無料ブログはココログ

« 2018年2月18日 - 2018年2月24日 | トップページ | 2018年3月25日 - 2018年3月31日 »

2018年2月25日 - 2018年3月3日

4.4. 清浄についての八なるものの経 796. (789)

【経典文】
 Diṭṭhena ce suddhi narassa hoti, Ñāṇena vā so pajahāti dukkhaṃ;
 Aññena so sujjhati sopadhīko, Diṭṭhī hi naṃ pāva tathā vadānaṃ. (2)

【正田氏訳】
 もし、見られたものによって、人の清浄が有るなら、あるいは、〔形だけの〕知恵によって、彼が苦を捨棄するなら、彼は、依り所(依存の対象)を有する者であり、〔自己ではない〕他のものによって清まる〔ことになる〕。なぜなら、〔他のものである、彼の〕見解は、彼のことを、そのように〔形だけで〕説いている者と、〔自ら〕説くからである。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Diṭṭhena (diṭṭha < pp. of dassati:a.n/m.sg.instr.) 「見られたものによって」
  ce (ce:conj.) 「もし」
  suddhi (suddhi:f.sg.nom.) 「清浄が」
  narassa (nara:m.sg.gen.) 「人の」
  hoti (hoti = bhavati:v.3.sg.pres.) 「有るなら」

(b)
  Ñāṇena (ñāṇa:n.sg.instr.) 「〔形だけの〕知恵によって」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼が」
  pajahāti (pajahāti:v.3.sg.pres.) 「捨棄するなら」
  dukkhaṃ (dukkha:n.sg.acc.) 「苦を」

(c)
  Aññena (aññā:a.n/m.sg.instr.) 「〔自己ではない〕他のものによって」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  sujjhati (sujjhati:v.3.sg.pres.) 「清まる〔ことになる〕。」
  sopadhīko (sopadhīka:a.m.sg.nom.) 「依り所(依存の対象)を有する者であり」

(d)
  Diṭṭhī (diṭṭhi:f.sg.nom.(韻律の都合で語尾iが長音化してīになったと考えます)) 「〔他のものである、彼の〕見解」
  hi (hi:adv.) 「なぜなら」
  naṃ (so:pron.3.m.sg.acc.) 「彼のことを」
  pāva (pāvadati = pavadati:v.3.sg.aor.) 「〔自ら〕説くからである。」
  tathā (tathā:adv.) 「そのように〔形だけで〕」
  vadānaṃ (vadāna < ppr. of vadati:m.sg.acc.) 「説いている者と」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.4. 清浄についての八なるものの経 795. (788)

【経典文】
 Passāmi suddhaṃ paramaṃ arogaṃ, Diṭṭhena saṃsuddhi narassa hoti;
 Evābhijānaṃ paramanti ñatvā, Suddhānupassīti pacceti ñāṇaṃ. (1)

【正田氏訳】
 「〔わたしは〕見る──清浄で、無病で、最高なる者を。見られたものによって、人の清浄は有る」〔と〕、このように、〔自己の観点で〕証知しながら、「〔これこそ〕最高である」と〔自分勝手に〕知って、清浄を随観する者は、かくのごとく、〔形だけの〕知恵を信受する(盲信する)。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Passāmi (passati:v.1.sg.pres.) 「「〔わたしは〕見る」
  suddhaṃ (suddha < pp. of sujjhati:a.m.sg.acc.) 「清浄で」
  paramaṃ (parama:a.m.sg.acc.) 「最高なる者を」
  arogaṃ (aroga:a.m.sg.acc.) 「無病で」

(b)
  Diṭṭhena (diṭṭha < pp. of dassati:a.n/m.sg.instr.) 「見られたものによって」
  saṃsuddhi (saṃsuddhi:f.sg.nom.) 「清浄は」
  narassa (nara:m.sg.gen.) 「人の」
  hoti (hoti = bhavati:v.3.sg.pres.) 「有る」〔と〕」

(c)
  Evābhijānaṃ  ← evaṁとabhijānaṃの連声(前語語尾ṁが消失、前語語尾aと後語語尾aが結合してāに変化)
   evaṁ (evaṁ:adv.) 「このように」
   abhijānaṃ (abhijāna < ppr. of abhijānāti:m.sg.nom.) 「〔自己の観点で〕証知しながら」
  paramanti  ← paramaṁとtiの連声(前語語尾ṁがnに変化)
   paramaṁ (parama:a.n.sg.nom.) 「「〔これこそ〕最高である」」
   ti (ti:indecl.) 「と」
  ñatvā (jānāti:v.ger.) 「〔自分勝手に〕知って」

(d)
  Suddhānupassīti  ← suddhaとanupassīのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)またはsuddhaṁとanupassīの連声(前語語尾ṁが消失、左記同様aとaの結合でāに変化)とtiの連声
   suddha (suddha < pp. of sujjhati:a.comp./ a.m/n.sg.acc.) 「清浄を」
   anupassī (anupassin:a.m.sg.nom.) 「随観する者は」
   ti (ti:indecl.) 「かくのごとく」
  pacceti (pacceti:v.3.sg.pres.) 「信受する(盲信する)。」
  ñāṇaṃ (ñāṇa:n.sg.acc.) 「〔形だけの〕知恵を」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.3. 汚れについての八なるものの経 794. (787)

【経典文】
 Upayo hi dhammesu upeti vādaṃ, Anūpayaṃ kena kathaṃ vadeyya;
 Attā nirattā na hi tassa atthi, Adhosi so diṭṭhimidheva sabbanti. (8)

【正田氏訳】
 まさに、〔執着の対象に〕近づく者は、諸々の法(見解)のうち、〔特定の〕論に近づく。〔しかしながら、特定の見解や迷いの生存に〕近づかない者を、何によって、どのように説くというのだろう(彼は、論争の相手にはならない)。なぜなら、彼には、自己と自己ではないものが、〔両者ともに〕存在しないのだから。彼は、まさしく、この〔世において〕、一切の見解を払い落としたのだ。ということで──(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Upayo (upaya:m.sg.nom.) 「〔執着の対象に〕近づく者は」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  dhammesu (dhamma:m.pl.loc.) 「諸々の法(見解)のうち」
  upeti (upeti:v.3.sg.pres.) 「近づく。」
  vādaṃ (vāda:m.sg.acc.) 「〔特定の〕論に」

(b)
  anupayaṃ (anupaya= an(否定の接頭辞)-upaya:m.sg.acc.) 「〔しかしながら、特定の見解や迷いの生存に〕近づかない者を」
  kena (ka:pron.n.sg.instr.) 「何によって」
  kathaṃ (kathaṃ:adv.) 「どのように」
  vadeyya (vadati:v.3.sg.opt.) 「説くというのだろう。」

(c)
  Attā (attan:m.sg.nom.) 「自己と」
  nirattā (nirattan=nir(否定の接頭辞)-attan:m.sg.nom.) 「自己ではないものが」
  na (na:adv.) 「ないのだから。」
  hi (hi:adv.) 「なぜなら」
  tassa (sa:pron.3.m.sg.gen.) 「彼には」
  atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「〔両者ともに〕存在し」

(d)
  Adhosi (dhunāti:v.3.sg.aor.) 「払い落としたのだ。」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  diṭṭhimidheva  ← diṭṭhiṁとidhaとevaの連声(一語目語尾ṁがmに変化、二語目語尾aが脱落)
   diṭṭhiṁ (diṭṭhi:f.sg.acc.) 「見解を」
   idha (idha:adv.) 「この〔世において〕」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
  sabbanti  ← sabbaṁとtiの連声(前語語尾ṁがnに変化)
   sabbaṁ (sabba:a.f(修飾しているのがdiṭṭhiなのでf).sg.acc.) 「一切の」
   ti (ti:indecl.) 「ということで―」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.3. 汚れについての八なるものの経 793. (786)

【経典文】
 Dhonassa hi natthi kuhiñci loke, Pakappitā diṭṭhi bhavābhavesu;
 Māyañca mānañca pahāya dhono, Sa kena gaccheyya anūpayo so. (7)

【正田氏訳】
 まさに、清き者には、諸々の種々なる生存にたいし、〔あらかじめ断定的に〕想い描かれた〔特定の〕見解は、世において、どこにも存在しない。〔欺瞞の〕幻想も、〔我想の〕思量も、〔両者ともに〕捨棄して、清き者は、彼は、何によって、〔迷いの生存に〕赴くというのだろう。彼は、〔特定の見解や迷いの生存に〕近づかない者である。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Dhonassa (dhona < pp. of dhovati:a.m.sg.gen.) 「清き者には」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  natthi  ← naとatthiの連声(前語語尾aが脱落)
   na (na:adv.) 「ない。」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」
  kuhiñci  ← kuhiṁとciの連声(前語語尾ṁがñに変化)
   kuhiṁ (kuhiṁ:adv.) 「どこに」
   ci (ci:indecl.) 「も」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世において」

(b)
  Pakappitā (pakappita < pp. of pakappeti:a.f.sg.nom.) 「〔あらかじめ断定的に〕想い描かれた」
  diṭṭhi (diṭṭhi:f.sg.nom.) 「〔特定の〕見解は」
  bhavābhavesu  ← bhavaとabhavesuのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   bhava (bhava:m.comp.)(下記とセットで下記の訳)
   abhavesu (abhava:m.pl.loc.) 「諸々の種々なる生存にたいし」

(c)
  Māyañca  ← māyaṁとcaの連声(前語語尾ṁがñに変化)
   māyaṁ (māyā:f.sg.acc.) 「〔欺瞞の〕幻想」
   ca (ca:conj.) 「も」
  mānañca  ← mānaṁとcaの連声(前語語尾ṁがñに変化)
   mānaṁ (māna:m.sg.acc.) 「〔我想の〕思量」
   ca (ca:conj.) 「も」
  pahāya (pajahati:v.ger.) 「〔両者ともに〕捨棄して」
  dhono (dhona < pp. of dhovati:a.m.sg.nom.) 「清き者は」

(d)
  Sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  kena (ka:pron.n.sg.instr.) 「何によって」
  gaccheyya (gacchati:v.3.sg.opt.) 「〔迷いの生存に〕赴くというのだろう。」
  anūpayo (anūpaya:a.m.sg.nom.) 「〔特定の見解や迷いの生存に〕近づかない者である。」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.3. 汚れについての八なるものの経 792. (785)

【経典文】
 Diṭṭhīnivesā na hi svātivattā, Dhammesu niccheyya samuggahītaṃ;
 Tasmā naro tesu nivesanesu, Nirassatī ādiyatī ca dhammaṃ. (6)

【正田氏訳】
 まさに、諸々の見解にたいする固着は、超克し易きものではない。諸々の法(見解)について、〔執着の対象として〕執持されたものを、〔執着の対象と〕判別して(対象化し特別視して)、それゆえに、人は、それらの〔妄執が〕固着する場において、法(見解)を放棄し、かつまた、執取する。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Diṭṭhīnivesā  ← diṭṭhiとnivesāのコンパウンド・連声(前語語尾iがīに変化)
   diṭṭhi (diṭṭhi:f.comp.) 「諸々の見解にたいする」
   nivesā (nivesa:m.pl.nom.) 「固着は」
  na (na:adv.) 「ない。」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  svātivattā (svātivatta:a.m.pl.nom.) 「超克し易きものでは」

(b)
  Dhammesu (dhamma:m.pl.loc.) 「諸々の法(見解)について」
  niccheyya (nicchināti:v.3.sg.ger/opt.) 「〔執着の対象と〕判別して」
  samuggahītaṃ (samuggahīta < pp. of samuggaṇhāti:a.n.sg.acc.) 「〔執着の対象として〕執持されたものを」

(c)
  Tasmā (taṁ:pron.n.sg.abl.) 「それゆえに」
  naro (nara:m.sg.nom.) 「人は」
  tesu (taṁ:pron.n.pl.loc.) 「それらの」
  nivesanesu (nivesana:n.pl.loc.) 「〔妄執が〕固着する場において」

(d)
  Nirassatī (nirassati:v.3.sg.pres.(韻律の都合で語尾iが長音化してīになったと考えます)) 「放棄し」
  ādiyatī (ādiyati:v.3.sg.pres.(韻律の都合で語尾iが長音化してīになったと考えます)) 「執取する。」
  ca (ca:conj.) 「かつまた」
  dhammaṃ (dhamma:m.sg.acc.) 「法(見解)を」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.3. 汚れについての八なるものの経 791. (784)

【経典文】
 Pakappitā saṅkhatā yassa dhammā, Purakkhatā santi avīvadātā;
 Yadattani passati ānisaṃsaṃ, Taṃ nissito kuppapaṭiccasantiṃ. (5)

【正田氏訳】
 彼に、〔執着の対象として〕想い描かれ〔妄想によって〕形成された諸々の法(見解)が〔存在し〕、〔特別のものとして〕偏重された諸々の浄白ならざるものが存在するなら、すなわち、自己〔の見解〕について〔のみ〕、福利を見るなら、〔まさに〕その、動揺を縁とする〔虚妄の〕寂静に依存する者である。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Pakappitā (pakappita < pp. of pakappeti:a.m.pl.nom.) 「〔執着の対象として〕想い描かれ」
  saṅkhatā (saṅkhata < pp. of saṅkharoti:a.m.pl.nom.) 「〔妄想によって〕形成された」
  yassa (ya:pron.m.sg.gen.) 「彼に」
  dhammā (dhamma:m.pl.nom.) 「諸々の法(見解)が〔存在し〕」

(b)
  Purakkhatā (purakkhata < pp. of purakkharoti:a.m.pl.nom.) 「〔特別のものとして〕偏重された」
  santi (atthi:v.3.pl.pres.) 「存在するなら」
  avīvadātā (avīvadāta:a.m.pl.nom.) 「諸々の浄白ならざるものが」

(c)
  Yadattani  ← yadとattaniの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「すなわち」
   attani (attan:m.sg.loc.) 「自己〔の見解〕について〔のみ〕」
  passati (passati:v.3.sg.pres.) 「見るなら」
  ānisaṃsaṃ (ānisaṃsa:m.sg.acc.) 「福利を」

(d)
  Taṃ (taṁ:pron.n.sg.nom.) 「〔まさに〕その」
  nissito (nissita < pp. of nissayati:a.m.sg.nom.) 「依存する者である。」
  kuppapaṭiccasantiṃ  ← kuppaとpaṭiccaとsantiṃのコンパウンド・連声
   kuppa (kuppa < grd. of kuppati:a.n.comp.) 「動揺を」
   paṭicca (paṭicca < ger. of pacceti:adv.comp.) 「縁とする」
   santiṃ (santi:f.sg.acc.) 「〔虚妄の〕寂静に」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(第六結集版の改訂)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

« 2018年2月18日 - 2018年2月24日 | トップページ | 2018年3月25日 - 2018年3月31日 »