無料ブログはココログ

スッタニパータ 彼岸に至るものの章

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1130.

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1130. (1123) 1331
【経典文】
" Taṇhādhipanne manuje pekkhamāno, (piṅgiyāti bhagavā) Santāpajāte jarasā parete;
 Tasmā tuvaṁ piṅgiya appamatto, Jahassu taṇhaṁ apunabbhavāyā " ti. (4)
 Piṅgiyamāṇavapucchā soḷasamā.

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ピンギヤさん、渇愛〔の思い〕に囚われた人間たちを、熱苦を生じ老に打ち負かされた者たちを、〔常に〕見ながら、ピンギヤさん、それゆえに、あなたは、〔気づきを〕怠らない者となり、さらなる〔迷いの〕生存なきために、渇愛を捨棄するのです」〔と〕。ということで――(4)
 ピンギヤ学徒の問いが、第十六となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  taṇhādhipanne=taṇhāとadhipanneのコンパウンド・連声
   taṇhā(taṇhā:f.)「渇愛〔の思い〕に」
   adhipanne(adhipanna < pp. of adhipajjati:a.m.pl.acc.)「囚われた」
  manuje(manuja:m.pl.acc.)「人間たちを」
  pekkhamāno(pekkhamāna < ppr.of pekkhati:a.m.sg.nom.)「〔常に〕見ながら」
  piṅgiyāti=piṅgiyaとitiの連声
   piṅgiya(piṅgiya:m.sg.voc.)「ピンギヤさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  santāpajāte=santāpaとjāteのコンパウンド
   santāpa(santāpa:a.)「熱苦を」
   jāte(jāta < pp. of janati:a.m.pl.acc.)「生じ」
  jarasā(jaras:n.sg.instr.)「老に」
  parete(pareta < pp. of pareti:a.m.pl.acc.)「打ち負かされた者たちを」

(c)
  tasmā(tasmā:indecl.)「それゆえに」
  tuvaṁ(tvaṁ:pron.2.sg.nom.)「あなたは」
  piṅgiya(piṅgiya:m.sg.voc.)「ピンギヤさん」
  appamatto(appamatta:a.m.sg.nom.)「〔気づきを〕怠らない者となり」

(d)
  jahassu(jahāti:v.2.sg.imper.refl.(med.))「捨棄するのです」〔と〕。」
  taṇhaṁ(taṇhā:f.sg.acc.)「渇愛を」
  apunabbhavāyā=apiとnaとbhavāyāの連声
   api(api:indecl.)「さらなる」
   na(na:adv.)「なき」
   bhavāyā(bhava:m.sg.dat.)「生存~ために」
  ti(ti:indecl.)「ということで―」

(1332)
  piṅgiyamāṇavapucchā=piṅgiyaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
   piṅgiya(piṅgiya:m.)「ピンギヤ」
   māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
   pucchā(pucchā:f.pl.nom.)「問いが」
  soḷasamā(soḷasamā:f.pl.nom.)「第十六となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

 

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1129.

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1129. (1122) 1330
【経典文】
" Disā catasso vidisā catasso, Uddhaṁ adho dasa disā imāyo;
 Na tuyhaṁ adiṭṭhaṁ asutaṁ amutaṁ, atho aviññātaṁ kiñcanamatthi loke;
 Ācikkha dhammaṁ yamahaṁ vijaññaṁ, jātijarāya idha vippahānaṁ ". (3)

【正田氏訳】
 〔尊者ピンギヤが言った〕「四方(東西南北)、四維(四方の中間)、上に、下に――これらの十方において、あなたにとって、見られないもの、聞かれないもの、思われないものはなく、しかして、世において、識られないものは、何ものも存在しません。〔わたしに〕法(教え)を告げ知らせてください。わたしが識知しなければならない、〔まさに〕その、この〔世における〕生と老の捨棄〔という法〕を」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  disā(disā:f.pl.acc.)「方」
  catasso(catu:f.pl.acc.)「四」
  vidisā(vidisā:f.pl.acc.)「維」
  catasso(catu:f.pl.acc.)「四」

(b)
  uddhaṁ(uddhaṁ:indecl.)「上に」
  adho(adho:adv.)「下に」
  dasa(dasa:num.pl.acc.)「十」
  disā(disā:f.pl.acc.)「方において」
  imāyo(imaṁ:pron.f.pl.acc.)「これらの」

(c)
  na(na:adv.)「なく」
  tuyhaṁ(tvaṁ:pron.2.sg.gen.)「あなたにとって」
  adiṭṭhaṁ=接頭辞のaとdiṭṭhaṁ
   a(a:pref.)「ない」
   diṭṭhaṁ(diṭṭha < pp. of dakkhati = dassati:a.n.sg.nom.)「見られ~もの」
  asutaṁ=接頭辞のaとsutaṁ
   a(a:pref.)「ない」
   sutaṁ(suta < pp. of suṇāti:a.n.sg.nom.)「聞かれ~もの」
  amutaṁ=接頭辞のaとmutaṁ
   a(a:pref.)「ない」
   mutaṁ(muta < pp. of munāti = maññati:a.n.sg.nom.)「思われ~もの」

(d)
  atho(atho:indecl.)「そして」
  aviññātaṁ=接頭辞のaとviññātaṁ
   a(a:pref.)「ない」
   viññātaṁ(viññāta < pp. of vijānāti:a.n.sg.nom.)「識られ~ものは」
  kiñcanamatthi=kiñcanaṁとatthiの連声
   kiñcanaṁ(kiñcana:a.n.sg.nom.)「何ものも~〔ません〕。」
   atthi(atthi:v.3.sg.pres.)「存在し」
  loke(loka:m.sg.loc.)「世において」

(e)
  ācikkha(ācikkhati < intens. of akkhāti:v.2.sg.imper.)「〔あなたは私に〕告げ知らせてください。」
  dhammaṁ(dhamma:n.sg.acc.)「法(教え)を」
  yamahaṁ=yaṁとahaṁの連声
   yaṁ(ya:pron.m.sg.acc.)「〔まさに〕その」
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「私が」
  vijaññaṁ(vijānāti:v.1.sg.opt.)「識知しなければならない」

(f)
  jātijarāya=jātiとjarāyaのコンパウンド
   jāti(jāti:f.)「生と」
   jarāya(jarā:f.sg.gen)「老の」
  idha(idha:adv.)「この〔世における〕」
  vippahānaṁ(vippahāna:n.sg.acc.)「捨棄〔という法〕を」〔と〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

 

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1128.

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1128. (1121) 1329
【経典文】
" Disvāna rūpesu vihaññamāne, (piṅgiyāti bhagavā) Ruppanti rūpesu janā pamattā;
 Tasmā tuvaṁ piṅgiya appamatto, Jahassu rūpaṁ apunabbhavāya ". (2)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ピンギヤさん、〔気づきを〕怠る人たちは、諸々の形態について悩み苦しみます。〔彼らが〕諸々の形態について打ちのめされているのを見て、ピンギヤさん、それゆえに、あなたは、〔気づきを〕怠らない者となり、さらなる〔迷いの〕生存なきために、形態を捨棄するのです」〔と〕。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  disvāna(dassati:v.ger.)「見て」
  rūpesu(rūpa:n.pl.loc.)「諸々の形態について」
  vihaññamāne(vihaññamāna < ppr. of vihaññati:a.m.pl.acc.)「打ちのめされているのを」
  piṅgiyāti=piṅgiyaとitiの連声
   piṅgiya(piṅgiya:m.sg.voc.)「ピンギヤさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  ruppanti(ruppati:v.3.pl.pres.)「悩み苦しみます。」
  rūpesu(rūpa:n.pl.loc.)「諸々の形態について」
  janā(jana:m.pl.nom.)「人たちは」
  pamattā(pamatta < pp. of pamajjati:a.m.pl.nom.)「〔気づきを〕怠る」

(c)
  tasmā(tasmā < pron.n.sg.abl. of ta:indecl.)「それゆえに」
  tuvaṁ(tvaṁ:pron.2.sg.nom.)「あなたは」
  piṅgiya(piṅgiya:m.sg.voc.)「ピンギヤさん」
  appamatto=接頭辞のaとpamatto
   a(a:pref.)「ない」
   pamatto(pamatta < pp. of pamajjati:a.m.sg.nom.)「〔気づきを〕怠ら~者となり」

(d)
  jahassu(jahāti:v.2.sg.imper.refl.(med.))「捨棄するのです」〔と〕。」
  rūpaṁ(rūpa:n.sg.acc.)「形態を」
  apunabbhavāya=接頭辞のaとpunaとbhavāya のコンパウンド・連声
   a(a:pref.)「なき」
   puna(puna:adv.conj.)「さらなる」
   bhavāya(bhava:m.sg.dat.)「生存~ために」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

 

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1127.

5.16. ピンギヤ学徒の問い 1127. (1120) 1328
【経典文】
" Jiṇṇohamasmi abalo vītavaṇṇo, (iccāyasmā piṅgiyo) Nettā na suddhā savanaṁ na phāsu;
 Māhaṁ nassaṁ momuho antarāva, ācikkha dhammaṁ yamahaṁ vijaññaṁ;
 Jātijarāya idha vippahānaṁ ". (1)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ピンギヤが〔言った〕「眼は清浄ならず、耳は平穏ならず、〔今の〕わたしは、無力で、生彩を欠き、老い朽ちた者として存しています。わたしが、まさしく、中途半端なまま、迷愚の者として、消え行くことがあってはならないのです。〔わたしに〕法(教え)を告げ知らせてください。わたしが識知しなければならない、〔まさに〕その、この〔世における〕生と老の捨棄〔という法〕を」〔と〕。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  jiṇṇohamasmi=jiṇṇoとahaṁとasmiの連声
   jiṇṇo(jiṇṇa < pp. of jarati:a.m.sg.nom.)「老い朽ちた者として」
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「〔今の〕私は」
   asmi(atthi:v.1.sg.pres.)「存しています。」
  abalo(abala:a.m.sg.nom.)「無力で」
  vītavaṇṇo=vītaとvaṇṇoのコンパウンド
   vīta(vīta < pp. of veti:a.)「欠き」
   vaṇṇo(vaṇṇa:m.sg.nom.)「生彩を」
  iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  piṅgiyo(piṅgiya:m.sg.nom.)「ピンギヤが〔言った〕」

(b)
  nettā(netta:n.pl.nom.)「眼は」
  na(na:adv.)「ならず」
  suddhā(suddha:a.n.pl.nom.)「清浄」
  savanaṁ(savana:n.sg.nom.)「耳は」
  na(na:adv.)「ならず」
  phāsu(phāsu:a.n.sg.nom.)「平穏」

(c)
  māhaṁ=māとahaṁの連声
   mā(mā:adv.)「ならないのです。」
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「私が」
  nassaṁ(nassati:v.1.sg.aor.)「消え行くことがあっては」
  momuho(momuha=momūha:a.m.sg.nom.)「迷愚の者として」
  antarāva=antarāとeva/vaの連声
   antarā(antarā:adv.)「中途半端なまま」
   eva/va(eva/va:adv.)「まさしく」

(d)
  ācikkha(ācikkhati < intens. of akkhāti:v.2.sg.imper.)「〔あなたは私に〕告げ知らせてください。」
  dhammaṁ(dhamma:n.sg.acc.)「法(教え)を」
  yamahaṁ=yaṁとahaṁの連声
   yaṁ(ya:pron.m.sg.acc.)「〔まさに〕その」
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「私が」
  vijaññaṁ(vijānāti:v.1.sg.opt.)「識知しなければならない」

(e)
  jātijarāya=jātiとjarāyaのコンパウンド
   jāti(jāti:f.)「生と」
   jarāya(jarā:f.sg.gen)「老の」
  idha(idha:adv.)「この〔世における〕」
  vippahānaṁ(vippahāna:n.sg.acc.)「捨棄〔という法〕を」〔と〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

 

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1126.

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1126. (1119) 1326,1327
【経典文】
" Suññato lokaṁ avekkhassu, Mogharāja sadā sato;
 Attānudiṭṭhiṁ ūhacca, Evaṁ maccutaro siyā;
 Evaṁ lokaṁ avekkhantaṁ, maccurājā na passatī " ti. (4)
 Mogharājamāṇavapucchā pannarasamā.

【正田氏訳】
 〔世尊は答えた〕「モーガラージャンさん、常に気づきある者として、世〔のあり様〕を『空である』と注視しなさい。自己についての誤った見解を取り去って、このように、死魔〔の領域〕を超え渡る者として存するのです。このように、世〔のあり様〕を注視している者を、死魔の王は見ません」〔と〕。ということで――(4)
 モーガラージャン学徒の問いが、第十五となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  suññato(suñña:a.m.sg.abl.)「『空である』と」
  lokaṁ(loka:m.sg.acc.)「世〔のあり様〕を」
  avekkhassu(avekkhati:v.imper.2.sg.)「注視しなさい。」

(b)
  mogharāja(mogharājan:m.sg.voc.)「モーガラージャンさん」
  sadā(sadā:adv.)「常に」
  sato(sata < pp.of sarati:a.m.sg.nom.)「気づきある者として」

(c)
  Attānudiṭṭhiṁ=attaとanudiṭṭhiṁのコンパウンド・連声
   atta(attan:m.)「自己についての」
   anudiṭṭhiṁ(anudiṭṭhi:f.sg.acc.)「誤った見解を」
  ūhacca(ūhanati:v.ger.)「取り去って」

(d)
  evaṁ(evaṁ:adv.)「このように」
  maccutaro=maccuとtaroのコンパウンド
   maccu(maccu:m.)「死魔〔の領域〕を」
   taro(tara:a.m.sg.nom.)「超え渡る者として」
  siyā(atthi:v.opt.2.sg.)「存するのです。」

(e)
  evaṁ(evaṁ:adv.)「このように」
  lokaṁ(loka:m.sg.acc.)「世〔のあり様〕を」
  avekkhantaṁ(avekkhant < ppr. of avekkhati:a.m.sg.acc.)「注視している者を」

(f)
  maccurājā=maccuとrājāのコンパウンド
   maccu(maccu:m.)「死魔の」
   rājā(rājan:m.sg.nom.)「王は」
  na(na:adv.)「せん」〔と〕。」
  passatī " ti=passatiとtiの連声
   passati(passati:v.pres.3.sg.)「見ま」
   ti(ti:indecl.)「ということで」

(1327)
  mogharājanmāṇavapucchā=mogharājanとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
   mogharājan(mogharājan:m.)「モーガラージャン」
   māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
   pucchā(pucchā:f.sg.nom.)「問いが」
  pannarasamā(pannarasamā:f.sg.nom.)「第十五となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1125.

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1125. (1118) 1325
【経典文】
 Evaṁ abhikkantadassāviṁ,
  atthi pañhena āgamaṁ;
  Kathaṁ lokaṁ avekkhantaṁ,
  maccurājā na passati" . (3)

【正田氏訳】
 このような崇高なる見者に、問い尋ねることを義(目的)として、〔わたしは〕やってまいりました。どのように、世〔のあり様〕を注視している者を、死魔の王は見ないのですか」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  evaṁ(evaṁ:adv.)「このような」
  abhikkantadassāviṁ=abhikkantaとdassāviṁのコンパウンド
   abhikkanta(abhikkanta:a.)「崇高なる」
   dassāviṁ(dassāvin:a.m.sg.acc.)「見者に」

(b)
  atthi(atthin:m.sg.nom.)「義(目的)として」
  pañhena(pañha:m.sg.instr.)「問い尋ねることを」
  āgamaṁ(āgacchati:v.aor.1.sg.)「〔私は〕やって参りました。」

(c)
  kathaṁ(kathaṁ:adv.)「どのように~ですか」
  lokaṁ(loka:m.sg.acc.)「世〔のあり様〕を」
  avekkhantaṁ(avekkhant < ppr. of avekkhati:a.m.sg.acc.)「注視している者を」

(d)
  maccurājā=maccuとrājāのコンパウンド
   maccu(maccu:m.)「死魔の」
   rājā(rājan:m.sg.nom.)「王は」
  na(na:adv.)「ない」
  passati(passati:v.pres.3.sg.)「見」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1124.

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1124. (1117) 1324
【経典文】
 Ayaṁ loko paro loko,
  Brahmaloko sadevako;
  Diṭṭhiṁ te nābhijānāti,
  gotamassa yasassino. (2)

【正田氏訳】
 この世〔の人々〕は、他の世〔の人々〕は、天〔の世〕を含む梵の世〔の神々〕は、福徳あるゴータマ〔覚者〕の、あなたの、見解を証知しません。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  ayaṁ(ayaṁ:pron.m.sg.nom.)「この」
  loko(loka:m.sg.nom.)「世〔の人々〕は」
  paro(para:a.m.sg.nom.)「他の」
  loko(loka:m.sg.nom.)「世〔の人々〕は」

(b)
  Brahmaloko=brahmaとlokoのコンパウンド
   brahma(brahma:m.)「梵の」
   loko(loka:m.sg.nom.)「世〔の神々〕は」
  sadevako(sa-devaka:a.m.sg.nom.)「天〔の世〕を含む」

(c)
  diṭṭhiṁ(diṭṭhi:f.sg.acc.)「見解を」
  te(tvaṁ:pron.2.sg.gen.)「あなたの」
  nābhijānāti=naとabhijānātiの連声
   na(na:adv.)「せん。」
   abhijānāti(abhijānāti:v.pres.3.sg.)「証知しま」

(d)
  gotamassa(gotama:m.sg.gen.)「ゴータマ〔覚者〕の」
  yasassino(yasassin:a.m.sg.gen.)「福徳ある」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1123.

5.15. モーガラージャン学徒の問い 1123. (1116) 1323
【経典文】
" Dvāhaṁ sakkaṁ apucchissaṁ, (iccāyasmā mogharājā)
  Na me byākāsi cakkhumā;
  Yāvatatiyañca devīsi,
  Byākarotīti me sutaṁ. (1)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者モーガラージャンが〔尋ねた〕「わたしは、〔すでに〕二〔度〕、釈迦〔族〕の方に問い尋ねましたが、眼ある方は、わたしに説き示してくれませんでした。しかしながら、『天の聖賢は、三度目には説き示してくれる』と、わたしは聞きました。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Dvāhaṁ=dveとahaṁの連声
   dve(dve:num.pl.acc.)「〔すでに〕二〔度〕」
   ahaṁ(ahaṁ:pron.1.sg.nom.)「私は」
  sakkaṁ(sakka:m.sg.acc.)「釈迦〔族〕の方に」
  apucchissaṁ(pucchati:v.aor.1.sg.)「問い尋ねましたが」
  iccāyasmā=itiとāyasmāの連声
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
   āyasmā(āyasmant:a.m.sg.nom.)「尊者」
  mogharājā(mogharājan:m.sg.nom.)「モーガラージャンが〔尋ねた〕」

(b)
  na(na:adv.)「せん」
  me(ahaṁ:pron.1.sg.dat.)「私に」
  byākāsi(byākaroti = vyākaroti:v.aor.2.sg.)「説き示してくれま…でした。」
  cakkhumā(cakkhumat:a.m.sg.nom/voc.)「眼ある方は/眼ある方よ」

(c)
  Yāvatatiyañca=yāvaとtatiyaṁとcaの連声
   yāva(yāva:prep.adv.)「には」
   tatiyaṁ(tatiyaṁ:adv.)「三度目」
   ca(ca:conj.)「しかしながら」
  devīsi=devaとisiのコンパウンドかつ連声
   deva(deva:m.)「『天の」
   isi(isi:m.sg.nom.)「聖賢は」

(d)
  Byākarotīti=byākarotiとitiの連声
   byākaroti(byākaroti = vyākaroti:v.pres.3.sg.)「説き示してくれる』」
   iti(iti:indecl.)「と」
  me(ahaṁ:pron.1.sg.instr/gen.)「私によって/私の→私は」
  sutaṁ(suta:a.n.sg.nom.)「聞かれたこと/聞いたことがあります→聞きました。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.14. ポーサーラ学徒の問い 1122.

5.14. ポーサーラ学徒の問い 1122. (1115) 1321,1322
【経典文】
 Ākiñcaññasambhavaṁ ñatvā,
  Nandī saṁyojanaṁ iti;
  Evametaṁ abhiññāya,
  Tato tattha vipassati;
  Etaṁ ñāṇaṁ tathaṁ tassa,
  Brāhmaṇassa vusīmato" ti. (4)
 Posālamāṇavapucchā cuddasamā.

【正田氏訳】
 無所有〔の境地〕の発生を知って、『愉悦は、〔人を〕束縛するものである』と〔知ります〕。このように、このことを証知して、そののち、そこにおいて、〔あるがままの無常を〕観察します。〔梵行の〕完成者にして〔真の〕婆羅門たる彼には、この真実の知恵があります」〔と〕。ということで――(4)
 ポーサーラ学徒の問いが、第十四となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ākiñcaññasambhavaṁ=ākiñcaññaとsambhavaṁのコンパウンド
   ākiñcañña(ākiñcañña:n.)「無所有〔の境地〕の」
   sambhavaṁ(sambhava:m.sg.acc.)「発生を」
  ñatvā(jānāti:v.ger.)「知って」

(b)
  nandī(nandī:f.sg.nom.)「愉悦は」
  saṁyojanaṁ(saṁyojana:n.sg.nom.)「〔人を〕束縛するものである。」
  iti(iti:indecl.)「と〔知ります〕。」

(c)
  Evametaṁ=evaṁとetaṁの連声
   evaṁ(evaṁ:adv.)「このように」
   etaṁ(etad:pron.n.sg.acc.)「このことを」
  abhiññāya(abhijānāti:v.ger.)「証知して」

(d)
  tato(tato < abl. of ta:adv.)「そののち」
  tattha(tattha:adv.)「そこにおいて」
  vipassati(vipassati:v.pres.3.sg.)「観察します。」

(e)
  etaṁ(etad:pron.n.sg.nom.)「この」
  ñāṇaṁ(ñāṇa:n.sg.nom.)「知恵があります。」
  tathaṁ(tatha:a.n.sg.nom.)「真実の」
  tassa(so:pron.3.m.sg.gen.)「彼には」

(f)
  brāhmaṇassa(brāhmaṇa:m.sg.gen.)「〔真の〕婆羅門である」
  vusīmato(vusīmant:a.m.sg.gen.)「〔梵行の〕完成者で」
  ti(ti:indecl.)「ということで―」

(1322)
  Posālamāṇavapucchā=posālaとmāṇavaとpucchāのコンパウンド
   posāla(posāla:m.)「ポーサーラ」
   māṇava(māṇava:m.)「学徒の」
   pucchā(pucchā:f.sg.nom.)「問いが」
  cuddasamā(cuddasamā:f.sg.nom.)「第十四となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

5.14. ポーサーラ学徒の問い 1121.

5.14. ポーサーラ学徒の問い 1121. (1114) 1320
【経典文】
" Viññāṇaṭṭhitiyo sabbā, (posālāti bhagavā)
  Abhijānaṁ tathāgato;
  Tiṭṭhantamenaṁ jānāti,
  Vimuttaṁ tapparāyaṇaṁ. (3)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「ポーサーラさん、一切の識知〔作用〕の止住(固着・停滞)を証知している如来は、この止住している〔識知作用〕を〔あるがままに〕知ります。解脱したことを〔知り〕、その行き着く所を〔知ります〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Viññāṇaṭṭhitiyo=viññāṇaとṭhitiyoのコンパウンドかつ連声
   viññāṇa(viññāṇa:n.)「識知〔作用〕の」
   ṭhitiyo(ṭhiti:f.pl.acc.)「止住を」
  sabbā(sabba:a.f.pl.acc.)「一切の」
  posālāti=posālaとitiの連声
   posāla(posāla:m.sg.voc.)「ポーサーラさん」
   iti(iti:indecl.)「かくのごとく」
  bhagavā(bhagavant:m.sg.nom.)「世尊は〔答えた〕」

(b)
  abhijānaṁ(abhijānant < ppr. of abhijānāti:a.m.sg.nom.)「証知している」
  tathāgato(tathāgata:m.sg.nom.)「如来は」

(c)
  Tiṭṭhantamenaṁ=tiṭṭhantaṁとenaṁの連声
   tiṭṭhantaṁ(tiṭṭhanto < ppr. of tiṭṭhati:a.m/n.sg.acc.)「止住している〔識知作用〕を」
   enaṁ(ena = etad:pron.m/n.sg.acc.)「この」
  jānāti(jānāti:v.pres.3.sg.)「〔あるがままに〕知ります。」

(d)
  vimuttaṁ(vimutta < pp. of vimuñcati = vi(別,分)+muñcati(脱す,逃れる):a.m/n.sg.acc.)「解脱したことを〔知り〕」
  tapparāyaṇaṁ=taṁとparāyaṇaṁの連声
   taṁ(taṁ:pron.3.m/n.sg.acc.)「その」
   parāyaṇaṁ(parāyaṇa:m/n.sg.acc.)「行き着く所を〔知ります〕。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

より以前の記事一覧