2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 864. (857)

【経典文】
 Taṃ brūmi upasantoti, Kāmesu anapekkhinaṃ;
 Ganthā tassa na vijjanti, Atarī so visattikaṃ.
(10)

【正田氏訳】
 諸々の欲望〔の対象〕について期待なき者を、彼を、〔わたしは〕『寂静者』と説きます。彼に、諸々の拘束は見い出されません。彼は、執着〔の思い〕を超えたのです。(10)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Taṃ (so:pron.3.m.sg.acc.) 「彼を」
  brūmi (brūti:v.1.sg.pres.) 「〔わたしは〕説きます。」
  upasantoti < upasantoとitiの連声(後語語頭iが消失)
   upasanto (upasanta < pp. of upasamati:a.m.sg.nom.) 「『寂静者』」
   iti (iti:indecl.) 「と」

(b)
  Kāmesu (kāma:m.pl.loc.) 「諸々の欲望〔の対象〕について」
  anapekkhinaṃ (anapekkhin:a.m.sg.acc.) 「期待なき者を」

(c)
  Ganthā (gantha:m.pl.nom.) 「諸々の拘束は」
  tassa (so:pron.3.m.sg.dat.) 「彼に」
  na (na:adv.) 「ません。」
  vijjanti (vijjati < pass. of vindati:v(pass).3.pl.pres.) 「見い出され」

(d)
  Atarī  (韻律の関係で語尾iがīに長音化したと考えます。)(tarati:v.3.sg.aor.) 「超えたのです。」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  visattikaṃ (visattikā:f.sg.acc.) 「執着〔の思い〕を」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)であり、次の語句と、語基等のまま(数・格なし)で結合していることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 863. (856)

【経典文】
 Yassa nissayanā natthi, ñatvā dhammaṃ anissito;
 Bhavāya vibhavāya vā, taṇhā yassa na vijjati.
(9)

【正田氏訳】
 彼に、〔他者に〕依存することが存在しないなら、法(真理)を知って、依存なき者となります。彼に、生存への〔渇愛の思いが見い出されないなら〕、あるいは、生存から離れることへの渇愛〔の思い〕が見い出されないなら──(9)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yassa (ya:pron.m.sg.dat.) 「彼に」
  nissayanā (nissaya-nā(suf.):f.sg.nom.) 「〔他者に〕依存することが」
  natthi < naとatthiの連声(前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ない」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し…なら」

(b)
  ñatvā (jānāti:v.ger.) 「知って」
  dhammaṃ (dhamma:m.sg.acc.) 「法(真理)を」
  anissito (anissita:a.m.sg.nom.) 「依存なき者となります。」

(c)
  Bhavāya (bhava:m.sg.dat.) 「生存への〔渇愛の思いが見い出されないなら〕」
  vibhavāya (vibhava:m.sg.dat.) 「生存から離れることへの」
  vā (vā:adv.conj.) 「あるいは」

(d)
  taṇhā (taṇhā:f.sg.nom.) 「渇愛〔の思い〕が」
  yassa (ya:pron.3.m.sg.dat.) 「彼に」
  na (na:adv.) 「ない」
  vijjati (vijjati < pass. of vindati:v(pass).3.sg.pres.) 「見い出され…なら」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)であり、次の語句と、語基等のまま(数・格なし)で結合していることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 862. (855)

【経典文】
 Upekkhako sadā sato, na loke maññate samaṃ; 
 Na visesī na nīceyyo, tassa no santi ussadā.
(8)

【正田氏訳】
 〔愛憎の思いを〕放捨した、常に気づきある者は、世において、〔自己と他者について〕『等しい』と思いません。『勝る』〔とも思い〕ません。『より劣る』〔とも思い〕ません。彼には、諸々の増長〔の思い〕は存在しません。(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Upekkhako (upekkhaka:a.m.sg.nom.) 「〔愛憎の思いを〕放捨した」
  sadā (sadā:adv.) 「常に」
  sato (sata:a.m.sg.nom.) 「気づきある者は」

(b)
  na (na:adv.) 「ません。」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世において」
  maññate (maññati:v.3.sg.pres.med.) 「思い」
  samaṃ (sama:a.m.sg.acc.) 「〔自己と他者について〕『等しい』と」

