無料ブログはココログ

« 2018年7月15日 - 2018年7月21日 | トップページ | 2018年9月23日 - 2018年9月29日 »

2018年8月26日 - 2018年9月1日

4.8. パスーラの経 832. (825)

【経典文】
Te vādakāmā parisaṃ vigayha, Bālaṃ dahantī mithu aññamaññaṃ;
Vadanti te aññasitā kathojjaṃ, Pasaṃsakāmā kusalā vadānā.
(2)

【正田氏訳】
 彼ら、論を欲する者たちは、衆のうちに入って、互いに他と敵対し、〔他者を〕愚者と決め付けます。彼らは、他者〔の権威〕に依存し、論難の言説を説きます──〔自らについて〕『智者である』〔と〕説きながら、賞賛を欲する者たちとして。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼ら」
  vādakāmā < vādaとkāmāのコンパウンド
   vāda (vāda:m.comp.) 「論を」
   kāmā (kāma:m.pl.nom.) 「欲する者たちは」
  parisaṃ (parisā:f.sg.acc.) 「衆のうちに」
  vigayha (vigāhati:v.ger.) 「入って」

(b)
  Bālaṃ (bāla:a.m.sg.acc.) 「〔他者を〕愚者と」
  dahantī (dahati:v.3.pl.pres.) 「決め付けます。」
  mithu (mithu:adv.) 「敵対し」
  aññamaññaṃ (aññamañña:a.m.sg.acc./adv.) 「互いに他と」

(c)
  Vadanti (vadati:v.3.pl.pres.) 「説きます。」
  te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼らは」
  aññasitā < aññaとsitāのコンパウンド
   añña (añña:a.pron.comp.) 「他者〔の権威〕に」
   sitā (sita:a.m.pl.nom.) 「依存し」
  kathojjaṃ (kathojja:n.sg.acc.) 「論難の言説を」

(d)
  Pasaṃsakāmā < Pasaṃsaとkāmāのコンパウンド
   Pasaṃsa (pasaṃsa = pasaṃsā:f.comp.) 「賞賛を」
   kāmā (kāma:m.pl.nom.) 「欲する者たちとして。」
  kusalā (kusala:a.m.pl.nom.) 「〔自らについて〕『智者である』〔と〕」
  vadānā (vadāna < ppr. of vadati:a.m.pl.nom.) 「説きながら」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 831. (824)

【経典文】
Idheva suddhī iti vādayanti, Nāññesu dhammesu visuddhimāhu;
Yaṃ nissitā tattha subhaṃ vadānā, Paccekasaccesu puthū niviṭṭhā.
(1)

【正田氏訳】
 〔対話者パスーラに、世尊は答えた〕「〔彼らは〕『まさしく、ここ(自説)に、清浄がある』と説きます。他者の諸々の法(見解)について、清浄を言いません。それ(自説)に依存する者たちが、そこにおいて、『美しい(価値がある)』と説いているなら、〔彼らは〕各自の諸々の真理にたいし、個々〔それぞれ〕に固着しているのです。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Idheva < Idhaとevaの連声(前語語尾aが消失)
   Idha (idha:adv.) 「ここ(自説)に」
   eva (eva:adv.) 「『まさしく」
  suddhī *1(suddhi:f.sg.nom.) 「清浄がある』」
  iti (iti:indecl.) 「と」
  vādayanti (vādayati = vādeti < caus. of vadati:v.caus.3.pl.pres.) 「〔彼らは〕…説きます。」
  *1:韻律の関係で語尾iがīに変化したと思われる。

(b)
  Nāññesu < Naとaññesuの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   Na (na:adv.) 「せん。」
   aññesu (añña:a.pron.m.pl.loc.) 「他者の」
  dhammesu (dhamma:m.pl.loc.) 「諸々の法(見解)について」
  visuddhimāhu < visuddhiṃとāhuの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   visuddhiṃ (visuddhi:f.sg.acc.) 「清浄を」
   āhu (ah:v.3.pl.pf.) 「言いま」

