無料ブログはココログ

« 2017年12月31日 - 2018年1月6日 | トップページ | 2018年2月18日 - 2018年2月24日 »

2018年1月28日 - 2018年2月3日

4.3. 汚れについての八なるものの経 790. (783)

【経典文】

 Santo ca bhikkhu abhinibbutatto, Itihanti sīlesu akatthamāno;
 Tamariyadhammaṃ kusalā vadanti, Yassussadā natthi kuhiñci loke. (4)

【正田氏訳】
 しかしながら、〔心が〕寂静となり自己が寂滅した比丘が、「かくのごとく、わたしは」と、諸々の戒について誇らずにいるなら──彼に、〔貪りや怒りなどの〕諸々の増長〔の思い〕が、世において、どこにも存在しないなら──彼のことを、智者たちは、「聖なる法(性質)の者」と説く。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Santo(santa < pp. of sammati:a.m.sg.nom.)「〔心が〕寂静となり」
  ca(ca:conj.)「しかしながら」
  bhikkhu(bhikkhu:m.sg.nom.)「比丘が」
  abhinibbutatto=abhinibbutaとattoのコンパウンド・連声(前語語尾aが脱落)
   abhinibbuta(abhi-nibbuta:a.comp.)「寂滅した」
   atto(atta = attan:m.sg.nom.)「自己が」

(b)
  Itihanti=Itiとahaṁとtiの連声(二語目語頭aが脱落、二語目語尾ṁがnに変化)
   Iti(iti:indecl.)「「かくのごとく」
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「わたしは」」
   ti(ti:indecl.)「と」
  sīlesu(sīla:n.pl.loc.)「諸々の戒について」
  akatthamāno(a(pref.否定の意味)-katthamāna < ppr. of katthati:a.m.sg.nom.)「誇らずにいるなら」

(c)
  Tamariyadhammaṃ=Taṁとariyaの連声(前語語尾ṁがmに変化)、ariyaとdhammaṃのコンパウンド
   Taṁ(so:pron.3.m.sg.acc.)「彼のことを」
   ariya(ariya:a.comp.)「「聖なる」
   dhammaṃ(dhamma:m.sg.acc.)「法(性質)の者」と」
  kusalā(kusala:a.m.pl.nom.)「智者たちは」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説く。」

(d)
  Yassussadā=Yassaとussadāの連声(前語語尾aが脱落)
   Yassa(ya:pron.m.sg.gen.)「彼に」
   ussadā(ussada:m.pl.nom.)「〔貪りや怒りなどの〕諸々の増長〔の思い〕が」
  natthi=naとatthiの連声(前語語尾aが脱落)
   na(na:adv.)「ないなら」
   atthi(atthi:v.3.pl.pres.)「存在し」
   (備考:atthiでplとした根拠は、水野弘元著『パーリ語文法』p.102脚注「複数形santiであるべき所に,単数形atthiを用いることが屢々ある」より)
  kuhiñci=kuhiṁとciのコンパウンド・連声(前語語尾ṁがñに変化)
   kuhiṁ(kuhiṁ:adv.)「どこに」
   ci(ci:indecl.)「も」
  loke(loka:m.sg.loc.)「世において」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性

    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞

    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞

    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞

    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称

    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す
     (例えばdat/gen.は、与格と属格両方の可能性があるということを表す)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す
     (例えばsata < pp. of saratiは、sataはsaratiの過去受動分詞に由来することを表す)
    > 解釈や修飾語句による性の変化
     (例えばn>mは、本来中性だがここでは男性ということを表す)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.3. 汚れについての八なるものの経 789. (782)

【経典文】
 Yo attano sīlavatāni jantu, Anānupuṭṭhova paresa pāva;
 Anariyadhammaṃ kusalā tamāhu, Yo ātumānaṃ sayameva pāva. (3)

