無料ブログはココログ

スッタニパータ 彼岸に至るものの章

5.8. ヘーマカ学徒の問い 1091

【経典文】
 " Ye me pubbe viyākaṃsu, (iccāyasmā hemako) Huraṃ gotamasāsanā;
   Iccāsi iti bhavissati, Sabbaṃ taṃ itihītihaṃ;
   Sabbaṃ taṃ takkavaḍḍhanaṃ, Nāhaṃ tattha abhiramiṃ.(1)

【正田氏訳】
  かくのごとく、尊者ヘーマカが〔言った〕「ゴータマ〔覚者〕の教えより以前に、『かくのごとく存していた』『かくのごとく成るであろう』〔と〕、過去において、それらの者たちが、わたしに説き示したのですが、その一切が、〔単なる〕伝え聞きであり、その一切が、〔誤った〕考え(邪説)を増大させるものです。そこにおいて、わたしは、〔いささかも〕喜びませんでした。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ye(ya:pron.m.pl.nom.)「それらの者たちが」
  me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.)「私に」
  pubbe(pubba:a.n/m.sg.loc.)「以前に」
  viyākaṃsu(viyākaroti=vyākaroti:v.aor.3.pl.)「説き示した〔のですが〕」
  iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  hemako(hemaka:m.sg.nom.)「ヘーマカが〔言った〕」

(b)
  Huraṃ(huraṃ:adv.(「他世に」を意訳して→))「以前に」
  gotamasāsanā=gotamaとsāsanāのコンパウンド(依主釈:属格)
   gotama(gotama:m.)「ゴータマ〔覚者〕の」
   sāsanā(sāsana:n.sg.abl.)「教えより」

(c)
  Iccāsi=itiとāsiの連声
   iti(iti:indecl.)「『かくのごとく」
   āsi(atthi:v.aor.3.sg.)「 存していた』」
  iti(iti:indecl.)「『かくのごとく」
  bhavissati(bhavati:v.fut.3.sg.)「 成るであろう』」

(d)
  Sabbaṃ(sabba:a.n.sg.nom.)「一切が」
  taṃ(taṃ:pron.n.sg.nom.)「その」
  itihītihaṃ(itihītiha:n.sg.nom.)「伝聞であり」

(e)
  Sabbaṃ(sabba:a.n.sg.nom.)「一切が」
  taṃ(taṃ:pron.n.sg.nom.)「その」
  takkavaḍḍhanaṃ=takkaとvaḍḍhanaṃのコンパウンド(依主釈:対格)
   takka(takka:n.)「思索/推論を」
   vaḍḍhanaṃ(vaḍḍhana < pp. of vaḍḍheti(増大させる) < caus. of vaḍḍhati(増大する):a.n.sg.nom.)「増大させるものです。」

(f)
  Nāhaṃ=naとahaṃの連声
   na(na:adv.(否定の意味))「せん」
   ahaṃ(ahaṃ:pron.1.sg.nom.)「私は」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  abhiramiṃ(abhiramati:v.aor.1.sg.)「喜びま…でした。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1090

【経典文】
" Etābhinandāmi vaco mahesino, Sukittitaṃ gotamanūpadhīkaṃ;
 Ye sīdha diṭṭhaṃ va sutaṃ mutaṃ vā, Sīlabbataṃ vāpi pahāya sabbaṃ.
 Anekarūpampi pahāya sabbaṃ, Taṇhaṃ pariññāya anāsavāse;
 Ahampi te oghatiṇṇāti brūmī " ti.(7)
 Nandamāṇavapucchā sattamā.

【正田氏訳】
 〔尊者ナンダが言った〕「偉大なる聖賢の、この言葉を、〔わたしは〕喜びます。ゴータマ〔姓〕の方よ、依り所なき〔境地〕が、見事に述べ伝えられました。彼らが、まさに、この〔世において〕、あるいは、見られたものを〔捨棄して〕、聞かれたものを〔捨棄して〕、あるいは、思われたものを〔捨棄して〕、あるいは、また、一切の戒や掟を捨棄して――  一切の無数なる形態をもまた捨棄して、渇愛を遍く知って、煩悩なき者たちとなるなら、『彼らは、激流を超えた者たちである』と、わたしもまた説きます」〔と〕。ということで――(7)
 ナンダ学徒の問いが、第七となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  etābhinandāmi=etaṁとabhinandāmiの連声
   etaṁ(etad:pron.n.sg.acc.)「この」
   abhinandāmi(abhinandati:v.1.sg.pres.)「〔私は〕喜びます。」
  vaco(vaco=vaca:n.sg.acc.)「言葉を」
  mahesino=mahāとisinoのコンパウンド(持業釈)かつ連声
   mahā(mahant:a.)「偉大なる」
   isino(isi:m.sg.gen.)「聖賢の」

