無料ブログはココログ

スッタニパータ 4章 八なるものの章

4.5. 最高についての八なるものの経 808. (801)

【経典文】
 Yassūbhayante paṇidhīdha natthi, Bhavābhavāya idha vā huraṃ vā;
 Nivesanā tassa na santi keci, Dhammesu niccheyya samuggahītaṃ.
(6)

【正田氏訳】
 彼に、この〔世において〕、〔種々に対立する〕両極について、〔自分勝手な〕誓願が存在しないなら──この〔世〕であろうと、あの〔世〕であろうと、種々なる生存のために、〔自分勝手な誓願が存在しないなら〕──彼に、諸々の〔妄執が〕固着する場は、何であれ、存在しない。諸々の法(見解)について、〔執着の対象として〕執持されたものを、〔執着の対象と〕判別して。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yassūbhayante ← Yassaとubhaya以下の連声、ubhayaとanteのコンパウンド・連声(第一語語尾aと第二語語頭uが結合してūに変化、第二語語尾aが消失)
   yassa (ya:pron.m.sg.gen.) 「彼に」
   ubhaya (ubhaya:a.comp.) 「〔種々に対立する〕両」
   ante (anta:m.sg.loc.) 「極について」
  paṇidhīdha ← paṇidhiとidhaの連声(前語語尾iと後語語頭iが結合してī)
   paṇidhi (paṇidhi:f.sg.nom.) 「〔自分勝手な〕誓願が」
   idha (idha:adv.) 「この〔世において〕」
  natthi ← naとatthiの連声(前語語尾aが消失)
   na (na:adv.) 「ないなら」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」

(b)
  Bhavābhavāya ← bhavaとabhavāyaのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   bhava (bhava:m.comp.)
   abhavāya (abhava:m.sg.dat.) 「種々なる生存のために」
  idha (idha:adv.) 「この〔世〕」
  vā (vā:conj.) 「であろうと」
  huraṃ (huraṃ:adv.) 「あの〔世〕」
  vā (vā:conj.) 「であろうと」

(c)
  nivesanā (nivesana:n.pl.nom.) 「〔妄執が〕固着する場は」
  tassa (so:pron.3.m.sg.gen.) 「彼に」
  na (na:adv.) 「ない。」
  santi (atthi:v.3.pl.pres.) 「存在し」
  keci ← keとciの連声
   ke (ka:pron.m.pl.nom.) 「何」
   ci (ci:indecl.) 「であれ」

(d)
  dhammesu (dhamma:m.pl.loc.) 「諸々の法(見解)について」
  niccheyya (niccheti:v.ger.) 「〔執着の対象と〕判別して。」
  samuggahītaṃ (samuggahīta < pp. of samuggaṇhāti:a.n.sg.acc.) 「〔執着の対象として〕執持されたものを」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.5. 最高についての八なるものの経 807. (800)

【経典文】
 Attaṃ pahāya anupādiyāno, Ñāṇepi so nissayaṃ no karoti;
 Sa ve viyattesu na vaggasārī, Diṭṭhimpi so na pacceti kiñci.
(5)

【正田氏訳】
 自己を捨棄して、執取せずにいる者は──彼は、〔いかなる〕知恵でさえも、依存を為さない。彼は、まさに、相争う者たちのなかにいながら、〔特定の〕党派に走り行く者ではない。彼は、〔いかなる〕見解でさえも、何であれ、信受しない。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  attaṃ (attan:m.sg.acc.) 「自己を」
  pahāya (pajahāti:v.ger.) 「捨棄して」
  anupādiyāno (anupādiyāna = an-upādiyāna < ppr. of upādiyati:a.m.sg.nom.) 「執取せずにいる者は」

(b)
  Ñāṇepi ← Ñāṇeとpiの連声
   ñāṇe (ñāṇa:n.sg.loc.) 「〔いかなる〕知恵」
   pi (pi:adv.) 「でさえも」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  nissayaṃ (nissaya:m.sg.acc.) 「依存を」
  no (no=na:adv.) 「ない。」
  karoti (karoti:v.3.sg.pres.) 「為さ」

(c)
  sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  ve (ve:adv.) 「まさに」
  viyattesu (viyatta:a.m.pl.loc.) 「相争う者たちの中にいながら」
  na (na:adv.) 「ない」
  vaggasārī ← vaggaとsārīのコンパウンド
   vagga (vagga:m.comp.) 「〔特定の〕党派に」
   sārī (sārin:a.m.sg.nom.) 「走り行く者では」

(d)
  Diṭṭhimpi ← Diṭṭhiṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   diṭṭhiṃ (diṭṭhi:f.sg.acc.) 「〔いかなる〕見解」
   api (api:adv.) 「でさえも」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  na (na:adv.) 「ない」
  pacceti (pacceti:v.3.sg.pres.) 「信受し」
  kiñci (kiñci:pron.n.sg.acc.) 「何であれ」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.5. 最高についての八なるものの経 806. (799)

【経典文】
 Diṭṭhimpi lokasmiṃ na kappayeyya, Ñāṇena vā sīlavatena vāpi;
 Samoti attānamanūpaneyya, Hīno na maññetha visesi vāpi.
(4)

【正田氏訳】
 あるいは、知恵によって、あるいは、また、戒や掟によっても、世において、〔いかなる〕見解でさえも想い描かないように。自己を〔他者と〕「等しい」と見なさないように。あるいは、また、「劣る」「勝る」〔と〕思いなさないように。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Diṭṭhimpi ← Diṭṭhiṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   diṭṭhiṃ (diṭṭhi:f.sg.acc.) 「〔いかなる〕見解」
   api (api:adv.) 「でさえも」
  lokasmiṃ (loka:m.sg.loc.) 「世において」
  na (na:adv.) 「ない」
  kappayeyya (kappeti:v.3.sg.opt.) 「想い描か~ように。」

(b)
  ñāṇena (ñāṇa:n.sg.instr.) 「知恵によって」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」
  sīlavatena ← sīlaとvatenaのコンパウンド
   sīla (sīla:n.comp.) 「戒や」
   vatena (vata:n.sg.instr.) 「掟によっても」
  vāpi ← vāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   vā (vā:conj.) 「あるいは」
   api (api:indecl.) 「また」

(c)
  Samoti ← Samoとitiの連声(後語語頭iが消失)
   samo (sama:a.m.sg.nom.) 「「等しい」」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  attānamanūpaneyya ← attānaṃとanūpaneyyaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   attānaṃ (attan:m.sg.acc.) 「自己を」
   anūpaneyya (an-upaneti:v.3.sg.opt.) 「見なさないように。」

(d)
  hīno (hīna < pp. of jahati:a.m.sg.nom.) 「「劣る」」
  na (na:adv.) 「ない」
  maññetha (maññati:v.3.sg.opt.med.) 「思いなさ~ように。」
  visesi (visesin:a.m.sg.nom.) 「「勝る」〔と〕」
  vāpi ← vāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   vā (vā:conj.) 「あるいは」
   api (api:indecl.) 「また」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.5. 最高についての八なるものの経 805. (798)

【経典文】
 Taṃ vāpi ganthaṃ kusalā vadanti, Yaṃ nissito passati hīnamaññaṃ;
 Tasmā hi diṭṭhaṃ va sutaṃ mutaṃ vā, Sīlabbataṃ bhikkhu na nissayeyya.
(3)

【正田氏訳】
 あるいは、また、それを、智者たちは、「拘束」と説く──それに依存する者が、他を「劣る」と見るなら。それゆえに、まさに、あるいは、見られたものに、聞かれたものに、あるいは、思われたものに、戒や掟に、比丘は、依存しないように。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  taṃ (taṃ:pron.3.n.sg.acc.) 「それを」
  vāpi ← vāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   vā (vā:conj.) 「あるいは」
   api (api:indecl.) 「また」
  ganthaṃ (gantha:m.sg.acc.) 「「拘束」と」
  kusalā (kusala:a.m.pl.nom.) 「智者たちは」
  vadanti (vadati:v.3.pl.pres.) 「説く」

(b)
  yaṃ (ya:pron.n.sg.acc.) 「それに」
  nissito (nissita < pp. of nissayati:m.sg.nom.) 「依存する者が」
  passati (passati:v.3.sg.pres.) 「見るなら。」
  hīnamaññaṃ ← hīnaṃとaññaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   hīnaṃ (hīna < pp. of jahati:a.n.sg.acc.) 「「劣る」と」
   aññaṃ (añña:a.pron.n.sg.acc.) 「他を」

(c)
  tasmā (ta:pron.3.m/n.sg.abl.) 「それゆえに」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  diṭṭhaṃ (diṭṭha < pp. of dassati:a.n/m.sg.acc.) 「見られたものに」
  va (va:conj.) 「あるいは」
  sutaṃ (suta < pp. of suṇāti:a.n/m.sg.acc.) 「聞かれたものに」
  mutaṃ (muta < pp. of maññati:a.n/m.sg.acc.) 「思われたものに」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

(d)
  Sīlabbataṃ ← sīlaとbataṃのコンパウンド・連声(後語語頭bを重ねる)またはsīlabbataṃ一語(n.sg.acc. of sīlabbata)
   sīla (sīla:n.comp.) 「戒や」
   bataṃ (bata = vata:n.sg.acc.) 「掟に」
  bhikkhu (bhikkhu:m.sg.nom.) 「比丘は」
  na (na:adv.) 「ない」
  nissayeyya (nissayati:v.3.sg.opt.) 「依存し~ように。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.5. 最高についての八なるものの経 804. (797)

【経典文】
 Yadattanī passati ānisaṃsaṃ, Diṭṭhe sute sīlavate mute vā;
 Tadeva so tattha samuggahāya, Nihīnato passati sabbamaññaṃ.
(2)

【正田氏訳】
 見られたものについて、聞かれたものについて、戒や掟(執着の対象に成り下がった宗教行為)について、あるいは、思われたもの(我執の思いで対象化され他者化した認識対象)について、すなわち、自己〔の見解〕について〔のみ〕、福利を見るなら、彼は、そこにおいて、それ(自己の見解)だけに執持して、他の一切を「劣る」と見る。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Yadattanī ← yadとattanīの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「すなわち」
   attanī(本来の語尾iが韻律の関係でīに長音化) (attan:m.sg.loc.) 「自己〔の見解〕について〔のみ〕」
  passati (passati:v.3.sg.pres.) 「見るなら」
  ānisaṃsaṃ (ānisaṃsa:m.sg.acc.) 「福利を」

(b)
  diṭṭhe (diṭṭha < pp. of dassati:a.n/m.sg.loc.) 「見られたものについて」
  sute (suta < pp. of suṇāti:a.n/m.sg.loc.) 「聞かれたものについて」
  sīlavate ← sīlaとvateのコンパウンド
   sīla (sīla:n.comp.) 「戒や」
   vate (vata:n.sg.loc.) 「掟について」
  mute (muta < pp. of maññati:a.n/m.sg.loc.) 「思われたものについて」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

(c)
  Tadeva ← tadとevaの連声
   tad (taṃ:pron.3.n.sg.acc.) 「それ(自己の見解)」
   eva (eva:adv.) 「だけに」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  tattha (tattha:adv.) 「そこにおいて」
  samuggahāya (samuggaṇhāti:v.ger.) 「執持して」

(d)
  nihīnato (nihīna:a.n.sg.abl.) 「「劣る」と」
  passati (passati:v.3.sg.pres.) 「見る」
  sabbamaññaṃ ← sabbaṃとaññaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   sabbaṃ (sabba:a.n.sg.acc.) 「一切を」
   aññaṃ (añña:a.n.sg.acc.) 「他の」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.5. 最高についての八なるものの経 803. (796)

【経典文】
 Paramanti diṭṭhīsu paribbasāno, Yaduttari kurute jantu loke;
 Hīnāti aññe tato sabbamāha, Tasmā vivādāni avītivatto.
(1)

【正田氏訳】
 諸々の見解について、「〔これこそ〕最高である」と〔独善的に固執し〕固着しながら、世において、人が、それをより上と為すなら、それより他のものについては、〔その〕一切を、「劣る」と言う。それゆえに、〔人は〕諸々の論争を超克せずにいる。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Paramanti ← paramaṃとitiの連声(後語語頭iが消失、前語語尾ṃがnに変化)
   paramaṃ (parama:a.n.sg.nom.) 「「〔これこそ〕最高である」」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  diṭṭhīsu (diṭṭhi:f.pl.loc.) 「諸々の見解について」
  paribbasāno (paribbasāna  < ppr. of parivasati:a.m.sg.nom.) 「〔独善的に固執し〕固着しながら」

(b)
  Yaduttari ← yadとuttariの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「それを」
   uttari (uttari:a.n.sg.nom.) 「より上と」
  kurute (karoti:v.3.sg.pres.med.) 「なすなら」
  jantu (jantu:m.sg.nom.) 「人が」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世において」

(c)
  Hīnāti ← hīnaṃとitiの連声(前語語尾ṃと後語語頭iが消失、前語語尾aがāに変化)
   hīnaṃ (hīna < pp. of jahati:a.n.sg.nom.) 「「劣る」」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  aññe (añña:a.pron.n.sg.loc.) 「他のものについては」
  tato (ta:pron.3.n.sg.abl.) 「それより」
  sabbamāha ←  sabbaṃとāhaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   sabbaṃ (sabba:a.n.sg.acc.) 「〔その〕一切を」
   āha (āha:v.3.sg.pf.) 「言う。」

(d)
  tasmā (ta:pron.3.m/n.sg.abl.) 「それゆえに」
  vivādāni (vivāda:m>n(韻律の関係で例外的に中性の曲用をしていると考える).pl.acc.) 「諸々の論争を」
  avītivatto (a-vītivatta:a.m.sg.nom.) 「〔人は〕超克せずにいる。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.4. 清浄についての八なるものの経 802. (795)

【経典文】
 Sīmātigo brāhmaṇo tassa natthi, Ñatvā va disvā va samuggahītaṃ;
 Na rāgarāgī na virāgaratto, Tassīdha natthi paramuggahītanti.
(8)
  Suddhaṭṭhakasuttaṃ catutthaṃ.

【正田氏訳】
 〔執着の対象として〕執持されたものを、あるいは、〔あるがままに〕知って、あるいは、〔あるがままに〕見て、〔世の〕罪悪を超え行く婆羅門──彼には、〔執着の対象が〕存在しない。〔彼は〕貪り〔の対象〕を貪る者でもなく、離貪〔の思い〕に染まった者でもない。彼には、この〔世において〕、「〔これこそ〕最高である」〔と〕執持されたもの(執着の対象)が存在しない。ということで──(8)
 清浄についての八なるものの経が、第四となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sīmātigo ←  sīmāとatigoのコンパウンド・連声(後語語頭aが脱落)
   sīmā (sīmā:f.comp.) 「〔世の〕罪悪を」
   atigo (atiga:a.m.sg.nom.) 「超え行く」
  brāhmaṇo (brāhmaṇa:m.sg.nom.) 「婆羅門」
  tassa (so:pron.3.m.gen.) 「彼には」
  natthi ←  naとatthiの連声(前語語尾aが脱落)
   na (na:adv.) 「ない」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「〔執着の対象が〕存在し」

(b)
  Ñatvā (jānāti:v.ger.) 「〔あるがままに〕知って」
  va (va(=vā):conj.) 「あるいは」
  disvā (dissati < pass. of dassati:v.ger.) 「〔あるがままに〕見て」
  va (va(=vā):conj.) 「あるいは」
  samuggahītaṃ (samuggahīta < pp. of samuggaṇhāti:a.n.sg.acc.) 「〔執着の対象として〕執持されたものを」

(c)
  Na (na:adv.) 「でもなく」
  rāgarāgī ← rāgaとrāgīのコンパウンド
   rāga (rāga:m.comp.) 「〔彼は〕貪り〔の対象〕を」
   rāgī (rāgin:a.m.sg.nom.) 「貪る者」
  na (na:adv.) 「でもない。」
  virāgaratto ← virāgaとrattoのコンパウンド
   virāga (virāga:m.comp.) 「離貪〔の思い〕に」
   ratto (ratta < pp. of rañjati:a.m.sg.nom.) 「染まった者」

(d)
  Tassīdha ← tassaとidhaの連声(前語語尾aと後語語頭iが結合してīに変化)
   tassa (so:pron.3.m.sg.gen.) 「彼には」
   idha (idha:adv.) 「この〔世において〕」
  natthi ←  naとatthiの連声(前語語尾aが脱落)
   na (na:adv.) 「ない。」
   atthi (atthi:v.3.sg.pres.) 「存在し」
  paramuggahītanti ← paramaとuggahītaṃのコンパウンド・連声とtiの連声(一語目の語尾aが脱落、二語目の語尾ṃがnに変化)
   parama (parama:a.comp.) 「「〔これこそ〕最高である」〔と〕」
   uggahītaṃ (uggahīta < pp. of uggaṇhāti:a.n.sg.nom.) 「執持されたものが」
   ti (ti:indecl.) 「ということで」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(タイ国で第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.4. 清浄についての八なるものの経 801. (794)

【経典文】
 Na kappayanti na purekkharonti, Accantasuddhīti na te vadanti;
 Ādānaganthaṃ gathitaṃ visajja, Āsaṃ na kubbanti kuhiñci loke.
(7)

【正田氏訳】
 〔特定の何かを〕想い描かず、〔特定の何かを〕偏重せず、彼ら(智慧ある者たち)は、「〔これこそ〕究極の清浄である」と説かない。〔執着の思いで〕拘束された執取の拘束(執着の対象)を捨てて、世において、どこにも、〔自分勝手な〕願望を作らない。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Na (na:adv.) 「ず」
  kappayanti (kappayati(=kappeti):v.3.pl.pres.) 「〔特定の何かを〕想い描か」
  na (na:adv.) 「ず」
  purekkharonti (purekkharoti:v.3.pl.pres.) 「〔特定の何かを〕偏重せ」

(b)
  Accantasuddhīti ←  accantaとsuddhiのコンパウンドとitiの連声(前語語尾iと後語語頭iが結合してīに変化)
   accanta (accanta:a.comp.) 「「〔これこそ〕究極の」
   suddhi (suddhi:f.sg.nom.) 「清浄である」」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  na (na:adv.) 「ない。」
  te (so:pron.3.pl.nom.) 「彼らは」
  vadanti (vadati:v.3.pl.pres.) 「説か」

(c)
  Ādānaganthaṃ ← ādānaとganthaṃのコンパウンド
   ādāna (ādāna:n.comp.) 「執取の」
   ganthaṃ (gantha:m.sg.acc.) 「拘束を」
  gathitaṃ (gathita < pp. of ganthati:a.m.sg.acc.) 「〔執着の思いで〕拘束された」
  visajja (visajjati:v.ger.) 「捨てて」

(d)
  Āsaṃ (āsā:f.sg.acc.) 「願望を」
  na (na:adv.) 「ない。」
  kubbanti (kubbati(=karoti):v.3.pl.pres.) 「作ら」
  kuhiñci ← kuhiṃとciの連声(前語語尾ṃがñに変化)
   kuhiṃ (kuhiṁ:adv.) 「どこに」
   ci (ci:indecl.) 「も」
  loke (loka:m.sg.loc.) 「世において」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(タイ国で第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.4. 清浄についての八なるものの経 800. (793)

【経典文】
 Sa sabbadhammesu visenibhūto, Yaṃ kiñci diṭṭhaṃ va sutaṃ mutaṃ vā;
 Tameva dassiṃ vivaṭaṃ carantaṃ, Kenīdha lokasmi vikappayeyya.
(6)

【正田氏訳】
 あるいは、見られたもの、聞かれたもの、あるいは、思われたもの、それが何であれ、彼は、一切の諸法(事象)にたいし、敵対という有り方を離れている。このように見る者である彼を、〔迷妄の覆いが〕開かれた者として行じおこなう者を、ここに、〔この〕世において、〔いったい、誰が〕何によって、想い描くというのだろう(執着の対象を想い描くことがない者は、執着の対象として想い描かれることもない)。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sa (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  sabbadhammesu ← sabbaとdhammesuのコンパウンド
   sabba (sabba:a.comp.) 「一切の」
   dhammesu (dhamma:m.pl.loc.) 「諸法(事象)にたいし」
  visenibhūto ← viseniとbhūtoのコンパウンド
   viseni (viseni:a.comp.) 「敵対というあり方を離れて」
   bhūto (bhūta < pp. of bhavati:a.m.sg.nom.) 「いる。」

(b)
  Yaṃ (ya:pron.n.sg.acc/nom.) 「それが」
  kiñci (kiñci:pron.n.sg.acc/nom.) 「何であれ」
  diṭṭhaṃ (diṭṭha < pp. of dassati:a.n/m.sg.acc.) 「見られたもの」
  va (va(=vā):conj.) 「あるいは」
  sutaṃ (suta < pp. of suṇāti:a.n/m.sg.acc.) 「聞かれたもの」
  mutaṃ (muta < pp. of maññati:a.n/m.sg.acc.) 「思われたもの」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

(c)
  Tameva ← taṃとevaの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   taṃ (so:pron.m.sg.acc.) 「彼を」
   eva (eva:adv.) 「まさしく」
  dassiṃ (dassin:a.m.sg.acc.) 「見る者である」
  vivaṭaṃ (vivaṭa:a.m.sg.acc.) 「〔迷妄の覆いが〕開かれた者として」
  carantaṃ (carant < ppr. of carati:a.m.sg.acc.) 「行じおこなう者を」

(d)
  Kenīdha ← kenaとidhaの連声(前語語尾aと後語語頭iが結合してīに変化)
   kena (ka:pron.n.sg.instr.) 「〔いったい誰が〕何によって」
   idha (idha:adv.) 「ここに」
  lokasmi(本来はlokasmiṁでその語尾ṁが脱落したと考えます) (loka:m.sg.loc.) 「〔この〕世において」
  vikappayeyya (vikappayati(=vikappeti):v.3.sg.opt.) 「想い描くというのだろう。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(タイ国で第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.4. 清浄についての八なるものの経 799. (792)

【経典文】
 Sayaṃ samādāya vatāni jantu, Uccāvacaṃ gacchati saññasatto;
 Vidvā ca vedehi samecca dhammaṃ, Na uccāvacaṃ gacchati bhūripañño.
(5)

【正田氏訳】
 人は、自ら〔自分勝手に〕、諸々の掟を受持して、〔特定の〕表象(想:概念・心象)に執着し、〔迷いのままに〕高下に赴く。しかしながら、知ある者は、諸々の知によって法(真理)を行知して、広き智慧ある者となり、高下に赴かない。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sayaṃ (sayaṃ:adv.) 「自ら〔自分勝手に〕」
  samādāya (samādiyati:v.ger.) 「受持して」
  vatāni (vata:n.pl.acc.) 「諸々の掟を」
  jantu (jantu:m.sg.nom.) 「人は」

(b)
  Uccāvacaṃ ← uccaとavacaṃのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   ucca (ucca:a.comp.) 「〔迷いのまま〕高」
   avacaṃ (avaca:a.n/m.sg.acc.) 「下に」
  gacchati (gacchati:v.3.sg.pres.) 「赴く。」
  saññasatto ← saññāとsattoのコンパウンド・連声(前語語尾āがaに変化)
   saññā (saññā:f.comp.) 「〔特定の〕表象に」
   satto (satta < pp. of sajjati:a.m.sg.nom.) 「執着し」

(c)
  Vidvā (vidvant:a.m.sg.nom.) 「知ある者は」
  ca (ca:conj.) 「しかしながら」
  vedehi (veda:m.pl.instr.) 「諸々の知によって」
  samecca (sameti:v.ger.) 「行知して」
  dhammaṃ (dhamma:m.sg.acc.) 「法(真理)を」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない。」
  uccāvacaṃ ← uccaとavacaṃのコンパウンド・連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   ucca (ucca:a.comp.) 「高」
   avacaṃ (avaca:a.n.sg.acc.) 「下に」
  gacchati (gacchati:v.3.sg.pres.) 「赴か」
  bhūripañño ← bhūriとpaññoのコンパウンド
   bhūri (bhūri:a.comp.) 「広き」
   pañño (pañña:a.m.sg.nom.) 「智慧ある者となり」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本である国際版パーリ三蔵(タイ国で第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

より以前の記事一覧