無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

4.9. マーガンディヤの経 854. (847)

【経典文】
 Saññāvirattassa na santi ganthā, Paññāvimuttassa na santi mohā;
 Saññañca diṭṭhiñca ye aggahesuṃ, Te ghaṭṭayantā vicaranti loke”ti.
(13)

【正田氏訳】
 〔誤った〕表象が離貪した者には、〔人を縛る〕諸々の拘束は存在しないのです。智慧によって解脱した者には、〔人を惑わす〕諸々の迷妄は存在しないのです。彼ら、〔特定の〕表象やら見解やらを収め取った者たち──彼らは、〔互いに〕対立しながら、世を渡り歩くのです」〔と〕。ということで──(13)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Saññāvirattassa < saññāとvirattassaのコンパウンド
   saññā (saññā:f.comp.) 「〔誤った〕表象が」
   virattassa (viratta < pp. of virajjati:a.m.sg.dat/gen.) 「離貪した者には」
  na (na:adv.) 「ないのです。」
  santi (atthi:v.3.pl.pres.) 「存在し」
  ganthā (gantha:m.pl.nom.) 「〔人を縛る〕諸々の拘束は」

(b)
  Paññāvimuttassa < paññāとvimuttassaのコンパウンド
   paññā (paññā:f.comp.) 「智慧によって」
   vimuttassa (vimutta < pp. of vimuñcati:a.m.sg.dat/gen.) 「解脱した者には」
  na (na:adv.) 「ないのです。」
  santi (atthi:v.3.pl.pres.) 「存在し」
  mohā (moha:m.pl.nom.) 「〔人を惑わす〕諸々の迷妄は」

(c)
  Saññañca < saññaṃとcaの連声(前語語尾ṃがñに変化)
   saññaṃ (saññā:f.sg.acc.) 「〔特定の〕表象」
   ca (ca:conj.) 「やら」
  diṭṭhiñca < diṭṭhiṃとcaの連声(前語語尾ṃがñに変化)
   diṭṭhiṃ (diṭṭhi:f.sg.acc.) 「見解…を」
   ca (ca:conj.) 「やら」
  ye (ya:pron.m.pl.nom.) 「彼ら…者たち」
  aggahesuṃ (gaṇhāti:v.3.pl.aor.) 「収め取った」

(d)
  Te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼らは」
  ghaṭṭayantā (ghaṭṭayant < ppr. of ghaṭṭayati:a.m.pl.nom.) 「〔互いに〕対立しながら」
  vicaranti (vicarati:v.3.pl.pres.) 「渡り歩くのです」〔と〕。」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世を」
  ti (ti=iti:indecl.) 「ということで―」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.9. マーガンディヤの経 853. (846)

【経典文】
 Na vedagū diṭṭhiyāyako na mutiyā, Sa mānameti na hi tammayo so;
 Na kammunā nopi sutena neyyo, Anūpanīto sa nivesanesu.
(12) 

【正田氏訳】
 〔真の〕知に至る者は、見解に至る者ではありません。彼は、思想によって〔我想の〕思量に至ることがありません。なぜなら、彼は、それに関わらないからです。〔特定の宗教〕行為(業)によって〔導かれ〕ず、また、〔他者からの伝え聞きでしかない〕聞かれたものによっても導かれません。彼は、諸々の〔妄執が〕固着する場に連れて行かれないのです。(12)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Na (na:adv.) 「ありません。」
  vedagū (vedagū:m.sg.nom.) 「〔真の〕知に至る者は」
  diṭṭhiyāyako < diṭṭhiとyāyakoのコンパウンド
   diṭṭhi (diṭṭhi:f.comp.) 「見解に」
   yāyako (yāyaka*:m.sg.nom.) 「至る者では」
    * この語はどの辞書にも見当たらないが、yāyati=yāti(行く)という動詞の語根に、行為者を示す名詞語基を作る接尾辞-aka(水野文法書p.149⑥)をつけてできた名詞と想定した。
  na (na:adv.) 「ありません。」
  mutiyā (muti=mati:f.sg.instr.) 「思想によって」

(b)
  Sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  mānameti < mānaṃとetiの連声(ṃがmに変化)
   mānaṃ (māna:m.sg.acc.) 「〔我想の〕思量に」
   eti (eti:v.3.sg.pres.) 「至ることが」
  na (na:adv.) 「ない」
  hi (hi:adv.conj.) 「なぜなら…からです。」
  tammayo (tammaya:a.m.sg.nom.) 「関わら」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」

