無料ブログはココログ

スッタニパータ 4章 八なるものの章

4.6. 老の経 820. (813)

【経典文】
 Dhono na hi tena maññati, Yadidaṃ diṭṭhasutaṃ mutesu vā;
 Nāññena visuddhimicchati, Na hi so rajjati no virajjatīti.
(10)

【正田氏訳】
 まさに、〔汚れを払った〕清き者は、すなわち、この、見られ聞かれたものに〔依存せず〕、あるいは、諸々の思われたものについて〔汚されず〕、それ(見られ聞かれたもの)によって思い考えない。〔彼は〕他のものによって、清浄を求めない。なぜなら、彼は、〔欲に〕染まらず、離貪もしないのだから。ということで──(10)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Dhono (dhona < pp. of dhovati:a.m.sg.nom.) 「〔汚れを払った〕清き者は」
  na (na:adv.) 「ない。」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  tena (taṃ:pron.3.n.sg.instr.) 「それ(見られ聞かれたもの)によって」
  maññati (maññati:v.3.sg.pres.) 「思い考え」

(b)
  Yadidaṃ ← Yadとidaṃの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「すなわち」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.acc.) 「この」
  diṭṭhasutaṃ ← diṭṭhaとsutaṃのコンパウンド
   diṭṭha (diṭṭha < pp. of dassati:a.n.comp.) 「見られ」
   sutaṃ (suta < pp. of suṇāti:a.n.sg.acc.) 「聞かれたものに〔依存せず〕」
  mutesu (muta < pp. of maññati:a.n.pl.loc.) 「諸々の思われたものについて〔汚されず〕」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

(c)
  Nāññena ← Naとaññenaの連声(前語語尾aと後語語頭aが結合してāに変化)
   na (na:adv.) 「ない。」
   aññena (añña:a.pron.n.sg.instr.) 「他のものによって」
  visuddhimicchati ← visuddhiṃとicchatiの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   visuddhiṃ (visuddhi:f.sg.acc.) 「清浄を」
   icchati (icchati:v.3.sg.pres.) 「〔彼は〕求め」

(d)
  Na (na:adv.) 「ず」
  hi (hi:conj.) 「なぜなら…のだから。」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  rajjati (rajjati < pass. of rajati:v.3.sg.pres.) 「〔欲に〕染まら」
  no (no(=na):adv.) 「ない」
  virajjatīti ←virajjatiとitiの連声(前語語尾iと後語語頭iが結合してīに変化)
   virajjati (virajjati:v.3.sg.pres.) 「離貪もし」
   iti (iti:indecl.) 「ということで―」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 819. (812)

【経典文】
 Udabindu yathāpi pokkhare, Padume vāri yathā na limpati;
 Evaṃ muni nopalimpati, Yadidaṃ diṭṭhasutaṃ mutesu vā.
(9)

【正田氏訳】
 たとえば、また、蓮〔の葉〕に、水滴が〔着かない〕ように──たとえば、蓮華に、水が着かないように──このように、牟尼は、すなわち、この、見られ聞かれたものに〔依存せず〕、あるいは、諸々の思われたものについて汚されない。(9)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Udabindu ← Udaとbinduのコンパウンド
   uda (uda:n.comp.) 「水」
   bindu (bindu:m.sg.nom.) 「滴が」
  yathāpi ← yathāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   yathā (yathā:adv.) 「たとえば…〔着かない〕ように」
   api (api:indecl.) 「また」
  pokkhare (pokkhara:n.sg.loc.) 「蓮〔の葉〕に」

(b)
  Padume (paduma:n.sg.loc.) 「蓮葉に」
  vāri (vāri:n.sg.nom.) 「水が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように」
  na (na:adv.) 「ない」
  limpati (limpati:v.3.sg.pres.) 「着か」

(c)
  Evaṃ (evaṃ:adv.) 「このように」
  muni (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
  nopalimpati ← naとupalimpatiの連声(前語語尾aと後語語頭uが結合してoに変化)
   na (na:adv.) 「ない。」
   upalimpati (upalimpati:v.3.sg.pres.) 「汚れ」

(d)
  Yadidaṃ ← Yadとidaṃの連声
   yad (ya:pron.n.sg.acc.) 「すなわち」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.acc.) 「この」
  diṭṭhasutaṃ ← diṭṭhaとsutaṃのコンパウンド
   diṭṭha (diṭṭha < pp. of dassati:a.n.comp.) 「見られ」
   sutaṃ (suta < pp. of suṇāti:a.n.sg.acc.) 「聞かれたものに〔依存せず〕」
  mutesu (muta < pp. of maññati:a.n.pl.loc.) 「諸々の思われたものについて」
  vā (vā:conj.) 「あるいは」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 818. (811)

【経典文】
 Sabbattha munī anissito, Na piyaṃ kubbati nopi appiyaṃ;
 Tasmiṃ paridevamaccharaṃ, Paṇṇe vāri yathā na limpati.
(8)

【正田氏訳】
 一切所において、牟尼は、依存なき者となり、愛しいものを作らず、また、愛しくないものも〔作ら〕ない。彼のうちに、嘆きや物惜しみ〔の思い〕は〔存在しない〕──たとえば、〔蓮の〕葉に、水が着かないように。(8)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sabbattha (sabbattha:adv.) 「一切所において」
  munī(韻律の関係で語尾がīと長音化したと思われる) (muni:m.sg.nom.) 「牟尼は」
  anissito (anissita < a(pref.)-nissita < pp. of nissayati:a.m.sg.nom.) 「依存なき者となり」

(b)
  Na (na:adv.) 「ず」
  piyaṃ (piya:a.m(/n/f).sg.acc.) 「愛しいものを」
  kubbati (kubbati(=karoti):v.3.sg.pres.) 「作ら」
  nopi ← noとapiの連声(後語語頭aが消失)
   no (no(=na):adv.) 「〔作ら〕ない。」
   api (api:indecl.) 「また…も」
  appiyaṃ (a(pref.)-p(挿入)-piya:a.m(/n/f).sg.acc.) 「愛しくないもの」

(c)
  Tasmiṃ (so:pron.3.m.sg.loc.) 「彼のうちに」
  paridevamaccharaṃ ← paridevaとmaccharaṃのコンパウンド
   parideva (parideva:m.comp.) 「嘆きや」
   maccharaṃ (macchara:a.n.sg.nom.) 「物惜しみ〔の思い〕は〔存在しない〕」

(d)
  Paṇṇe (paṇṇa:n.sg.loc.) 「〔蓮の〕葉に」
  vāri (vāri:n.sg.nom.) 「水が」
  yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように。」
  na (na:adv.) 「ない」
  limpati (limpati:v.3.sg.pres.) 「着か」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 817. (810)

【経典文】
 Patilīnacarassa bhikkhuno, Bhajamānassa vivittamāsanaṃ;
 Sāmaggiyamāhu tassa taṃ, Yo attānaṃ bhavane na dassaye.
(7)

【正田氏訳】
 〔欲望の対象から〕退去して行じおこなう比丘が、遠離の坐所に親しんでいるなら──〔彼のことを、賢者たちは〕「彼にとって、それ(遠離の坐所)は、〔比丘として〕ふさわしいことである」〔と〕言う──彼が、〔迷いの〕生存域において、〔彼の〕自己を見せないなら。(7)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Patilīnacarassa ← Patilīnaとcarassaのコンパウンド
   patilīna (patilīna(=paṭilīna < pp. of paṭilīyati):a.comp.) 「〔欲望の対象から〕退去して」
   carassa (cara:a.m.sg.dat/gen.) 「行じおこなう」
  bhikkhuno (bhikkhu:m.sg.dat/gen.) 「比丘が」

(b)
  Bhajamānassa (bhajamāna < ppr. of bhajati:a.m.sg.dat/gen.) 「親しんでいるなら」
  vivittamāsanaṃ ← vivittaṃとāsanaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   vivittaṃ (vivitta < pp. of viviccati:a.n.sg.acc.) 「遠離の」
   āsanaṃ (āsana:n.sg.acc.) 「坐所に」

(c)
  Sāmaggiyamāhu ← Sāmaggiyaṃとāhuの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   sāmaggiyaṃ (sāmaggiya:n.sg.nom/acc.) 「〔比丘として〕ふさわしいことである」
   āhu (āha:v.3.pl.pf.) 「〔と〕言う」
  tassa (so:pron.3.m.sg.dat/gen.) 「彼にとって」
  taṃ (ta:pron.3.n.sg.nom.) 「それは」

(d)
  Yo (ya:pron.m.sg.nom.) 「彼が」
  attānaṃ (attan:m.sg.acc.) 「〔彼の〕自己を」
  bhavane (bhavana:n.sg.loc.) 「〔迷いの〕生存域において」
  na (na:adv.) 「ない」
  dassaye. (dassayati(=dasseti) < caus. of dassati:v.3.sg.opt.) 「見せ…なら」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 816. (809)

【経典文】
 Sokapparidevamaccharaṃ, Na jahanti giddhā mamāyite;
 Tasmā munayo pariggahaṃ, Hitvā acariṃsu khemadassino.
(6)

【正田氏訳】
 わがものと〔錯視〕されたものにたいし貪求〔の思い〕ある者たちは、憂いや嘆きや物惜しみ〔の思い〕を捨棄しない。それゆえに、牟尼(沈黙の聖者)たちは、執持〔の対象〕を捨棄して行じおこなった──〔無一物に〕平安を見る者たちとなり。(6)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Sokapparidevamaccharaṃ ← Sokaとparidevaとmaccharaṃのコンパウンド・連声(第二語語頭pを重ねる)
   soka (soka:m.comp.) 「憂いや」
   parideva (parideva:m.comp.) 「嘆きや」
   maccharaṃ (macchara:a.n.sg.acc.) 「物惜しみ〔の思い〕を」

(b)
  Na (na:adv.) 「ない。」
  jahanti (jahati:v.3.pl.pres.) 「捨棄し」
  giddhā (giddha < pp. of gijjhati:a.m.pl.nom.) 「貪求〔の思い〕ある者たちは」
  mamāyite (mamāyita < pp. of mamāyati:a.n/m.sg.loc.) 「わがものと〔錯視〕されたものにたいし」

(c)
  Tasmā (ta:pron.3.n.sg.abl.) 「それゆえに」
  munayo (muni:m.pl.nom.) 「牟尼たちは」
  pariggahaṃ (pariggaha:m.sg.acc.) 「執持〔の対象〕を」

(d)
  Hitvā (jahati:v.ger.) 「捨棄して」
  acariṃsu (carati:v.3.pl.aor.) 「行じおこなった」
  khemadassino = khemaとdassinoのコンパウンド
   khema (khema:a.n.comp.) 「〔無一物に〕平安を」
   dassino (dassin:a.m.pl.nom.) 「見る者たちとなり。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 815. (808)

【経典文】
 Diṭṭhāpi sutāpi te janā, Yesaṃ nāmamidaṃ pavuccati;
 Nāmaṃyevāvasissati, Akkheyyaṃ petassa jantuno.
(5)

【正田氏訳】
 〔かつて〕見られもまたし、聞かれもまたした、それらの人たちは、彼らのこの名前〔だけ〕が呼ばれるのであり、人が亡者となるなら、告げ知らすべきものとして、名前だけが残る。(5)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Diṭṭhāpi ← Diṭṭhāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   diṭṭhā (diṭṭha < pp. of dassati:a.m.pl.nom.) 「〔かつて〕見られ…し」
   api (api:indecl.) 「もまた」
  sutāpi ← sutāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   sutā (suta < pp. of suṇāti:a.m.pl.nom.) 「聞かれ…した」
   api (api:indecl.) 「もまた」
  te (so:pron.3.m.pl.nom.) 「それらの」
  janā (jana:m.pl.nom.) 「人たちは」

(b)
  Yesaṃ (ya:pron.m.pl.gen.) 「彼らの」
  nāmamidaṃ ← nāmaṃとidaṃの連声(前語語尾ṃがmに変化)
   nāmaṃ (nāma:n.sg.nom.) 「名前〔だけ〕が」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「この」
  pavuccati (pavuccati:v.3.sg.pres.) 「呼ばれるのであり」

(c)
  Nāmaṃyevāvasissati ← Nāmaṃとevaとavasissati(第一語と第二語の間にy挿入、第二語語尾aと第三語語頭aが結合してāに変化)
   nāmaṃ (nāma:n.sg.nom.) 「名前…が」
   eva (eva:adv.) 「だけ」
   avasissati (avasissati:v.3.sg.pres.) 「残る。」

(d)
  Akkheyyaṃ (akkheyya < grd. of akkhāti:a.n.sg.nom.) 「告げ知らすべきものとして」
  petassa (peta:a.m.sg.dat/gen.) 「亡者となるなら」
  jantuno (jantu:m.sg.dat/gen.) 「人が」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    indecl. indeclinable 不変化詞(不変語):副詞,接続詞,間投詞,前置詞を含む総称
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 814. (807)

【経典文】
 Supinena yathāpi saṅgataṃ, Paṭibuddho puriso na passati;
 Evampi piyāyitaṃ janaṃ, Petaṃ kālaṅkataṃ na passati.
(4)

【正田氏訳】
 たとえば、また、夢で一緒になった者を、目覚めた人が〔もはや〕見ないように、また、このように、〔かつて〕愛された人も、命を終えた亡者となるなら、〔誰も〕見ない。(4)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Supinena (supina:m/n.sg.instr.) 「夢で」
  yathāpi  = yathāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   yathā (yathā:adv.) 「たとえば…ように」
   api (api:indecl.) 「また」
  saṅgataṃ (saṅgata < pp. of saṅgacchati:a.m.sg.acc.) 「一緒になった者を」

(b)
  Paṭibuddho (paṭibuddha < pp. of paṭibujjhati:a.m.sg.nom.) 「目覚めた」
  puriso (purisa:m.sg.nom.) 「人が」
  na (na:adv.) 「ない」
  passati (passati:v.3.sg.pres.) 「〔もはや〕見」

(c)
  Evampi = Evaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   evaṃ (evaṃ:adv.) 「このように」
   api (api:indecl.) 「また」
  piyāyitaṃ (piyāyita < pp. of piyāyati:a.m.sg.acc.) 「〔かつて〕愛された」
  janaṃ (jana:m.sg.acc.) 「人も」

(d)
  Petaṃ (peta:a.m.sg.acc.) 「亡者となるなら」
  kālaṅkataṃ = kālaṃとkataṃの連声(前語語尾ṃがṅに変化)
   kālaṃ (kāla:m.sg.acc.) 「命を」
   kataṃ (kata < pp. of karoti:m.sg.acc.) 「終えた」
  na (na:adv.) 「ない。」
  passati (passati:v.3.sg.pres.) 「〔誰も〕見」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 813. (806)

【経典文】
 Maraṇenapi taṃ pahīyati, Yaṃ puriso mamidanti maññati;
 Etampi viditvā paṇḍito, Na mamattāya nametha māmako.
(3)

【正田氏訳】
 〔まさに〕その、「これは、わたしのものである」と、人が思うもの──それは、死によってもまた、失われる。また、このことを知って、賢者は、わたし(ブッダ)にならう者は、我執〔の思い〕に屈さないように。(3)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Maraṇenapi = Maraṇenaとapiの連声(後語語頭aが消失)
   maraṇena (maraṇa:n.sg.instr.) 「死によって」
   api (api:indecl.) 「もまた」
  taṃ (taṃ:pron.3.n.sg.nom.) 「それは」
  pahīyati (pahīyati < pass. of pajahati:v.3.sg.pres.) 「失われる。」

(b)
  Yaṃ (ya:pron.n.sg.nom.) 「〔まさに〕その…もの」
  puriso (purisa:m.sg.nom.) 「人が」
  mamidanti = mamaとidaṃとitiの連声(第一語語尾aが消失、第三語語頭iが消失、第二語語尾ṃがnに変化)
   mama (ahaṃ:pron.1.sg.gen.) 「わたしのもの」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「これは…である」
   iti (iti:indecl.) 「と」
  maññati (maññati:v.3.sg.pres.) 「思う」

(c)
  Etampi = Etaṃとapiの連声(後語語頭aが消失、前語語尾ṃがmに変化)
   etaṃ (etad:pron.n.sg.acc.) 「このことを」
   api (api:indecl.) 「また」
  viditvā (vindati:v.ger.) 「知って」
  paṇḍito (paṇḍita:a.m.sg.nom.) 「賢者は」

(d)
  Na (na:adv.) 「ない」
  mamattāya (mamatta:n.sg.dat.) 「我執〔の思い〕に」
  nametha (namati:v.3.sg.opt.med.) 「屈さ…ように。」
  māmako (māmaka:a.m.sg.nom.) 「私(ブッダ)にならう者は」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態

    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)

    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 812. (805)

【経典文】
 Socanti janā mamāyite, Na hi santi niccā pariggahā;
 Vinābhāvasantamevidaṃ, Iti disvā nāgāramāvase.
(2)

【正田氏訳】
 わがものと〔錯視〕されたもの(執着の対象)について、〔世の〕人たちは憂い悲しむ。まさに、諸々の執持〔の対象〕(所有物)は、常住のものとして存在しない。これは、変じ異なる状態として存在しているだけである。かくのごとく見て、〔賢者は〕家に住み止まらないように。(2)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Socanti (socati:v.3.pl.pres.) 「憂い悲しむ」
  janā (jana:m.pl.nom.) 「〔世の〕人たちは」
  mamāyite (mamāyita < pp. of mamāyati:a.n/m.sg.loc.) 「わがものと〔錯視〕されたものについて」

(b)
  Na (na:adv.) 「ない。」
  hi (hi:adv.) 「まさに」
  santi (atthi:v.3.pl.pres.) 「存在し」
  niccā (nicca:a.m.pl.nom.) 「常住のものとして」
  pariggahā (pariggaha:m.pl.nom.) 「諸々の執持〔の対象〕は」

(c)
  Vinābhāvasantamevidaṃ = Vināとbhāvaとsantaṃのコンパウンドとevaとidaṃとの連声(第三語語尾ṃがmに変化、第四語語尾aが消失)
   vinā (vinā:prep.comp.) 「変じ異なる」
   bhāva (bhāva:m.comp.) 「状態として」
   santaṃ (santa < ppr. of atthi:a.n.sg.nom.) 「存在している…である。」
   eva (eva:adv.) 「だけ」
   idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「これは」

(d)
  Iti (iti:indecl.) 「かくのごとく」
  disvā (dassati:v.ger.) 「見て」
  nāgāramāvase = naとagāraṃとāvaseの連声(第一語語尾aと第二語語頭aが結合してāに変化、第二語語尾ṃがmに変化)
   na (na:adv.) 「ない」
   agāraṃ (agāra:n.sg.acc.) 「家に」
   āvase (āvasati:v.3.sg.opt.) 「住み止まら…ように。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

4.6. 老の経 811. (804)

【経典文】
 Appaṃ vata jīvitaṃ idaṃ, Oraṃ vassasatāpi miyyati;
 Yo cepi aticca jīvati, Atha kho so jarasāpi miyyati.
(1)

【正田氏訳】
 まさに、この生命(寿命)は、僅かである。百年にも満たずに、〔人は〕死ぬ。彼が、たとえ、もし、〔百年を〕超えて生きるとして、しかして、まさに、彼は、老によってもまた、死ぬ。(1)

【文法的分解と単語訳】
(a)
  Appaṃ (appa:a.n.sg.nom.) 「僅かである。」
  vata (vata:adv.) 「まさに」
  jīvitaṃ (jīvita < pp. of jīvati:n.sg.nom.) 「生命(寿命)は」
  idaṃ (idaṃ:pron.n.sg.nom.) 「この」

(b)
  Oraṃ (oraṃ < acc. of ora:adv.) 「満たずに」
  vassasatāpi = vassaとsatāのコンパウンドとapiとの連声(第三語語頭aが消失)
   vassa (vassa:m/n.comp.) 「年」
   satā (sata:num.a.n.sg.abl.) 「百」
   api (api:indecl.) 「にも」
  miyyati (miyyati:v.3.sg.pres.) 「〔人は〕死ぬ。」

(c)
  Yo (ya:pron.m.sg.nom.) 「彼が」
  cepi = ceとapiの連声(後語語頭aが消失)
   ce (ce:conj.) 「もし…として」
   api (api:indecl.) 「たとえ」
  aticca (ati-eti < ati-i:v.ger.) 「〔百年を〕超えて」
  jīvati (jīvati:v.3.sg.pres.) 「生きる」

(d)
  Atha (atha:indecl.) 「もまた」
  kho (kho:adv.) 「まさに」
  so (so:pron.3.m.sg.nom.) 「彼は」
  jarasāpi = jarasāとapiの連声(後語語頭aが消失)
   jarasā (jaras:n.sg.instr/abl.) 「老によって/老ゆえに」
   api (api:indecl.) 「しかして」
  miyyati (miyyati:v.3.sg.pres.) 「死ぬ。」

[備考:略字・記号等]
    m. masculine 男性
    n. neutral 中性
    f. feminine 女性
    pron. pronoun 代名詞
    a. adjective 形容詞
    num. numeral 数詞
    ppr. present participle 現在能動分詞
    pp. past participle 過去受動分詞
    grd. gerundive 義務分詞,未来受動分詞
    v. verb 動詞
    adv. adverb 副詞
    conj. conjunction 接続詞
    interj. interjection 間投詞
    prep. preposition  前置詞
    pref. prefix 接頭辞
    suf. suffix 接尾辞
    1. the first person 一人称
    2. the second person二人称
    3. the third person三人称
    sg. singular 単数
    pl. plural 複数
    nom. nominative 主格
    acc. accusative 対格
    inst. instrumental 具格
    abl. ablative 奪格
    dat. dative 与格
    gen. genitive 属格
    loc. locative 処格
    voc. vocative 呼格
    abs-loc. absolute locative 独立処格
    abs-gen. absolute genitive 独立属格
    comp. compound コンパウンド(複合詞,合成語)の前側の語句であり、語基等のまま(数・格なし)であることを表す。
    pres. present 現在
    aor. aorist アオリスト
    pf. perfect 完了
    fut. future 未来
    imper. imperative 命令形
    opt. optative 願望法
    cond. conditional 条件法
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    ger. gerund 連続体
    inf. infinitive 不定体
    pass. passive 受動詞
    caus. causative 使役動詞
    denom.  denominative 名動詞
    med. medium 為自言 = refl.  reflective 反照態
   
    ← 矢印の左側の語句が二語以上の結合である場合に右側にその構成を記す。
     (例:kuhiñci ← kuhiṁとciの連声 は、kuhiñciはkuhiṁとciの連声という意味)
    < 単語の成り立ちを後ろに記す。
     (例:sata < pp. of sarati は、sataはsaratiの過去受動分詞に由来するという意味)
    > 解釈や修飾語句による性の変化を記す。
     (例:n>m は、本来中性だがここでは男性の曲用をしているという意味)
    / 他にも可能な訳や解釈を後ろに記す。
     (例:dat/gen. は、与格と属格両方の可能性があるという意味)
   
    なお、タイトルに記している二つの偈番号は、一つめが底本であるタイ版[国際版]パーリ三蔵(第六結集版を改訂したもの)に記載されている偈番号で、二つめの括弧内の番号がPTS版の偈番号です。
   

(文責:脇坂)

より以前の記事一覧