【正田氏訳】
 その人が、自己の〔保持する〕諸々の戒や掟を、まさしく、〔他者から〕尋ねられていないのに、他者たちに説くなら──彼が、まさしく、自ら、自己のことを、〔あれこれと〕説くなら──彼のことを、智者たちは、「聖ならざる法(性質)の者」と言う。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yo(ya:pron.m.sg.nom.)「その」
  attano(attan:m.sg.gen.)「自己の〔保持する〕」
  sīlavatāni=sīlaとvatāniのコンパウンド
   sīla(sīla:n.comp.)「諸々の戒や」
   vatāni(vata:n.pl.acc.)「掟を」
  jantu(jantu:m.sg.nom.)「人が」

(b)
  Anānupuṭṭhova=Anānupuṭṭhoとvaの連声
   Anānupuṭṭho(anānupuṭṭha = an(pref.否定の意味。aだが母音の前ではan)-anupuṭṭha < pp. of anupucchati:a.m.sg.nom.)「〔他者から〕尋ねられていないのに」
   va(va = eva:adv.)「まさしく」
  paresaṁ(韻律の関係で語尾のṁが落ちたと思われる)(para:a.pron.m.pl.dat/gen.)「他者たちに」
  pāva(pāvadati = pavadati:v.3.sg.aor.)「説くなら」

(c)
  Anariyadhammaṃ=Anariyaとdhammaṃのコンパウンド
   Anariya(anariya:a.comp.)「「聖ならざる」
   dhammaṃ(dhamma:m.sg.acc.)「法(性質)の者」と」
  kusalā(kusala:a.m.pl.nom.)「智者たちは」
  tamāhu=taṁとāhuの連声(前語語尾ṁがmに変化)
   taṁ(so:pron.3.m.sg.acc.)「彼のことを」
   āhu(āha:v.3.pl.pf.)「言う。」

(d)
  Yo(ya:pron.m.sg.nom.)「彼が」
  ātumānaṃ(ātuman:m.sg.acc.)「自己のことを」
  sayameva=sayaṁとevaの連声(前語語尾ṁがmに変化)
   sayaṁ(sayaṁ:adv.)「自ら」
   eva(eva:adv.)「まさしく」
  pāva(pāvadati = pavadati:v.3.sg.aor.)「〔あれこれと〕説くなら」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性

    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞

    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞

    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞

    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称

    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す
     (例えばdat/gen.は、与格と属格両方の可能性があるということを表す)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す
     (例えばsata < pp. of saratiは、sataはsaratiの過去受動分詞に由来することを表す)
    > 解釈や修飾語句による性の変化
     (例えばn>mは、本来中性だがここでは男性ということを表す)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.3. 汚れについての八なるものの経 788. (781)

【経典文】
 Sakañhi diṭṭhiṃ kathamaccayeyya, Chandānunīto ruciyā niviṭṭho;
 Sayaṃ samattāni pakubbamāno, Yathā hi jāneyya tathā vadeyya. (2)

【正田氏訳】
 まさに、どのようにして、自らの見解を超え行くというのだろう──欲〔の思い〕に導かれ、好みによって〔思いが〕固着した者が。〔諸々の特定の見解について〕「〔それらは〕完全である」〔と〕、自ら、〔執着の思いを〕作り為している者は、まさに、〔限定された自己の観点から〕知るであろう、そのとおりに、そのように、〔自説を独善的に〕説くであろう。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sakañhi=Sakaṁとhiの連声(前語語尾ṁがñに変化)
   Sakaṁ(saka:a.f.sg.acc.)「自らの」
   hi(hi:adv.)「まさに」
  diṭṭhiṃ(diṭṭhi:f.sg.acc.)「見解を」
  kathamaccayeyya=kathaṁとaccayeyyaの連声(前語語尾ṁがmに変化)
   kathaṁ(kathaṁ:adv.)「どのようにして」
   accayeyya(atisarati:v.3.sg.opt.)「超え行くというのだろう」

(b)
  Chandānunīto=Chandaとanunītoの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   Chanda(chanda:m.comp.)「欲〔の思い〕に」
   anunīto(anunīta < pp. of anuneti:a.m.sg.nom.)「導かれ」
  ruciyā(ruci:f.sg.instr.)「好みによって」
  niviṭṭho(niviṭṭha < pp. of nivisati:a.m.sg.nom.)「〔思いが〕固着した者が。」

(c)
  Sayaṃ(sayaṃ:adv.)「自ら」
  samattāni(samatta:a.n.pl.acc/nom.)「〔諸々の特定の見解について〕「〔それらは〕完全である」〔と〕、」
  pakubbamāno(pakubbamāna < ppr. of pakubbati = pakaroti:m.sg.nom.)「〔執着の思いを〕作り為している者は」

(d)
  Yathā(yathā:adv.)「そのとおりに」
  hi(hi:adv.)「まさに」
  jāneyya(jānāti:v.3.sg.opt.)「〔限定された自己の観点から〕知るであろう」
  tathā(tathā:adv.)「そのように」
  vadeyya(vadati:v.3.sg.opt.)「〔自説を独善的に〕説くであろう。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性

    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞

    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞

    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞

    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称

    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す
     (例えばdat/gen.は、与格と属格両方の可能性があるということを表す)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す
     (例えばsata < pp. of saratiは、sataはsaratiの過去受動分詞に由来することを表す)
    > 解釈や修飾語句による性の変化
     (例えばn>mは、本来中性だがここでは男性ということを表す)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.3. 汚れについての八なるものの経 787. (780)

【経典文】
 Vadanti ve duṭṭhamanāpi eke, Athopi ve saccamanā vadanti;
 Vādañca jātaṃ muni no upeti, Tasmā munī natthi khilo kuhiñci. (1)

【正田氏訳】
 また、或る者たちは、まさに、〔憎しみや怒りなどの〕汚れた意で、〔自己の論を〕説く。しかして、また、まさに、〔自説こそが〕真理である〔という、高慢と我執の〕意で、〔自己の論を〕説く。しかしながら、牟尼は、〔論敵への憎悪と自説への固執から〕生じた〔悪意ある〕論に近づかない。それゆえに、牟尼には、鬱積〔の思い〕が、どこにも存在しない。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「〔自己の論を〕説く。」
  ve(ve:adv.)「まさに」
  duṭṭhamanāpi=duṭṭhaとmanāのコンパウンドとpiの連声
   duṭṭha(duṭṭha:a.comp.)「〔憎しみや怒りなどの〕汚れた」
   manā(mano = manas:a.n>m(有財釈で性変化).pl.nom.)「意で[直訳:意の](ekeを形容している)」
   pi(pi = api:indecl.)「また」
  eke(eka:a.m.pl.nom.)「或る者たちは」

(b)
  Athopi=Athoとpiの連声
   Atho(atho = atha:indecl.)「しかして」
   pi(pi = api:indecl.)「また」
  ve(ve:adv.)「まさに」
  saccamanā=saccaとmanāのコンパウンド
   sacca(sacca:n.comp.)「〔自説こそが〕真理である〔という〕」
   manā(mano = manas:a.n>m(有財釈で性変化).pl.nom.)「〔高慢と我執の〕意で[直訳:意の](同上)」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「〔自己の論を〕説く。」

(c)
  Vādañca=Vādaṁとcaの連声(前語語尾ṁがñに変化)
   Vādaṁ(vāda:m.sg.acc.)「〔悪意ある〕論に」
   ca(ca:conj.)「しかしながら」
  jātaṃ(jāta < pp. of janati:a.m.sg.acc.)「〔論敵への憎悪と自説への固執から〕生じた」
  muni(muni:m.sg.nom.)「牟尼は」
  no(no = na:adv.)「ない。」
  upeti(upeti:v.3.sg.pres.)「近づか」

(d)
  Tasmā(ta:pron.n.sg.abl.)「それゆえに」
  munī (muniが韻律の関係で長音化したと思われる)(muni:m.sg.nom.)「牟尼には」
  natthi=naとatthiの連声(前語語尾aが脱落)
   na(na:adv.)「ない。」
   atthi(atthi:v.3.sg.pres.)「存在し」
  khilo(khila:m.sg.nom.)「鬱積〔の思い〕が」
  kuhiñci=kuhiṁとciのコンパウンド・連声(前語語尾ṁがñに変化)
   kuhiṁ(kuhiṁ:adv.comp.)「どこに」
   ci(ci:indecl.)「も」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性

    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞

    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞

    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞

    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称

    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す
     (例えばdat/gen.は、与格と属格両方の可能性があるということを表す)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す
     (例えばsata < pp. of saratiは、sataはsaratiの過去受動分詞に由来することを表す)
    > 解釈や修飾語句による性の変化
     (例えばn>mは、本来中性だがここでは男性ということを表す)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.2. 洞窟についての八なるものの経 786. (779)

【経典文】
 Saññaṃ pariññā vitareyya oghaṃ, Pariggahesu muni nopalitto;
 Abbūḷhasallo caramappamatto, Nāsīsatī lokamimaṃ parañcāti. (8)

【正田氏訳】
 〔心中の〕表象(想:概念・心象)を遍く知って、〔貪欲の〕激流を超え渡るように──諸々の執持〔の対象〕(所有物)に汚されない牟尼(沈黙の聖者)となり。〔貪欲の〕矢が引き抜かれた者は、〔気づきを〕怠ることなく行じおこなう者は、この世を、さらには、他〔の世〕を、〔両者ともに〕願い求めない。ということで──(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Saññaṃ(saññā:f.sg.acc.)「〔心中の〕表象(想:概念・心象)を」
  pariññā(parijānāti:v.ger.)「遍く知って」
  vitareyya(vitarati:v.3.sg.opt.)「超え渡るように」
  oghaṃ(ogha:m.sg.acc.)「〔貪欲の〕激流を」

(b)
  Pariggahesu(pariggaha:m.pl.loc.)「諸々の執持〔の対象〕(所有物)に」
  muni(muni:m.sg.nom.)「牟尼(沈黙の聖者)となり。」
  nopalitto=naとupalittoの連声(前語語尾aと後語語頭uが結合してoに変化)
   na(na:adv.)「ない」
   upalitto(upalitta < pp. of upalimpati:a.m.sg.nom.)「汚され」

(c)
  Abbūḷhasallo=Abbūḷhaとsalloのコンパウンド
   Abbūḷha(abbūḷha < pp. of abbahati:a.comp.)「引き抜かれた者は」
   sallo(salla:n>m(有財釈で性変化).sg.nom.)「〔貪欲の〕矢が」
  caramappamatto=caraṁとappamattoの連声(前語語尾ṁがmに変化)
   caraṁ(carant < ppr. of carati:a.m.sg.nom.)「行じおこなう者は」
   appamatto(a(pref.否定の意味)-p(挿入)-pamatta < pp. of pamajjati:a.m.sg.nom.)「〔気づきを〕怠ることなく」

(d)
  Nāsīsatī =Naとāsīsatīの連声(前語語尾aが脱落)
   Na(na:adv.)「ない。」
   āsīsatī (āsiṁsatīが韻律の関係で発音しやすいように変化したと思われる)(āsiṁsati:v.3.sg.pres.)「〔両者ともに〕願い求め」
  lokamimaṃ=lokaṁとimaṃの連声(前語語尾ṁがmに変化)
   lokaṁ(loka:m.sg.acc.)「世を」
   imaṃ(imaṃ:pron.m.sg.acc.)「この」
  parañcāti=paraṁとcaとitiの連声(一語目語尾ṁがñに変化、二語目語尾aと三語目語頭iが結合してāに変化)
   paraṁ(para:a.n.sg.acc.)「他〔の世〕を」
   ca(ca:conj.)「さらには」
   iti(iti:indecl.)「ということで」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性

    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞

    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞

    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞

    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称

    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す
     (例えばdat/gen.は、与格と属格両方の可能性があるということを表す)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す
     (例えばsata < pp. of saratiは、sataはsaratiの過去受動分詞に由来することを表す)
    > 解釈や修飾語句による性の変化
     (例えばn>mは、本来中性だがここでは男性ということを表す)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが、底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号であり、二つめの括弧内の番号が、PTS版の偈番号である。

4.2. 洞窟についての八なるものの経 785. (778)

【経典文】
 Ubhosu antesu vineyya chandaṃ, Phassaṃ pariññāya anānugiddho;
 Yadattagarahī tadakubbamāno, Na lippatī diṭṭhasutesu dhīro. (7)

【正田氏訳】
 〔種々に対立する〕両極について、欲〔の思い〕を取り除くように──〔感官とその対象の〕接触(触:感覚・経験)を遍く知って、貪求なき者となり。〔まさに〕その、自己を難じる者が〔為す〕こと、それを為さずにいる者は──慧者は、諸々の見られ聞かれたもの(欲望の対象)に汚されない。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ubhosu(ubho:a.m.pl.loc.)「〔種々に対立する〕両」
  antesu(anta:m.pl.loc.)「極について」
  vineyya(vineti = vinayati:v.ger. / v.3.sg.opt.)「取り除いて / 取り除くように―」
  chandaṃ(chanda:m.sg.acc.)「欲〔の思い〕を」

(b)
  Phassaṃ(phassa:m.sg.acc.)「〔感官とその対象の〕接触(触:感覚・経験)を」
  pariññāya(parijānāti:v.ger. / pariññā:f.sg.instr.)「遍く知って / 遍知することで」
  anānugiddho (ananugiddhoが韻律の関係で長音化したと思われる)
  (ananugiddha = an(pref.否定の意味。aだが母音の前ではan)-anugiddha < pp. of anugijjhati:a.m.sg.nom.)「貪求なき者となり。」

(c)
  Yadattagarahī=Yadとattaの連声、attaとgarahīのコンパウンド
   Yad(ya:pron.n.sg.acc.)「〔まさに〕その」
   atta(atta = attan:m.comp.)「自己を」
   garahī(garahin:a.m.sg.nom.)「難じる者が〔為す〕こと」
  tad(ta:pron.n.sg.acc.)「それを」
  akubbamāno(a(pref.否定の意味)-kubbamāna < ppr. of kubbati = karoti:a.m.sg.nom.)「為さずにいる者は」

(d)
  Na(na:adv.)「ない。」
  lippatī(lippati < pass. of limpati:v.3.sg.pres. (韻律の関係で語尾が長音化したと思われる))「汚され」
  diṭṭhasutesu=diṭṭhaとsutesuのコンパウンド
   diṭṭha(diṭṭha < pp. of dasati:a.comp.)「諸々の見られ」
   sutesu(suta < pp. of suṇāti:a.m/n.pl.loc.)「聞かれたもの(欲望の対象)に」
  dhīro(dhīra:m.sg.nom.)「慧者は」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性

    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞

    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞

    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞

    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称

    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す
     (例えばdat/gen.は、与格と属格両方の可能性があるということを表す)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す
     (例えばsata < pp. of saratiは、sataはsaratiの過去受動分詞に由来することを表す)
    > 解釈や修飾語句による性の変化
     (例えばn>mは、本来中性だがここでは男性ということを表す)

   なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが、底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号であり、二つめの括弧内の番号が、PTS版の偈番号である。

 

« 2017年12月31日 - 2018年1月6日 | トップページ | 2018年2月18日 - 2018年2月24日 »