無料ブログはココログ

カテゴリー「スッタニパータ 4章 八なるものの章」の記事

4.9. マーガンディヤの経 844. (837)

【経典文】
 " Idaṃ vadāmīti na tassa hoti, (māgaṇḍiyāti bhagavā) Dhammesu niccheyya samuggahītaṃ;
 Passañca diṭṭhīsu anuggahāya, Ajjhattasantiṃ pacinaṃ adassaṃ ".
(3)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「マーガンディヤさん、『〔わたしは〕これを説く』という〔執着は〕、彼(ブッダ)には有りません。諸々の法(見解)について、〔執着の対象として〕執持されたものを、〔執着の対象と〕判別して、さらには、諸々の見解について、〔あるがままに〕見ながら、〔それらに〕執持せずして、〔常に正しく〕弁別している者として、〔わたしは〕内なる寂静を見たのです」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.acc.) 「『これを」
  vadāmīti < vadāmiとitiの連声(前語語尾iと後語語頭iが結合してīに変化)
   vadāmi (vadati:v.1.sg.pres.) 「〔わたしは〕説く』」
   iti (iti:indecl.) 「という〔執着は〕」
  na (na:adv.) 「せん。」
  tassa (so:pron.3.m.sg.dat/gen.) 「彼(ブッダ)には」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「有りま」
  māgaṇḍiyāti < māgaṇḍiyaとitiの連声(前語語尾aと後語語頭iが結合してāに変化)
   māgaṇḍiya (māgaṇḍiya:m.sg.voc.) 「「マーガンディヤさん」
   iti (iti:indecl.) 「かくのごとく」
  bhagavā (bhagavant:m.sg.nom.) 「世尊は〔答えた〕」

(b)
  Dhammesu (dhamma:m.pl.loc.) 「諸々の法(見解)について」
  niccheyya (nicchināti:v.ger.) 「〔執着の対象と〕判別して」
  samuggahītaṃ (samuggahīta < pp. of samuggaṇhāti:a.n.sg.acc.) 「〔執着の対象として〕執持されたものを」

(c)
  Passañca < passaṃとcaの連声(前語語尾ṃがñに変化)
   passaṃ (passant < ppr. of passati:a.m.sg.nom.) 「〔あるがままに〕見ながら」
   ca (ca:conj.) 「さらには」
  diṭṭhīsu (diṭṭhi:f.pl.loc.) 「諸々の見解について」
  anuggahāya (an(pref.)-uggahāyati (< caus. of uggaṇhāti):v.ger.) 「〔それらに〕執持せずして」

(d)
  Ajjhattasantiṃ < ajjhattaとsantiṃのコンパウンド
   ajjhatta (ajjhatta:a.comp.) 「内なる」
   santiṃ (santi:f.sg.acc.) 「寂静を」
  pacinaṃ (pacinant < ppr. of pacināti:a.m.sg.nom.) 「〔常に正しく〕弁別している者として」
  adassaṃ (dassati:v.1.sg.aor.) 「見たのです〔と〕。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.9. マーガンディヤの経 843. (836)

【経典文】
 " Etādisañce ratanaṃ na icchasi, Nāriṃ narindehi bahūhi patthitaṃ;
 Diṭṭhigataṃ sīlavataṃ nu jīvitaṃ, Bhavūpapattiñca vadesi kīdisaṃ ".
(2)

【正田氏訳】
 〔マーガンディヤが尋ねた〕「もし、〔あなたが〕このような宝を求めないなら、〔すなわち〕多くの人のインダ(国王たち)に切望された女性〔という宝〕を〔求めないなら〕、悪しき見解、戒や掟、生命、さらには、〔迷いの〕生存への再生を、いったい、〔あなたは〕どのようなものと説くのですか」〔と〕。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Etādisañce < etādisaṃとceの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   etādisaṃ (etādisa:a.n.sg.acc.) 「このような」
   ce (ce:conj.) 「「もし…なら」
  ratanaṃ (ratana:n.sg.acc.) 「宝を」
  na (na:adv.) 「ない」
  icchasi (icchati:v.2.sg.pres.) 「〔あなたが〕求め」

(b)
  Nāriṃ (nārī:f.sg.acc.) 「〔すなわち〕~女性〔という宝〕を〔求めないなら〕」
  narindehi < naraとindehiのコンパウンド・連声(前語語尾aが消失)
   nara (nara:m.comp.) 「人の」
   indehi (inda:m.pl.instr.) 「インダ(国王たち)に」
  bahūhi (bahu:a.m.pl.instr.) 「多くの」
  patthitaṃ (patthita < pp. of pattheti:a.f.sg.acc.) 「切望された」

(c)
  Diṭṭhigataṃ < diṭṭhiとgataṃのコンパウンド
   diṭṭhi (diṭṭhi:f.comp.) 「見解」
   gataṃ (gata < pp. of gacchati:a.n.sg.acc.) 「悪しき」
  sīlavataṃ < sīlaとvataṃのコンパウンド
   sīla (sīla:n.comp.) 「戒や」
   vataṃ (vata:n.sg.acc.) 「掟」
  nu (nu:adv.) 「いったい」
  jīvitaṃ (jīvita < pp. of jīvati:n.sg.acc.) 「生命」

(d)
  Bhavūpapattiñca < bhavuとupapattiṃのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭uが結合してūに変化)とcaの連声(前語語尾ṃがñに変化)
   bhava (bhava:m.comp.) 「〔迷いの〕生存への」
   upapattiṃ (upapatti:f.sg.acc.) 「再生を」
   ca (ca:conj.) 「さらには」
  vadesi (vadeti < caus. of vadati:v.2.sg.pres.) 「〔あなたは〕説くのですか」〔と〕。」
  kīdisaṃ (kīdisa:a.n.sg.acc.) 「どのようなものと」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.9. マーガンディヤの経 842. (835)

【経典文】
 " Disvāna taṇhaṃ aratiṃ ragañca, Nāhosi chando api methunasmiṃ;
 Kimevidaṃ muttakarīsapuṇṇaṃ, Pādāpi naṃ samphusituṃ na icche " .
(1)

【正田氏訳】
 〔世尊は言った〕「渇愛、不満、貪欲と、〔これらの名をもつ悪魔の娘たちを〕見て、〔わたしには〕淫欲(性交)にたいする欲〔の思い〕さえも有りませんでした。この糞尿に満ちたものが、まさしく、何だというのでしょう。足でさえも、それに触れることを求めません」〔と〕。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Disvāna (dassati:v.ger.) 「見て」
  taṇhaṃ (taṇhā:f.sg.acc.) 「「渇愛」
  aratiṃ (arati:f.sg.acc.) 「不満」
  ragañca < ragaṃとcaの連声(前語語尾ṃがñに変化)
   ragaṃ (ragā:f.sg.acc.) 「貪欲」
   ca (ca:conj.) 「と、〔これらの名をもつ悪魔の娘たちを〕」

(b)
  Nāhosi < naとahosiの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   na (na:adv.) 「せん」
   ahosi (hoti:v.3.sg.aor.) 「〔わたしには〕有りま…でした。」
  chando (chanda:m.sg.nom.) 「欲〔の思い〕」
  api (api:indecl.) 「さえも」
  methunasmiṃ (methuna:n.sg.loc.) 「淫欲(性交)にたいする」

(c)
  Kimevidaṃ < kiṃとevaとidaṃの連声(第一語語尾ṃがmに変化、第二語語尾のaが消失)
   kiṃ (ka:pron.n.sg.nom.) 「何だというのでしょう。」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「この」
  muttakarīsapuṇṇaṃ < muttaとkarīsaとpuṇṇaṃのコンパウンド
   mutta (mutta:n.comp.) 「尿」
   karīsa (karīsa:n.comp.) 「糞に」
   puṇṇaṃ (puṇṇa < pp. of pṝ:a.n.sg.nom.) 「満ちたものが」

(d)
  Pādāpi < pādāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   pādā (pāda:m.sg.instr.*1 ) 「足で」
    *1 -a語基男性単数具格の例外的な曲用の形と思われる。水野弘元著『パーリ語文法』p.70の注記「Ab.奪格の形を取って-āで終ることもある」より。
   api (api:indecl.) 「さえも」
  naṃ (taṃ:pron.3.n.sg.acc.) 「それに」
  samphusituṃ (samphusati:v.inf.) 「触れることを」
  na (na:adv.) 「せん」〔と〕。」
  icche (icchati:v.1.sg.opt.) 「求めま」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.8. パスーラの経 841. (834)

【経典文】
 Atha tvaṃ pavitakkamāgamā, Manasā diṭṭhigatāni cintayanto;
 Dhonena yugaṃ samāgamā, Na hi tvaṃ sakkhasi sampayātaveti.
(11)

【正田氏訳】
 しかして、あなたは、〔何ものかを〕尋ね求めつつ、〔ここに〕やってきました──意によって、諸々の悪しき見解を思い考えながら。清き者(ブッダ)とともに、〔あなたは、論争という〕軛を装着しました。まさに、あなたは、〔それゆえに、もはや〕進み行くことができないのです」〔と〕。ということで──(11)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Atha (atha:indecl.) 「しかして」
  tvaṃ (tvaṃ:pron.2.sg.nom.) 「あなたは」
  pavitakkamāgamā < pavitakkaṃとāgamāの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   pavitakkaṃ (pavitakkent < ppr. of pavitakketi:m.sg.nom.) 「〔何ものかを〕尋ね求めつつ」
   āgamā (āgacchati:v.2.sg.aor.) 「〔ここに〕やってきました」

(b)
  Manasā (manas:n.sg.instr.) 「意によって」
  diṭṭhigatāni < diṭṭhiとgatāniのコンパウンド
   diṭṭhi (diṭṭhi:f.comp.) 「見解」
   gatāni (gata < pp. of gacchati:a.n.pl.acc.) 「諸々の悪しき…を」
  cintayanto (cintayanta < ppr. of cinteti:a.m.sg.nom.) 「思い考えながら」

(c)
  Dhonena (dhona < pp. of dhovati:a.m.sg.instr.) 「清き者(ブッダ)とともに」
  yugaṃ (yuga:n.sg.acc.) 「〔あなたは、論争という〕軛を」
  samāgamā (samāgacchati:v.2.sg.aor.) 「装着しました。」

(d)
  Na (na:adv.) 「ないのです」〔と〕。」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  tvaṃ (tvaṃ:pron.2.sg.nom.) 「あなたは」
  sakkhasi (sakkoti:v.2.sg.fut.) 「でき」
  sampayātaveti < sampayātaveとitiの連声(後語語頭iが消失)
   sampayātave (sampayāti:v.inf.) 「進み行くことが」
   iti (iti:indecl.) 「ということで―」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)
   
    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

4.8. パスーラの経 840. (833)

【経典文】
 Visenikatvā pana ye caranti, Diṭṭhīhi diṭṭhiṃ avirujjhamānā;
 Tesu tvaṃ kiṃ labhetho pasūra, Yesīdha natthī paramuggahītaṃ.
(10)

【正田氏訳】
 いっぽうで、彼ら、〔一切にたいし〕敵対を為さずして行じおこない、諸々の見解によって見解を遮られない者たち──彼らに、この〔世において〕、『〔これこそ〕最高である』〔と〕執持されたもの(特定の見解)が存在しないなら──パスーラさん、彼らにたいし、あなたは、何を得るというのでしょう。(10)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Visenikatvā (visenikaroti:v.ger.) 「〔一切にたいし〕敵対を為さずして」
  pana (pana:conj.) 「いっぽうで」
  ye (ya:pron.m.pl.nom.) 「彼ら」
  caranti (carati:v.3.pl.pres.) 「行じおこない」

(b)
  Diṭṭhīhi (diṭṭhi:f.pl.instr.) 「諸々の見解によって」
  diṭṭhiṃ (diṭṭhi:f.sg.acc.) 「見解を」
  avirujjhamānā (avirujjhamāna < ppr. of a-virujjhati:a.m.pl.nom.) 「遮られない者たち」

(c)
  Tesu (so:pron.3.m.pl.loc.) 「彼らにたいし」
  tvaṃ (tvaṃ:pron.2.sg.nom.) 「あなたは」
  kiṃ (kiṃ:pron.n.sg.acc.) 「何を」
  labhetho (labhati:v.2.sg.opt.med.) 「得るというのでしょう。」
  pasūra (pasūra:m.sg.voc.) 「パスーラさん」

(d)
  Yesīdha < yesaṃとidhaの連声(前語語尾ṃが消失、残り語尾aと後語語頭iが結合してīに変化)
   yesaṃ (ya:pron.m.pl.dat/gen.) 「彼らに」
   idha (idha:adv.) 「この〔世において〕」
  natthī < naとatthīの連声(前語語尾aが消失。後語語尾īは韻律の関係でiが長音化したものと思われる)
   na (na:adv.) 「ない」
   atthī (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し…なら」
  paramuggahītaṃ < paramaとuggahītaṃのコンパウンド・連声(前語語尾aが消失)
   parama (parama:a.comp.) 「『〔これこそ〕最高である』〔と〕」
   uggahītaṃ (uggahīta < pp. of uggaṇhāti:a.n.sg.nom.) 「執持されたもの(特定の見解)が」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.8. パスーラの経 839. (832)

【経典文】
 Ye diṭṭhimuggayha vivādayanti, Idameva saccanti ca vādayanti;
 Te tvaṃ vadassū na hi tedha atthi, Vādamhi jāte paṭisenikattā.
(9)

【正田氏訳】
 彼ら、〔特定の〕見解に執持して論争し、しかして、『これこそが、真理である』と説く者たち──彼らに、あなたは説きなさい。まさに、彼らは、ここには存在しません──論が生じたとき、敵対を為す者たちは。(9)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ye (ya:pron.m.pl.nom.) 「彼ら」
  diṭṭhimuggayha < diṭṭhiṃとuggayhaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   diṭṭhiṃ (diṭṭhi:f.sg.acc.) 「〔特定の〕見解に」
   uggayha (uggaṇhāti:v.ger.) 「執持して」
  vivādayanti (vivādayati:v.3.pl.pres.) 「論争し」

(b)
  Idameva < idaṃとevaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「『これ…が」
   eva (eva:adv.) 「こそ」
  saccanti < saccaṃとitiの連声(後語語頭iが消失、前語語尾ṃがnに変化)
   saccaṃ (sacca:n.sg.nom.) 「真理である』」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  vādayanti (vādayati < caus. of vadati:v.3.pl.pres.) 「説く者たち」

(c)
  Te (so:pron.3.m.pl.acc.) 「彼らに」
  tvaṃ (tvaṃ:pron.2.sg.nom.) 「あなたは」
  vadassū(韻律の関係でuが長音化したものと思われる) (vadati:v.2.sg.imper.med.) 「説きなさい。」
  na (na:adv.) 「せん。」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  tedha < teとidhaの連声(後語語頭iが消失)
   te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「彼らは」
   idha (idha:adv.) 「ここには」
  atthi (atthi:v.3.pl.*1 pres.)「存在しま」
    *1 形はatthiで単数形だが意味的には複数のため pl.と記した。水野弘元著『パーリ語文法』p.102脚注「複数形santiであるべき所に、単数形atthiを用いることが屢々ある」より。

(d)
  Vādamhi (vāda:m.sg.loc.) 「論が」
  jāte (jāta < pp. of janati:a.m.sg.loc.) 「生じたとき」
  paṭisenikattā (paṭisenikattar:m.pl.nom.) 「敵対を為す者たちは。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

4.8. パスーラの経 838. (831)

【経典文】
 Sūro yathā rājakhādāya puṭṭho, Abhigajjameti paṭisūramicchaṃ;
 Yeneva so tena palehi sūra, Pubbeva natthi yadidaṃ yudhāya.
(8)

【正田氏訳】
 たとえば、王の食禄に養われた〔蛮勇の〕勇士が、敵の勇士を求めながら、雄叫びをあげつつ行くように、勇士よ、まさしく、彼(敵)のいるところに、そこに去り行きなさい。〔ここには〕戦いのための〔契機となる〕、〔まさに〕その、『これ』〔という思い〕は、まさしく、過去において〔消滅し〕、存在しないのです(「これこそが、真理である」と主張するための「これ」という思いは、もはや存在しない)。(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sūro (sūra:m.sg.nom.) 「〔蛮勇の〕勇士が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように」
  rājakhādāya < rājaとkhādāyaのコンパウンド
   rāja (rājan, rājā:m.comp.) 「王の」
   khādāya (khādā:f.sg.instr.) 「食禄に」
  puṭṭho (puṭṭha < pp. of poseti:a.m.sg.nom.) 「養われた」

(b)
  Abhigajjameti < Abhigajjaṃとetiの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   Abhigajjaṃ (abhigajjant < ppr. of abhigajjati:a.m.sg.nom.) 「雄叫びをあげつつ」
   eti (eti:v.3.sg.pres.) 「行く」
  paṭisūramicchaṃ < paṭisūraṃとicchaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   paṭisūraṃ (paṭisūra:m.sg.acc.) 「敵の勇士を」
   icchaṃ (icchant < ppr. of icchati:a.m.sg.nom.) 「求めながら」

(c)
  Yeneva < Yenaとevaの連声(前語語尾aが消失)
   Yena (ya:pron.n.sg.instr.) 「ところに」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼(敵)のいる」
  tena (taṁ:pron.3.n.sg.instr.) 「そこに」
  palehi (paleti:v.2.sg.imper.) 「去り行きなさい。」
  sūra (sūra:m.sg.voc.) 「勇士よ」

(d)
  Pubbeva < Pubbeとevaの連声(後語語頭eが消失)
   Pubbe (pubba:a.n.sg.loc.) 「過去において〔消滅し〕」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
  natthi < naとatthiの連声(前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ない」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し~のです。」
  yadidaṃ < yadとidaṃの連声
   yad (ya:pron.n.sg.nom.) 「〔まさに〕その」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「『これ』〔という思い〕は」
  yudhāya (yuddha:n.sg.dat.) 「〔ここには〕戦いのための〔契機となる〕」

 

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 837. (830)

【経典文】
 Yā unnatī sāssa vighātabhūmi, Mānātimānaṃ vadate paneso;
 Etampi disvā na vivādayetha, Na hi tena suddhiṃ kusalā vadanti.
(7)

【正田氏訳】
 その傲慢なるもの──それは、彼にとっては、悩み苦しみの境地。また、この者は、〔以前にも増して〕思量と高慢〔の論〕を説きます。また、このことを見て、論争しないように。なぜなら、智者たちは、それによって、清浄を説かないからです。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yā (ya:pron.f.sg.nom.) 「その」
  unnatī (unnati:f.sg.nom.) 「傲慢なるもの」
  sāssa < sāとassaの連声(後語語頭aが消失)
   sā (sā:pron.3.f.sg.nom.) 「それは」
   assa (so:pron.3.m.sg.dat/gen.) 「彼にとっては」
  vighātabhūmi < vighātaとbhūmiのコンパウンド
   vighāta (vighāta:m.comp.) 「悩み苦しみの」
   bhūmi (bhūmi:f.sg.nom.) 「境地。」

(b)
  Mānātimānaṃ < mānaとatimānaṃのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   Māna (māna:m.comp.) 「思量と」
   atimānaṃ (atimāna:m.sg.acc.) 「高慢〔の論〕を」
  vadate (vadati:v.3.sg.pres.med.) 「説きます。」
  paneso < panaとesoの連声(前語語尾aが消失)
   pana (pana:adv.conj.) 「また」
   eso (etad:pron.m.sg.nom.) 「この者は」

(c)
  Etampi < Etaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   Etaṃ (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
   api (api:indecl.) 「また」
  disvā (dassati:v.ger.) 「見て」
  na (na:adv.) 「ない」
  vivādayetha (vivādiyati:v.3.sg.opt.med.) 「論争し~ように。」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない」
  hi (hi:adv.conj.) 「なぜなら…からです。」
  tena (taṃ:pron.3.n.sg.instr.) 「それによって」
  suddhiṃ (suddhi:f.sg.acc.) 「清浄を」
  kusalā (kusala:a.m.pl.nom.) 「智者たちは」
  vadanti (vadati:v.3.pl.pres.) 「説か」


[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 836. (829)

【経典文】
 Pasaṃsito vā pana tattha hoti, Akkhāya vādaṃ parisāya majjhe;
 So hassatī unnamatī ca tena, Pappuyya tamatthaṃ yathā mano ahu.
(6)

【正田氏訳】
 あるいは、また、衆の中で〔自己の〕論を告げて、そこにおいて、賞賛された者と成るとして、彼は、意が〔そう〕有ったとおりの、その義(利益)を得て(心に想い描いたとおりの結果となり)、それによって、狂喜し、しかして、傲慢になります。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Pasaṃsito (pasaṃsita < pp. of pasaṃsati:a.m.sg.nom.) 「賞賛された者と」
  vā (vā:adv.conj.) 「あるいは」
  pana (pana:adv.conj.) 「また」
  tattha (tattha:adv.) 「そこにおいて」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「成るとして」

(b)
  Akkhāya (akkhāti:v.ger.) 「告げて」
  vādaṃ (vāda:m.sg.acc.) 「〔自己の〕論を」
  parisāya (parisā:f.sg.gen/loc.) 「衆の」
  majjhe (majjha:a.m.sg.loc.) 「中で」

(c)
  So (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  hassatī (hassati:v.3.sg.pres.) 「狂喜し」
  unnamatī (unnamati:v.3.sg.pres.(韻律の関係でiがīに変化)) 「傲慢になります。」
  ca (ca:conj.) 「しかして」
  tena (taṃ:pron.3.n.sg.instr.) 「それによって」

(d)
  Pappuyya (pappoti:v.ger.) 「得て」
  tamatthaṃ < taṃとatthaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   taṃ (taṃ:pron.3.n.sg.acc.) 「その」
   atthaṃ (attha:m/n.sg.acc.) 「義(利益)を」
  yathā (yathā:adv.) 「とおりの」
  mano (manas:n.sg.nom.) 「意が」
  ahu (hoti:v.3.sg.aor.) 「〔そう〕有った」


[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.8. パスーラの経 835. (828)

【経典文】
 Ete vivādā samaṇesu jātā, Etesu ugghātinighāti hoti;
 Etampi disvā virame kathojjaṃ, Na haññadatthatthi pasaṃsalābhā.
(5)

【正田氏訳】
 これらの論争が、沙門たちのあいだで生じたなら、これらのうちには、興奮と失望が有ります。また、このことを見て、論難の言説を離れるように。なぜなら、賞賛を得ることより他に、義(利益)は存在しないからです。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Ete (etad:pron.m.pl.nom.) 「これらの」
  vivādā (vivāda:m.pl.nom.) 「論争が」
  samaṇesu (samaṇa:m.pl.loc.) 「沙門たちのあいだで」
  jātā (jāta < pp. of janati:a.m.pl.nom.) 「生じたなら」

(b)
  Etesu (etad:pron.m.pl.loc.) 「これらのうちには」
  ugghātinighāti < ugghātiとnighātiのコンパウンド
   ugghāti (ugghāti:f.comp.) 「興奮と」
   nighāti (nighāti:f.sg.nom.) 「失望が」
  hoti (hoti:v.3.sg.pres.) 「有ります。」

(c)
  Etampi < Etaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   Etaṃ (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
   api (api:indecl.) 「また」
  disvā (dassati:v.ger.) 「見て」
  virame (viramati:v.3.sg.opt.) 「離れるように。」
  kathojjaṃ (kathojja:n.sg.acc.) 「論難の言説を」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない」
  haññadatthatthi < hiと、aññaとattho/atthaṁのコンパウンドと、atthiの連声(第一語語尾iが消失、第二語語尾aと第三語語頭aの間にd挿入、第三語語尾o/aṁが消失)
   hi (hi:adv.conj.) 「なぜなら…からです。」
   añña (añña:pron.comp.) 「他に」
   attho/atthaṁ (attha:m/n.sg.nom.) 「義(利益)は」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」
  pasaṃsalābhā < pasaṃsaとlābhāのコンパウンド
   pasaṃsa (pasaṃsā:f.comp.) 「賞賛を」
   lābhā (lābha:m.sg.abl.) 「得ることより」

 

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

より以前の記事一覧