(b)
  sukittitaṃ=suとkittitaṃ
   su(su:pref.)「見事に」
   kittitaṃ(kittita < pp. of kitteti:a.n.sg.nom.)「述べ伝えられました。」
  gotamanūpadhīkaṃ=gotamaとanūpadhīkaṃの連声
   gotama(gotama:m.sg.voc.)「ゴータマ〔性〕の方よ」
   anūpadhīkaṃ(anūpadhīka:a.n.sg.nom.)「依り所なき〔境地〕が」

(c)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「(彼ら)が」
  sīdha=siとidhaの連声
   si(si=su:adv.)「まさに」
   idha(idha:adv.)「この〔世において〕」
  diṭṭhaṃ(diṭṭha:a.n.sg.acc.)「見られたものを〔捨棄して〕」
  va(va=vā:adv.conj.)「あるいは」
  sutaṃ(suta:a.n.sg.acc.)「聞かれたものを〔捨棄して〕」
  mutaṃ(muta < pp. of maññati:a.n.sg.acc.)「思われたものを〔捨棄して〕」
  vā(vā:adv.conj.)「あるいは」

(d)
  sīlabbataṃ=sīlaとbataṃのコンパウンド(相違釈)かつ連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   bataṃ(bata:n.sg.acc.)「掟を」
  vāpi=vāとapiの連声
   vā(vā:adv.conj.)「あるいは」
   api(api:indecl.adv.)「また」
  pahāya(pajahati:v.ger.)「捨棄して」
  sabbaṃ(sabba:a.n.sg.acc.)「一切の」

(e)
  anekarūpampi=anekaとrūpaṃのコンパウンド(持業釈)とapiの連声
   aneka(aneka:a.)「無数なる」
   rūpaṃ(rūpa:n.sg.acc.)「形態をも」
   api(api:indecl.adv.)「また」
  pahāya(pajahati:v.ger.)「捨棄して」
  sabbaṃ(sabba:a.n.sg.acc.)「一切の」

(f)
  taṇhaṃ(taṇhā:f.sg.acc.)「渇愛を」
  pariññāya(parijānāti:v.ger.)「遍く知って」
  anāsavāse(anāsava:a.m.pl.nom.)「煩悩なき者たちとなるなら」

(g)
  ahampi=ahaṁとapiの連声
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「私は」
   api(api:adv.conj.)「また」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  oghatiṇṇāti=oghaとtiṇṇāのコンパウンド(依主釈:対格かつ有財釈)とti
   ogha(ogha:m.)「激流を」
   tiṇṇā(tiṇṇa < pp. of tarati:a.m.pl.nom.)「超えた者たちである」
   ti(ti=iti:indecl.)「と」
  brūmī(brūti:v.1.sg.pres.)「説きます。」
  ti(ti=iti:indecl.)「ということで。」

(h)
  nandamāṇavapucchā=nandaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
   nanda(nanda:m.)「ナンダ」
   māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
   pucchā(pucchā:f.pl.nom.)「問いが」
  sattamā(sattama:num.a.pl.nom.)「第七となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1089

【経典文】
" Nāhaṃ sabbe samaṇabrāhmaṇāse, (nandāti bhagavā) Jātijarāya nivutāti brūmi;
 Ye sīdha diṭṭhaṃ va sutaṃ mutaṃ vā, Sīlabbataṃ vāpi pahāya sabbaṃ;
 Anekarūpampi pahāya sabbaṃ, Taṇhaṃ pariññāya anāsavāse;
 Te ve narā oghatiṇṇāti brūmi ". (6)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ナンダさん、わたしは、『全ての沙門や婆羅門たちが、生と老に覆われている』と説くのではありません。彼らが、まさに、この〔世において〕、あるいは、見られたものを〔捨棄して〕、聞かれたものを〔捨棄して〕、あるいは、思われたものを〔捨棄して〕、あるいは、また、一切の戒や掟を捨棄して――
 一切の無数なる形態をもまた捨棄して、渇愛を遍く知って、煩悩なき者たちとなるなら、『彼らは、まさに、人として、激流を超えた者たちである』と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  nāhaṃ=naとahaṃの連声
   na(na:adv.)「…はありません」
   ahaṃ(ahaṃ:pron.1.sg.nom.)「わたしは」
  sabbe(sabba:a.n-m.pl.nom.)「すべての」
  samaṇabrāhmaṇāse=samaṇaとbrāhmaṇāseのコンパウンド(相違釈)
   samaṇa(samaṇa:m.)「沙門や」
   brāhmaṇāse(brāhmaṇa:m.pl.nom.)「婆羅門たちが」
  nandāti=nandaとitiの連声
   nanda(nanda:m.sg.voc.)「ナンダさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  jātijarāya=jātiとjarāyaのコンパウンド(相違釈)
   jāti(jāti:f.)「生と」
   jarāya(jarā:f.sg.instr.)「老によって」
  nivutāti=nivutāとti
   nivutā(nivuta:a.m.pl.nom.)「覆われている」
   ti(ti=iti:indecl.)「と」 
  brūmi(brūti:v.1.sg.pres.)「説くので…」

(c)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「〔彼ら〕が」
  sīdha=siとidhaの連声
   si(si=su:adv.)「まさに」
   idha(idha:adv.)「この〔世において〕」
  diṭṭhaṃ(diṭṭha:a.n.sg.acc.)「見られたものを〔捨棄して〕」
  va(va=vā:adv.conj.)「あるいは」
  sutaṃ(suta:a.n.sg.acc.)「聞かれたものを〔捨棄して〕」
  mutaṃ(muta < pp. of maññati:a.n.sg.acc.)「思われたものを〔捨棄して〕」
  vā(vā:adv.conj.)「あるいは」

(d)
  sīlabbataṃ=sīlaとbataṃのコンパウンド(相違釈)かつ連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   bataṃ(bata:n.sg.acc.)「掟を」
  vāpi=vāとapiの連声
   vā(vā:adv.conj.)「あるいは」
   api(api:indecl.adv.)「また」
  pahāya(pajahati:v.ger.)「捨棄して」
  sabbaṃ(sabba:a.n.sg.acc.)「一切の」

(e)
  anekarūpampi=anekaとrūpaṃのコンパウンド(持業釈)とapiの連声
   aneka(aneka:a.)「無数なる」
   rūpaṃ(rūpa:n.sg.acc.)「形態をも」
   api(api:indecl.adv.)「また」
  pahāya(pajahati:v.ger.)「捨棄して」
  sabbaṃ(sabba:a.n.sg.acc.)「一切の」

(f)
  taṇhaṃ(taṇhā:f.sg.acc.)「渇愛を」
  pariññāya(parijānāti:v.ger.)「遍く知って」
  anāsavāse(anāsava:a.m.pl.nom.)「煩悩なき者たちとなるなら」(有財釈)

(g)
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「〔彼ら〕は」
  ve(ve:adv.)「まさに」
  narā(nara:m.pl.nom.)「人として」
  oghatiṇṇāti=oghaとtiṇṇāのコンパウンド(依主釈:対格かつ有財釈)とti
   ogha(ogha:m.)「激流を」
   tiṇṇā(tiṇṇa < pp. of tarati:a.m.pl.nom.)「超えた者たちである」
   ti(ti=iti:indecl.)「と」
  brūmi(brūti:v.1.sg.pres.)「〔私は〕説きます。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1088

【経典文】
" Ye kecime samaṇabrāhmaṇāse, (iccāyasmā nando) Diṭṭhassutenāpi vadanti suddhiṃ;
 Sīlabbatenāpi vadanti suddhiṃ, Anekarūpena vadanti suddhiṃ.
 Te ce muni brūsi anoghatiṇṇe, Atha ko carahi devamanussaloke;
 Atāri jātiñca jarañca mārisa, Pucchāmi taṃ bhagavā brūhi metaṃ ". (5)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ナンダが〔尋ねた〕「これらの沙門や婆羅門たちは、彼らが誰であれ、見られたものや聞かれたものによってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。戒や掟によってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。〔その他〕無数なる形態によって、清浄〔の境地〕を説きます。
 牟尼よ、もし、彼らを、激流を超えざる者たちと〔あなたが〕説くなら、それでは、しかして、誰が、天〔の神々〕と人間たちの世において、敬愛なる方よ、生と老とを超えたのですか。世尊よ、〔わたしは〕あなたに尋ねます。それを、わたしに説いてください」〔と〕。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「彼らが」
  kecime=keとciとimeの連声
   ke(ka:pron.m.pl.nom.)「誰」
   ci(ci:indecl.)「であれ」
   ime(imaṁ:pron.m.pl.nom.)「これら」
  samaṇabrāhmaṇāse=samaṇaとbrāhmaṇāseのコンパウンド(相違釈)
   samaṇa(samaṇa:m.)「沙門や」
   brāhmaṇāse(brāhmaṇa:m.pl.nom.) 「婆羅門たちは」
  iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  nando(nanda:m.sg.nom.)「ナンダが〔尋ねた〕」

(b)
  diṭṭhassutenāpi=diṭṭhaとsutenaのコンパウンド(相違釈)かつ連声とapiの連声
   diṭṭha(diṭṭha:a.m.)「見られたものや」
   sutena(suta:a.n.sg.instr.)「聞かれたものによっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(c)
  sīlabbatenāpi=sīlaとbatenaのコンパウンド(相違釈)かつ連声とapiの連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   batena(bata:n.sg.instr.)「掟によっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(d)
  anekarūpena=anekaとrūpenaのコンパウンド(持業釈)
   aneka(aneka:a.)「〔その他〕無数なる」
   rūpena(rūpa:n.sg.instr.)「形態によって」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(e)
  te(so:pron.3.m.pl.acc.)「彼らを」
  ce(ce:conj.)「もし~なら」
  muni(muni:m.sg.voc.)「牟尼よ」
  brūsi(brūti:v.2.sg.pres.)「〔あなたが〕説く」
  anoghatiṇṇe=anと、oghaとtiṇṇeのコンパウンド(依主釈:対格かつ有財釈)
   an(an=a:pref.)「ざる」否定の意味
   ogha(ogha:m.)「激流を」
   tiṇṇe(tiṇṇa < pp. of tarati:a.m.pl.acc.)「超え…者たちと」

(f)
  atha(atha:indecl.)「しかして」
  ko(ka:pron.m.sg.nom.)「誰が~ですか」
  carahi(carahi:adv.)「それでは」
  devamanussaloke=devaとmanussaのコンパウンド(相違釈)とlokeのコンパウンド(依主釈:属格)
   deva(deva:m.)「天〔の神々〕と」
   manussa(manussa:m.)「人間たちの」
   loke(loka:m.sg.loc.)「世において」

(g)
  atāri(tarati:v.3.sg.aor.)「超えた」
  jātiñca=jātiṁとcaの連声
   jātiṁ(jāti:f.sg.acc.)「生」
   ca(ca:conj.)「と」
  jarañca=jaraṁとcaの連声
   jaraṁ(jarā:f.sg.acc.)「老を」
   ca(ca:conj.)「(と)」
  mārisa(mārisa:a.m.sg.voc.)「敬愛なる方よ」

(h)
  pucchāmi(pucchati:v.1.sg.pres.)「〔私は〕尋ねます。」
  taṃ(tvaṃ:pron.2.sg.acc.)「あなたに」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.voc.)「世尊よ」
  brūhi(brūti:v.2.sg.imper.)「説いてください」〔と〕。」
  metaṃ=meとtaṃ
   me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.)「私に」
   taṃ(taṃ:pron.3.n.sg.acc.)「それを」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1087

【経典文】
" Ye kecime samaṇabrāhmaṇāse, (nandāti bhagavā)
 Diṭṭhassutenāpi vadanti suddhiṃ;
 Sīlabbatenāpi vadanti suddhiṃ;
 Anekarūpena vadanti suddhiṃ;
 Kiñcāpi te tattha yatā caranti,
 Nātariṃsu jātijaranti brūmi ". (4)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ナンダさん、これらの沙門や婆羅門たちは、彼らが誰であれ、見られたものや聞かれたものによってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。戒や掟によってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。〔その他〕無数なる形態によって、清浄〔の境地〕を説きます。たとえ、何であれ、彼らは、そこにおいて、〔自己を〕制し、行じおこなうも、『生と老を超えてはいない』と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「彼らが」
  kecime=keとciとimeの連声
   ke(ka:pron.m.pl.nom.)「誰」
   ci(ci:indecl.)「であれ」
   ime(imaṁ:pron.m.pl.nom.)「これらの」
  samaṇabrāhmaṇāse=samaṇaとbrāhmaṇāseのコンパウンド(相違釈)
   samaṇa(samaṇa:m.)「沙門や」
   brāhmaṇāse(brāhmaṇa:m.pl.nom.)「婆羅門たちは」
  nandāti=nandaとitiの連声
   nanda(nanda:m.sg.voc.)「ナンダさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagava(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕。」

(b)
  diṭṭhasutenāpi=diṭṭhaとsutenaのコンパウンド(相違釈)とapiの連声
   diṭṭha(diṭṭha:a.m.)「見られたものや」
   sutena(suta:a.n.sg.instr.)「聞かれたものによっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(c)
  sīlabbatenāpi=sīlaとbatenaのコンパウンド(相違釈)・連声とapiの連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   batena(bata:m/n.sg.instr.)「掟によっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(d)
  anekarūpena=anekaとrūpenaのコンパウンド(持業釈)
   aneka(aneka:a.)「〔その他〕無数なる」
   rūpena(rūpa:n.sg.instr.)「形態によって」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(e)
  kiñcāpi=kiñciとapiの連声
   kiñci(kiñci:pron.)「何(でも)」
   api(api:indecl.)「たとえ~であれ」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  yatā(yata < pp. of yamati:a.m.pl.nom.)「〔自己を〕制し」
  caranti(carati:v.3.pl.pres.)「行じおこなうも」

(f)
  nātariṃsu=naとatariṃsuの連声
   na(na:adv.)「いない」
   atariṃsu(tarati:v.3.pl.aor.)「超えて」
  jātijaranti=jātiとjaraṁのコンパウンド(相違釈)とtiの連声
   jāti(jāti:f.)「生」
   jaraṁ(jarā:f.sg.acc.)「老を」
   ti(ti = iti:indecl.)「と」
  brūmi(brūti:v.1.sg.pres.)「〔わたしは〕説きます」〔と〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1086

【経典文】
1274
" Ye kecime samaṇabrāhmaṇāse, (iccāyasmā nando)
 Diṭṭhassutenāpi vadanti suddhiṃ;
 Sīlabbatenāpi vadanti suddhiṃ,
 Anekarūpena vadanti suddhiṃ.
1275
 Kaccissu te bhagavā tattha yatā carantā,
 Atāru jātiñca jarañca mārisa;
 Pucchāmi taṃ bhagavā brūhi me taṃ ". (3)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ナンダが〔尋ねた〕「これらの沙門や婆羅門たちは、彼らが誰であれ、見られたものや聞かれたものによってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。戒や掟によってもまた、清浄〔の境地〕を説きます。〔その他〕無数なる形態によって、清浄〔の境地〕を説きます。
 世尊よ、はたして、いったい、彼らは、そこにおいて、〔自己を〕制し、行じおこないながら、敬愛なる方よ、生と老とを超えたのですか。世尊よ、〔わたしは〕あなたに尋ねます。それを、わたしに説いてください」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
1274
(a)
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「彼らが」
  kecime=keとciとimeの連声
   ke(ka:pron.m.pl.nom.)「誰」
   ci(ci:indecl.)「であれ」
   ime(imaṁ:pron.m.pl.nom.)「これらの」
  samaṇabrāhmaṇāse=samaṇaとbrāhmaṇāseのコンパウンド(相違釈)
   samaṇa(samaṇa:m.)「沙門や」
   brāhmaṇāse(brāhmaṇa:m.pl.nom.)「婆羅門たちは」
  iccāyamā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  nando(nanda:m.sg.nom.)「ナンダが〔尋ねた〕。」

(b)
  diṭṭhasutenāpi=diṭṭhaとsutenaのコンパウンド(相違釈)とapiの連声
   diṭṭha(diṭṭha:a.m.)「見られたものや」
   sutena(suta:a.n.sg.instr.)「聞かれたものによっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(c)
  sīlabbatenāpi=sīlaとbatenaのコンパウンド(相違釈)・連声とapiの連声
   sīla(sīla:n.)「戒や」
   batena(bata:m/n.sg.instr.)「掟によっても」
   api(api:indecl/adv.)「また」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

(d)
  anekarūpena=anekaとrūpenaのコンパウンド(持業釈)
   aneka(aneka:a.)「〔その他〕無数なる」
   rūpena(rūpa:n.sg.instr.)「形態によって」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  suddhiṃ(suddhi:f.sg.acc.)「清浄〔の境地〕を」

1275
(a)
  kaccissu=kacciとsuの連声
   kacci(kacci:indecl.)「いったい~ですか。」
   su(su:adv.)「はたして」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.voc.)「世尊よ」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  yatā(yata < pp. of yamati :a.m.pl.nom.)「自制し」
  carantā(carant < ppr. of carati :a.m.pl.nom.)「行じおこないながら」

(b)
  atāru(tarati:v.3.pl.aor.)「超えた」
  jātiñca=jātiṁとcaの連声
   jātiṁ(jāti:f.sg.acc.)「生」
   ca(ca:conj.)「と」
  jarañca=jaraṁとcaの連声
   jaraṁ(jarā:f.sg.acc.)「老を」
   ca(ca:conj.)「と」
  mārisa(mārisa:a.m.sg.voc.)「敬愛なる方よ」

(c)
  pucchāmi(pucchati:v.1.sg.pres.)「〔わたしは〕尋ねます。」
  taṃ(tvaṃ:pron.2.sg.acc.)「あなたに」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.voc.)「世尊よ」
  brūhi(brūti:v.2.sg.imper.)「説いてください」〔と〕。」
  me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.)「わたしに」
  taṃ(taṃ:pron.3.m/n.sg.acc.)「それを」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1085

【経典文】
"Na diṭṭhiyā na sutiyā na ñāṇena,
 Munīdha nanda kusalā vadanti;
 Visenikatvā anīghā nirāsā,
 Caranti ye te munayoti brūmi ". (2)

【正田氏訳】
 〔世尊は答えた〕「見解によって〔説か〕ず、伝承によって〔説か〕ず、知恵によって〔説か〕ず――ナンダさん、智者たちは、ここに(今この場において)、牟尼たちを説きます。煩悶なく願望なく、〔一切にたいし〕敵対を為さずして行じおこなうなら、すなわち、彼らを、『牟尼たちである』と、〔わたしは〕説きます」〔と〕。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  na(na:adv.)「〔説か〕ず/なく」
  diṭṭhiyā(diṭṭhi:f.sg.instr.)「見解によって/見解を〔具有した者では〕」
  na(na:adv.)「〔説か〕ず/なく」
  sutiyā(suti:f.sg.instr.)「伝承によって/伝承を〔具有した者では〕」
  na(na:adv.)「〔説か〕ない。/ない。」
  ñāṇena(ñāṇa:n.sg.instr.)「知恵によって/知恵を〔具有した者では〕」

(b)
  munīda=munīとidhaの連声
   munī(muni:m.pl.acc.)「牟尼たちを」
   idha(idha:adv.)「ここにおいて」
  nanda(nanda:m.sg.voc.)「ナンダさん」
  kusalā(kusala:a.m.pl.nom.)「智者たちは」
  vadanti(vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」

(c)
  visenikatvā(visenikaroti:v.ger.)「煩悩の魔軍から離れて/〔一切に対し〕敵対を為さずして」
  anīghā(anīgha:a.m.pl.nom.)「煩悶なく/煩悶のない者として」
  nirāsā(nirāsa:a.m.pl.nom.)「願望なく/願望のない者として」

(d)
  caranti(carati:v.3.pl.pres.)「行じおこなうなら」
  ye(ya:pron.m.pl.nom.)「それらは〔すなわち〕」
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  munayoti=munayoとti
   munayo(muni:m.pl.nom.)「牟尼たちである」
   ti(ti:indecl.)「と」
  brūmi(brūti:v.1.sg.pres.)「〔わたしは〕説きます。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.7. ナンダ学徒の問い 1084

【経典文】
" Santi loke munayo, (iccāyasmā nando)
 Janā vadanti tayidaṃ kathaṃsu;
 Ñāṇūpapannaṃ no muniṃ vadanti,
 Udāhu ve jīvitenūpapannaṃ".(1)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ナンダが〔尋ねた〕「『世において、諸々の牟尼が存在する』〔と〕、〔世の〕人たちは説きます。いったい、彼らは、このことを、どのように〔説くのですか〕。さてまた、知恵を具有した者を、牟尼と説くのですか。それとも、まさに、〔何らかの〕生き方を具有した者を、〔牟尼と説くのですか〕」〔と〕。(1)。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  santi    (atthi:v.3.pl.pres.)「存在する」
  loke    (loka:m.sg.loc.)「世において」
  munayo,    (muni:m.pl.nom.)「諸々の牟尼が」
  iccāyamā=itiとāyasmāの連声
   iti    (iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā    (āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  nando    (nanda:m.sg.nom.「ナンダが〔尋ねた〕」

(b)
  janā    (jana:m.pl.nom.)「〔世の〕人々は」
  vadanti    (vadati:v.3.pl.pres.)「説きます。」
  tayidaṃ=teとidaṃの連声
   te    (so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
   idaṃ    (idaṃ:pron.n.sg.acc.)「これを」
  kathaṃsu=kathaṃとsu
   kathaṃ    (kathaṃ:adv.)「どのように〔説くのですか〕。」
   su    (su:adv.)「いったい」

(c)
  ñāṇūpapannaṃ =ñāṇaとupapannaṃのコンパウンド(依主釈instr.)・連声
   ñāṇa    (ñāṇa:n.)「知恵を」
   upapannaṃ    (upapanna < pp. of upapajjati :a.m.sg.acc.)「具有した者を」
  no    (no:adv.)「それなら」
  muniṃ    (muni:m.sg.acc.)「牟尼と」
  vadanti    (vadati:v.3.pl.pres.)「説く〔のですか〕。」

(d)
  udāhu    (udāhu:indecl.)「それとも」
  ve    (ve:adv.)「まさに」
  jīvitenūpapannaṃ=jīvitenaとupapannaṃの連声
   jīvitena    (jīvita:n.sg.instr.)「〔何らかの〕生き方を」
   upapannaṃ    (upapanna < pp. of upapajjati :a.m.sg.acc.)「具有した者を〔牟尼と説くのですか〕〔と〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1083

【経典文】
“atthaṅgatassa na pamāṇamatthi, (upasīvāti bhagavā)
yena naṁ vajjuṁ taṁ tassa natthi;
sabbesu dhammesu samohatesu,
samūhatā vādapathāpi sabbe”ti. (8)

upasīvamāṇavapucchā chaṭṭhī.

【正田氏訳】
1083.(1076) かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ウパシーヴァさん、滅却に至った者には、量るもの(認識根拠)が存在しないのです。それによって、彼のことを〔あなたに〕説こうとしても、彼には、その〔量るもの〕が存在しないのです。一切の諸法(事象)が完破されたとき、一切の論の道もまた、完破されたのです」〔と〕。ということで――(8) 
 ウパシーヴァ学徒の問いが、第六となる。

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
atthaṅgatassa=atthaṅとgatassaの連声(五群の子音の前のṁはその群の鼻音に変る)
    atthaṁ(attha:n.sg.acc.「滅却に 辞:没する、滅する」)
    gatassa(gata < pp. of gacchati:a.n.sg.gen.「至った者には 辞:行く」)
na(na:adv.「ないのです、否定」)
pamāṇamatthi=pamāṇaṁとatthiの連声(母音の前のṁは時にd又はmとなる)
    pamāṇaṁ(pamāṇa:n.sg.nom.「量るものが」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「ある、存在する」)

upasīvāti=upasīvāとtiの連声(a⇒ā)
    upasīvā(upasīva:m.sg.voc.「ウパシーヴァさん」)
    ti(ti:indecl.「かくのごとく」)
bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.「世尊は〔答えた〕」)

(2行目)
yena(ya:pron.n.sg.inst.「それによって」)
naṁ(so:pron.3.m.sg.acc「彼のことを」)
vajjuṁ(vadati:v.3.pl.opt.「説こうとしても」)
  ※パーリ仏教辞典―仏のことば註‐パラマッタ・ジョーティカー‐付篇、
      パーリ聖典スッタ・ニパータ註、索引・辞典 村上 真完/及川 真介【著】
      を参照すると、複数形と記述
taṁ(taṁ:pron.3.n.sg.nom「それが」)
tassa(so:pron.3.m.sg.gen.「彼には」)
natthi=naとatthiの連声(a+a⇒a)
    na(na:adv.「否定、なし」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「存在している」)
  ※学習メモ A (gen.) B(nom.)という形⇒AにはBがと訳す。
  ここの場合、「彼にはそれが」となる。

(3行目)
sabbesu(sabba:a.m.pl.loc.「一切の」)
dhammesu(dhamma:m.pl.loc.「諸法(事象)において」)
samohatesu=sam/saṁとhatesuの連声(ṁ⇒m、oの挿入)
    sam/saṁ(sam/saṁ:pref.「共に、正しく、同じ」)
    hatesu(hata < pp. of hanti (=hanati):a.m.pl.loc「破壊されたとき」)

(4行目)
samūhatā(samūhata < pp. of samūhanti (=samūhanati):a.m.pl.nom.「完破されたのです」)
vādapathāpi=vādaとpathāのコンパウンド(依主釈)、かつapiとの連声(ā+a⇒ā)
    vāda(vāda:m.「論の」)
    pathā(patha:m.pl.nom.「道」)
    api(api:adv.「また、~もまた」)
sabbe”(sabba:a.m.pl.nom.「一切が 代名詞的形容詞」)
ti(ti:indecl.「~ということで、~と、かく」)

(締めくくりの行)
upasīvamāṇavapucchā=upasīvaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド(依主釈)
    upasīva(upasīva:m.「ウパシーヴァ」)
    māṇava(māṇava:m.「学徒の」)
    pucchā(pucchā:f.pl.nom.「問いが」)
chaṭṭhī(chaṭṭha:a.f.pl.nom.「第六となる。」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.6. ウパシーヴァ学徒の問い 1082

【経典文】
“atthaṅgato so uda vā so natthi,
udāhu ve sassatiyā arogo;
taṁ me munī sādhu viyākarohi,
tathā hi te vidito esa dhammo”. (7)

【正田氏訳】
1082.(1075) 〔尊者ウパシーヴァが尋ねた〕「その、滅却に至った者(解脱者)ですが、あるいは、また、彼は、〔もはや〕存在しないのですか。それとも、まさに、常恒に、無病の者(永遠不滅の存在)となるのですか。牟尼よ、どうぞ、わたしに、それを説き示してください。まさに、この法(事象)は、あなたによって、そのとおり〔あるがままに〕知られたのです」〔と〕。(7)

【文法的分解と単語訳】
(1行目)
atthaṅgato=atthaṅとgatoの連声(五群の子音の前のṁはその群の鼻音に変る)
    atthaṁ(attha:n.sg.acc.「滅却に 辞:没する、滅する」)
    gatassa(gata < pp. of gacchati:a.n.sg.gen.「至った者には 辞:行く」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
uda(uda:indecl.「あるいは 英:or」)
vā(vā:adv./conj.「または、~か」)
so(so:pron.3.m.sg.nom.「彼は」)
natthi=naとatthiの連声
    na(na:adv.「否定、なし」)
    atthi(atthi:v.3.sg.pres.「存在している」)
(2行目)
udāhu(udāhu:indecl.「それとも 辞:あるいは、または」)
ve(ve:adv.「まさに、実に」)
sassatiyā(sassatī:f.sg.abl「常恒に 英:eternity」)
arogo(aroga:a.m.sg.nom.「無病の者」)
(3行目)
taṁ(taṁ:pron.3.n.sg.acc.「それを」)
me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.「わたしに」)
munī(munī:m.sg.voc.「牟尼(沈黙の聖者)よ 辞:寂黙、黙者、賢人
    ※韻律の関係で単数形と解釈、単数形だとmuniになるため。」)
sādhu(sādhu:adv./interj.「どうぞ 辞:善き、善良の、善き哉、何卒」)
viyākarohi =vyākarohi(vyākaroti:v.2.sg.imper.「説き示してください
    辞:解説する、解答する、記説する」)
(4行目)
tathā(tathā:adv.「そのとおり 辞:かく、その如くに」)
hi(hi:adv./conj.「まさに、実に 英:because,certainly,indeed」)
te(tvaṁ:pron.2.sg.inst.「あなたによって」)
vidito(vidita < pp. of vindati:a.m.sg.nom「知られた」)
esa(etad:pron.m.sg.nom.「この」)
dhammo(dhamma:m.sg.nom「法は」)

[文法略字]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー