無料ブログはココログ

« 5.16. ピンギヤ学徒の問い 1129. | トップページ | 4.1. 欲望の経 773. »

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1130.

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1130. (1123) 1331
【経典文】
" Taṇhādhipanne manuje pekkhamāno, (piṅgiyāti bhagavā) Santāpajāte jarasā parete;
 Tasmā tuvaṁ piṅgiya appamatto, Jahassu taṇhaṁ apunabbhavāyā " ti. (4)
 Piṅgiyamāṇavapucchā soḷasamā.

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ピンギヤさん、渇愛〔の思い〕に囚われた人間たちを、熱苦を生じ老に打ち負かされた者たちを、〔常に〕見ながら、ピンギヤさん、それゆえに、あなたは、〔気づきを〕怠らない者となり、さらなる〔迷いの〕生存なきために、渇愛を捨棄するのです」〔と〕。ということで――(4)
 ピンギヤ学徒の問いが、第十六となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  taṇhādhipanne=taṇhāとadhipanneのコンパウンド・連声
   taṇhā(taṇhā:f.)「渇愛〔の思い〕に」
   adhipanne(adhipanna < pp. of adhipajjati:a.m.pl.acc.)「囚われた」
  manuje(manuja:m.pl.acc.)「人間たちを」
  pekkhamāno(pekkhamāna < ppr.of pekkhati:a.m.sg.nom.)「〔常に〕見ながら」
  piṅgiyāti=piṅgiyaとitiの連声
   piṅgiya(piṅgiya:m.sg.voc.)「ピンギヤさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  santāpajāte=santāpaとjāteのコンパウンド
   santāpa(santāpa:a.)「熱苦を」
   jāte(jāta < pp. of janati:a.m.pl.acc.)「生じ」
  jarasā(jaras:n.sg.instr.)「老に」
  parete(pareta < pp. of pareti:a.m.pl.acc.)「打ち負かされた者たちを」

(c)
  tasmā(tasmā:indecl.)「それゆえに」
  tuvaṁ(tvaṁ:pron.2.sg.nom.)「あなたは」
  piṅgiya(piṅgiya:m.sg.voc.)「ピンギヤさん」
  appamatto(appamatta:a.m.sg.nom.)「〔気づきを〕怠らない者となり」

(d)
  jahassu(jahāti:v.2.sg.imper.refl.(med.))「捨棄するのです」〔と〕。」
  taṇhaṁ(taṇhā:f.sg.acc.)「渇愛を」
  apunabbhavāyā=apiとnaとbhavāyāの連声
   api(api:indecl.)「さらなる」
   na(na:adv.)「なき」
   bhavāyā(bhava:m.sg.dat.)「生存~ために」
  ti(ti:indecl.)「ということで―」

(1332)
  piṅgiyamāṇavapucchā=piṅgiyaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
   piṅgiya(piṅgiya:m.)「ピンギヤ」
   māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
   pucchā(pucchā:f.pl.nom.)「問いが」
  soḷasamā(soḷasamā:f.pl.nom.)「第十六となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

 

« 5.16. ピンギヤ学徒の問い 1129. | トップページ | 4.1. 欲望の経 773. »

スッタニパータ 彼岸に至るものの章」カテゴリの記事