(c)
  Na (na:adv.) 「〔導かれ〕ず」
  kammunā (kamman:n.sg.instr.) 「〔特定の宗教〕行為(業)によって」
  nopi < noとapiの連声(後語語頭aが消失)
   no (no=na:adv.) 「せん。」
   api (api:indecl.) 「また…も」
  sutena (suta:a.n.sg.instr.) 「〔他者からの伝え聞きでしかない〕聞かれたものによって」
  neyyo (neyya < grd. of neti:a.m.sg.nom.) 「導かれ」

(d)
  Anūpanīto (an(pref.)-upanīta(<pp. of upaneti)  *:a.m.sg.nom.) 「連れて行かれないのです。」
  * 雲井昭善著『新版パーリ語佛教辞典』p.203参照(「運ばれざる,導かれざる」)。
  sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  nivesanesu (nivesana:n.pl.loc.) 「諸々の〔妄執が〕固着する場に」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.9. マーガンディヤの経 852. (845)

【経典文】
 Yehi vivitto vicareyya loke, Na tāni uggayha vadeyya nāgo;
 Jalambujaṃ kaṇḍakavārijaṃ yathā, Jalena paṅkena canūpalittaṃ;
 Evaṃ munī santivādo agiddho, Kāme ca loke ca anūpalitto.
(11) 

【正田氏訳】
 それら〔の見解〕から遠離した者として、世を渡り歩くべきであるなら、龍たる者(牟尼)は、それらに執持して、〔自説を〕説くことはないのです。たとえば、汚水に生える、荊ある水蓮が、水に〔汚されず〕、さらには、泥に汚されないように、このように、〔内なる〕寂静を説く牟尼は、貪求なき者であり、欲望〔の対象〕にも、世〔の人々〕にも、汚されないのです。(11)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yehi (ya:pron.n.pl.abl.) 「それら〔の見解〕から」
  vivitto (vivitta < pp. of viviccati:a.m.sg.nom.) 「遠離した者として」
  vicareyya (vicarati:v.3.sg.opt.) 「渡り歩くべきであるなら」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世を」

(b)
  Na (na:adv.) 「ないのです。」
  tāni (taṁ:pron.3.n.pl.acc.) 「それらに」
  uggayha (uggaṇhāti:v.ger.) 「執持して」
  vadeyya (vadati:v.3.sg.opt.) 「〔自説を〕説くことは」
  nāgo (nāga:m.sg.nom.) 「龍たる者(牟尼)は」

(c)
  Jalambujaṃ < jalaとambuとjaṃのコンパウンド・連声(第一語語尾aが消失)
   jala (jala:n.comp.)
   ambu (ambu:n.comp.) 「汚水」
   jaṃ (ja:a.n.sg.nom.) 「に生える」
  kaṇḍakavārijaṃ < kaṇḍakaとvāriとjaṃのコンパウンド
   kaṇḍaka (kaṇḍaka=kaṇṭaka:m.comp.) 「荊ある」
   vāri (vāri:n.comp.) 「水」
   jaṃ (ja:a.n.sg.nom.) 「蓮が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように」

(d)
  Jalena (jala:n.sg.instr.) 「水に〔汚されず〕」
  paṅkena (paṅka:m.sg.instr.) 「泥に」
  canūpalittaṃ < caとanūpalittaṃの連声(前語語尾aが消失)
   ca (ca:conj.) 「さらには」
   anūpalittaṃ (anūpalitta*=an(pref.)-upalitta(<pp. of upalimpati):a.n.sg.nom.) 「汚されない」
    * 雲井昭善著『新版パーリ語佛教辞典』p.83,73参照。

(e)
  Evaṃ (evaṃ:adv.) 「このように」
  munī * (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
    * 韻律の都合でiがīに長音化したと思われる
  santivādo < santiとvādoのコンパウンド
   santi (santi:f.comp.) 「〔内なる〕寂静を」
   vādo (vāda:m.sg.nom.) 「説く」
  agiddho (a(pref.)-giddha (<pp. of gijjhati):a.m.sg.nom.) 「貪求なき者であり」

(f)
  Kāme (kāma:m.sg.loc.) 「欲望〔の対象〕に」
  ca (ca:conj.) 「も」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世〔の人々〕に」
  ca (ca:conj.) 「も」
  anūpalitto (anūpalitta=anupalitta*:a.m.sg.nom.) 「汚されないのです。」
   * 同上。

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.9. マーガンディヤの経 851. (844)

【経典文】
 Okaṃ pahāya aniketasārī, Gāme akubbaṃ muni santhavāni;
 Kāmehi ritto apurakkharāno, Kathaṃ na viggayha janena kayirā.
(10) 

【正田氏訳】
 家を捨棄して、家なくして行く者──牟尼は、村において、諸々の親愛〔の情〕(愛着の思い)を為さずにいるのです。諸々の欲望〔の対象〕から遠ざかった者は、〔何ものも〕偏重せずにいるのです。〔特定の見解に〕執持して、人に〔論争の〕言説を為すことはないのです。(10)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Okaṃ (oka:n.sg.acc.) 「家を」
  pahāya (pajahati:v.ger.) 「捨棄して」
  aniketasārī < aniketaとsārīのコンパウンド
   aniketa (aniketa:a.comp.) 「家なくして」
   sārī (sārin:a.m.sg.nom.) 「行く者」

(b)
  Gāme (gāma:m.sg.loc.) 「村において」
  akubbaṃ (a(pref.)-kubbant (<ppr. of kubbati):a.m.sg.nom.) 「為さずにいるのです。」
  muni (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
  santhavāni (santhava:m>n*.pl.acc.) 「諸々の親愛〔の情〕(愛着の思い)を」
  * 水野弘元著『パーリ語文法』p.66⑤「韻律の都合などで、男性が中性的変化をしたり…」にあたると思われる。

(c)
  Kāmehi (kāma:m.pl.abl.) 「諸々の欲望〔の対象〕から」
  ritto (ritta < pp. of riñcati:a.m.sg.nom.) 「遠ざかった者は」
  apurakkharāno (a(pref.)-purakkharāna(<ppr. of purakkharoti):a.m.sg.nom.) 「〔何ものも〕偏重せずにいるのです。」

(d)
  Kathaṃ (kathā:f.sg.acc.) 「〔論争の〕言説を」
  na (na:adv.) 「ないのです。」
  viggayha (viggaṇhati:v.ger.) 「〔特定の見解に〕執持して」
  janena (jana:m.sg.instr.) 「人に」
  kayirā (karoti:v.3.sg.opt.) 「為すことは」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.9. マーガンディヤの経 850. (843)

【経典文】
 Saccanti so brāhmaṇo kiṃ vadeyya, Musāti vā so vivadetha kena;
 Yasmiṃ samaṃ visamaṃ vāpi natthi, Sa kena vādaṃ paṭisaṃyujeyya.
(9) 

【正田氏訳】
 〔真の〕婆羅門たる彼は、『〔これこそ〕真理である』と、何を説くというのでしょう。あるいは、彼は、『〔それは〕虚偽である』と、何によって、〔誰と〕論争するというのでしょう。あるいは、また、彼のうちに、『等しい』『等しくない』〔という思い〕が存在しないなら、彼は、何によって、論に関わるというのでしょう。(9)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Saccanti < saccaṃとitiの連声(後語語頭iが消失、前語語尾ṃがnに変化)
   saccaṃ (sacca:n.sg.nom.) 「『〔これこそ〕真理である』」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  brāhmaṇo (brāhmaṇa:m.sg.nom.) 「〔真の〕婆羅門たる」
  kiṃ (ka:pron.n.sg.acc.) 「何を」
  vadeyya (vadati:v.3.sg.opt.) 「説くというのでしょう。」

(b)
  Musāti < musāとitiの連声(後語語頭iが消失)
   musā (musā:adv.) 「『〔それは〕虚偽である』」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  vā (vā:adv.conj.) 「あるいは」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  vivadetha (vivadati:v.3.sg.opt.med.) 「〔誰と〕論争するというのでしょう。」
  kena (ka:pron.m/n.sg.instr.) 「何によって」

(c)
  Yasmiṃ (ya:pron.m.sg.loc.) 「彼のうちに」
  samaṃ (sama:a.n.sg.nom.) 「『等しい』」
  visamaṃ (visama:a.n.sg.nom.) 「『等しくない』〔という思い〕が」
  vāpi < vāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   vā (vā:adv.conj.) 「あるいは」
   api (api:indecl.) 「また」
  natthi < naとatthiの連声(前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ないなら」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」

(d)
  Sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  kena (ka:pron.m/n.sg.instr.) 「何によって」
  vādaṃ (vāda:m.sg.acc.) 「論に」
  paṭisaṃyujeyya (paṭisaṃyujati:v.3.sg.opt.) 「関わるというのでしょう。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »