無料ブログはココログ

« 4.1. 欲望の経 777. | トップページ

4.1. 欲望の経 778.

4.1. 欲望の経 778. (771) 939,940
【経典文】
 Tasmā jantu sadā sato, Kāmāni parivajjaye; Te pahāya tare oghaṃ, Nāvaṃ sitvāva pāragūti. (6)
 Kāmasuttaṃ paṭhamaṃ.

【正田氏訳】
 それゆえに、人は、常に気づきある者となり、諸々の欲望〔の対象〕を遍く避けるがよい。それら(欲望の対象)を捨棄して、〔貪欲の〕激流を超え渡るがよい。舟〔に浸み入る水〕を汲み出してこそ、彼岸に至る者となる。ということで──(6)
 欲望の経が、第一となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  tasmā(taṁ:pron.3.m/n.sg.abl.)「それゆえに」
  jantu(jantu:m.sg.nom.)「人は」
  sadā(sadā:adv.)「常に」
  sato(sata < pp. of sarati:m.sg.nom.)「気づきある者となり」

(b)
  kāmāni(kāma:n.pl.acc.)「諸々の欲望〔の対象〕を」
  parivajjaye(parivajjayati = parivajjeti:v.3.sg.opt.)「遍く避けるがよい。」

(c)
  te(taṁ:pron.m.pl.acc.)「それら(欲望の対象)を」
  pahāya(pajahāti:v.ger.)「捨棄して」
  tare(tarati:v.3.sg.opt.)「超え渡るがよい。」
  oghaṃ(ogha:m.sg.acc.)「〔貪欲の〕激流を」

(d)
  nāvaṃ(nāvā:f.sg.acc.)「舟〔に浸み入る水〕を」
  sitvāva=sitvāとvaの連声
   sitvā(siñcati:v.ger.)「汲み出して」
   va(va = eva:adv.)「こそ」
  pāragūti=pāragūとti/itiの連声
   pāragū(pāra-gū:a.m.sg.nom.)「彼岸に至る者となる。」
   ti/iti(ti/iti:indecl.)「ということで――」

940
  kāmasuttaṃ=kāmaとsuttaṃのコンパウンド
   kāma(kāma:m.comp.)「欲望の」
   suttaṃ(sutta:n.sg.nom.)「経が」
  paṭhamaṃ(paṭhama:a.n.sg.nom.)「第一となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 4.1. 欲望の経 777. | トップページ

スッタニパータ 4章 八なるものの章」カテゴリの記事