無料ブログはココログ

« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2017年2月5日 - 2017年2月11日 »

2017年1月8日 - 2017年1月14日

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1083

【経典文】
“atthaṅgatassa na pamāṇamatthi, (upasīvāti bhagavā)
yena naṁ vajjuṁ taṁ tassa natthi;
sabbesu dhammesu samohatesu,
samūhatā vādapathāpi sabbe”ti. (8)

upasīvamāṇavapucchā chaṭṭhī.

【正田氏訳】
1083.(1076) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、滅却に至った者には、量るもの(認識根拠)が存在しないのです。それによって、彼のことを〔あなたに〕説こうとしても、彼には、その〔量るもの〕が存在しないのです。一切の諸法(事象)が完破されたとき、一切の論の道もまた、完破されたのです」〔と〕。ということで――(8) 
 ウパシーヴァ学徒の問いが、第六となる。

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
atthaṅgatassa=atthaṅとgatassaの連声(五群の子音の前のṁはその群の鼻音に変る)
    atthaṁ(attha:n.sg.acc.「滅却に 辞:没する、滅する」)
    gatassa(gata < pp. of gacchati:a.n.sg.gen.「至った者には 辞:行く」)
na(na:adv.「ないのです、否定」)
pamāṇamatthi=pamāṇaṁとatthiの連声(母音の前のṁは時にd又はmとなる)
    pamāṇaṁ(pamāṇa:n.sg.nom.「量るものが」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「ある、存在する」)

upasīvāti=upasīvāとtiの連声(a⇒ā)
    upasīvā(upasīva:m.sg.voc.「ウパシーヴァさん」)
    ti(ti:indecl.「かくのごとく」)
bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.「世尊は〔答えた〕」)

(2行目)
yena(ya:pron.n.sg.inst.「それによって」)
naṁ(so:pron.3.m.sg.acc「彼のことを」)
vajjuṁ(vadati:v.3.pl.opt.「説こうとしても」)
  ※パーリ仏教辞典―仏のことば註‐パラマッタ・ジョーティカー‐付篇、
      パーリ聖典スッタ・ニパータ註、索引・辞典 村上 真完/及川 真介【著】
      を参照すると、複数形と記述
taṁ(taṁ:pron.3.n.sg.nom「それが」)
tassa(so:pron.3.m.sg.gen.「彼には」)
natthi=naとatthiの連声(a+a⇒a)
    na(na:adv.「否定、なし」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「存在している」)
  ※学習メモ A (gen.) B(nom.)という形⇒AにはBがと訳す。
  ここの場合、「彼にはそれが」となる。

(3行目)
sabbesu(sabba:a.m.pl.loc.「一切の」)
dhammesu(dhamma:m.pl.loc.「諸法(事象)において」)
samohatesu=sam/saṁとhatesuの連声(ṁ⇒m、oの挿入)
    sam/saṁ(sam/saṁ:pref.「共に、正しく、同じ」)
    hatesu(hata < pp. of hanti (=hanati):a.m.pl.loc「破壊されたとき」)

(4行目)
samūhatā(samūhata < pp. of samūhanti (=samūhanati):a.m.pl.nom.「完破されたのです」)
vādapathāpi=vādaとpathāのコンパウンド(依主釈)、かつapiとの連声(ā+a⇒ā)
    vāda(vāda:m.「論の」)
    pathā(patha:m.pl.nom.「道」)
    api(api:adv.「また、~もまた」)
sabbe”(sabba:a.m.pl.nom.「一切が 代名詞的形容詞」)
ti(ti:indecl.「~ということで、~と、かく」)

(締めくくりの行)
upasīvamāṇavapucchā=upasīvaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド(依主釈)
    upasīva(upasīva:m.「ウパシーヴァ」)
    māṇava(māṇava:m.「学徒の」)
    pucchā(pucchā:f.pl.nom.「問いが」)
chaṭṭhī(chaṭṭha:a.f.pl.nom.「第六となる。」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082

【経典文】
“atthaṅgato so uda vā so natthi,
udāhu ve sassatiyā arogo;
taṁ me munī sādhu viyākarohi,
tathā hi te vidito esa dhammo”. (7)

【正田氏訳】
1082.(1075) 〔尊者ウパシーヴァが尋ねた〕「その、滅却に至った者(解脱者)ですが、あるいは、また、彼は、〔もはや〕存在しないのですか。それとも、まさに、常恒に、無病の者(永遠不滅の存在)となるのですか。牟尼よ、どうぞ、わたしに、それを説き示してください。まさに、この法(事象)は、あなたによって、そのとおり〔あるがままに〕知られたのです」〔と〕。(7)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
atthaṅgato=atthaṅとgatoの連声(五群の子音の前のṁはその群の鼻音に変る)
    atthaṁ(attha:n.sg.acc.「滅却に 辞:没する、滅する」)
    gatassa(gata < pp. of gacchati:a.n.sg.gen.「至った者には 辞:行く」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
uda(uda:indecl.「あるいは 英:or」)
vā(vā:adv./conj.「または、~か」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
natthi=naとatthiの連声
    na(na:adv.「否定、なし」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「存在している」)
(2行目)
udāhu(udāhu:indecl.「それとも 辞:あるいは、または」)
ve(ve:adv.「まさに、実に」)
sassatiyā(sassatī:f.sg.abl「常恒に 英:eternity」)
arogo(aroga:a.m.sg.nom.「無病の者」)
(3行目)
taṁ(taṁ:pron.3.n.sg.acc.「それを」)
me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.「わたしに」)
munī(munī:m.sg.voc.「牟尼(沈黙の聖者)よ 辞:寂黙、黙者、賢人
    ※韻律の関係で単数形と解釈、単数形だとmuniになるため。」)
sādhu(sādhu:adv./interj.「どうぞ 辞:善き、善良の、善き哉、何卒」)
viyākarohi =vyākarohi(vyākaroti:v.2.sg.imper.「説き示してください
    辞:解説する、解答する、記説する」)
(4行目)
tathā(tathā:adv.「そのとおり 辞:かく、その如くに」)
hi(hi:adv./conj.「まさに、実に 英:because,certainly,indeed」)
te(tvaṁ:pron.2.sg.inst.「あなたによって」)
vidito(vidita < pp. of vindati:a.m.sg.nom「知られた」)
esa(etad:pron.m.sg.nom.「この」)
dhammo(dhamma:m.sg.nom「法は」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1081

【経典文】
“accī yathā vātavegena khittā, (upasīvāti bhagavā)
atthaṁ paleti na upeti saṅkhaṁ;
evaṁ munī nāmakāyā vimutto,
atthaṁ paleti na upeti saṅkhaṁ”. (6)

【正田氏訳】
1081.(1074) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、たとえば、風の勢いで飛び散った炎が、滅却し去り行くと、〔もはや〕名称に近づかない(名づけようがない)ように、このように、名前の身体(名身)から解脱した牟尼(沈黙の聖者)は、滅却し去り行き、〔虚構の〕名称に近づくことがないのです(名づけを離れた存在となる)」〔と〕。(6)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
accī(accī:f.pl.nom「炎が」)
yathā(yathā:adv.「~の如くに」)
vātavegena=vātaとvegenaの連声、コンパウンド
    vāta(vāta:m.「風の」)
    vegena(vāta:m.sg.inst.「勢いで 辞:急動、速力 英:force,speed」)
khittā(khittā:a.f.pl.nom.「飛び散った 辞:khipatiのpp. 投げられたる、捨てられたる
    有財釈 accīを修飾する形容詞的用法として理解、性数格の一致」)
(2行目)
atthaṁ(attha:m.sg.acc.「滅却し 辞:没する、滅する」)
paleti(palāyati:v.3.sg.pres.「去り行く 辞:逃げる 英:to run away」)
na(na:adv.「なし、否定」)
upeti(upeti:v.3.sg.pres.「辞:近づく、至る、到達」)
saṅkhaṁ(saṅkhā:m.sg.acc.「辞:目算、算数、名称、数える、名付ける 英:number」)
(3行目)
evaṁ(evaṁ:adv.「かく、かくの如く」)
munī(muni:m.sg.nom.「牟尼(沈黙の聖者)は 辞:寂黙、黙者、賢人
    ※韻律の関係で単数形と解釈、単数形だとmuniになるため。」)
nāmakāyā=nāmaとkāyāの連声、コンパウンド(依主釈 名詞形+名詞形)
    nāma(nāma:m.「名前の」)
    kāyā(kāyā:m.sg.abl.「辞:身、身体、集まり」)
vimutto(vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.nom.「解脱した」)
(4行目)
atthaṁ(attha:m.sg.acc.「滅却し 辞:没する、滅する」)
paleti(palāyati:v.3.sg.pres.「去り行く 辞:逃げる 英:to run away」)
na(na:adv.「なし、否定」)
upeti(upeti:v.3.sg.pres.「辞:近づく、至る、到達」)
saṅkhaṁ(saṅkhā:m.sg.acc.「辞:目算、算数、名称、数える、名付ける 英:number」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1080

【経典文】
“tiṭṭhe ce so tattha anānuyāyī,
pūgampi vassānaṁ samantacakkhu;
tattheva so sītisiyā vimutto,
cavetha viññāṇaṁ tathāvidhassa”. (5)

【正田氏訳】
1080.(1073) 〔尊者ウパシーヴァが尋ねた〕「もし、彼が、〔何ものも〕追い求めることなく、そこにおいて、安立するであろうなら――一切に眼ある方よ、多年のあいだでさえも〔安立するであろうなら〕――まさしく、そこにおいて、彼は、解脱者として、〔欲の炎なく〕清涼に存するのでしょうか。そのような種類の者の識知〔作用〕は、死滅するのでしょうか」〔と〕。(5)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
tiṭṭhe(tiṭṭhati:v.3.sg.opt.「安立するでしょう」)
ce(ce:conj.「もし、たとえ~でも」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
tattha(tattha:adv.「そこに、そこで、そのとき」)
anānuyāyī=anとanuyāyīの連声 n+a⇒ā
    an(an=a:pref.「否定を表す接頭辞。母音の前なのでanになる。」)
    anuyāyī(anuyāyin:a.m.sg.nom.「追い求めている、辞:随行せる、従事せる、
      英:going after, following, subject to」)
      anu-(接頭辞:随いて、次に、順じて、従って)
(2行目)
pūgampi=pūgaṁとpiの連声
    pūgaṁ(pūga:a.n.sg.acc.「多くの」)
    pi(pi:adv./conj.「~も、~もまた」)
vassānaṁ(vassāna:a.n.sg.acc「雨期、雨期安居、安居、年」)
samantacakkhu=samantaとcakkhuの連声、コンパウンド
    samanta(「一切の、一切に」)
    cakkhu(cakkhu:m.sg.voc.「眼ある方よ」)
(3行目)
tattheva=tatthaとevaの連声(二母音が合して後の音になる)
    tattha(tattha:adv.「そこに、そこで、そのとき」)
    eva(eva:adv.「ただ、直前の言葉を強調」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
sītisiyā(sītibhavati:v.3.sg.opt.「清涼に存する、辞:寒冷となる、冷静となる」)
vimutto(vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.nom.「解脱した者として」)
(4行目)
cavetha(cavati:v.3.sg.opt.反照態「死滅するでしょう、辞:死没する、死する」)
viññāṇaṁ(viññāṇa:a.n.sg.nom.「識知〔作用〕は、辞:識、分かち知ること」)
tathāvidhassa=tathāとvidhassaの連声
    tathā(tathā:adv.「かく、その如くに」)
    vidhassa(vidha:a.n.sg.gen「種類の」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1079

【経典文】
“sabbesu kāmesu yo vītarāgo, (upasīvāti bhagavā)
ākiñcaññaṁ nissito hitvā maññaṁ;
saññāvimokkhe parame vimutto,
tiṭṭheyya so tattha anānuyāyī”. (4)

【正田氏訳】
1079.(1072) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、〔まさに〕その、一切の欲望〔の対象〕にたいする貪り〔の思い〕を離れた者、他のものを捨棄して無所有〔の境地〕に依存した者、表象ある解脱における最高のものにおいて解脱した者――彼は、〔何ものも〕追い求めることなく、そこにおいて、安立するでしょう」〔と〕。(4)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
sabbesu(sabba:a.n.pl.loc.「一切の :代名詞的形容詞」)
kāmesu(kāma:m.pl.loc.「欲望において」)
yo(ya:pron.m.sg.nom.「その」)
vītarāgo=vītaとrāgoのコンパウンド(持業釈、有財釈)
    vīta(vita < pp. of veti:「離れた」)
      veti:去る、消失す  英 to go away, disappear
    rāgo(rāga:m.sg.nom.「貪り、貪欲」)(2行目)
(2行目)
ākiñcaññaṁ(ākiñcañña:n.sg.acc.「無所有を」)
nissito(nissita < pp. of nissayati :a.m.sg.nom.「依存した者として」)
hitvā(jahāti:v.ger.「捨てて」)
maññaṁ=mとaññaṁに分解
    m(hitvāとaññaṁという語句をつなげる連声で挿入された子音)
    aññaṁ(añña:a.m/n.sg.acc.「他のものを、辞:他の、異なる」)
(3行目)
saññāvimokkhe=saññāとvimokkheの連声、コンパウンド
    saññā(saññā:f. 「想念、概念、表象」)
    vimokkhe(vimokkha:m.sg.loc.「解脱」)
parame(parama:a.m.sg.loc.「最高のものにおいて、辞:最高的、最上、最勝」)
vimutto(vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.nom.「解脱した者として」)
(4行目)
tiṭṭheyya(tiṭṭhati:v.3.sg.opt.「安立するでしょう」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
tattha(tattha:adv.「そこに、そこで、そのとき」)
anānuyāyī=anとanuyāyīの連声 n+a⇒ā
    an(an=a:pref.「否定を表す接頭辞。母音の前なのでanになる。」)
    anuyāyī(anuyāyin:a.m.sg.nom.「追い求めている、辞:随行せる、従事せる、
      英:going after, following, subject to」)
      anu-(接頭辞:随いて、次に、順じて、従って)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2017年2月5日 - 2017年2月11日 »