらは何も必要ありません。手ぶらでOKです。
会場レンタル代は喜捨で開催されています。入退場は自由で、都合のつくときだけ来ていただいてOKです。
内容はパティパダーの法話、パーリ語経典の自主勉強会の開催予定です。
自ら内容を研究、吟味、調べて確かめてみて下さい。

私自身、不完全であり、うまくいかないこともあるかと思います。
こういったことは、皆様方からの協力によって成り立っており、
できる範囲の事を巧みに、上手にやっていこうと考えています。
私自身を含め、参加者の皆さんの悩み苦しみを減らす、無くす実践に役に立ち、
充実した一日を過ごすことができれば幸いです。
以上、宜しくお願い致します。

生きとし生けるものが幸せでありまように
有田

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »