無料ブログはココログ

スッタニパータ 4章 八なるものの章

4.2. 洞窟についての八なるものの経 784.

4.2. 洞窟についての八なるものの経 784. (777) 945
【経典文】
 Mamāyite passatha phandamāne, Maccheva appodake khīṇasote;
 Etampi disvā amamo careyya, Bhavesu āsattimakubbamāno. (6)

【正田氏訳】
 見よ──わがものと〔錯視〕されたもの(執着の対象)のなかで、震えおののいている者たちを──水少なく、涸れた流れのなかにいる、魚たちのような者たちを(彼らは、所有物を失う不安と恐怖で悩み苦しんでいる)。また、このことを見て、我執なき者として、行じおこなうように──諸々の生存にたいし、執着〔の思い〕を為さずにいる者となり(何ものも執着せず、世を歩むべきである)。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  mamāyite(mamāyita < pp. of mamāyati:a.n.sg.loc./m.pl.acc.)「わがものと〔錯視〕されたもの(執着の対象)のなかで」
  passatha(passati:v.2.pl.imper.)「見よ」
  phandamāne(pariphandamāna < ppr. of pariphandati:m.pl.acc.)「震えおののいている者たちを」

(b)
  maccheva=maccheとvaの連声
   macche(maccha:m.pl.acc.)「魚たち~者たちを」
   va (va = iva/eva:indecl.)「のような」
  appodake(appodaka:a.m/n.sg.loc.)「水少なく」
  khīṇasote=khīṇaとsoteのコンパウンド
   khīṇa(khīṇa < pp. of khīyati:a.comp.)「涸れた」
   sote(sota:m/n.sg.loc.)「流れの中にいる」

(c)
  etampi=etaṁとapiの連声
   etaṁ(Etaṁ:pron.n.sg.acc.)「このことを」
   api(api:adv.)「また」
  disvā(dassati:v.ger.)「見て」
  amamo(amama:m.sg.nom.)「我執なき者として」
  careyya(carati:v.2/3.sg.opt.)「行じおこなうように。」

(d)
  bhavesu(bhava:m.pl.loc.)「諸々の生存に対し」
  āsattimakubbamāno=āsattiṁとakubbamānoの連声
   āsattiṁ(āsatti:f.sg.acc.)「執着〔の思い〕を」
   akubbamāno(a-kubbamāna:m.sg.nom.)「為さずにいる者となり」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    pf. perfect 完了形
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.2. 洞窟についての八なるものの経 783.

4.2. 洞窟についての八なるものの経 783. (776) 944
【経典文】
 Passāmi loke pariphandamānaṃ, Pajaṃ imaṃ taṇhagataṃ bhavesu;
 Hīnā narā maccumukhe lapanti, Avītataṇhāse bhavābhavesu. (5)

【正田氏訳】
 〔わたしは〕見る──世において、震えおののいている〔人々〕を──諸々の生存にたいする渇愛に陥った、この人々を。下劣な人たちは、死魔の門にて泣き喚く──諸々の種々なる生存にたいする渇愛〔の思い〕から離れられずに。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  passāmi(passati:v.sg.pres.)「〔私は〕見る」
  loke(loka:m.sg.loc.)「世において」
  pariphandamānaṃ,(pariphandamāna < ppr. of pariphandati:a.f.sg.acc.)「震えおののいている〔人々〕を」

(b)
  pajaṃ(pajā:f.sg.acc.)「人々を」
  imaṃ(imaṃ:pron.f.sg.acc.)「この」
  taṇhagataṃ=taṇhāとgataṃの連声
   taṇhā(taṇhā:f.comp.)「渇愛に」
   gataṃ(gata < pp. of gacchati:a.f.sg.acc.)「陥った」
  bhavesu;(bhava:m.pl.loc.)「諸々の生存にたいする」

(c)
  hīnā(hīna < pp. of jahati:a.m.pl.nom.)「下劣な」
  narā(nara:m.pl.nom.)「人たちは」
  maccumukhe=maccuとmukheのコンパウンド
   maccu(maccu:m.comp.)「死魔の」
   mukhe(mukha:n.sg.loc.)「門にて」
  lapanti(lapati:v.3.pl.pres.)「泣き喚く」

(d)
  avītataṇhāse(a-vīta-taṇha:a.m.pl.nom.)「渇愛〔の思い〕から離れられずに。」
  bhavābhavesu=bhavaとabhavesuのコンパウンドかつ連声
   bhava(bhava:m.comp.)
   abhavesu(abhava:m.pl.loc.)二語あわせて「諸々の種々なる生存に対する」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    pf. perfect 完了形
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.2. 洞窟についての八なるものの経 782.

4.2. 洞窟についての八なるものの経 782. (775) 943
【経典文】
 Tasmā hi sikkhetha idheva jantu, Yaṃ kiñci jaññā visamanti loke;
 Na tassa hetū visamaṃ careyya, Appañhidaṃ jīvitamāhu dhīrā. (4)

【正田氏訳】
 それゆえに、まさに、人は、まさしく、この〔世において〕、学ぶように。それが何であれ、世において、「不正である」と知るなら、それを因として、不正を行じおこなうことがないように。慧者たちは言う。「まさに、この生命(寿命)は、僅かである」〔と〕。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  tasmā(ta:pron.n.sg.abl.)「それゆえに」
  hi(hi:adv.)「まさに」
  sikkhetha(sikkhati:v.3.sg.opt.med.)「学ぶように。」
  idheva=idhaとevaの連声
   idha(idha:adv.)「この〔世において〕」
   eva(eva:adv.)「まさしく」
  jantu(jantu:m.sg.nom.)「人は」

(b)
  yaṃ(ya:pron.n.sg.acc/nom.)「それが」
  kiñci(kiñci:pron.n.sg.acc/nom.)「何であれ」
  jaññā(jānāti:v.3.sg.opt.)「知るなら」
  visamanti=visamaṁとtiの連声
   visamaṁ(visama:a.n.sg.nom.)「「不正である」」
   ti(ti = iti:indecl.)「と」
  loke(loka:m.sg.loc.)「世において」

(c)
  na(na:adv.)「ない」
  tassa(ta:pron.n.sg.gen.)「それを」
  hetū(hetū = hetu:adv.)「因として」
  visamaṃ(visama:a.n.sg.acc.)「不正を」
  careyya(carati:v.3.sg.opt.)「行じおこなうことが~ように。」

(d)
  appañhidaṃ=appaṁとhiとidaṃの連声
   appaṁ(appa:a.n.sg.nom.)「僅かである」〔と〕」
   hi(hi:adv.)「「まさに」
   idaṃ(idaṃ:pron.n.sg.nom.)「この」
  jīvitamāhu=jīvitaṁとāhuの連声
   jīvitaṁ(jīvita:n.sg.nom.)「生命(寿命)は」
   āhu(āha:v.3.pl.pf.)「言う。」
  dhīrā(dhīra:m.pl.nom.)「慧者たちは」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    pf. perfect 完了形
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.2. 洞窟についての八なるものの経 781.

4.2. 洞窟についての八なるものの経 781. (774) 942
【経典文】
 Kāmesu giddhā pasutā pamūḷhā, Avadāniyā te visame niviṭṭhā;
 Dukkhūpanītā paridevayanti, Kiṃsū bhavissāma ito cutāse. (3)

【正田氏訳】
 諸々の欲望〔の対象〕について、貪り求め、追い求め、遍く迷乱した者たち──彼ら、しみったれで、〔世の〕不正に〔思いが〕固着した者たちは、〔いざ、死の〕苦しみ〔の前〕に連れて行かれたなら、〔うってかわって〕嘆き悲しむ。「死滅した〔わたしたち〕は、これから、いったい、どのように成るのだろう」〔と〕。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  kāmesu(kāma:m.pl.loc.)「諸々の欲望〔の対象〕について」
  giddhā(giddha < pp. of gijjhati:a.m.pl.nom.)「貪り求め」
  pasutā(pasuta < pp. of pa-sā:a.m.pl.nom.)「追い求め」
  pamūḷhā(pamūḷha < pp. of pamuyhati:a.m.pl.nom.)「遍く迷乱した者たち」

(b)
  avadāniyā(avadāniya:a.m.pl.nom.)「しみったれで」
  te(so:pron.m.pl.nom.)「彼ら」
  visame(visama:a.n.sg.loc.)「〔世の〕不正に」
  niviṭṭhā(niviṭṭha < pp. of nivisati:a.m.pl.nom.)「〔思いが〕固着した者たちは」

(c)
  dukkhūpanītā=dukkheとupanītāの連声またはdukkhaとupanītāの連声かつコンパウンド
   dukkhe / dukkha(dukkha:n.sg.loc./comp.)「〔いざ、死の〕苦しみ〔の前〕に」
   upanītā(upanīta < pp. of upaneti:a.m.pl.nom.)「連れて行かれたなら」
  paridevayanti(paridevayati (=parideveti):v.3.pl.pres.)「〔うってかわって〕嘆き悲しむ。」

(d)
  kiṃsū=kiṃとsūの連声
   kiṃ(kiṃ:pron.n.sg.acc.)「どのように」
   sū(sū = su:adv.)「いったい」
  bhavissāma(bhavati:v.1.pl.fut.)「成るのだろう〔と〕。」
  ito(ito:indecl.)「これから」
  cutāse(cuta < pp. of cavati:a.m.pl.nom.)「死滅した〔私たち〕は」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    pf. perfect 完了形
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.2. 洞窟についての八なるものの経 780.

4.2. 洞窟についての八なるものの経 780. (773) 942
【経典文】
 Icchānidānā bhavasātabaddhā, Te duppamuñcā na hi aññamokkhā;
 Pacchā pure vāpi apekkhamānā, Ime va kāme purime va jappaṃ. (2)

【正田氏訳】
 〔心の〕欲求という因縁ある者たち、生存(有)の快楽に結縛された者たち、彼らは、解脱し難い。なぜなら、他のものによる解脱(他者・他物を依り所とする解脱)は、〔どこにも存在し〕ないからである。未来に、あるいは、また、過去について、〔あれこれと〕期待している者たちがいる。あるいは、〔現前する〕これらの欲望〔の対象〕を、あるいは、諸々の以前のものを、〔貪りの思いで〕渇望しながら。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  icchānidānā=icchāとnidānāのコンパウンド
   icchā(icchā:f.comp.)「〔心の〕欲求という」
   nidānā(nidāna:n>m.pl.nom.)「因縁ある者たち」
  bhavasātabaddhā=bhavaとsātaとbaddhāのコンパウンド
   bhava(bhava:m.comp.)「生存(有)の」
   sāta(sāta:a.n.comp.)「快楽に」
   baddhā(baddha < pp. of bandhati:m.pl.nom.)「結縛された者たち」

(b)
  te(so:pron.3.m.pl.nom.)「彼らは」
  duppamuñcā(du-p-pamuñca:a.m.pl.nom.)「解脱し難い。」
  na(na:adv.)「ないからである。」
  hi(hi:conj.)「なぜなら」
  aññamokkhā=aññaとmokkhāのコンパウンド
   añña(añña:a.comp.)「他のものによる」
   mokkhā(mokkha:m.pl.nom.)「解脱は」

(c)
  pacchā(pacchā:adv.)「未来に」
  pure(pure:adv.)「過去について」
  vāpi=vāとpiの連声
   vā(vā:conj.)「あるいは」
   api(api:indecl.)「また」
  apekkhamānā(apekkhamāna < ppr. of apekkhati:m.pl.nom.)「期待している者たちがいる。」

(d)
  ime(imaṁ:pron.m.pl.acc.)「〔現前する〕これらの」
  va(va = vā:conj.)「あるいは」
  kāme(kāma:m.pl.acc.)「欲望〔の対象〕を」
  purime(purima:m.pl.acc.)「諸々の以前のものを」
  va(va = vā:conj.)「あるいは」
  jappaṃ(jappant < ppr. of jappati:m.sg.nom./jappati:v.ger.)「〔貪りの思いで〕渇望しながら。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    pf. perfect 完了形
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.2. 洞窟についての八なるものの経 779.

4.2. 洞窟についての八なるものの経 779. (772) 941
【経典文】
 Satto guhāyaṃ bahunābhichanno, Tiṭṭhaṃ naro mohanasmiṃ pagāḷho;
 Dūre vivekā hi tathāvidho so, Kāmā hi loke na hi suppahāyā. (1)

【正田氏訳】
 〔煩悩の〕洞窟(身体)に執着し、多く〔の迷妄〕に覆われた者──迷妄ならしむもの(欲望の対象)のうちに沈み、止住している人──まさに、そのような種類の者は、彼は、遠離〔の境地〕から遠くにある。なぜなら、世における諸々の欲望〔の対象〕は、まさに、捨棄し易きものではないからである。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  satto(satta < pp. of sajjati:a.m.sg.nom.)「執着し」
  guhāyaṃ(guhā:f.sg.loc.)「〔煩悩の〕洞窟(身体)に」
  bahunābhichanno=bahunāとabhichannoの連声
   bahunā(bahu:a.m.sg.instr.)「多くの〔迷妄〕に」
   abhichanno(abhi-channa:m.sg.nom.)「覆われた者」

(b)
  tiṭṭhaṃ(tiṭṭhant < ppr. of tiṭṭhati:m.sg.nom.)「止住している」
  naro(nara:m.sg.nom.)「人」
  mohanasmiṃ(mohana:n.sg.loc.)「迷妄ならしむもの(欲望の対象)のうちに」
  pagāḷho(pagāḷha < pp. of pagāhati:m.sg.nom.)「沈み」

(c)
  dūre(dūra:a.m.sg.loc.)「遠くにある」
  vivekā(viveka:m.sg.abl.)「遠離〔の境地〕から」
  hi(hi:adv.)「まさに」
  tathāvidho=tathāとvidhoのコンパウンド
   tathā(tathā:adv.comp.)「そのような」
   vidho(vidha:m.sg.nom.)「種類の者は」
  so(so:pron.3.m.sg.nom.)「彼は」

(d)
  kāmā(kāmā:m.pl.nom.)「諸々の欲望〔の対象〕は」
  hi(hi:conj.)「なぜなら」
  loke(loka:m.sg.loc.)「世における」
  na(na:adv.)「はないからである。」
  hi(hi:adv.)「まさに」
  suppahāyā(su-p-pahāya:a.m.pl.nom.)「捨棄し易きもので」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    pf. perfect 完了形
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.1. 欲望の経 778.

4.1. 欲望の経 778. (771) 939,940
【経典文】
 Tasmā jantu sadā sato, Kāmāni parivajjaye; Te pahāya tare oghaṃ, Nāvaṃ sitvāva pāragūti. (6)
 Kāmasuttaṃ paṭhamaṃ.

【正田氏訳】
 それゆえに、人は、常に気づきある者となり、諸々の欲望〔の対象〕を遍く避けるがよい。それら(欲望の対象)を捨棄して、〔貪欲の〕激流を超え渡るがよい。舟〔に浸み入る水〕を汲み出してこそ、彼岸に至る者となる。ということで──(6)
 欲望の経が、第一となる。

【文法的分解と単語訳】
(a)
  tasmā(taṁ:pron.3.m/n.sg.abl.)「それゆえに」
  jantu(jantu:m.sg.nom.)「人は」
  sadā(sadā:adv.)「常に」
  sato(sata < pp. of sarati:m.sg.nom.)「気づきある者となり」

(b)
  kāmāni(kāma:n.pl.acc.)「諸々の欲望〔の対象〕を」
  parivajjaye(parivajjayati = parivajjeti:v.3.sg.opt.)「遍く避けるがよい。」

(c)
  te(taṁ:pron.m.pl.acc.)「それら(欲望の対象)を」
  pahāya(pajahāti:v.ger.)「捨棄して」
  tare(tarati:v.3.sg.opt.)「超え渡るがよい。」
  oghaṃ(ogha:m.sg.acc.)「〔貪欲の〕激流を」

(d)
  nāvaṃ(nāvā:f.sg.acc.)「舟〔に浸み入る水〕を」
  sitvāva=sitvāとvaの連声
   sitvā(siñcati:v.ger.)「汲み出して」
   va(va = eva:adv.)「こそ」
  pāragūti=pāragūとti/itiの連声
   pāragū(pāra-gū:a.m.sg.nom.)「彼岸に至る者となる。」
   ti/iti(ti/iti:indecl.)「ということで――」

940
  kāmasuttaṃ=kāmaとsuttaṃのコンパウンド
   kāma(kāma:m.comp.)「欲望の」
   suttaṃ(sutta:n.sg.nom.)「経が」
  paṭhamaṃ(paṭhama:a.n.sg.nom.)「第一となる。」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.1. 欲望の経 777.

4.1. 欲望の経 777. (770) 938
【経典文】
 Abalā naṃ balīyanti, maddantenaṃ parissayā; Tato naṃ dukkhamanveti, nāvaṃ bhinnamivodakaṃ. (5)

【正田氏訳】
 彼を、諸々の力なきものが押しつぶす。彼を、諸々の危難が踏みにじる。そののち、彼に、苦しみが従い行く──壊れた舟に、水が〔浸み入る〕ように。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  abalā(abala:m.pl.nom.)「諸々の力なきものが」
  naṃ(so:pron.m.sg.acc.)「彼を」
  balīyanti(balīyati:v.3.pl.pres.)「押しつぶす。」

(b)
  maddantenaṃ=maddanteとnaṃの連声
   maddante(maddati:v.3.pl.pres.med.)「踏みにじる。」
   naṃ(so:pron.m.sg.acc.)「彼を」
  parissayā(parissaya:m.pl.nom.)「諸々の危難が」

(c)
  tato(tato < abl. of ta:adv.)「そののち」
  naṃ(so:pron.m.sg.acc.)「彼に」
  dukkhamanveti=dukkhaṁとanvetiの連声
   dukkhaṁ(dukkha:n.sg.nom.)「苦しみが」
   anveti(anveti:v.3.sg.pres.)「従い行く――」

(d)
  nāvaṃ(nāvā:f.sg.acc.)「舟に」
  bhinnamivodakaṃ=bhinnaṁとivaとudakaṃ/odakaṃの連声
   bhinnaṁ(bhinna < pp. of bhindati:a.f.sg.acc.)「壊れた」
   iva(iva:indecl.)「ように。」
   udakaṃ/odakaṃ(udaka/odaka:n.sg.nom.)「水が〔浸み入る〕」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.1. 欲望の経 776.

4.1. 欲望の経 776. (769) 937
【経典文】
 Khettaṃ vatthuṃ hiraññaṃ vā, gavāssaṃ dāsaporisaṃ; Thiyo bandhū puthu kāme, yo naro anugijjhati. (4)

【正田氏訳】
 田畑、地所、黄金、あるいは、牛や馬、奴隷や下僕、婦女たち、眷属たちを、多々なる欲望〔の対象〕を、その人が貪り求めるなら──(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  khettaṃ(khetta:n.sg.acc.)「田畑」
  vatthuṃ(vatthu:m.sg.acc.)「地所」
  hiraññaṃ(hirañña:n.sg.acc.)「黄金」
  vā(vā:conj.)「あるいは」

(b)
  gavāssaṃ =gavaとassaṃのコンパウンド・連声
   gava(gava:m.comp.)「牛や」
   assaṃ(assa:m.sg.acc.)「馬」
  dāsaporisaṃ=dāsaとporisaṃのコンパウンド
   dāsa(dāsa:m.comp.)「奴隷や」
   porisaṃ(porisa:n.sg.acc.)「下僕」

(c)
  thiyo(thī:f.pl.acc.)「婦女たち」
  bandhū(bandhu:m.pl.acc.)「眷属たちを」
  puthu(puthu:adv.)「多々に」
  kāme(kāma:m.pl.acc.)「欲望〔の対象〕を」

(d)
  yo(ya:pron.m.sg.nom.)「その」
  naro(nara:m.sg.nom.)「人が」
  anugijjhati(anugijjhati:v.3.sg.pres.)「貪り求めるなら――」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

4.1. 欲望の経 775.

4.1. 欲望の経 775. (768) 936
【経典文】
 Yo kāme parivajjeti, sappasseva padā siro; Somaṃ visattikaṃ loke, sato samativattati. (3)

【正田氏訳】
 足で蛇の頭を〔避ける〕ように、彼が、諸々の欲望〔の対象〕を遍く避けるなら、彼は、世における、この執着を超克する──〔常に〕気づきある者として。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  yo(ya:pron.m.sg.nom.)「彼が」
  kāme(kāma:m.pl.acc.)「諸々の欲望〔の対象〕を」
  parivajjeti(parivajjeti:v.3.sg.pres.)「遍く避けるなら」

(b)
  sappasseva=sappassaとivaの連声
   sappassa(sappa:m.sg.gen.)「蛇の」
   iva(iva:indecl.)「〔避ける〕ように」
  padā(pada:n.sg.instr.)「足で」
  siro(sira [sk. siras]:n.sg.acc.)「頭を」

(c)
  somaṃ=soとimaṃの連声
   so(so:pron.3.m.sg.nom.)「彼は」
   imaṃ(imaṃ:pron.f.sg.acc.)「この」
  visattikaṃ(visattikā:f.sg.acc.)「執着を」
  loke(loka:m.sg.loc.)「世における」

(d)
  sato(sata < pp. of sarati:m.sg.nom.)「〔常に〕気づきある者として。」
  samativattati(samativattati:v.3.sg.pres.)「超克する――」

[文法略字・記号]
    m. masculine 男性名詞
    n. neutral 中性名詞
    f. feminine 女性名詞
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)

    1. 一人称
    2. 二人称
    3. 三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数

    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs. loc. absolute locative 独立処格
    abs. gen. absolute genitive 独立属格

    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    fut. future 未来形
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    ppr. present participle 現在分詞
    pp. past participle 過去分詞
    grd. gerundive 義務分詞
    pass. passive 受動動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    / 他にも可能な訳や解釈
    < 単語の成り立ち

より以前の記事一覧