2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 4.15. 自己の棒の経(17) 958. (951) | トップページ | パーリ語実習会がお休みのためブログ記事更新休止中です »

4.15. 自己の棒の経(18) 959. (952)


【経典文】
 Aniṭṭhurī ananugiddho, Anejo sabbadhī samo;
 Tamānisaṃsaṃ pabrūmi, Pucchito avikampinaṃ.
(18)

【正田氏訳】
 嫉視なく、貪求なく、動揺なく、〔一切にたいし〕一切所に等しくあります。〔心が〕動かない者のことを尋ねられたなら、それを、福利として、〔わたしは〕説きます。(18)

【文法的分解と単語訳】
(a)
 Aniṭṭhurī (aniṭṭhurin:a.m.sg.nom.) 「嫉視なく」
 ananugiddho (ananugiddha:a.m.sg.nom.) 「貪求なく」

(b)
 Anejo (aneja:a.m.sg.nom.) 「動揺なく」
 sabbadhī (sabbadhī,sabbadhi:adv.) 「〔一切にたいし〕一切所に」
 samo (sama:a.m.sg.nom.) 「等しくあります。」

(c)
 Tamānisaṃsaṃ < taṃ + ānisaṃsaṃ 連声(前語語尾ṃがmに変化)
  taṃ (so:pron.3.m.sg.acc.) 「それを」
  ānisaṃsaṃ (ānisaṃsa:m.sg.acc.) 「福利として」
 pabrūmi (pabrūti:v.1.sg.pres.) 「〔わたしは〕説きます。」

(d)
 Pucchito (pucchita < pp. of pucchati:a.m.sg.nom.) 「尋ねられたなら」
 avikampinaṃ (avikampin:a.m.sg.acc.) 「〔心が〕動かない者のことを」

[備考:略字・記号等]
 m. masculine 男性
 n. neutral 中性
 f. feminine 女性
 pron. pronoun 代名詞
 a. adjective 形容詞
 num. numeral 数詞
 ppr. present participle 現在(能動)分詞
 pp. past participle 過去(受動)分詞
 grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
 v. verb 動詞
 indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
 adv. adverb 副詞
 conj. conjunction 接続詞
 interj. interjection 間投詞
 prep. preposition  前置詞
 pref. prefix 接頭辞
 suf. suffix 接尾辞
 1. the first person 一人称
 2. the second person二人称
 3. the third person三人称
 sg. singular 単数
 pl. plural 複数
 nom. nominative 主格
 acc. accusative 対格
 inst. instrumental 具格
 abl. ablative 奪格
 dat. dative 与格
 gen. genitive 属格
 loc. locative 処格
 voc. vocative 呼格
 comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)であり、次の語句と、語基等のまま(数・格なし)で結合していることを表す。
 pres. present 現在
 aor. aorist アオリスト
 pf. perfect 完了
 fut. future 未来
 imper. imperative 命令形
 opt. optative 願望法
 cond. conditional 条件法
 ger. gerund 連続体
 inf. infinitive 不定体
 pass. passive 受動動詞
 caus. causative 使役動詞
 denom.  denominative 名動詞
 med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

 < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
  (例:「kuhiñci < kuhiṁ + ci 連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声であるという意味)
  (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiという動詞の過去受動分詞であるという意味)
 > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
  (例:「n.>m.」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
 / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
  (例:「dat./gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

 なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

 当会では、現在、スッタニパータ4章のパーリ語原文を教材に、文法解析学習をしています。教材や資料についてご関心がありましたら、こちらのURL→http://tipitaka.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-f276bb.htmlの記事をどうぞご覧ください。

 

 

(文責:脇坂)

« 4.15. 自己の棒の経(17) 958. (951) | トップページ | パーリ語実習会がお休みのためブログ記事更新休止中です »

スッタニパータ 4章 八なるものの章」カテゴリの記事