(c)
  Yaṃ (ya:pron.n/m.sg.acc.) 「それ(自説)に」
  nissitā (nissita < pp. of nissayati:a.m.pl.nom.) 「依存する者たちが」
  tattha (tattha:adv.) 「そこにおいて」
  subhaṃ (subha:a.n.sg.nom/acc.) 「『美しい(価値がある)』と」
  vadānā (vadāna < ppr. of vadati:a.m.pl.nom.) 「説いているなら」

(d)
  Paccekasaccesu < Paccekaとsaccesuのコンパウンド
   Pacceka (pacceka:a.comp.) 「〔彼らは〕各自の」
   saccesu (sacca:n.pl.loc.) 「諸々の真理にたいし」
  puthū *1(puthu:a.m/n.pl.nom./adv.) 「個々〔それぞれ〕に」
  niviṭṭhā (niviṭṭha < pp. of nivisati:a.m/n.pl.nom.) 「固着しているのです。」
  *1:韻律の関係で語尾uがūに変化したと思われる。

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 830. (823)

【経典文】
Rittassa munino carato, Kāmesu anapekkhino;
Oghatiṇṇassa pihayanti, Kāmesu gadhitā pajā”ti.
(10)

【正田氏訳】
 〔一切から〕遠ざかった牟尼となり〔独り〕行じおこなう者を、諸々の欲望〔の対象〕について期待なき者を、激流を超えた者を、諸々の欲望〔の対象〕に拘束された人々は羨みます」〔と〕。ということで──(10)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Rittassa (ritta < pp. of riñcati:a.m.sg.gen.) 「〔一切から〕遠ざかった」
  munino (muni:m.sg.gen.) 「牟尼となり」
  carato (carant < ppr. of carati:m.sg.gen.) 「〔独り〕行じおこなう者を」

(b)
  Kāmesu (kāma:m.pl.loc.) 「諸々の欲望〔の対象〕について」
  anapekkhino (anapekkhin:a.m.sg.gen.) 「期待なき者を」

(c)
  Oghatiṇṇassa < Oghaとtiṇṇassaのコンパウンド
   Ogha (ogha:m.comp.) 「激流を」
   tiṇṇassa (tiṇṇa < pp. of tarati:a.m.sg.gen.) 「超えた者を」
  pihayanti (pihayati:v.3.pl.pres.) 「羨みます」〔と〕。」

(d)
  Kāmesu (kāma:m.pl.loc.) 「諸々の欲望〔の対象〕に」
  gadhitā (gadhita = gathita < pp. of ganthati:a.f.pl.nom.) 「拘束された」
  pajā (pajā:f.pl.nom.) 「人々は」
  ti (ti = iti:indecl.) 「ということで―」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 829. (822)

【経典文】
Vivekaññeva sikkhetha, etaṃ ariyānamuttamaṃ;
Na tena seṭṭho maññetha, sa ve nibbānasantike.
(9)

【正田氏訳】
 遠離こそを学ぶように。これは、聖者たちにとって、最上のもの。それによって、〔自己を〕『最勝である』〔と〕思いなさないなら、彼は、まさに、涅槃の現前にあります。(9)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Vivekaññeva < Vivekaṃとevaの連声(前語語尾ṃがññに変化)
   Vivekaṃ (viveka:m.sg.acc.) 「遠離~を」
   eva (eva:adv.) 「こそ」
  sikkhetha (sikkhati:v.3.sg.opt.med.) 「学ぶように。」

(b)
  etaṃ (etad:pron.m.sg.acc.) 「これは」
  ariyānamuttamaṃ < ariyānaṃとuttamaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   ariyānaṃ (ariya:a.m.pl.gen.) 「聖者たちにとって」
   uttamaṃ (uttama:a.m.sg.acc.) 「最上のもの。」

(c)
  Na (na:adv.) 「ない」
  tena (taṃ:pron.3.n/m.sg.instr.) 「それによって」
  seṭṭho (seṭṭha:a.m.sg.nom.) 「〔自己を〕『最勝である』〔と〕」
  maññetha (maññati:v.3.sg.opt.med.) 「思いなさ~なら」

(d)
  sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は…あります。」
  ve (ve:adv.) 「まさに」
  nibbānasantike < nibbānaとsantikeのコンパウンド
   nibbāna (nibbāna:n.comp.) 「涅槃の」
   santike (santika:n.sg.loc.) 「現前に」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 828. (821)

【経典文】
Etamādīnavaṃ ñatvā, Muni pubbāpare idha;
Ekacariyaṃ daḷhaṃ kayirā, Na nisevetha methunaṃ.
(8)

【正田氏訳】
 牟尼は、この〔世において〕、過去と未来について、この危険を知って、独り行じおこなうことを、断固として為すように。淫欲に慣れ親しまないように。(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Etamādīnavaṃ < Etaṃとādīnavaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   Etaṃ (etad:pron.m.sg.acc.) 「この」
   ādīnavaṃ (ādīnava:m.sg.acc.) 「危険を」
  ñatvā (jānāti:v.ger.) 「知って」

(b)
  Muni (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
  pubbāpare < pubbaとapareのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   pubba (pubba:a.comp.) 「過去と」
   apare (apara:a.n/m.sg.loc.) 「未来について」
  idha (idha:adv.) 「この〔世において〕」

(c)
  Ekacariyaṃ < Ekaとcariyaṃのコンパウンド
   Eka (eka:a.num.comp.) 「独り」
   cariyaṃ (cariyā:f.sg.acc.) 「行じおこなうことを」
  daḷhaṃ (daḷhaṃ:adv.) 「断固として」
  kayirā (karoti:v.3.sg.opt.) 「為すように。」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない」
  nisevetha (nisevati:v.3.sg.opt.med.) 「慣れ親しま~ように。」
  methunaṃ (methuna:n.sg.acc.) 「淫欲に」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 827. (820)

【経典文】
Paṇḍitoti samaññāto, ekacariyaṃ adhiṭṭhito;
Athāpi methune yutto, mandova parikissati.
(7)

【正田氏訳】
 〔過去においては〕『賢者』と呼称され、独り行じおこなうことを〔心に〕確立した者が、しかして、また、淫欲に束縛されたなら、愚か者のように引き回されます。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Paṇḍitoti < Paṇḍitoとitiの連声(後語語頭iが消失)
   Paṇḍito (paṇḍita:a.m.sg.nom.) 「〔過去においては〕『賢者』」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  samaññāto (samaññāta:a.m.sg.nom.) 「呼称され」

(b)
  ekacariyaṃ < ekaとcariyaṃのコンパウンド
   eka (eka:a.num.comp.) 「独り」
   cariyaṃ (cariyā:f.sg.acc.) 「行じおこなうことを」
  adhiṭṭhito (adhiṭṭhita < pp. of adhiṭṭhāti:a.m.sg.nom.) 「〔心に〕確立した者が」

(c)
  Athāpi < Athaとapiの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   Atha (atha:indecl.) 「しかして」
   api (api:indecl.) 「また」
  methune (methuna:n.sg.loc.) 「淫欲に」
  yutto (yutta < pp. of yuñjati:a.m.sg.nom.) 「束縛されたなら」

(d)
  mandova < mandoとivaの連声(後語語頭iが消失)
   mando (manda:a.m.sg.nom.) 「愚か者」
   iva (iva:indecl.) 「のように」
  parikissati (parikissati < pass. of parikassati:v.pass.3.sg.pres.) 「引き回されます。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

« 2018年7月15日 - 2018年7月21日 | トップページ | 2018年9月23日 - 2018年9月29日 »