無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 859. (852)

【経典文】
 Patilīno akuhako, apihālu amaccharī;
 Appagabbho ajeguccho, pesuṇeyye ca no yuto.
(5)

【正田氏訳】
 〔欲望の対象から〕退去し、虚言なく、羨望〔の思い〕なく、物惜しみ〔の思い〕なき者は、尊大ならず、〔他者に〕忌避されず、さらには、中傷〔の思い〕に陥る者でもありません。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Patilīno (patilīna = paṭilīna < pp. of paṭilīyati:a.m.sg.nom.) 「〔欲望の対象から〕退去し」
  akuhako (a(pref.)-kuhaka:a.m.sg.nom.) 「虚言なく」

(b)
  apihālu (apihālu:a.m.sg.nom.) 「羨望〔の思い〕なく」
  amaccharī (amaccharin:a.m.sg.nom.) 「物惜しみ〔の思い〕なき者は」

(c)
  Appagabbho (appagabbha:a.m.sg.nom.) 「尊大ならず」
  ajeguccho (ajeguccha:a.m.sg.nom.) 「〔他者に〕忌避されず」

(d)
  pesuṇeyye (pesuṇeyya = pesuneyya, pesuṇa, pesuṇiya, pesuñña:n.sg.loc.) 「中傷〔の思い〕に」
  ca (ca:conj.) 「さらには…も」
  no (no = na:adv.) 「ません。」
  yuto (yuta:a.m.sg.nom.) 「陥る者で…あり」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 858. (851)

【経典文】
 Nirāsatti anāgate, atītaṃ nānusocati;
 Vivekadassī phassesu, diṭṭhīsu ca na nīyati.
(4)

【正田氏訳】
 未来について執着なき者は、過去を憂いません。諸々の接触(触:感覚・経験)について遠離を見る者は、しかして、諸々の見解について導かれません。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Nirāsatti (nirāsattin:a.m.sg.nom.) 「執着なき者は」
  anāgate (anāgata:a.n.sg.loc.) 「未来について」

(b)
  atītaṃ (atīta:n.sg.acc.) 「過去を」
  nānusocati < na + anusocati (連声:前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   na (na:adv.) 「ません。」
   anusocati (anusocati:v.3.sg.pres.) 「憂い」

(c)
  Vivekadassī < viveka + dassī (コンパウンド)
   viveka (viveka:m.comp.) 「遠離を」
   dassī (dassin:a.m.sg.nom.) 「見る者は」
  phassesu (phassa:m.pl.loc.) 「諸々の接触(触:感覚・経験)について」

(d)
  diṭṭhīsu (diṭṭhi:f.pl.loc.) 「諸々の見解について」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  na (na:adv.) 「ません。」
  nīyati (nīyati = niyyati < pass. of nayati = neti:v(pass).3.sg.pres.) 「導かれ」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 857. (850)

【経典文】
 Akkodhano asantāsī, avikatthī akukkuco;
 Mantabhāṇī anuddhato, sa ve vācāyato muni.
(3)

【正田氏訳】
 忿激せず、恐慌せず、誇らず、悔やまず、明慧によって話し、〔心が〕高ぶらない者──彼は、まさに、言葉を制した牟尼(沈黙の聖者)です。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Akkodhano (akkodhana:a.m.sg.nom.) 「忿激せず」
  asantāsī (asantāsin:a.m.sg.nom.) 「恐慌せず」

(b)
  avikatthī (avikatthin:a.m.sg.nom.) 「誇らず」
  akukkuco (akukkuca:n>m.sg.nom.(有財釈で性が変化)) 「悔やまず」

(c)
  Mantabhāṇī < mantā + bhāṇī  (コンパウンド・連声:前語語尾āがaに変化)
   mantā (mantā:f.comp.) 「明慧によって」
   bhāṇī (bhāṇin:a.m.sg.nom.) 「話し」
  anuddhato (anuddhata:a.m.sg.nom.) 「〔心が〕高ぶらない者」

(d)
  sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  ve (ve:adv.) 「まさに」
  vācāyato < vācā + yato (コンパウンド)
   vācā (vācā:f.comp.) 「言葉を」
   yato (yata < pp. of yamati:a.m.sg.nom.) 「制した」
  muni (muni:m.sg.nom.) 「牟尼(沈黙の聖者)です。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 856. (849)

【経典文】
" Vītataṇho purā bhedā, (iti bhagavā) Pubbamantamanissito;
 Vemajjhe nupasaṅkheyyo, Tassa natthi purakkhataṃ. (2)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「〔身体の〕破壊(死)の前に、渇愛〔の思い〕を離れ、過去の極(過去の記憶)に依存せず、〔過去と未来の〕中間(現在)において名称されない者──彼には、〔特別なものとして〕偏重された〔表象や見解〕は存在しません。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Vītataṇho < vīta + taṇho (コンパウンド)
   Vīta (vīta < pp. of veti:a.comp.) 「離れ」
   taṇho (taṇhā > taṇha :f>m.sg.nom.(有財釈で性が変化)) 「渇愛〔の思い〕を」
  purā (pura:adv.prep.) 「前に」
  bhedā (bheda:m.sg.abl.) 「「〔身体の〕破壊(死)の」
  iti (iti:indecl.) 「かくのごとく」
  bhagavā (bhagavant:m.sg.nom.) 「世尊は〔答えた〕」

(b)
  Pubbamantamanissito < pubba + antaṃ + anissito (前方の結合はコンパウンド・連声:間にm挿入。後方の結合は連声:第二語語尾ṃがmに変化)
   (pubba:a.comp.) 「過去の」
   antaṃ (anta:m.sg.acc.) 「極(過去の記憶)に」
   anissito (anissita:a.m.sg.nom.) 「依存せず」

(c)
  Vemajjhe (vemajjha:n.sg.loc.) 「〔過去と未来の〕中間(現在)において」
  nupasaṅkheyyo < na + upasaṅkheyyo (連声:前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ない」
   upasaṅkheyyo (upasaṅkheyya < grd. of upasaṅkharoti:a.m.sg.nom.) 「名称され…者」

(d)
  Tassa (so:pron.3.m.sg.dat.) 「彼には」
  natthi < na + atthi (連声:前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ません。」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」
  purakkhataṃ (purakkhata < pp. of purakkharoti:a.n.sg.nom.) 「〔特別なものとして〕偏重された〔表象や見解〕は」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 855. (848)

【経典文】
  " Kathaṃdassī kathaṃsīlo, upasantoti vuccati;
 Taṃ me gotama pabrūhi, pucchito uttamaṃ naraṃ ".
(1)

【正田氏訳】
 〔対話者が尋ねた〕「どのように見ある者が、どのように戒ある者が、『寂静者』と呼ばれるのですか。ゴータマ〔姓〕の方よ、それを、わたしに説いてください。〔問いを〕尋ねられた者として、最上の人のことを」〔と〕。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Kathaṃdassī < kathaṃ + dassī (コンパウンド)
   Kathaṃ (kathaṃ:adv.comp.) 「〔対話者が尋ねた〕「どのように」
   dassī (dassin:a.m.sg.nom.) 「見ある者が」
  kathaṃsīlo < kathaṃ + sīlo (コンパウンド)
   kathaṃ (kathaṃ:adv.comp.) 「どのように」
   sīlo (sīla:n>m.sg.nom.(有財釈で性が変化)) 「戒ある者が」

(b)
  upasantoti < upasanto + iti (連声:後語語頭iが消失)
   upasanto (upasanta < pp. of upasamati:a.m.sg.nom.) 「『寂静者』」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  vuccati (vuccati:v.3.sg.pres.) 「呼ばれるのですか。」

(c)
  Taṃ (taṃ:pron.n/m.sg.acc.) 「それを」
  me (ahaṃ:pron.1.sg.dat.) 「わたしに」
  gotama (gotama:m.sg.voc.) 「ゴータマ〔姓〕の方よ」
  pabrūhi (pabrūti:v.2.sg.imper.) 「説いてください。」

(d)
  pucchito (pucchita < pp. of pucchati:a.m.sg.nom.) 「〔問いを〕尋ねられた者として」
  uttamaṃ (uttama:a.m.sg.acc.) 「最上の」
  naraṃ (nara:m.sg.acc.) 「人のことを」〔と〕。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »