無料ブログはココログ

« 2018年8月26日 - 2018年9月1日 | トップページ | 2018年10月28日 - 2018年11月3日 »

2018年9月23日 - 2018年9月29日

4.8. パスーラの経 838. (831)

【経典文】
 Sūro yathā rājakhādāya puṭṭho, Abhigajjameti paṭisūramicchaṃ;
 Yeneva so tena palehi sūra, Pubbeva natthi yadidaṃ yudhāya.
(8)

【正田氏訳】
 たとえば、王の食禄に養われた〔蛮勇の〕勇士が、敵の勇士を求めながら、雄叫びをあげつつ行くように、勇士よ、まさしく、彼(敵)のいるところに、そこに去り行きなさい。〔ここには〕戦いのための〔契機となる〕、〔まさに〕その、『これ』〔という思い〕は、まさしく、過去において〔消滅し〕、存在しないのです(「これこそが、真理である」と主張するための「これ」という思いは、もはや存在しない)。(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sūro (sūra:m.sg.nom.) 「〔蛮勇の〕勇士が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように」
  rājakhādāya < rājaとkhādāyaのコンパウンド
   rāja (rājan, rājā:m.comp.) 「王の」
   khādāya (khādā:f.sg.instr.) 「食禄に」
  puṭṭho (puṭṭha < pp. of poseti:a.m.sg.nom.) 「養われた」

(b)
  Abhigajjameti < Abhigajjaṃとetiの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   Abhigajjaṃ (abhigajjant < ppr. of abhigajjati:a.m.sg.nom.) 「雄叫びをあげつつ」
   eti (eti:v.3.sg.pres.) 「行く」
  paṭisūramicchaṃ < paṭisūraṃとicchaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   paṭisūraṃ (paṭisūra:m.sg.acc.) 「敵の勇士を」
   icchaṃ (icchant < ppr. of icchati:a.m.sg.nom.) 「求めながら」

(c)
  Yeneva < Yenaとevaの連声(前語語尾aが消失)
   Yena (ya:pron.n.sg.instr.) 「ところに」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼(敵)のいる」
  tena (taṁ:pron.3.n.sg.instr.) 「そこに」
  palehi (paleti:v.2.sg.imper.) 「去り行きなさい。」
  sūra (sūra:m.sg.voc.) 「勇士よ」

(d)
  Pubbeva < Pubbeとevaの連声(後語語頭eが消失)
   Pubbe (pubba:a.n.sg.loc.) 「過去において〔消滅し〕」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
  natthi < naとatthiの連声(前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ない」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し~のです。」
  yadidaṃ < yadとidaṃの連声
   yad (ya:pron.n.sg.nom.) 「〔まさに〕その」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「『これ』〔という思い〕は」
  yudhāya (yuddha:n.sg.dat.) 「〔ここには〕戦いのための〔契機となる〕」

 

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 837. (830)

【経典文】
 Yā unnatī sāssa vighātabhūmi, Mānātimānaṃ vadate paneso;
 Etampi disvā na vivādayetha, Na hi tena suddhiṃ kusalā vadanti.
(7)

【正田氏訳】
 その傲慢なるもの──それは、彼にとっては、悩み苦しみの境地。また、この者は、〔以前にも増して〕思量と高慢〔の論〕を説きます。また、このことを見て、論争しないように。なぜなら、智者たちは、それによって、清浄を説かないからです。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yā (ya:pron.f.sg.nom.) 「その」
  unnatī (unnati:f.sg.nom.) 「傲慢なるもの」
  sāssa < sāとassaの連声(後語語頭aが消失)
   sā (sā:pron.3.f.sg.nom.) 「それは」
   assa (so:pron.3.m.sg.dat/gen.) 「彼にとっては」
  vighātabhūmi < vighātaとbhūmiのコンパウンド
   vighāta (vighāta:m.comp.) 「悩み苦しみの」
   bhūmi (bhūmi:f.sg.nom.) 「境地。」

(b)
  Mānātimānaṃ < mānaとatimānaṃのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   Māna (māna:m.comp.) 「思量と」
   atimānaṃ (atimāna:m.sg.acc.) 「高慢〔の論〕を」
  vadate (vadati:v.3.sg.pres.med.) 「説きます。」
  paneso < panaとesoの連声(前語語尾aが消失)
   pana (pana:adv.conj.) 「また」
   eso (etad:pron.m.sg.nom.) 「この者は」