(c)
  Na (na:adv.) 「〔とも思い〕ません。」
  visesī (visesin:a.m.sg.nom.) 「『勝る』」
  na (na:adv.) 「〔とも思い〕ません。」
  nīceyyo (nīceyya:a.m.sg.nom.) 「『より劣る』」

(d)
  tassa (so:pron.3.m.sg.dat.) 「彼には」
  no (no=na:adv.) 「ません。」
  santi (atthi:v.3.pl.pres.) 「存在し」
  ussadā (ussada:m.pl.nom.) 「諸々の増長〔の思い〕は」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)であり、次の語句と、語基等のまま(数・格なし)で結合していることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 861. (854)

【経典文】
 Lābhakamyā na sikkhati, alābhe ca na kuppati;
 Aviruddho ca taṇhāya, rasesu nānugijjhati.
(7)

【正田氏訳】
 利得(行乞の施物)を欲して学ばず、さらには、利得がないときも怒りません。しかして、〔他者を〕遮らない者(他者に悪意なき者)は、諸々の味について、渇愛〔の思い〕で貪り求めません。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Lābhakamyā < lābhaとkamyā コンパウンド
   lābha (lābha:m.comp.) 「利得(行乞の施物)を」
   kamyā (kamyā:adv.) 「欲して」
  na (na:adv.) 「ず」
  sikkhati (sikkhati:v.3.sg.pres.) 「学ば」

(b)
  alābhe (alābha:m.sg.loc.) 「利得がないときも」
  ca (ca:conj.) 「さらには」
  na (na:adv.) 「ません。」
  kuppati (kuppati:v.3.sg.pres.) 「怒り」

(c)
  Aviruddho (aviruddha:a.m.sg.nom.) 「〔他者を〕遮らない者(他者に悪意なき者)は」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  taṇhāya (taṇhā:f.sg.instr/abl/dat/gen.) 「渇愛〔の思い〕で」

(d)
  rasesu (rasa:m.pl.loc.) 「諸々の味について」
  nānugijjhati < naとanugijjhatiの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   na (na:adv.) 「ません。」
   anugijjhati (anugijjhati:v.3.sg.pres.) 「貪り求め」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)であり、次の語句と、語基等のまま(数・格なし)で結合していることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

4.10. 「〔身体の〕破壊の前に」の経 860. (853)

【経典文】
 Sātiyesu anassāvī, atimāne ca no yuto;
 Saṇho ca paṭibhānavā, na saddho na virajjati.
(6)

【正田氏訳】
 諸々の快楽にたいし〔煩悩が〕漏れ出ない者は、しかして、高慢〔の思い〕に陥る者ではありません。しかして、〔所作進退が〕優雅で〔隙なく〕、即応即答〔の智慧〕ある者は、信仰なく、離貪しません(今に生きる者は、限定された特定の信仰を持たず、無執着の者には、離貪という行為自体が存在しない)。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sātiyesu (sātiya:a.m/n.pl.loc.) 「諸々の快楽にたいし」
  anassāvī (anassāvin:a.m.sg.nom.) 「〔煩悩が〕漏れ出ない者は」

(b)
  atimāne (atimāna:m.sg.loc.) 「高慢〔の思い〕に」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  no (no=na:adv.) 「ません。」
  yuto (yuta:a.m.sg.nom.) 「陥る者ではあり」

(c)
  Saṇho (saṇha:a.m.sg.nom.) 「〔所作進退が〕優雅で〔隙なく〕」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  paṭibhānavā (paṭibhānavant:a.m.sg.nom.) 「即応即答〔の智慧〕ある者は」

(d)
  na (na:adv.) 「なく」
  saddho (saddha:a.m.sg.nom.) 「信仰」
  na (na:adv.) 「ません。」
  virajjati (virajjati:v.3.sg.pres.) 「離貪し」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)であり、次の語句と、語基等のまま(数・格なし)で結合していることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

   

(文責:脇坂)

カテゴリ別目次

当ブログ(パーリ語研修会 報告)について 

スッタニパータ 4章 八なるものの章

1.欲望の経(先頭)

2.洞窟についての八なるものの経(先頭)

3.汚れについての八なるものの経(先頭)

4.清浄についての八なるものの経(先頭)

5.最高についての八なるものの経(先頭)

6.老の経(先頭)

7.ティッサ・メッテイヤの経(先頭)

8.パスーラの経(先頭)

9.マーガンディヤの経(先頭)

10.〔身体の〕破壊の前にの経(先頭)

11.紛争と論争の経(先頭)

12.小さなまとまりの経(先頭)

13.大きなまとまりの経

14.迅速の経

15.自己の棒の経

16.サーリプッタの経

スッタニパータ 5章 彼岸に至るものの章

1.アジタ学徒の問い(先頭)

2.ティッサ・メッテイヤ学徒の問い(先頭)

3.プンナカ学徒の問い(先頭)

4.メッタグー学徒の問い(先頭)

5.ドータカ学徒の問い(先頭)

6.ウパシーヴァ学徒の問い(先頭)

7.ナンダ学徒の問い(先頭)

8.ヘーマカ学徒の問い(先頭)

9.トーデイヤ学徒の問い(先頭)

10.カッパ学徒の問い(先頭)

11.ジャトゥカンニ学徒の問い(先頭)

12.バドラーヴダ学徒の問い(先頭)

13.ウダヤ学徒の問い(先頭)

14.ポーサーラ学徒の問い(先頭)

15.モーガラージャン学徒の問い(先頭)

16.ピンギヤ学徒の問い(先頭)

パーリ語について

パーリ語のローマ字とカナ読み

パソコン・タブレット・スマホでのパーリ語ローマ字表記入力方法

感想など(カテゴリ記事一覧)

お知らせ(カテゴリ記事一覧)

 

パーリ語のローマ字とカナ読み

【パーリ語のローマ字とカナ読み

読みのカナが振られていないパーリ語の単語や文章を見たときに、それを声に出して読んでみたい、または、どういう法則でカナが振られているのか知りたい、と思った方のためにパーリ語のローマ字とカナ読みについての説明文を書いてみました。日本語的なカタカナ発音レベルで書いておりますので、理解不足でおかしいところや誤りもあるかもしれないということをあらかじめお断り申し上げます。今後、勉強しながら、随時、修正していきます。

 ローマ字と辞書での配列順

まずはじめに前提知識として、パーリ語で用いるローマ字と辞書での配列順を説明します。全部で41音あり、配列順は、1.母音、2.ṁも同じ)、3.kの仲間の子音、4.cの仲間の子音、5.ṭの仲間の子音、6.tの仲間の子音、7.pの仲間の子音、8.その他の子音という順です。それでは、下の表を見て頂きながら、グループ別に説明します。

                                                                                                                                               
 

a

 
 

ā

 
 

i

 
 

ī

 
 

u

 
 

ū

 
 

e

 
 

o

 
 

(ṁ)

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

k

 
 

kh

 
 

g

 
 

gh

 
 

(ṅ)

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

c

 
 

ch

 
 

j

 
 

jh

 
 

ñ

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 
 

ṭh

 
 

 
 

(ḍh)

 
 

(ṇ)

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

t

 
 

th

 
 

d

 
 

dh

 
 

n

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

p

 
 

ph

 
 

b

 
 

bh

 
 

m

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

y

 
 

r

 
 

l

 
 

()

 
 

v

 
 

s

 
 

h

 
 

 

 

 

表1行目、母音は8音あり、アイウエオ順です。ただし、例えば、普通のaと、長音記号(ˉ)が付いたāのように、短い音と長い音とで字が区別されている場合は、短いほうが先で、長いほうが後です。なお、辞書にて、例えば、aに長音記号(ˉ)と短音記号(˘)の両方がついた字体になっている場合は、aの場合もāの場合もある(後述するように、アと読むこともアーと読むこともある)ということを表しています。

2行目、も同じ。専門用語で抑制音というそうです)について。これが語頭に来る単語はありません*が、語中や語尾には出てきます。その場合の順序として、母音より後ろ、他の子音よりも前になります。例えば、sではじまる見出し語は、sasa-uttarasa-upādisesasaṁsaṁyata saṁhīratisaka … といった順になっています。

* なお、これと同様に、表の中で丸括弧で囲った音は、その音が語頭に来る単語はない(少なくとも水野弘元先生の『増補改訂パーリ語辞典』には掲載されていない)ということを表しています。

表3行目以下の子音については、kからmまでの25音の各行は、おおむね、口の中の後方(喉に近いほう)で作る音から、口の前方(唇付近)で作る音へ、という順序だと覚えるといいと思います。専門用語も参考程度に書いてみますと、kではじまる行が喉音、cではじまる行が口蓋音、ではじまる行が反舌音、tではじまる行が歯音、pではじまる行が唇音というグループ名で、これらを五群というそうです。なお、この五群の2列目と4列目に、それぞれ後ろにhがつく音(専門用語で含気音というそうです)が計10音ありますが、これらはそれそのもので一音です。なので例えば、kではじまる見出し語がすべて終わってから、新たにkhではじまる見出し語が、khakhaggakhacita…と並ぶことになります。

最終行、yではじまる行は、上記以外の子音いろいろ7音です。これらは専門的には、喉音のh、口蓋音のy、反舌音のr、歯音のls、唇音のvと分けられるそうですが、実際のy r l ḷ v s hという並びは、そうした分類順のとおりではないので、私は理屈で覚えるのはあきらめました。語呂合わせで強引に覚えています。

 

 読み方(カナ的発音の仕方)

パーリ語の単語のローマ字表記の綴りを見てみると、その構成要素は、母音単独子音+母音の形が多いように思います。以下では、主にそれらについて、ローマ字にカナをふった表を作ってみました(備考:一つの単語内の綴りとして存在しない子音+母音の形も含まれているかもしれませんが、機械的に表に並べ、カナを振ってみました)。

一方、例外的に、子音単独子音の二連続、まれに子音の三連続もありまして、これらについては、最後のほうで少し、辞書で目にしたよくありそうなものだけ、表にしてみました。

稀なケースを除き、大半の単語は、これら一覧の中からあてはまるものを探してカナをふることができ、とりあえず何とか日本語的な発音ででも読めるのではないかと思います。

 

前述の41音の配列順に進めます。では、まずは、母音単独の読み方。

                               
 

a

 
 

ā

 
 

i

 
 

ī

 
 

u

 
 

ū

 
 

e

 
 

o

 
 

 
 

アー

 
 

 
 

イー

 
 

 
 

ウー

 
 

エー,エ *

 
 

オー,オ *

 

*備考:eoは、原則的には、エー、オーと長く伸ばして読みますが、eoの後ろに同じ子音が二個続くときは、短く(かつ後ろの一個目の子音を小さい「ッ」にして)読みます。例えば、ogha(暴流)はオーガ、oṭṭha(,ラクダ)はオッタと読みます。
なお、あらかじめ書いておきますが、以下すべての、子音+e、子音+oでも同様です。例えば、megha(雨雲)はメーガ、mettā()はメッターと読みます。

 

ここから、五群ごとに。一番目に、kではじまる行(喉音)の子音+母音の読み方。

                               
 

ka

 
 

 
 

ki

 
 

 
 

ku

 
 

 
 

ke

 
 

ko

 
 

 
 

カー

 
 

 
 

キー

 
 

 
 

クー

 
 

ケー,

 
 

コー,

 

 

                               
 

kha

 
 

khā

 
 

khi

 
 

khī

 
 

khu

 
 

khū

 
 

khe

 
 

kho

 
 

 
 

カー

 
 

 
 

キー

 
 

 
 

クー

 
 

ケー,

 
 

コー,

 

注1:細かくいうと、含気音のkhの行は、無気音のkの行よりも息多めで発音するそうですが、発音も聞き取りも難しそうなので、ほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ga

 
 

 
 

gi

 
 

 
 

gu

 
 

 
 

ge

 
 

go

 
 

 
 

ガー

 
 

 
 

ギー

 
 

 
 

グー

 
 

ゲー,

 
 

ゴー,

 

 

                               
 

gha

 
 

ghā

 
 

ghi

 
 

ghī

 
 

ghu

 
 

ghū

 
 

ghe

 
 

gho

 
 

 
 

ガー

 
 

 
 

ギー

 
 

 
 

グー

 
 

ゲー,

 
 

ゴー,

 

上記の注1と同じ理由で、gの行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ṅa

 
 

ṅā

 
 

ṅi

 
 

ṅī

 
 

ṅu

 
 

ṅū

 
 

ṅe

 
 

ṅo

 
 

 
 

ナー

 
 

 
 

ニー

 
 

 
 

ヌー

 
 

ネー,

 
 

ノー,

 

 

二番目に、cではじまる行(口蓋音)の子音+母音の読み方。

                               
 

ca

 
 

 
 

ci

 
 

 
 

cu

 
 

 
 

ce

 
 

co

 
 

チャ

 
 

チャー

 
 

 
 

チー

 
 

チュ

 
 

チュー

 
 

チェー,

チェ

 
 

チョー、

チョ

 

 

                               
 

cha

 
 

chā

 
 

chi

 
 

chī

 
 

chu

 
 

chū

 
 

che

 
 

cho

 
 

チャ

 
 

チャー

 
 

 
 

チー

 
 

チュ

 
 

チュー

 
 

チェー,

チェ

 
 

チョー、

チョ

 

上記の注1と同じ理由で、cの行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ja

 
 

 
 

ji

 
 

 
 

ju

 
 

 
 

je

 
 

jo

 
 

ジャ

 
 

ジャー

 
 

 
 

ジー

 
 

ジュ

 
 

ジュー

 
 

ジェー,

ジェ

 
 

ジョー、

ジョ

 

 

                               
 

jha

 
 

jhā

 
 

jhi

 
 

jhī

 
 

jhu

 
 

jhū

 
 

jhe

 
 

jho

 
 

ジャ

 
 

ジャー

 
 

 
 

ジー

 
 

ジュ

 
 

ジュー

 
 

ジェー,

ジェ

 
 

ジョー、

ジョ

 

上記の注1と同じ理由で、jの行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ña

 
 

ñā

 
 

ñi

 
 

ñī

 
 

ñu

 
 

ñū

 
 

ñe

 
 

ño

 
 

ニャ

 
 

ニャー

 
 

 
 

ニー

 
 

ニュ

 
 

ニュー

 
 

ニェー,

ニェ

 
 

ニョー,

ニョ

 

備考:nの行とは大きく異なるので注意してください。

 

三番目に、ではじまる行(反舌音)の子音+母音の読み方。

                               
 

ṭa

 
 

ṭā

 
 

ṭi

 
 

ṭī

 
 

ṭu

 
 

ṭū

 
 

ṭe

 
 

ṭo

 
 

 
 

ター

 
 

ティ

 
 

ティー

 
 

トゥ

 
 

トゥー

 
 

テー,

 
 

トー,

 

 

                               
 

ṭha

 
 

ṭhā

 
 

ṭhi

 
 

ṭhī

 
 

ṭhu

 
 

ṭhū

 
 

ṭhe

 
 

ṭho

 
 

 
 

ター

 
 

ティ

 
 

ティー

 
 

トゥ

 
 

トゥー

 
 

テー,

 
 

トー,

 

上記の注1と同じ理由で、の行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ḍa

 
 

ḍā

 
 

ḍi

 
 

ḍī

 
 

ḍu

 
 

ḍū

 
 

ḍe

 
 

ḍo

 
 

 
 

ダー

 
 

ディ

 
 

ディー

 
 

ドゥ

 
 

ドゥー

 
 

デー,

 
 

ドー,

 

 

                               
 

ḍha

 
 

ḍhā

 
 

ḍhi

 
 

ḍhī

 
 

ḍhu

 
 

ḍhū

 
 

ḍhe

 
 

ḍho

 
 

 
 

ダー

 
 

ディ

 
 

ディー

 
 

ドゥ

 
 

ドゥー

 
 

デー,

 
 

ドー,

 

上記の注1と同じ理由で、の行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ṇa

 
 

ṇā

 
 

ṇi

 
 

ṇī

 
 

ṇu

 
 

ṇū

 
 

ṇe

 
 

ṇo

 
 

 
 

ナー

 
 

 
 

ニー

 
 

 
 

ヌー

 
 

ネー,

 
 

ノー,

 

注2:細かくいうと、喉音のの行と、反舌音のの行は、舌の位置や形が違うそうですが、発音も聞き取りも難しそうなので、の行とほぼ同じとさせてください

 

四番目に、tではじまる行(歯音)の子音+母音の読み方。

                               
 

ta

 
 

 
 

ti

 
 

 
 

tu

 
 

 
 

te

 
 

to

 
 

 
 

ター

 
 

ティ

 
 

ティー

 
 

トゥ

 
 

トゥー

 
 

テー,

 
 

トー,

 

注3:細かくいうと、反舌音のの行と、歯音のtの行は、舌の位置や形が違うそうですが、発音も聞き取りも難しそうなので、の行とほぼ同じとさせてください

 

                               
 

tha

 
 

thā

 
 

thi

 
 

thī

 
 

thu

 
 

thū

 
 

the

 
 

tho

 
 

 
 

ター

 
 

ティ

 
 

ティー

 
 

トゥ

 
 

トゥー

 
 

テー,

 
 

トー,

 

上記の注3と同じ理由で、ṭhの行とほぼ同じとさせてください。

また、上記の注1と同じ理由で、tの行ともほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

da

 
 

 
 

di

 
 

 
 

du

 
 

 
 

de

 
 

do

 
 

 
 

ダー

 
 

ディ

 
 

ディー

 
 

ドゥ

 
 

ドゥー

 
 

デー,

 
 

ドー,

 

上記の注3と同じ理由で、の行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

dha

 
 

dhā

 
 

dhi

 
 

dhī

 
 

dhu

 
 

dhū

 
 

dhe

 
 

dho

 
 

 
 

ダー

 
 

ディ

 
 

ディー

 
 

ドゥ

 
 

ドゥー

 
 

デー,

 
 

ドー,

 

上記の注3と同じ理由で、ḍhの行とほぼ同じとさせてください。

また、上記の注1と同じ理由で、dの行ともほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

na

 
 

 
 

ni

 
 

 
 

nu

 
 

 
 

ne

 
 

no

 
 

 
 

ナー

 
 

 
 

ニー

 
 

 
 

ヌー

 
 

ネー,

 
 

ノー,

 

上記の注3と同じ理由で、の行とほぼ同じとさせてください。

また、それと同時に、上記の注2と同じ理由で、の行ともほぼ同じとさせてください。

 

五番目に、pではじまる行(唇音)の子音+母音の読み方。

                               
 

pa

 
 

 
 

pi

 
 

 
 

pu

 
 

 
 

pe

 
 

po

 
 

 
 

パー

 
 

 
 

ピー

 
 

 
 

プー

 
 

ペー,

 
 

ポー,

 

 

                               
 

pha

 
 

phā

 
 

phi

 
 

phī

 
 

phu

 
 

phū

 
 

phe

 
 

pho

 
 

 
 

パー

 
 

 
 

ピー

 
 

 
 

プー

 
 

ペー,

 
 

ポー,

 

上記の注1と同じ理由で、pの行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ba

 
 

 
 

bi

 
 

 
 

bu

 
 

 
 

be

 
 

bo

 
 

 
 

バー

 
 

 
 

ビー

 
 

 
 

ブー

 
 

ベー,

 
 

ボー,

 

 

                               
 

bha

 
 

bhā

 
 

bhi

 
 

bhī

 
 

bhu

 
 

bhū

 
 

bhe

 
 

bho

 
 

 
 

バー

 
 

 
 

ビー

 
 

 
 

ブー

 
 

ベー,

 
 

ボー,

 

上記の注1と同じ理由で、bの行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ma

 
 

 
 

mi

 
 

 
 

mu

 
 

 
 

me

 
 

mo

 
 

 
 

マー

 
 

 
 

ミー

 
 

 
 

ムー

 
 

メー,

 
 

モー,

 

 

ここから、その他の子音+母音の読み方。

                               
 

ya

 
 

 
 

yi

 
 

 
 

yu

 
 

 
 

ye

 
 

yo

 
 

 
 

ヤー

 
 

 
 

イー

 
 

 
 

ユー

 
 

イェー,イェ

 
 

ヨー,

 

 

                               
 

ra

 
 

 
 

ri

 
 

 
 

ru

 
 

 
 

re

 
 

ro

 
 

 
 

ラー

 
 

 
 

リー

 
 

 
 

ルー

 
 

レー,

 
 

ロー,

 

 

                               
 

la

 
 

 
 

li

 
 

 
 

lu

 
 

 
 

le

 
 

lo

 
 

 
 

ラー

 
 

 
 

リー

 
 

 
 

ルー

 
 

レー,

 
 

ロー,

 

注4:当然rlは字がまったく違うので発音も違うのですが、発音も聞き取りも難しそうですし、カナ表記の限界からも、rの行とほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

ḷa

 
 

ḷā

 
 

ḷi

 
 

ḷī

 
 

ḷu

 
 

ḷū

 
 

ḷe

 
 

ḷo

 
 

 
 

ラー

 
 

 
 

リー

 
 

 
 

ルー

 
 

レー,

 
 

ロー,

 

上記の注3と同じ理由で、lの行とほぼ同じとさせてください。

また、上記の注4と同じ理由で、rの行ともほぼ同じとさせてください。

 

                               
 

va

 
 

 
 

vi

 
 

 
 

vu

 
 

 
 

ve

 
 

vo

 
 

ヴァ/

*

 
 

ヴァー/

ワー*

 
 

ヴィ

 
 

ヴィー

 
 

 
 

ヴー

 
 

ヴェー,

ヴェ

 
 

ヴォー,

ヴォ

 

*備考:vaはヴァでもワでもいいし、もヴァーでもワーでもいいと思います。どちらが本来正しいのか分かりませんが、よく使われるほうや言い易さで選んだらいいでしょう。例えば、Theravada(上座部)は個人的には、テーラヴァーダよりもテーラワーダのほうが言い易く感じます。当時のインドの十六大国の一つであるVajjīは、ワッジーでもヴァッジーでもいいと思います。

 

                               
 

sa

 
 

 
 

si

 
 

 
 

su

 
 

 
 

se

 
 

so

 
 

 
 

サー

 
 

/

スィ*

 
 

シー/

スィー*

 
 

 
 

スー

 
 

セー,

 
 

ソー,

 

*備考:siはシでもスィでもいいし、もシーでもスィーでもいいと思います。上記のva等と似た言い訳をさせてください。例えば、sikkhā(,訓練)はシッカーでもスィッカーでもいいし、sīla()はシーラでもスィーラでもいいと思います。

 

                               
 

ha

 
 

 
 

hi

 
 

 
 

hu

 
 

 
 

he

 
 

ho

 
 

 
 

ハー

 
 

 
 

ヒー

 
 

 
 

フー

 
 

ヘー,

 
 

ホー,

 

 

最後に、例外的なケース(子音単独、子音の二連続・三連続)について。

                                               
 

後ろに母音がこない場合の

 

t d

 
 

トゥ  ドゥ と読みます。

 
 

例えば、ñatvā(知って)はニャトゥヴァー、tvaṁ(あなた)はトゥヴァン、etad(これ)はエータドゥ、indriya()はインドゥリヤまたはインドゥリャ、dvi()はドゥヴィと読むと思います。

 
 

後ろに母音がこない場合の

 

b y l s

 

(右で個別に説明)

 
 

bはブと読み、braはブラ、brāはブラー、brūはブルー と読みます。

 

例えば、brahma()はブラフマ、brāhmaṇa(婆羅門)はブラーフマナ、brūti(言う)はブルーティと読みます。また、abrahmacārin(非梵行者)はアブラフマチャーリン(アクセントの位置を考慮すると実際にはアッブラフマチャーリン)と読むと思います。

 
 

yはイと読み、yhaはイハ と読みます。

 

例えば、vigayha(入って)は、ヴィガイハと読みます。

 
 

lと読み、lyaルヤと読みます。

 

例えば、kalya(善い)は、カルヤ(実際にはカゥヤ)と読みます。

 
 

lと同様、と読みます。例えば、daḷha(堅固の)ダルハ実際にはダゥハ)、abbūha(抜いた)はアッブールハ(実際にはアッブーラ)、avirūhi(未成長)はアヴィルールヒ(実際にはアヴィルーリ)と読むと思います。

 
 

sはスと読み、svā スワー  スヴァー と読みます。

 

例えば、svākkhāta(よく説かれた)はスワーッカータと読みます。

 
 

子音+y+母音

 

(右で個別に説明)

 
 

byavyaはブヤ(実際にはビャ)、byāvyāはブヤー(実際にはビャー)と読みます。

 

実際には、例えば、byāpādavyāpāda()はビャーパーダと読みます。また、abyāpajjhaavyāpajjha(無瞋の)はアビャーパッジャ(アクセントの位置を考慮するとアッビャーパッジャ)と読むと思います。

 
 

kyakhyaはキャ、gyaはギャ、gyeはギェーと読むと思います。

 

例えば、sakya(釈迦)はサキャ(アクセントの位置を考慮するとサッキャ)、ārogya(無病)はアーローギャと読むと思います。

 
 

後ろに母音がこない場合の

 

)や  や ñ や

 

 や n や m

 
 

すべて、ン と読んでもいいと思います

 

注5:は喉音、ñは口蓋音、は反舌音、nは歯音、mは唇音という分類にもとづく細かい違いがあるかもしれませんが、発声も聞き取りも難しそうですし、カナ表記の限界からも、同じとさせてください。

 
 

例えば、dhamma(,真理)はダンマ、dhaṁsin(無遠慮な)はダンシン、最初の仏弟子Koṇḍaññaはコンダンニャ、sañjanati(生まれる)はサンジャナティ、santa(寂静の)saṇṭha()はサンタと読むと思います。

 
 

同じ子音(上記のṁ ṃ ṅ ñ  n mを除いて)が二個続く場合の


一個目の子音

 
 

すべて、小さい  と読みます。

 
 

例えば、dukkha()はドゥッカ、vipassanā()はヴィパッサナーと読みます。

 
 

yyとなっている場合の

 

一個目の y

 
 

 または、小さい  と読みます。

 
 

例えば、āhuneyya(供食されるべき)はアーフネイヤまたはアーフネッヤ、dakkhiṇeyya(供養されるべき)はダッキネイヤまたはダッキネッヤと読みます。

 
 

後ろに同じ子音が二個続く場合の e o

 

(前述ずみ)

 
 

短く、かつ、後ろの一個目の子音を小さい  と読みます。

 
 

例えば、oṭṭha(,ラクダ)はオッタ、mettā()はメッターと読みます。

 

 

(応用編) 分かれて書かれてある単語と単語でも、そのつなぎ目のところで、発音しやすいように、前語語尾の音と後語語頭の音をくっつけ続けて読んだりすることがあります。下記に少し例を示します。

                                   
 

karaṇīyam atthakusalena

 
 

× カラニーヤン アッタクサレーナ

 
 

 カラニーヤマッタクサレーナ

 
 

idham āhu

 
 

× イダン アーフ

 
 

 イダマーフ

 
 

dukkham iccheyya

 
 

× ドゥッカン イッチェイヤ

 
 

 ドゥッカミッチェイヤ

 
 

maṅgalam uttamaṃ

 
 

× マンガラン ウッタマン

 
 

 マンガラムッタマン

 
 

brahmam etaṁ

 
 

× ブラフマン エータン

 
 

 ブラフマメータン

 
 

yad atītaṃ

 
 

× ヤドゥ アティータン

 
 

 ヤダティータン

 

なお、この他、結合で音が変化する(綴り字が減ったり増えたり、別の字に変わったりする)こともありますが(これを連声といいます)(例えばna atthi natthiでナッティと読む)、その説明や例示は膨大になるので、省略させてください。

 

以上です。何かのご参考になれば幸いです。

(文責:脇坂)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »