無料ブログはココログ

カテゴリー「スッタニパータ 4章 八なるものの章」の記事

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 826. (819)

【経典文】
Atha satthāni kurute, paravādehi codito;
Esa khvassa mahāgedho, mosavajjaṃ pagāhati.
(6)

【正田氏訳】
 しかして、他者たちの論によって叱責された者は、諸々の刃を作り為します。これは、まさに、彼にとっては、大いなる難所。〔彼は〕虚偽の言葉に沈みます。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  atha (atha:indecl.) 「しかして」
  satthāni (sattha:n.pl.acc.) 「諸々の刃を」
  kurute (karoti:v.3.sg.pres.med.) 「作り為します。」

(b)
  paravādehi  < paraとvādehiのコンパウンド
   para (para:a.comp.) 「他者たちの」
   vādehi (vāda:m.pl.instr.) 「論によって」
  codito (codita < pp. of codeti:a.m.sg.nom.) 「叱責された者は」

(c)
  esa (etad:pron.m.sg.nom.) 「これは」
  khvassa  < khoとassaの連声(前語語尾oと後語語頭aが結合してvaに変化)
   kho (kho:adv.) 「まさに」
   assa (so:pron.3.m.sg.dat/gen.) 「彼にとっては」
  mahāgedho  < mahāとgedhoのコンパウンド
   mahā (mahant:a.comp.) 「大いなる」
   gedho (gedha:m.sg.nom.) 「難所。」

(d)
  mosavajjaṃ  < mosaとvajjaṃのコンパウンド
   mosa (mosa < musāの重音:a.comp.) 「虚偽の」
   vajjaṃ (vajja < grd. of vajjati/vadati:a.n.sg.acc.) 「言葉に」
  pagāhati (pagāhati:v.3.sg.pres.) 「〔彼は〕沈みます。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 825. (818)

【経典文】
Saṅkappehi pareto so, kapaṇo viya jhāyati;
Sutvā paresaṃ nigghosaṃ, maṅku hoti tathāvidho.
(5)

【正田氏訳】
 諸々の思惟(妄想)に打ち負かされた彼は、貧者のように当惑します。そのような種類の者は、他者たちの〔自分に関する悪しき〕評判を聞いて、愕然と成ります。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  saṅkappehi (saṅkappa:m.pl.instr.) 「諸々の思惟(妄想)に」
  pareto (pareta < pp. pareti:a.m.sg.nom.) 「打ち負かされた」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」

(b)
  kapaṇo (kapaṇa:a.m.sg.nom.) 「貧者」
  viya (viya:adv.) 「のように」
  jhāyati (jhāyati:v.3.sg.pres.) 「当惑します。」

(c)
  sutvā (suṇāti:v.ger.) 「聞いて」
  paresaṃ (para:a.m.pl.gen.) 「他者たちの」
  nigghosaṃ (nigghosa:m.sg.acc.) 「〔自分に関する悪しき〕評判を」

(d)
  maṅku (maṅku:a.m.sg.nom.) 「愕然と」
  hoti (hoti=bhavati:v.3.sg.pres.) 「成ります。」
  tathāvidho  < tathāとvidhoのコンパウンド
   tathā (tathā:adv.comp.) 「そのような」
   vidho (vidha:a.m.sg.nom.) 「種類の者は」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 824. (817)

【経典文】
Yaso kitti ca yā pubbe, hāyate vāpi tassa sā;
Etampi disvā sikkhetha, methunaṃ vippahātave.
(4)

【正田氏訳】
 〔彼の〕盛名は、さらには、〔まさに〕その、過去の栄誉も、彼のそれは、まさしく、また、衰退します。また、このことを見て、淫欲を捨棄するべく、〔遠離こそを〕学ぶように。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  yaso (yasa [yasas]:n.sg.nom.) 「〔彼の〕盛名は」
  kitti (kitti:f.sg.nom.) 「栄誉も」
  ca (ca:conj.) 「さらには」
  yā (yā:pron.f.sg.nom.) 「〔まさに〕その」
  pubbe (pubba:a.n/m.sg.loc.) 「過去の」

(b)
  hāyate (hāyati:v.3.sg.pres.med.) 「衰退します。」
  vāpi  < vaとapiの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   va (va = eva:adv.) 「まさしく」
   api (api:indecl.) 「また」
  tassa (so:pron.3.m.sg.gen.) 「彼の」
  sā (sā:pron.3.f.sg.nom.) 「それは」

(c)
  etampi  < etaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   etaṃ (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
   api (api:indecl.) 「また」
  disvā (dassati:v.ger.) 「見て」
  sikkhetha (sikkhati:v.2.pl.opt.) 「〔遠離こそを〕学ぶように。」

(d)
  methunaṃ (methuna:n.sg.acc.) 「淫欲を」
  vippahātave (vippajahati:v.inf.) 「捨棄するべく」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)

    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 823. (816)

【経典文】
Eko pubbe caritvāna, methunaṃ yo nisevati;
Yānaṃ bhantaṃva taṃ loke, hīnamāhu puthujjanaṃ.
(3)

【正田氏訳】
 過去においては独り行じおこなって、〔そののち〕彼が、淫欲に慣れ親しむなら、世における迷走する乗物のような彼のことを、〔賢者たちは〕『下劣な凡夫』と言います。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  eko (eka:a.num.m.sg.nom.) 「独り」
  pubbe (pubba:a.n/m.sg.loc.) 「過去においては」
  caritvāna (carati:v.ger.) 「行じおこなって」

(b)
  methunaṃ (methuna:n.sg.acc.) 「淫欲に」
  yo (ya:pron.m.sg.nom.) 「〔そののち〕彼が」
  nisevati (nisevati:v.3.sg.pres.) 「慣れ親しむなら」

(c)
  yānaṃ (yāna:n.sg.acc.) 「乗物」
  bhantaṃva  < bhantaṃとvaの連声
   bhantaṃ (bhanta < pp. of bhamati:a.n.sg.acc.) 「迷走する」
   va (va=iva:indecl.) 「のような」
  taṃ (so:pron.3.m.sg.acc.) 「彼のことを」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世における」

(d)
  hīnamāhu  < hīnaṃとāhuの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   hīnaṃ (hīna < pp. of jahati:a.m.sg.acc.) 「『下劣な」
   āhu (āha:v.3.pl.pf.) 「と〔賢者たちは〕言います。」
  puthujjanaṃ (puthujjana:m.sg.acc.) 「凡夫』」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)
   
    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 822. (815)

【経典文】
" Methunamanuyuttassa, (metteyyāti bhagavā) Mussate vāpi sāsanaṃ;
 Micchā ca paṭipajjati, Etaṃ tasmiṃ anāriyaṃ.
(2)

【正田氏訳】
 かくのごとく、世尊は〔答えた〕「メッテイヤよ、淫欲に束縛されたなら、あるいは、また、教えを忘却し、さらには、誤って実践します。〔淫欲に束縛された〕彼のうちには、この聖ならざる〔汚点〕があります。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  methunamanuyuttassa  < methunaṃとanuyuttassaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   methunaṃ (methuna:n.sg.acc.) 「淫欲に」
   anuyuttassa (anuyuttassa < pp. of anuyuñjati:a.m.sg.dat/gen.) 「束縛されたなら」
  metteyyāti  < metteyyaとitiの連声(前語語尾aと後語語頭iが結合してāに変化)
   metteyya (metteyya:m.sg.voc.) 「メッテイヤよ」
   iti (iti:indecl.) 「かくのごとく」
  bhagavā (bhagavant:m.sg.nom.) 「世尊は〔答えた〕」

(b)
  mussate (musati:v.3.sg.pass.med.) 「忘却し」
  vāpi  < vāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   vā (vā:conj.) 「あるいは」
   api (api:indecl.) 「また」
  sāsanaṃ (sāsana:n.sg.nom.) 「教えを」

(c)
  micchā (micchā:adv.) 「誤って」
  ca (ca:conj.) 「さらには」
  paṭipajjati (paṭipajjati:v.3.sg.pres.) 「実践します。」

(d)
  etaṃ (etad:pron.n.sg.nom.) 「この」
  tasmiṃ (so:pron.3.m.sg.loc.) 「〔淫欲に束縛された〕彼のうちには」
  anāriyaṃ (anāriya < an(pref.)-ariya:a.n.sg.nom.) 「聖ならざる〔汚点〕があります。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)
   
    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.7. ティッサ・メッテイヤの経 821. (814)

【経典文】
" Methunamanuyuttassa, (iccāyasmā tisso metteyyo) Vighātaṃ brūhi mārisa;
 Sutvāna tava sāsanaṃ, Viveke sikkhissāmase ".
(1)

【正田氏訳】
 かくのごとく、尊者ティッサ・メッテイヤが〔言った〕「敬愛なる方よ、淫欲に束縛された者の悩み苦しみのことを、〔わたしたちに〕説いてください。あなたの教えを聞いて、〔わたしたちは〕遠離について学ぶのです」〔と〕。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  methunamanuyuttassa  < methunaṃとanuyuttassaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   methunaṃ (methuna:n.sg.acc.) 「淫欲に」
   anuyuttassa (anuyuttassa < pp. of anuyuñjati:a.m.sg.dat/gen.) 「束縛された者の」
  iccāyasmā  < itiとāyasmāの連声(前語語尾tiがccに変化)
   iti (iti:indecl.) 「かくのごとく」
   āyasmā (āyasmant:a.m.sg.nom.) 「尊者」
  tisso (tissa:m.sg.nom.) 「ティッサ・」
  metteyyo (metteyya:m.sg.nom.) 「メッテイヤが〔言った〕」

(b)
  vighātaṃ (vighāta:m.sg.acc.) 「悩み苦しみのことを」
  brūhi (brūti:v.2.sg.imper.) 「〔わたしたちに〕説いてください。」
  mārisa (mārisa:a.m.sg.voc.) 「「敬愛なる方よ」

(c)
  sutvāna (suṇāti:v.ger.) 「聞いて」
  tava (tvaṁ:pron.2.sg.gen.) 「あなたの」
  sāsanaṃ (sāsana:n.sg.acc.) 「教えを」

(d)
  viveke (viveka:m.sg.loc.) 「遠離について」
  sikkhissāmase (sikkhati:v.1.pl.fut.med.) 「〔わたしたちは〕学ぶのです」〔と〕。」

  [備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言(middle)(refl. reflective 反照態)
   
    < 二語以上が結合している場合の構成や、単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:「kuhiñci < kuhiṁとciの連声」は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
     (例:「sata < pp. of sarati」は、sataはsaratiの過去受動分詞であるという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:「n>m」は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:「dat/gen.」は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 820. (813)

【経典文】
 Dhono na hi tena maññati, Yadidaṃ diṭṭhasutaṃ mutesu vā;
 Nāññena visuddhimicchati, Na hi so rajjati no virajjatīti.
(10)

【正田氏訳】
 まさに、〔汚れを払った〕清き者は、すなわち、この、見られ聞かれたものに〔依存せず〕、あるいは、諸々の思われたものについて〔汚されず〕、それ(見られ聞かれたもの)によって思い考えない。〔彼は〕他のものによって、清浄を求めない。なぜなら、彼は、〔欲に〕染まらず、離貪もしないのだから。ということで──(10)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Dhono (dhona < pp. of dhovati:a.m.sg.nom.) 「〔汚れを払った〕清き者は」
  na (na:adv.) 「ない。」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  tena (taṃ:pron.3.n.sg.instr.) 「それ(見られ聞かれたもの)によって」
  maññati (maññati:v.3.sg.pres.) 「思い考え」

(b)
  Yadidaṃ ← Yadとidaṃの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「すなわち」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.acc.) 「この」
  diṭṭhasutaṃ ← diṭṭhaとsutaṃのコンパウンド
   diṭṭha (diṭṭha < pp. of dassati:a.n.comp.) 「見られ」
   sutaṃ (suta < pp. of suṇāti:a.n.sg.acc.) 「聞かれたものに〔依存せず〕」
  mutesu (muta < pp. of maññati:a.n.pl.loc.) 「諸々の思われたものについて〔汚されず〕」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

(c)
  Nāññena ← Naとaññenaの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   na (na:adv.) 「ない。」
   aññena (añña:a.pron.n.sg.instr.) 「他のものによって」
  visuddhimicchati ← visuddhiṃとicchatiの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   visuddhiṃ (visuddhi:f.sg.acc.) 「清浄を」
   icchati (icchati:v.3.sg.pres.) 「〔彼は〕求め」

(d)
  Na (na:adv.) 「ず」
  hi (hi:conj.) 「なぜなら…のだから。」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  rajjati (rajjati < pass. of rajati:v.3.sg.pres.) 「〔欲に〕染まら」
  no (no(=na):adv.) 「ない」
  virajjatīti ←virajjatiとitiの連声(前語語尾iと後語語頭iが結合してīに変化)
   virajjati (virajjati:v.3.sg.pres.) 「離貪もし」
   iti (iti:indecl.) 「ということで―」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 819. (812)

【経典文】
 Udabindu yathāpi pokkhare, Padume vāri yathā na limpati;
 Evaṃ muni nopalimpati, Yadidaṃ diṭṭhasutaṃ mutesu vā.
(9)

【正田氏訳】
 たとえば、また、蓮〔の葉〕に、水滴が〔着かない〕ように──たとえば、蓮華に、水が着かないように──このように、牟尼は、すなわち、この、見られ聞かれたものに〔依存せず〕、あるいは、諸々の思われたものについて汚されない。(9)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Udabindu ← Udaとbinduのコンパウンド
   uda (uda:n.comp.) 「水」
   bindu (bindu:m.sg.nom.) 「滴が」
  yathāpi ← yathāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   yathā (yathā:adv.) 「たとえば…〔着かない〕ように」
   api (api:indecl.) 「また」
  pokkhare (pokkhara:n.sg.loc.) 「蓮〔の葉〕に」

(b)
  Padume (paduma:n.sg.loc.) 「蓮華に」
  vāri (vāri:n.sg.nom.) 「水が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように」
  na (na:adv.) 「ない」
  limpati (limpati:v.3.sg.pres.) 「着か」

(c)
  Evaṃ (evaṃ:adv.) 「このように」
  muni (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
  nopalimpati ← naとupalimpatiの連声(前語語尾aと後語語頭uが結合してoに変化)
   na (na:adv.) 「ない。」
   upalimpati (upalimpati:v.3.sg.pres.) 「汚れ」

(d)
  Yadidaṃ ← Yadとidaṃの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「すなわち」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.acc.) 「この」
  diṭṭhasutaṃ ← diṭṭhaとsutaṃのコンパウンド
   diṭṭha (diṭṭha < pp. of dassati:a.n.comp.) 「見られ」
   sutaṃ (suta < pp. of suṇāti:a.n.sg.acc.) 「聞かれたものに〔依存せず〕」
  mutesu (muta < pp. of maññati:a.n.pl.loc.) 「諸々の思われたものについて」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 818. (811)

【経典文】
 Sabbattha munī anissito, Na piyaṃ kubbati nopi appiyaṃ;
 Tasmiṃ paridevamaccharaṃ, Paṇṇe vāri yathā na limpati.
(8)

【正田氏訳】
 一切所において、牟尼は、依存なき者となり、愛しいものを作らず、また、愛しくないものも〔作ら〕ない。彼のうちに、嘆きや物惜しみ〔の思い〕は〔存在しない〕──たとえば、〔蓮の〕葉に、水が着かないように。(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sabbattha (sabbattha:adv.) 「一切所において」
  munī(韻律の関係で語尾がīと長音化したと思われる) (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
  anissito (anissita < a(pref.)-nissita < pp. of nissayati:a.m.sg.nom.) 「依存なき者となり」

(b)
  Na (na:adv.) 「ず」
  piyaṃ (piya:a.m(/n/f).sg.acc.) 「愛しいものを」
  kubbati (kubbati(=karoti):v.3.sg.pres.) 「作ら」
  nopi ← noとapiの連声(後語語頭aが消失)
   no (no(=na):adv.) 「〔作ら〕ない。」
   api (api:indecl.) 「また…も」
  appiyaṃ (a(pref.)-p(挿入)-piya:a.m(/n/f).sg.acc.) 「愛しくないもの」

(c)
  Tasmiṃ (so:pron.3.m.sg.loc.) 「彼のうちに」
  paridevamaccharaṃ ← paridevaとmaccharaṃのコンパウンド
   parideva (parideva:m.comp.) 「嘆きや」
   maccharaṃ (macchara:a.n.sg.nom.) 「物惜しみ〔の思い〕は〔存在しない〕」

(d)
  Paṇṇe (paṇṇa:n.sg.loc.) 「〔蓮の〕葉に」
  vāri (vāri:n.sg.nom.) 「水が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように。」
  na (na:adv.) 「ない」
  limpati (limpati:v.3.sg.pres.) 「着か」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 817. (810)

【経典文】
 Patilīnacarassa bhikkhuno, Bhajamānassa vivittamāsanaṃ;
 Sāmaggiyamāhu tassa taṃ, Yo attānaṃ bhavane na dassaye.
(7)

【正田氏訳】
 〔欲望の対象から〕退去して行じおこなう比丘が、遠離の坐所に親しんでいるなら──〔彼のことを、賢者たちは〕「彼にとって、それ(遠離の坐所)は、〔比丘として〕ふさわしいことである」〔と〕言う──彼が、〔迷いの〕生存域において、〔彼の〕自己を見せないなら。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Patilīnacarassa ← Patilīnaとcarassaのコンパウンド
   patilīna (patilīna(=paṭilīna < pp. of paṭilīyati):a.comp.) 「〔欲望の対象から〕退去して」
   carassa (cara:a.m.sg.dat/gen.) 「行じおこなう」
  bhikkhuno (bhikkhu:m.sg.dat/gen.) 「比丘が」

(b)
  Bhajamānassa (bhajamāna < ppr. of bhajati:a.m.sg.dat/gen.) 「親しんでいるなら」
  vivittamāsanaṃ ← vivittaṃとāsanaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   vivittaṃ (vivitta < pp. of viviccati:a.n.sg.acc.) 「遠離の」
   āsanaṃ (āsana:n.sg.acc.) 「坐所に」

(c)
  Sāmaggiyamāhu ← Sāmaggiyaṃとāhuの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   sāmaggiyaṃ (sāmaggiya:n.sg.nom/acc.) 「〔比丘として〕ふさわしいことである」
   āhu (āha:v.3.pl.pf.) 「〔と〕言う」
  tassa (so:pron.3.m.sg.dat/gen.) 「彼にとって」
  taṃ (ta:pron.3.n.sg.nom.) 「それは」

(d)
  Yo (ya:pron.m.sg.nom.) 「彼が」
  attānaṃ (attan:m.sg.acc.) 「〔彼の〕自己を」
  bhavane (bhavana:n.sg.loc.) 「〔迷いの〕生存域において」
  na (na:adv.) 「ない」
  dassaye. (dassayati(=dasseti) < caus. of dassati:v.3.sg.opt.) 「見せ…なら」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

より以前の記事一覧