(c)
  Etampi < Etaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   Etaṃ (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
   api (api:indecl.) 「また」
  disvā (dassati:v.ger.) 「見て」
  na (na:adv.) 「ない」
  vivādayetha (vivādiyati:v.3.sg.opt.med.) 「論争し~ように。」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない」
  hi (hi:adv.conj.) 「なぜなら…からです。」
  tena (taṃ:pron.3.n.sg.instr.) 「それによって」
  suddhiṃ (suddhi:f.sg.acc.) 「清浄を」
  kusalā (kusala:a.m.pl.nom.) 「智者たちは」
  vadanti (vadati:v.3.pl.pres.) 「説か」


[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 836. (829)

【経典文】
 Pasaṃsito vā pana tattha hoti, Akkhāya vādaṃ parisāya majjhe;
 So hassatī unnamatī ca tena, Pappuyya tamatthaṃ yathā mano ahu.
(6)

【正田氏訳】
 あるいは、また、衆の中で〔自己の〕論を告げて、そこにおいて、賞賛された者と成るとして、彼は、意が〔そう〕有ったとおりの、その義(利益)を得て(心に想い描いたとおりの結果となり)、それによって、狂喜し、しかして、傲慢になります。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Pasaṃsito (pasaṃsita < pp. of pasaṃsati:a.m.sg.nom.) 「賞賛された者と」
  vā (vā:adv.conj.) 「あるいは」
  pana (pana:adv.conj.) 「また」
  tattha (tattha:adv.) 「そこにおいて」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「成るとして」

(b)
  Akkhāya (akkhāti:v.ger.) 「告げて」
  vādaṃ (vāda:m.sg.acc.) 「〔自己の〕論を」
  parisāya (parisā:f.sg.gen/loc.) 「衆の」
  majjhe (majjha:a.m.sg.loc.) 「中で」

(c)
  So (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  hassatī (hassati:v.3.sg.pres.) 「狂喜し」
  unnamatī (unnamati:v.3.sg.pres.(韻律の関係でiがīに変化)) 「傲慢になります。」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  tena (taṃ:pron.3.n.sg.instr.) 「それによって」

(d)
  Pappuyya (pappoti:v.ger.) 「得て」
  tamatthaṃ < taṃとatthaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   taṃ (taṃ:pron.3.n.sg.acc.) 「その」
   atthaṃ (attha:m/n.sg.acc.) 「義(利益)を」
  yathā (yathā:adv.) 「とおりの」
  mano (manas:n.sg.nom.) 「意が」
  ahu (hoti:v.3.sg.aor.) 「〔そう〕有った」


[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 835. (828)

【経典文】
 Ete vivādā samaṇesu jātā, Etesu ugghātinighāti hoti;
 Etampi disvā virame kathojjaṃ, Na haññadatthatthi pasaṃsalābhā.
(5)

【正田氏訳】
 これらの論争が、沙門たちのあいだで生じたなら、これらのうちには、興奮と失望が有ります。また、このことを見て、論難の言説を離れるように。なぜなら、賞賛を得ることより他に、義(利益)は存在しないからです。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ete (etad:pron.m.pl.nom.) 「これらの」
  vivādā (vivāda:m.pl.nom.) 「論争が」
  samaṇesu (samaṇa:m.pl.loc.) 「沙門たちのあいだで」
  jātā (jāta < pp. of janati:a.m.pl.nom.) 「生じたなら」

(b)
  Etesu (etad:pron.m.pl.loc.) 「これらのうちには」
  ugghātinighāti < ugghātiとnighātiのコンパウンド
   ugghāti (ugghāti:f.comp.) 「興奮と」
   nighāti (nighāti:f.sg.nom.) 「失望が」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「有ります。」

(c)
  Etampi < Etaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   Etaṃ (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
   api (api:indecl.) 「また」
  disvā (dassati:v.ger.) 「見て」
  virame (viramati:v.3.sg.opt.) 「離れるように。」
  kathojjaṃ (kathojja:n.sg.acc.) 「論難の言説を」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない」
  haññadatthatthi < hiと、aññaとattho/atthaṁのコンパウンドと、atthiの連声(第一語語尾iが消失、第二語語尾aと第三語語頭aの間にd挿入、第三語語尾o/aṁが消失)
   hi (hi:adv.conj.) 「なぜなら…からです。」
   añña (añña:pron.comp.) 「他に」
   attho/atthaṁ (attha:m/n.sg.nom.) 「義(利益)は」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」
  pasaṃsalābhā < pasaṃsaとlābhāのコンパウンド
   pasaṃsa (pasaṃsā:f.comp.) 「賞賛を」
   lābhā (lābha:m.sg.abl.) 「得ることより」

 

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 834. (827)

【経典文】
 Yamassa vādaṃ parihīnamāhu, Apāhataṃ pañhavimaṃsakāse;
 Paridevati socati hīnavādo, Upaccagā manti anutthunāti.
(4)

【正田氏訳】
 すなわち、彼の論を、〔人々が〕『遍く劣る』と言うなら、問尋の審査者たちが『〔あなたの論は〕排斥された』と〔言うなら〕、劣った論の者は、〔それを〕嘆き、憂い悲しみます。『〔彼は〕わたしを超え行った』と、泣き悲しむのです。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yaṃ (ya:pron.m.sg.acc.) 「すなわち」
  assa (so:pron.3.m.sg.gen.) 「彼の」
  vādaṃ (vāda:m.sg.acc.) 「論を」
  parihīnamāhu < parihīnaṃとāhuの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   parihīnaṃ (parihīna < pp. of pari-hāyati:a.m.sg.acc.) 「『遍く劣る』と」
   āhu (ah:v.3.pl.pf.) 「〔人々が〕言うなら」

(b)
  Apāhataṃ (apāhata:a.m.sg.acc.) 「『〔あなたの論は〕排斥された』と〔言うなら〕」
  pañhavimaṃsakāse < pañhaとvimaṃsakāseのコンパウンド
   pañha (pañha:m.comp.) 「問尋の」
   vimaṃsakāse (vīmaṃsaka:a.m.pl.nom.(韻律の関係でīがiに変化)) 「審査者たちが」

(c)
  Paridevati (paridevati:v.3.sg.pres.) 「〔それを〕嘆き」
  socati (socati:v.3.sg.pres.) 「憂い悲しみます。」
  hīna (hīna < pp. of jahati:a.comp.) 「劣った」
  vādo (vāda:m.sg.nom.) 「論の者は」

(d)
  Upaccagā (upātigacchati:v.3.sg.aor.) 「『〔彼は〕…超え行った』」
  manti < maṃとitiの連声(後語語頭iが消失、前語語尾ṃがnに変化)
   maṃ (ahaṃ:pron.1.sg.acc.) 「わたしを」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  anutthunāti (anutthunāti:v.3.sg.pres.) 「泣き悲しむのです。」


[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 833. (826)

【経典文】
 Yutto kathāyaṃ parisāya majjhe, Pasaṃsamicchaṃ vinighāti hoti;
 Apāhatasmiṃ pana maṅku hoti, Nindāya so kuppati randhamesī.
(3)

【正田氏訳】
 衆の中で〔自己の〕言説に束縛された者は、賞賛を求めつつ、敗北を恐れる者と成ります。また、〔他者に〕排斥されたときは、愕然と成ります。彼は、〔他者の〕欠点を探し求める者であり、〔自己への〕非難には怒ります。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yutto (yutta < pp. of yuñjati:a.m.sg.nom.) 「束縛された者は」
  kathāyaṃ (kathā:f.sg.loc.) 「〔自己の〕言説に」
  parisāya (parisā:f.sg.gen/loc.) 「衆の」
  majjhe (majjha:a.m.sg.loc.) 「中で」

(b)
  Pasaṃsamicchaṃ < Pasaṃsaṃとicchaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   Pasaṃsaṃ (pasaṃsā:f.sg.acc.) 「賞賛を」
   icchaṃ (icchant < ppr. of icchati:a.m.sg.nom.) 「求めつつ」
  vinighāti (vinighātin:a.m.sg.nom.) 「敗北を恐れる者と」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「成ります。」

(c)
  Apāhatasmiṃ (apāhata:a.n/m.sg.loc.) 「〔他者に〕排斥されたときは」
  pana (pana:adv.conj.) 「また」
  maṅku (maṅku:a.m.sg.nom.) 「愕然と」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「成ります。」

(d)
  Nindāya (nindā:f.sg.gen.) 「〔自己への〕非難には」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  kuppati (kuppati:v.3.sg.pres.) 「怒ります。」
  randhamesī < randhaṃとesīの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   randhaṃ (randha:m.sg.acc.) 「〔他者の〕欠点を」
   esī (esin:a.m.sg.nom.) 「探し求める者であり」


[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

« 2018年8月26日 - 2018年9月1日 | トップページ | 2018年10月28日 - 2018年11月3日 »